ROCCAT、新シリーズのワイヤレスゲーミングマウス『Kain 200 AIMO』

ROCCAT_Kain_200_AIMO_01.jpg


海外で見かけたROCCATのマウス「Kain 200 AIMO」。
新型であるKainシリーズのワイヤレスゲーミングマウスで、既に発売されている「Kain 120 AIMO」のワイヤレス版となるモデル。製品情報は結構前に出ていましたが、先日のイベントにて実機のお披露目と詳細の公開があったようです。

ROCCAT Kain 200 AIMO
https://ja.roccat.org/Mice/Kain-200-AIMO





ROCCAT_Kain_200_AIMO_02.jpg



ROCCAT_Kain_200_AIMO_03.jpg



ROCCAT_Kain_200_AIMO_04.jpg



ROCCAT_Kain_200_AIMO_05.jpg
(via weibo)

16000DPIのROCCAT Owl-Eyeオプティカルセンサー採用、ファームウェアの改善による高速クリック反応、リフトオフディスタンス調整可能、独自のスプリットボタンデザイン”Titan Click”、高耐久性のハイブリッドコーティング、ARM Cortex-M0プロセッサー&512KBオンボードメモリ内蔵、RGB LED&AIMOライティングエンジン搭載、といった点は有線モデルと共通。

ワイヤレスモデルの特徴&新たに公開されていた仕様は、ゲーミングレードの2.4GHzワイヤレス技術採用、無線/有線両対応、バッテリー1000mAh内蔵、電池寿命:約50時間(LEDオン?)、耐久性5000万回のオムロン製マイクロスイッチ採用、重量:約110g、など。また、カラーによって型番が違う模様(ブラックは200、ホワイトは202)。

公式サイトの製品情報にはサイズが記載してあっても重量は触れられていなかったので気になっていましたが、約110gは軽くないけれども許容できなくもない微妙なライン。でも有線モデルが89gなのでもう少し軽くしてほしかったのが本音。ちなみに有線モデルの日本発売が決定しましたから、続いてこのワイヤレスモデルを出してくるかもしれませんね。
<関連記事>【マウス】ROCCAT 『Kain 200 AIMO / Kain 202 AIMO』 画像など




ROCCAT KAIN 120 AIMO
posted on 2019.09.25
ROCCAT
売り上げランキング: