DELL、有線で10ボタン搭載の新型ゲーミングマウス『AW510M』

AW510M_01.jpg


2019年10月に発売されるDELLのマウス「AW510M」。
AW610M」と共に今月リリース予定となっているALIENWAREブランドの新たなゲーミングマウス。AW610Mと本体の形状や基本スペックは同じですが単なる有線版ではなく、こちらはボタン数が多く搭載されているモデルです。

New Alienware RGBゲーミング マウス | AW510M | Dell 日本
https://www.dell.com/ja-jp/shop/accessories/apd/570-abcp





AW510M_02.jpg



AW510M_03.jpg



AW510M_04.jpg



AW510M_05.jpg



AW510M_06.jpg



AW510M_07.jpg



AW510M_08.jpg


最新世代のカスタムAlienwareネイティブ16000DPIセンサー採用、耐久性5000万回のオムロン製マイクロスイッチ採用、人間工学に基づいたALIENWAREシグネチャーデザイン、プログラム可能な10ボタン、12~24ステップでトグル設定ができるスクロールホイール、AlienFX RGB対応のRGB LED搭載、サイズ:幅77.6x奥行き133.3x高さ49.2mm、重量:91g、主な仕様・特徴は以上。公式サイトの価格は現在10,000円台。

詳細がまだわからないセンサーは数値から考えてトップグレードの光学式。全長130㎜超の大型サイズでボタンを多く搭載していながら重量を91gに抑えている点はプラス要素となりそう。後部が広がった特殊なデザインは手に合う合わないが結構分かれるかもしれませんが、見方によっては意外といいかもしれないゲーミングマウス。あとは有線モデルで10,000円超という価格をどう捉えるかでしょうね。




Dell
売り上げランキング: 656