【キーボード】SteelSeries 『Apex Pro』 画像など

SteelSeries_Apex_Pro_01.jpg


2019年10月に発売されるSteelSeriesのキーボード「Apex Pro」。
アクチュエーションポイント調整可能&0.7msの高速レスポンスを実現したキースイッチ”OmniPoint”採用のゲーミングメカニカルキーボード。有機ELスマートディスプレイなど他にも見どころが多いモデルですが、ちょっと見てみます。

Apex Pro | SteelSeries
https://jp.steelseries.com/gaming-keyboards/apex-pro





SteelSeries_Apex_Pro_02.jpg



SteelSeries_Apex_Pro_03.jpg



SteelSeries_Apex_Pro_04.jpg



SteelSeries_Apex_Pro_05.jpg



SteelSeries_Apex_Pro_06.jpg



SteelSeries_Apex_Pro_07.jpg



SteelSeries_Apex_Pro_08.jpg



SteelSeries_Apex_Pro_09.jpg



SteelSeries_Apex_Pro_10.jpg



SteelSeries_Apex_Pro_11.jpg



SteelSeries_Apex_Pro_12.jpg



SteelSeries_Apex_Pro_13.jpg



SteelSeries_Apex_Pro_14.jpg



SteelSeries_Apex_Pro_15.jpg
(via baidu)

キースイッチ:OmniPoint/QX2 Red、押下圧:45g、キーレイアウト:104キー英語/108キー日本語、サイズ:幅436.7x奥行き139.2x高さ40.3mm、重量:971g、という仕様。アクチュエーションポイントを0.4~3.6mmで調整可能&0.7msの高速レスポンス&耐久性1億回のキースイッチ”OmniPoint”採用、カスタマイズ可能なRGBキーバックライト搭載、様々な表示ができる有機ELスマートディスプレイ、メタルローラーのマルチメディアコントロール、USBパススルーポート、航空機グレードのアルミ合金フレーム、3方向にケーブルを通せるケーブルマネジメント構造、マグネット着脱式のパームレスト、などが特徴。

一つ注意しておくべき点はOmniPointの採用箇所。OmniPointは通常エリア(英語配列だと61キー)に使われており、他の部分は以前から存在する赤軸のQX2 Redが使われている模様。一番の特徴としているキースイッチをすべてのキーに使わないのは中途半端な印象も受けますが、APのカスタマイズが可能なメカニカルキースイッチはこれが世界初ですから、ゲームの用途でどれだけ真価を発揮するのか気になるところ。ディスプレイは付加機能なので必要か否かは人によりけり。あとはゲーミングメカニカルキーボードで最高額となる価格をどう見るか・・・・。「Apex Pro」は現在32,000円前後で予約受付中です。




SteelSeries
売り上げランキング: 149