【ヘッドホン】HIFIMAN 『ANANDA』 レビューチェック

ANANDA_01.jpg


2018年8月に発売されたHIFIMANのヘッドホン「ANANDA」。
従来より薄型化&高感度化を実現した事によりポータブル端末でも使えると謳った平面磁界駆動ドライバー搭載のヘッドホン。海外ではBluetoothモデルの「ANANDA-BT」が既に出ている状況ですが、ちょっとチェックしてみます。

HIFIMAN ANANDA
http://hifiman.jp/products/detail/293



画像


ANANDA_02.jpg



ANANDA_03.jpg



ANANDA_04.jpg



ANANDA_05.jpg



ANANDA_06.jpg



ANANDA_07.jpg



ANANDA_08.jpg



ANANDA_09.jpg



ANANDA_10.jpg



ANANDA_11.jpg



ANANDA_12.jpg
(via it168)



メディア・レビューサイト


HIFIMAN、スマホでも駆動できる約9.8万円の平面駆動ヘッドフォン「ANANDA」 - AV Watch
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1139549.html

HIFIMAN、振動板のさらなる薄型化/高感度化を果たした平面駆動ヘッドホン「ANANDA」 - PHILE WEB
https://www.phileweb.com/news/d-av/201808/24/44813.html

HIFIMAN ANANDA レビュー : うぐぅ~の隠れ家
http://blog.livedoor.jp/hotyahotya/archives/51003847.html

メタラーのヘッドホンブログ : HIFIMAN ANANDAのレビュー
http://blog.livedoor.jp/headphone_metal/archives/52403809.html

本日のデスクトップオーディオ 『HIFIMAN ANANDA』 → 「沼」の終了。。: The Riddle
http://theriddle.seesaa.net/article/462906128.html

HIFIMAN ANANDA (開放平面磁気駆動型ヘッドフォン) - g.o.a.t
https://naohisa.goat.me/aXjg50EGUE




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ドライバー:平面駆動型、再生周波数帯域:8 - 55,000Hz、音圧感度:103 db、インピーダンス:25Ω、重量:399gという仕様。従来より薄型化したNsD(NEO supernano Diaphragm)採用の平面磁界駆動ドライバー、ポータブル端末でも駆動できる超高感度設計、余計な反響音を抑制するWindow Shadeデザイン、耳の形にフィットする非対称イヤーカップ、アルミと皮革で構成されたハイブリッドヘッドバンドデザイン、3.5mm端子採用の着脱式/両出しケーブル、などが特徴。

レビューしている人は数名いましたが、「音は非常に良いの一言、基本性能が高く高音の明瞭さと解像度の高さは特に素晴らしい」「装着感は良い方だが頭が小さめの人は緩いと感じるかもしれない」「DAP直挿しでも確かに駆動できるが音量をかなり上げないといけないのでポタアンはあった方がいい」「それ以前に開放型であり音漏れもかなりするので据え置きの用途が妥当」「傍から見れば高額品だがむしろリーズナブルに思えるほど完成度は高い」といった内容。



各所の反応


[#1]
HIFIMAN 新製品平面磁界駆動型ヘッドホンANANDA発売のご案内
http://hifiman.jp/articles/detail/31



[#2]
ANANDA 105,840円ってめっちゃ安いな
ケーブルのコネクタが3.5mmに変更されてる
2.5mmだと断線した時ケーブルの選択肢ほとんどなかったけど
3.5mmならもう少し選択肢が増えるね



[#3]
         周波数応答  感度  インピーダンス 重量
Edition X V2 8Hz~50kHz  103dB   25Ω   399g
ANANDA    8Hz~55kHz  103dB   25Ω   399g

数値上のスペックの違いは周波数帯域のみだけど
ダイアフラム変更による音の違いが気になる
X V2持ちとしてはコネクタの3.5mm化とヘッドバンドの皮革使用がうらやましい



[#4]
ANANDAありゃあヤバイね。正直d8000より好き。音も装着感も最高。
ジャンル選ばず何でも合う。鳴らしやすい。聴き疲れない。
解像度が高い。低音タイトで量もある。中音艶っぽい。



[#5]
anandaは確かに良かった10万前後ではベストバイと言えるね
音だけでいえばHE1000やD8000やUTOPIAクラスのヘッドホンと比べたら
多少劣るもののコスパは圧倒的



[#6]
初hifimanにsundara買ってお試ししたら、気に入ってしまってananda買ってしまった。
平面駆動という意味ではSTAXを前から使ってるけど、中低音の厚みが全然違うね。
中低音に厚みがあって、しかも点でなく面で迫ってくるのが気持ちよく
音量上げても聴き疲れしない。



[#7]
ANANDAってポータブルDAPでも音量とれます?



[#8]
>>#7
ZX300だとハイゲインのボリューム最大でやっと音量が取れる
もう少し駆動力のあるDAPなら音量的には問題ないだろう



[#9]
ANANDA視聴してきた。すごい良い。好みの鳴り。



[#10]
ANANDAとHE1000だとANANDAの方が華やかで
HE1000の方がナチュラルでクオリティも少し上
値段差ほどの差は無い、というか音質的にはANANDAのCPCが異様に高い



[#11]
ANANDAの感度めちゃくちゃ高いのな
一般的なボリュームだとギャングエラーの問題があるから
感度高すぎるのも扱いづらいんだよなぁ



[#12]
高音重視のヘッドホン求めてるやけど
ANANDAでよいかな?



[#13]
>>#12
ANANDAの高音は綺麗だし伸びもいいけど
重視というほどには高音に偏ってないと思う



[#14]
10万円くらいのヘッドホンの中ではアナンダは非常にいい、1番かも
でもアナンダを買うと上を見たくなるのは確か
HE1000 v2だったらもっと綺麗な音なんだろうなとか気にしちゃう
そこが悩みどころ



[#15]
今までずっとイヤホン使ってていろいろ視聴してみたらANANDAの音に感動した
そこで買ったはいんだけど現在の環境がクソでどこから始めたらいいのかわからん
今はZX300のアンバランス直挿しなんだけど
据え置きのアンプ買ったほうがいんかな?(予算は10万程度)



[#16]
>>#15
まあ据え置きの方がベターなのは間違いない
質のいい複合機を中古で買うという手もあるよ



[#17]
俺はSUNDARA買ってすぐANANDA買った。
これで音が格段に良くなっちゃったから困る。
高いのはさらに良くなるかもと思っちゃう。

普通は音の色付け変わったり
そこまでの差が出ないんだけど
これは直線的に音質上がった感じ。



[#18]
俺の場合ANANDA買ってからSUSVARA聞いてみたけど
個性が随分違ってて併用できるなーという感じだった
普通に聴くとANANDAの方が美音だけど
SUSVARAは音も広がりもすごく自然でとても良かった

何が言いたいかというと俺の場合はANANDAの音質なら
上位を聴いても買い替えというより買い増しになりそうな感じだった
ANANDAの場合音質よりも本体の質感がややチープなのが気になるけど
コストを音質に全振りしたんだろうなあという感じ






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。同価格帯の中ではベストバイと評してもいいほど音がいい、曲のジャンルは選ばないし鳴らしやすいし聴き疲れしない、感度は高すぎるレベルで扱いづらいかも、ポータブルもいけるが据え置きで使うのがベター、同社の「HE1000 V2」(AA)などさらに上をいくモデルには劣るが価格差ほどの性能差は感じない、といった内容。

この「ANANDA」は現在100,000円台の価格で販売中。比較対象として名が挙がっていたものはどれも価格が数倍する高級品ですから、多少なり劣る程度でコストパフォーマンスは圧倒的だという評価も腑に落ちる印象。人によってはヘッドホン選びに終止符を打てる存在になり得るでしょうか。また、有線モデルがこの高評価ならBluetoothモデルも相応の期待ができるでしょうね。




HIFIMAN
売り上げランキング: 2114