【マウス】Xtrfy 『M4 RGB』 画像など

Xtrfy_M4_RGB_01.jpg


海外で発売されているXtrfyのマウス「M4 RGB」。
M1 NiP Edition」などを出していたゲーミングデバイスブランドのXtrfyが、巷で一大ブームとなっている肉抜きデザインの軽量ゲーミングマウスをリリース。日本でも少し前まで発売予定だったモデルですが、ちょっと見てみます。

m4 - Built On Experience -Xtrfy Japan
https://www.xtrfy.jp/index.php?m4





Xtrfy_M4_RGB_02.jpg



Xtrfy_M4_RGB_03.jpg



Xtrfy_M4_RGB_04.jpg



Xtrfy_M4_RGB_05.jpg



Xtrfy_M4_RGB_06.jpg



Xtrfy_M4_RGB_07.jpg



Xtrfy_M4_RGB_08.jpg



Xtrfy_M4_RGB_09.jpg



Xtrfy_M4_RGB_10.jpg
(via baidu)

センサー:光学式、解像度:400-16000CPI、トラッキング速度:400IPS、最大加速度:50G、ポーリングレート:125/500/1000Hz、ケーブル長:1.8m、サイズ:幅68x奥行き120x高さ39mm、重量:69g、という仕様。Pixart 3389のセンサー採用、耐久性2000万回のマイクロスイッチ採用、エルゴノミクス形状のライトウェイトデザイン、耐埃・耐水滴のコンフォーマルコーティング、柔らかくて軽いXtrfy EZコード、PTFE製のソール、RGB LED搭載、計5カラーラインナップ、などが特徴。公式サイトでの価格は59ドル。

裏面にはCPIとポーリングレートの切替スイッチが備わっており、ドライバレスで使える仕組みになっている模様。同類の中では数グラムの差で一番重い存在だったりしますが、本体の形状は手に合う比率が他よりも高そうな感がありますし、合計5色のカラーラインナップもアドバンテージとなりそう。あと、オマケで付いてるキーキャップ2個もちょっといいなと思ったり。国内リリースに関しては当初10月中旬の予定だったのが直前で未定へと変更、海外でもまだ一部の地域しか出回ってないのでしばらく後になるかもしれませんね。




Xtrfy(エクストリファイ)
売り上げランキング: