TRN、QCC3020採用でハイブリッドドライバーの完全ワイヤレスイヤホン『TRN T200』

TRN_T200_01.jpg


海外で見かけたTRNのイヤホン「TRN T200」。
完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー「TRN BT20S」で注目を集めたTRNが、「TRN T100」に続く第2作目の完全ワイヤレスイヤホンをリリースした模様。Qualcomm QCC3020のBluetoothチップ採用&ハイブリッドドライバーのモデルです。

TRN-T200 - 无线蓝牙耳机 - 东莞市佐度声学科技有限公司
http://www.trn-hifi.com/index.php?m=content&c=index&a=show&catid=8&id=112





TRN_T200_02.jpg



TRN_T200_03.jpg



TRN_T200_04.jpg



TRN_T200_05.jpg



TRN_T200_06.jpg



TRN_T200_07.jpg



TRN_T200_08.jpg


通信方式:Bluetooth 5.0、コーデック:aptX/AAC/SBC、連続再生時間:約7時間、スタンバイ時間:約180時間、充電時間:約1.5時間、重量:5.3g、という仕様。Qualcomm QCC3020のBluetoothチップ採用、1BA+1DDのハイブリッドドライバー、IPX5の防水性能、3Dタッチコントロールボタン、最大3回分の充電が可能なバッテリーケース、ケースをから取り出すと同時に接続を行う自動ペアリング機能、などが特徴。

QCC3020のBluetoothチップを採用した完全ワイヤレスイヤホンは今や珍しくもありませんが、採用していれば長所にはなる要素。ハイブリッドドライバーは逆にまだ数少ないので注目のポイントになるでしょうし、TRNといえば有線イヤホンでも実績がありますから他とは少し違った音が期待できるかもしれない。日本でも一部のショッピングサイトで既に取り扱われており、現在6,000円弱の価格で販売されています。
<関連記事>【イヤホン】TRN 『TRN T200』 レビューチェック