【イヤホン】1MORE 『1MORE True Wireless ANC In-Ear Headphones (EHD9001TA)』 画像など

1MORE_EHD9001TA_01.jpg


海外で発売されている1MOREのイヤホン「1MORE True Wireless ANC In-Ear Headphones (EHD9001TA)」。
イベントで出展されていても製品情報は明確に出ていなかったアクティブノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン、ようやく製品化と発売が決まった模様。以前の情報とは異なる点がいくつかありますが、ちょっと見てみます。

1more_index
https://global.1more.com/index.htm





1MORE_EHD9001TA_02.jpg



1MORE_EHD9001TA_03.jpg



1MORE_EHD9001TA_04.jpg



1MORE_EHD9001TA_05.jpg



1MORE_EHD9001TA_06.jpg



1MORE_EHD9001TA_07.jpg



1MORE_EHD9001TA_08.jpg



1MORE_EHD9001TA_09.jpg



1MORE_EHD9001TA_10.jpg
(via zol.com)

通信方式:Bluetooth 5.0、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP、コーデック:aptX/AAC/SBC、連続再生時間:約5時間(NCオン)、スタンバイ時間:約65時間、充電時間:約1時間、重量:7.9g、という仕様。1BA+1DDのハイブリッドドライバー、ハイブリッド方式のアクティブノイズキャンセリング機能、途切れにくいLDSアンテナ搭載、TrueWireless Stereo Plus対応、USB Type-C採用&Qi対応で13時間分の充電が可能なバッテリーケース、15分充電で2時間再生できるクイックチャージ、イヤーピース2種/7セット・スタビライザー4セット付属、などが特徴。

Bluetoothチップに関しては製品情報で特に触れられていませんでしたが、当初の情報やスペックから考えておそらくQualcomm QCC5100系が使われているのではないかと。中国での価格は1299人民元(約20,000円)。ANC搭載の完全ワイヤレスイヤホンといえば日本だとソニーの「WF-1000XM3」(AA)が圧倒的な支持を得ているので、仮に発売されても比較されると分が悪いかもしれない・・・・でも前作が発売されているので続いて取り扱う可能性は高いと思いますし、QCC5100系のBluetoothチップ採用モデルは日本でこれが第一号になるかもしれませんね。




1MORE(ワンモア)
売り上げランキング: 1973