月・日別2015年08月 1/5

2015年8月に発売されたマウス・キーボードを見てみる

月単位で見ても各社から様々な機種が出ているマウスとキーボード。発売されたもの全ては無理ですが、個人的に気になった新製品をちょっとピックアップしてみます。今月は数自体で見るとかなり少ない、でもニュータイプのRGB仕様メカニカルキーボードや、リニューアルされた左手用デバイスなど注目機がいくつか登場しました。2015年7月に発売されたマウス・キーボードを見てみるhttp://watchmono.com/blog-entry-5565.html...

【スピーカー】パナソニック 『SC-NT10』 画像など

2013年10月に発売されたパナソニックのスピーカー「SC-NT10」。IPX4相当の防滴・防塵設計、76cmの高さから落としても問題ない耐衝撃性、-10度から50度まで対応する耐温度、などタフなボディを特徴としたアウトドア向けのポータブルBluetoothスピーカー。ちょっと見てみます。ワイヤレススピーカーシステム SC-NT10|ミニコンポ|Panasonichttp://panasonic.jp/compo/nt10/...

未年をモチーフにしたDucky Channelのメカニカルキーボード(Ducky One)

海外で発売されているDucky Channelのキーボード「Ducky One」。見た目はスタンダードなフルサイズのメカニカルキーボード、でもテンキー部でマウスの操作ができるユニークな機能が備わっていたりするモデル。それをベースに干支の未年(ひつじどし)をモチーフにした限定バージョンなんかも今後出るようです。テンキー部でマウス操作が可能なメカニカルキーボード『Ducky One』http://watchmono.com/blog-entry-5567.html...

お前等のメカニカルキーボード見せろよ(海外)Part.53

カチカチッとしたキータッチが特徴のメカニカルキーボード。ここ最近はキースイッチがCherry MX製ではなく、kailh製を採用しているモデルも数多く登場。また、メーカーによってはそれらと違う独自のタイプを開発したところもあって、まさに戦乱状態。キーボードファンのやり取りも日々活発に行われていますが、そのような人たちが集まるフォーラムサイトで、2015年8月に投稿されていた画像100枚をちょっと見てみます。(Realforce...

キーバックライトも搭載したコンパクトBluetoothメカニカルキーボード『RK61』

海外で見かけたRK(Royal Kludge)のキーボード「RK61」。キーバックライト搭載の静電容量無接点方式キーボード「RC930 RGB」など、ちょっと変わったキーボードをいくつか出している中国メーカーのRK。今度はコンパクトサイズでBluetooth接続、さらにキーバックライトも搭載したメカニカルキーボードを出してきました。RK(royal kludge) RK61http://www.rkgaming.com/newsshow.php?cid=4&id=24...

クリエイティブのBluetoothスピーカー『MUVO mini』の防水性を画像で見る

2014年7月に発売されたクリエイティブのBluetoothスピーカー「MUVO mini」。Bluetooth 4.0&NFC接続対応、IP66相当の防塵・防水設計などを特徴とし、価格の割にスピーカーの性能と使い勝手の良さが好評を得ているBluetoothスピーカー。特に防水性は一番のポイントと言えますが、それがどれほどのものなのか少し試している人がいたので見てみます。【スピーカー】クリエイティブ 『MUVO mini』 レビューチェックhttp://watchmono.co...

MMO向けゲーミングマウスをまとめてみた(~2015/08)

MMO向けゲーミングマウス・・・・サイドパネルに多数のボタンを搭載したものが該当し、元祖と言えるのは2009年に発売されたRazerの「Razer Naga」。それから5年以上経ちますが、他社からも次々に発売されて選択肢が増え、これから発売される新製品もいくつか控えている状況。廃盤品を除いて自分が知っている限りの該当モデルをまとめてみました。ワイヤレス・ゲーミングマウスをまとめてみた(~2014/06)http://watchmono.com/blo...

【モニター】Acer 『S277HKwmidpp』 画像など

2015年3月に発売されたAcerの27インチ液晶モニター「S277HKwmidpp」。LEDバックライト・IPSパネル採用、解像度は3840x2160となっている4K仕様の液晶モニターで、この解像度では世界初登場となったHDMI 2.0対応&フレームレスデザイン採用が特徴のモデル。ちょっと見てみます。S277HKwmidpp | モニター - Acerhttp://www.acer.co.jp/ac/ja/JP/content/model/UM.HS7SJ.001...

HPのフレームレスWUXGA液晶モニター『HP Z24n』

2015年5月に発売されたHPの24インチ液晶モニター「HP Z24n」。LEDバックライト・IPSパネル採用、解像度はWUXGA(1920x1200/16:10)でフレームレスデザインになっているモデル。この解像度でこのタイプは選択肢が限られている状況ですが、HPもいつの間にか出していたようです。HP Z24n プロフェッショナル液晶モニター(K7B99A4)| 日本HPhttp://h50146.www5.hp.com/product/business/pc/workstation/monitor/z24n/...

【タブレット】Huawei 『MediaPad X1』 レビューチェック

2014年8月に発売されたHuaweiの7インチタブレット「MediaPad X1」。クアッドコアCPU搭載、LTPSパネル採用、解像度:WUXGA(1920x1200)、SIMフリー/LTE対応、そして発売当時はこのサイズで世界最薄を謳っていたスリムボディなどが特徴のAndroid 4.2モデル。ちょっとチェックしてみます。Huawei - MediaPad X1 7.0 - タブレットhttp://consumer.huawei.com/jp/tablets/features/mpx1-jp.htm...

【ヘッドホン】TDK 『WR680』 画像など

2015年6月に発売されたTDKのヘッドホン「WR680」。小型かつ軽量のモバイル向けでありながら、40mm径ドライバーユニット搭載を特徴としたBluetoothヘッドホン。ハウジングまわりに各操作ボタン/スイッチ搭載&NFC対応と使い勝手も良さそうですが、ちょっと見てみます。スマートフォン対応 Bluetooth ワイヤレスヘッドホン WR680 | TDK Life on Recordhttp://www.tdk-media.jp/audio/headphones/wr680/index.html...

Razerのゲーミングイヤホン『Hammerhead Pro』にも偽物が存在する

ゲーミングデバイスメーカーとしては世界No.1になっていると言っても過言ではないRazer。知名度と流通量の高さゆえかマウス・マウスパッドといった主力製品の偽物が結構前から数多く出回っていたりもしますが、どうやらその類も幅を広げてきているようで、ゲーミングイヤホンの「Hammerhead Pro」にも偽物が存在するようです。【イヤホン】Razer 『Razer Hammerhead / Hammerhead Pro』 レビューチェックhttp://watchmono.com/blog...

【モニター】ASUS 『MG279Q』 レビューチェック

2015年6月に発売されたASUSの27インチ液晶モニター「MG279Q」。IPSパネル採用、解像度:WQHD(2560x1440)、リフレッシュレート144Hz駆動、ディスプレイ同期技術・FreeSync対応、など一部の間で待ち望まれていたスペックを備えているゲーミングモニター。簡潔にチェックしてみます。液晶ディスプレイ | MG279Q | ASUS 日本http://www.asus.com/jp/Monitors/MG279Q/...

【キーボード】ロジクール 『K400 Plus』 画像など

2015年6月に発売されたロジクールのキーボード「Wireless Touch Keyboard K400 Plus」。マルチタッチ対応のタッチパッドが一体化したHTPC向けのワイヤレスキーボードで、結構前から存在する「K400r」の後継機 or 改良版と言えるモデル。型番をそのまま引き継がなくても良かったのではないか?と思うほど新旧で結構違う印象ですが、ちょっと見てみます。Logicool Wireless Touch Keyboard K400 Plus - パソコン - TVコントロールhtt...

Oreeの木製Bluetoothタッチパッド『Touch Slab』

海外で見かけたOreeのタッチパッド「Touch Slab」。3年前くらいに木製のBluetoothキーボードで話題を集め、日本でも確かショップかモデルルームを出していた事があるOree。以降も製品展開は続いていたようで、その中には木製のBluetoothタッチパッドというこれまた珍しいものもありました。Touch Slab | Oreehttp://oreeartisans.com/products/oree-touch-slab...

【キーボード】ARCHISS 『ProgresTouch RETRO』 レビューチェック

2014年12月に発売されたARCHISSのキーボード「ProgresTouch RETRO (AS-KBPD08)」。通常のタイプより材質が厚く印字が消えない2色成型キーキャップや、耐久性&安定感の高いパーツの採用を特徴としたメカニカルキーボード。その名のとおりレトロチックさも感じられるデザインになっていますが、ちょっとチェックしてみます。ARCHISS ProgresTouch RETRO 日本語配列 | 株式会社アーキサイトhttp://www.archisite.co.jp/products/arch...

【モニター】Acer 『XR341CKbmijpphz』 画像など

2015年8月に発売されたAcerの34インチ液晶モニター「XR341CKbmijpphz」。LEDバックライト・IPSパネル採用、曲面仕様のウルトラワイド液晶、解像度:3440x1440、ディスプレイ同期技術・FreeSync対応、など同類の中では現状一番ハイスペックなゲーマー向けモデル。ちょっと見てみます。XR341CKbmijpphz | モニター - Acerhttp://www.acer.co.jp/ac/ja/JP/content/model/UM.CX1SJ.001...

SteelSeries Rival Rescuerと同型の中華ゲーミングマウス『fuhlen CO300』

海外で見かけたfuhlenのマウス「fuhlen CO300」。PixArtの光学センサーやオムロン製のマイクロスイッチを搭載した比較的小型の中華ゲーミングマウス。最初見た時になんか既視感のあるボディだよなぁ・・・・と思ったら、SteelSeriesの「Rival Rescuer」と同型のようです。【マウス】SteelSeries 『Rival Rescuer』 画像などhttp://watchmono.com/blog-entry-5534.html...

【マウス】上海問屋 『DN-12969』 レビューチェック

2015年7月に発売された上海問屋のマウス「DN-12969」。”静音ワイヤレス オプティカル 「忍」マウス”という製品名にもなっているワイヤレスの静音マウスで、人気声優が「忍」の文字を手がけたデザインも特徴のモデル。簡潔にチェックしてみます。静音ワイヤレス オプティカル 「忍」マウス | 【上海問屋】通販サイトhttp://www.donya.jp/item/27381.html...

ViewSonic、イオン発生器を搭載した液晶モニター『VX2415-sh』

海外で見かけたViewSonicの23.8インチ液晶モニター「VX2415-sh」。LEDバックライト・ADSパネル採用、解像度はフルHDの至ってスタンダードなモデル・・・・と思いきや、スタンドの支柱にイオン発生器を搭載しているという前代未聞の機能を備えています。ViewSonic Japanの液晶モニター、プロジェクター、デジタルサイネージhttp://ap.viewsonic.com/jp/...