【イヤホン】HIFIMAN 『TWS600』 レビューチェック

HIFIMAN_TWS600_23.jpg


2019年8月に発売されたHIFIMANのイヤホン「TWS600」。
RE2000」など高級路線のオーディオ製品で知られるHIFIMANの第一号となる完全ワイヤレスイヤホンで、上位クラスにも使われているトポロジーダイヤフラム採用を大きな特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。

HIFIMAN TWS600
http://www.hifiman.jp/products/detail/304



画像


HIFIMAN_TWS600_24.jpg



HIFIMAN_TWS600_25.jpg



HIFIMAN_TWS600_26.jpg



HIFIMAN_TWS600_27.jpg



HIFIMAN_TWS600_28.jpg



HIFIMAN_TWS600_29.jpg



HIFIMAN_TWS600_30.jpg



HIFIMAN_TWS600_31.jpg



HIFIMAN_TWS600_32.jpg




各所の反応


[#1]
HIFIMAN初の完全ワイヤレスイヤフォン「TWS600」。トポロジーダイアフラム採用
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1200856.html



[#2]
hifimanのは14000円前後か
気になる



[#3]
hifimanの買おうと思うけど日本価格随分安いな
米アマゾンだと199ドルなのに



[#4]
HIFIMAN、音だけは良いから気になるな



[#5]
tws600思ったより安いな
HIFIMANだしこんな見た目だしで
ポタフェスで試聴したとき2万以上はいってるもんだと思ってたよ



[#6]
HIFIMAN聴いてきた
シャリシャリ感凄いね
悪くないけど人選ぶなー



[#7]
ハイファマンの宣伝動画
誉めるとこを無理やり捻り出してる感が凄いな
とりあえずイヤピが豪華なのとメカメカしいって事だけは伝わったぜ・・・。



[#8]
TWS600
個人的に今時のジャンル問わず低音高音強調しまくりの音楽に合わないだけで
モノ自体は悪いとは思わなかった



[#9]
HIFIMAN買ってみたけど音に厚みが無くチープな音。
イヤピ交換&エージングでかわるかな。



[#10]
>>#8
エージングはともかくイヤーピースは色々試したほうがいいと思う
付属品だとボーカルのキンキン具合が解消されなかったから
俺はラディウスのディープマウントつけてる



[#11]
>>#10
HIFIMAN 自分も昨日からdeep mountに変えてみたら
音が引き締まって断然良くなりました。
エイジングもあるかも。
売ろうかなと思ってだけどサブ機として使い分けしてます。



[#12]
HIFIMAN TWS600、実機が出てたんで聴いてみた
高音クッキリで低音抑えめな音
音悪い!っていうわけでもないが、音けっこうイイ!っていうほどでもない
電池5時間だっけ?aptXもないし、これで1万5千円では今となっては埋もれるわな



[#13]
tws600は音が個性的過ぎてちょっと試聴しただけじゃ良さがわかりづらい
個人的に低音ボンボン鳴らないだけでも買う価値あったわ



[#14]
TWS600の音出し時間がおそらく40時間は超えた
毎日使ってるから変化はよく分からんが
使い始めの頃よりは上から下までキッチリ出ている気がする
とは言え低音が少なく感じるが
E8と高音が明るいのと良く伸びるところは似ている

デザインがハマって長く使う気があるならお勧めはする
この価格帯で高音寄りのモデルは少ないし



[#15]
HIFIMANの公式サイトに10-20時間慣らしてくれって書いてあるけど
そんなに変わる?



[#16]
>>#15
最初は昔のラジオみたいな音だったけど鳴らし込んでたら変わったよ。
もちろんいい方向に。昨日イヤピdeepmountにして外で聴いだけど全然別物。
低音も締まりcks5twより自分の中で上位になりました。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通信方式:Bluetooth 5.0、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:約5.5時間、スタンバイ時間:約110時間、充電時間:約1時間、重量:5.9g、という仕様。独自開発の振動板・トポロジーダイヤフラム採用のダイナミックドライバー、IPX4の防水性能、再生/一時停止・曲スキップ・音量・音声アシスタント起動の操作が可能、最大6回分の充電が可能&USB Type-C採用のバッテリーケース、イヤーピース4種/計9セット付属、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音は高音寄りで人によって好き嫌いが分かれそうなほど個性的、高音や音の伸びはB&O PLAYの「Beoplay E8 2.0」(AA)に似ている、箱出しの状態はかなり微妙な音なので使いはじめや展示品での試聴は印象悪いかもしれない、その微妙な音はある程度のエージングとイヤーピースを合わせる事で良い方向に変わっていく、メカニカルなデザインも好みが分かれそうだが好きな人はハマりそう、といった内容。

この「TWS600」は現在13,000円台の価格で販売中。高級路線を軸にしているHIFIMANの完全ワイヤレスイヤホンがその価格という時点で何か察しないといけないのかもしれませんが、評価的にとりあえず言える事は慣らし込んでない状態のもので結論を出すのは早計。特に展示品はまだ出して間もないでしょうから試聴しただけで決めつけない方がいいかと。あとは好みが分かれると評されていた個性的な音とデザインをどう見るか・・・・確かに分かれそうですね。




HIFIMAN
売り上げランキング: 2235