【イヤホン】final 『B2』 レビューチェック

final_B2_01.jpg


2019年6月に発売されたfinalのイヤホン「B2」。
B1」と共にリリースされたB seriesのイヤホン。価格的にはシリーズで一番下位になるけれども上位とは音作りが違っており、音場感を重視したというバランスドアーマチュアユニット1基のシングルBAモデル。ちょっとチェックしてみます。

B2 | final
https://snext-final.com/products/detail/B2



画像


final_B2_02.jpg



final_B2_03.jpg



final_B2_04.jpg



final_B2_05.jpg



final_B2_06-.jpg



final_B2_07.jpg



final_B2_08.jpg



final_B2_09.jpg



final_B2_10.jpg
(via naver)



各所の反応


[#1]
final、音場感や解像感で選べるイヤフォン「B series」。アニソン向けB1など
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1190441.html

“キャラ立ちまくり”finalの意欲作「Bシリーズ」イヤフォンを聴き比べる
https://av.watch.impress.co.jp/docs/review/review/1207841.html



[#2]
MAKEシリーズに対してのBシリーズの立ち位置が全くもって分からんなあ。。。



[#3]
1BAのB2はMAKEとの差別はできそうな気もするけど、どうなんだろうなぁ



[#4]
自分の好みだと空気感やら余韻やら豊かな表現力は不要なので
B2が良いのかなー



[#5]
試聴もせずにB2買う予定だったが
公式が150~200時間エージングすると本来の設計意図の音質になる
なんてこと言ってるので考え直し中



[#6]
B2はheavenの再来では無いの?



[#7]
>>#6
特にVIの再来たらんことを期待しているけど
実際聴いてみないと何とも



[#8]
今日B2を視聴して来た、B1より好みの音色かも。
一番安いのにどういう事?。



[#9]
B2が一番finalらしくてよかった



[#10]
B2買った
初mmcxでリケーブルしたいんだが、コネクタが外れない。
これ、力いっぱい引っ張ればいいの?
壊しそうで怖い。



[#11]
爪ひっかけたら、あっさり取れた。
ちなみにHeaven V agingからの買い換え。
似てるっちゃ似てるけど、Heavenの方がボーカルが前に出て濃いいかな。
エージングでどう変わるのか知らんけど。



[#12]
シルバーコートをB2に付けたけどB2の良さを殺して駄目だな。
付属のコードがベストというか、製品全体のチューニングだけで勝負してる感じ。



[#13]
どなたか詳しい方
B2とheavenVagingの音の違いと楽曲の向き不向きについてご教示下さい



[#14]
>>#13
B2とheaven比較でB2が好きな人間であることを前提にみてほしい。

音が濃いのはheaven。響きが過剰に思うくらいの音色。
B2と比べると音の粗さは感じる。

B2は1BAの扱いにこなれた製品という感じ。
宣伝文句になっているダイナミックレンジの広さはその通り。
音が消える最後の瞬間まで音に浸れる。
シンバルやハイハットの音が消えていく表現はすごく好き。
クラシックだと一つ一つの細部の音の表現は値段なりかなと思うけど
スケール感はとても良い。

得意なジャンルは二つともピアノとかジャズでそれほど変わらない。
ただ二つを比較するとロックをよく聞くなら
B2の細部の音の輪郭の丸さが気になるだろう。



[#15]
B2をSONYの1zで聴いたらハマるわ
1z独特の音の響き方がB2の特徴とよく合う



[#16]
Bシリーズの筐体
カドが耳介に当たって痛いのは少数派なんだろうか



[#17]
>>#16
B2持ちの俺、すっぽり収まっていたくならないよ。
耳の形は様々だから、あの角があたる人もいるだろうね。



[#18]
バイノーラルの用途でfinalのイヤホン使うなら
heaven6よりはB2の方が向いてるかなと思った



[#19]
B2は俺も店頭試聴じゃパッとしない印象だったけど
静かな環境で女性ボーカルの湿度高めのバラードとかウィスパーとか聞くと
えらいハマってねぇ
中域の響きも控えめで囁きとは相性良いと思うんだけどな






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ドライバー:バランスドアーマチュア、感度:104dB、インピーダンス:41Ω、ケーブル長:1.2m、重量:32g、という仕様。全帯域にわたって強調感が少ない自然で滑らかなサウンド、MIM採用のステンレス筐体、特殊工具を用いての分解可能、自社開発で高精度のMMCXコネクタ、被覆素材を採用したオリジナルOFCケーブル、左右軸が色違いのオリジナルイヤーピース5セット付属、タッチノイズを解消するイヤーフック付属、シリコン製キャリーケース付属、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音は謳い文句どおり音場感やダイナミックレンジの広さがいい感じ、同社の「Heaven V Aging」(AA)と比べて濃い音ではないが粗くもない、音作りは同シリーズで一番finalらしいと言えるかも、試聴段階と音の印象が違ったのでエージングの変化は結構ありそう、リケーブルを試すと逆に良さがなくなるので付属のケーブルがおそらくベスト、といった内容。

B seriesで一番finalらしくて好きな音だという声もあったりHeaven seriesより好みだという声もあったりと、シリーズ3機種の中では好意的に見られているというか一番ウケていそうな印象。決して安くないとはいえ上位モデルに比べれば手が出しやすいですし、廉価版の立ち位置ではないので下位モデルでもシリーズの顔となりそうな感はあるでしょうか。「B2」は現在30,000円前後の価格で販売されています。




ファイナル(final)
売り上げランキング: 4632