ROCCAT、通常ボディで67gの軽量ゲーミングマウス『Kone Pure Ultra』

Kone_Pure_Ultra_01.jpg


海外で見かけたROCCATのマウス「Kone Pure Ultra」。
同社の定番ゲーミングマウスとして長らく支持を得ているKone Pureシリーズの最新版が発表あり。基本スペックは「Kain 120 AIMO」と同じ内容で、筐体の型や各部の作りはそのままに67gの軽量ボディを実現しています。

ROCCAT ゲーミングマウス
https://ja.roccat.org/Mice





Kone_Pure_Ultra_02.jpg



Kone_Pure_Ultra_03.jpg



Kone_Pure_Ultra_04.jpg



Kone_Pure_Ultra_05.jpg



Kone_Pure_Ultra_06.jpg



Kone_Pure_Ultra_07.jpg
(via weibo/itheat)

16000DPIのROCCAT Owl-Eyeオプティカルセンサー採用、リフトオフディスタンス調整可能、67gの軽量ボディ、7ボタン搭載、新設計の2Dチタンホイール、512KBオンボードメモリ内蔵、RGB LED&AIMOライティングエンジン搭載、ケーブル長:1.8m、公開されていた仕様・特徴は以上。発表があった中国では10月発売予定、価格は399人民元(約6,000円)とのこと。

Kone Pureの型をそのままにどうやって軽量化したのかはわかりませんが、主要パーツの刷新と前作の2017モデルより21gも軽くなった重量は現代に合わせて最適化された感じで、リニューアル版としては申し分ない印象。また、肉抜きではない通常ボディのタイプではサイズが違うけれどもRazerの「Razer Viper」(AA)より軽いですから、これが最軽量の存在になるでしょうか。
<関連記事>【マウス】ROCCAT 『Kone Pure Ultra』 画像など




ROCCAT Kone Pure 2017
posted on 2019.09.06
ROCCAT
売り上げランキング: 214