【スピーカー】JBL 『JBL FLIP5』 レビューチェック

JBL_FLIP5_11.jpg


2019年10月に発売されたJBLのスピーカー「JBL FLIP5」。
JBL FLIP4」の後継機でシリーズ第5世代となるポータブルBluetoothスピーカー。IPX7防水の円筒形デザインはそのままに新設計の楕円ドライバーやインターフェイスの刷新などを特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

JBL Flip 5(フリップ5) : JBL/Bluetoothスピーカー,ワイヤレス,ブルートゥース
https://jp.jbl.com/JBL+FLIP+5-.html



画像


JBL_FLIP5_12.jpg



JBL_FLIP5_13.jpg



JBL_FLIP5_14.jpg



JBL_FLIP5_15.jpg



JBL_FLIP5_16.jpg



JBL_FLIP5_17.jpg



JBL_FLIP5_18.jpg



JBL_FLIP5_19.jpg



JBL_FLIP5_20.jpg



JBL_FLIP5_21.jpg



JBL_FLIP5_22.jpg



JBL_FLIP5_23.jpg



JBL_FLIP5_24.jpg



JBL_FLIP5_25.jpg
(via zol.com)



各所の反応


[#1]
JBL、大容量バッテリと新ユニット搭載。9,880円のBTスピーカー「FLIP5」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1210180.html



[#2]
Flip5もChargeにならってモノラルスピーカーみたいだな。



[#3]
flip5は分解動画をみればわかるがスピーカーが1個体に1つだけに
なってしまい完全なモノラルスピーカーになってしまった
(スピーカー自体はその分でかくなったが、ステレオ化するなら二台必要)



[#4]
JBLのFlip5買ったけど低音強いなー
Flip4の後継機というよりFlip3の強化版だなぁ
低音強化、立体感アップ
Charge4といい、今JBLはそっちの方向性なのかね

店員さん曰く、Charge4は縦置き、外使い
大音量を想定してモノラル、低音強化らしい
開発ポリシーは理解するけど、それ日本では活躍する場面が限られるよなぁ



[#5]
>>#4
Charge4のような低音強めの味付けなんですね
もうちょい値下がったら買ってみるかな



[#6]
>>#5
低音は強めだけど、こもった感じはなくて
音に立体感というか奥行きが感じられるのはCharge4と同様

ところで二台買ってステレオ再生してるんだけど
コネクトアプリの出来が最悪
以下の段取りを踏まないとステレオにならない
1台目電源オン、BT接続
アプリ立ち上げ、1台目認識させる
2台目電源オン、二台を連結させる
アプリでパーティモードで認識されるので、ステレオに切り替え
音楽再生

再生した時点、というか音楽アプリに切り替えた時点?で
アプリがスピーカーを認識しなくなる
このためそのままアプリでLR入れ替えやパーティーモードに切り替えようとしても
不可能なのでいったんアプリを閉じてスピーカーの電源もオフにして最初からやり直し

今まではflip4だったのでアプリはアップデートしないで使ってたため
特に不都合はなかったけど、Flip5購入と同時にアプリアップデートしたら上記の通り
極めて使い勝手が悪くなったよ。。
アップルストアでアプリの評価見たら、実は新しいアプリ、評判最悪で散々書かれてるね
そのうち改善されるといいけど



[#7]
ヨドバシでFlip5視聴したけどパワフルで良い感じだな
ちょっと欲しくなった



[#8]
>>#7
二台即買いしてステレオ連結して使ってる、すごく良いよ
従来モデルとは音が別物
音場、立体感が格段にアップしてる
ただ、ベース強めでドンシャリ度アップ
ちょっとソニー寄りになった感じではある。
オーディオ的に聴きたいなら従来モデル
ノリノリで聴きたいならこれ
使い分け十分可能

ただしアプリも含めステレオ連結はやり難くなったな
いちいちアプリ立ち上げて、まず片方のスピーカーを認識させてから
もう一台を繋がないとステレオにならない
順番間違うとやり直し、一度繋ぐとなぜかアプリが初期化されるので
パーティモードへの変更もそのままアプリでは操作できなくて、全部やり直し
これ、結構ストレス






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通信方式:Bluetooth 4.2、プロファイル:A2DP/AVRCP、出力:20W、周波数特性:65Hz - 20kHz、バッテリー:リチウムイオン(4800mAh)、連続再生時間:約12時間、充電時間:約2.5時間、サイズ:69x181x74mm、重量:540g、という仕様。新設計の楕円ドライバー採用、ノイズ・歪み対策に1ドライバーへ変更、ファブリック&ラバーハウジングボディ、IPX7の防水性能、ステレオ接続・複数接続が可能なJBL PartyBoost対応&専用ボタン搭載、ストラップ標準装備、専用アプリ・JBL Connect、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。ドライバーが1つに変更されたのでモノラルスピーカーになっている、先代よりも低音が強いサウンドでどちらかと言えば第3世代の強化版という感じ、低音は強めだが篭っておらず音に立体感がある、単体だとモノラルだが2台でのステレオ再生は従来よりも格段に良くなっている、ただし2台接続の設定はやりづらいしアプリの使い勝手は現状だと最悪レベル、といった内容。

ステレオからモノラルに変更された点を改悪だと見る人も少なからずいましたが、一つのBluetoothスピーカーとしてはパワフルで低音の質もなかなか良いようですし、2台でステレオ再生するなら今まで一番の出来と評されていますし、見方によってはシリーズ史上もっとも良いかもしれない印象。ただ、アプリに関しては口を揃えて酷評されていましたから、そこはアップデートを待つしかないでしょうか。「JBL FLIP5」は現在10,000円前後の価格で販売されています。




JBL
売り上げランキング: 42