メタリックなパーツで自作PCを組む(IN WIN 905)

IN_WIN_905_01.jpg


2019年9月に発売されるIN WINのPCケース「905」。
ヘアライン加工アルミパネルと両面ガラスサイドパネルを使用したシンプルかつメタリックなミドルタワーのPCケース。そのメタリックな部分がさらに映えるようPCパーツもなるべく統一させて組んでいる人がいたので、ちょっと見てみます。

905|In Win|株式会社aiuto PCパーツ・周辺機器 総合代理店
https://www.aiuto-jp.co.jp/products/product_2741.php





IN_WIN_905_02.jpg



IN_WIN_905_03.jpg



IN_WIN_905_04.jpg



IN_WIN_905_05.jpg



IN_WIN_905_06.jpg



IN_WIN_905_07.jpg



IN_WIN_905_08.jpg



IN_WIN_905_09.jpg



IN_WIN_905_10.jpg



IN_WIN_905_11.jpg



IN_WIN_905_12.jpg
(via zfrontier)

PCケースの特徴は簡潔にまとめると、ヘアライン加工の4mm厚アルミパネル採用、左右両面にボルトフリーの強化ガラスパネル採用、フロントにARGB LED搭載(OLEDディスプレイモデルもあり)、特殊な構造のPSUチャンバー、など。今回それに組み合わせるPCパーツは、マザーボードがMSIのMORTAR TITANIUMシリーズ、メモリがG.SkillのTrident Z Royalシリーズ、CPUクーラーがCooler MasterのMasterLiquid ML360P Silver Edition、ビデオカードがHISのRadeon RX Vega 64 AIR Silver、といった構成。

写真はファンやケーブルは後回しにした仮組みの状態、その光景は・・・・PCパーツのシルバーで統一された見栄えはなかなかのもの。残るファンもケーブルもシルバーに近いもので組めるならほぼ完璧と言えるのではないかと。ただ、PCケースはパネルがメタリックでも内部のシャーシがオールブラックなので、ちょっと統一感を妨げているのが否めないところ。それとガラスパネルはスモークじゃない方がいい気もしますが、LEDを発光させると印象は一変するかもしれない。とりあえずはメタリックなパーツ構成もカッコイイなと思った一例です。




InWin 905 PCケース
posted on 2019.09.09
905シリーズ アドレサブルRGB LEDモデル
アキハバラe市場 楽天市場支店