HiBy、ポップなカラーで本格的なBluetoothヘッドホンアンプ『HiBy W3』

HiBy_W3_01.jpg


海外で見かけたHiByのレシーバー「HiBy W3」。
HiBy W5」の下位モデルとなるであろうBluetoothレシーバー兼ワイヤレスヘッドホンアンプ。スタンダードなボックスタイプでポップなカラーも用意されていますが、上位のW5に匹敵する本格的なスペックを備えています。

海贝音乐
https://www.hiby.com/





HiBy_W3_02.jpg



HiBy_W3_03.jpg



HiBy_W3_04.jpg



HiBy_W3_05.jpg


Qualcomm CSR8675のBluetoothチップ採用、AKM製のDAC・AK4377採用、aptX HD/LDACの高音質コーデック対応、最大192kHz/1.2Mbpsのサンプリングレートに対応する独自開発のUATテクノロジー、USB Type-Cで接続するUSB DAC機能、ハンズフリー通話対応、NFC対応、LEDインジケーター・クリップ搭載、スマートフォンアプリ・HiBy Blue、再生時間:約11.5時間、サイズ:58.8x25.6x15.8mm、重量:19.5g、主な仕様・特徴は以上。

特徴の一つとしているカラーラインナップはブラック・ブルー・グリーン・イエロー・ピンクの計5色。価格は拠点の中国だと上位のW5よりも4割ほど安い298人民元(約4,500円)。良くも悪くも個性的な作りになっていたW5に比べてスタンダードなタイプで性能は遜色ない上に価格はひと回り安いですから、こちらの方が人気出そうな印象。他社の製品と比べてもFiiOの「BTR3」(AA)あたりといい勝負になるでしょうね。




HiByMusic
売り上げランキング: 769