カテゴリゲーミングマウス 1/54

ROCCATのワイヤレスゲーミングマウス『Kain 200 AIMO / Kain 202 AIMO』が9,000円を切る

2019年12月に発売されたROCCATのマウス「Kain 200 AIMO / Kain 202 AIMO」。「Kain 120 AIMO / Kain 122 AIMO」をそのままワイヤレス化したワイヤレスゲーミングマウスで、カラーによって型番が異なるモデル。発売当時の価格は12,000円前後でしたが早くも9,000円を切って販売するところが出てきました。【マウス】ROCCAT 『Kain 200 AIMO / Kain 202 AIMO』 画像などhttps://watchmono.com/blog-entry-10206.html...

SteelSeries 『Rival 3』 画像など ~低価格が魅力的な新エントリークラスのゲーミングマウス~

海外で発売されているSteelSeriesのマウス「Rival 3」。Rivalシリーズの新型で新エントリークラスとなるゲーミングマウス。これが初出となるTrueMove Coreセンサーや重量:77gの軽量エルゴノミックデザイン、それに30ドルを切る低価格も特徴となりそうなモデルですが、ちょっと見てみます。Rival 3 | SteelSerieshttps://jp.steelseries.com/gaming-mice/rival-3...

Corsair 『SCIMITAR RGB ELITE』 画像など ~刷新されたMOBA/MMOゲーミングマウス~

2020年2月に発売されるCorsairのマウス「SCIMITAR RGB ELITE」。「Scimitar PRO RGB」の後継機となるMOBA/MMO向けのゲーミングマウス。センサーとマイクロスイッチの刷新が主な変更点で12個のスライド式サイドボタンをはじめ本体の作りは特に変わっていませんが、ちょっと見てみます。SCIMITAR RGB ELITE Optical MOBA/MMO Gaming Mousehttps://www.corsair.com/p/CH-9304211-NA...

ASUS 『ROG Strix Impact II』 画像など ~軽量化&ギミック追加された小型ゲーミングマウス~

海外で発売されているASUSのマウス「ROG Strix Impact II」。「ROG Strix Impact」の後継機でマイナーチェンジではなくモデルチェンジされた実質新型のゲーミングマウス。先代よりも軽量になってROGの製品でおなじみマイクロスイッチ交換可能のギミックも追加されていますが、ちょっと見てみます。ROG Strix Impact II | Keyboards & Mice | ASUS Globalhttps://www.asus.com/Keyboards-Mice/ROG-Strix-Impact-II/...

Akko 『LW325』 画像など ~ハニカムデザイン/3カラーラインナップのゲーミングマウス~

海外で発売されているAkkoのマウス「LW325」。メカニカルキーボードのメーカーとして知られるAkkoが最近リリースしたゲーミングマウス。ハニカムデザインでカラーはブラック・ブルー・ピンクの3色あり、センサーは微妙だけれども価格は手ごろなモデル。ちょっと見てみます。Akko LW325轻量化鼠标 – 黑色 | Akko艾酷官方网站https://www.akkogear.com/mice/5791.html...

韓国発の量産型と言えるハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス『EVEREST RGB GT-100』

海外で見かけたEVERESTのマウス「EVEREST RGB GT-100」。韓国でPCパーツやゲーミングデバイスを取り扱う新興メーカー?のゲーミングマウス。巷でトレンドのハニカムデザインになっている軽量モデルですが、AJAZZの「AJ390」をはじめ同型の製品はいくつも存在する状況です。EVEREST RGB GT-100 PMW 3360http://www.pncpartner.com/shop/item.php?it_id=1580278523...

ENDGAME GEARの軽量ゲーミングマウス『XM1』のアップグレード版が登場&ホワイトが追加される

2019年11月に発売されたENDGAME GEARのマウス「XM1」。ボディに穴を開けず約70gの軽量を実現しているこのゲーミングマウスは完成度の高さも好評を得ていましたが、海外では最近になってアップグレード版とホワイトのカラーバリエーションモデルが登場したようです。ENDGAME GEAR 『XM1』 レビューチェック ~質実剛健のシンプルな軽量ゲーミングマウス~https://watchmono.com/blog-entry-10567.html...

ロジクール 『G403 HERO』 レビューチェック ~安くなったHERO 16Kセンサー搭載のゲーミングマウス~

2019年6月に発売されたロジクールのマウス「G403 HERO (G403h)」。「G403 Prodigy」のリニューアル版となるゲーミングマウスで、最上位モデルでも使われているHERO 16Kセンサー搭載が主な変更点。大きな値下がりが最近あって随分と手が出しやすいものになっていますが、ちょっとチェックしてみます。ロジクールG403 HEROゲーミング マウスhttps://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/products/gaming-mice/g403-hero-gaming-mouse.html...

ABKO HACKER、EC1/EC2チックなハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス『A800』

海外で見かけたABKO HACKERのマウス「A800」。韓国のみで展開しているゲーミングデバイスブランドの新たなゲーミングマウスで、本体はZOWIE EC1/EC2を彷彿とさせる形状にハニカムデザインを取り入れた軽量モデル。Pixart PMW3389のセンサー採用などスペックも申し分ないものです。ABKO HACKER A800http://www.abko.co.kr/shop/product_item.php?ItId=2586312829...

XENICS 『TITAN G AIR』 画像など ~ギミックも備えたハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス~

海外で発売されているXENICSのマウス「TITAN G AIR」。トップカバー交換やウエイトシステムなどのギミックを備えたハニカムデザインの軽量ゲーミングマウス。ワイヤレスモデルの「TITAN G AIR Wireless」や同型であるSharkoonの「Light² 200」が発表されるなどの新たな動きもありましたが、既に出回っているこちらを改めて見てみます。TITAN G AIRhttp://www.xenics.co.kr/goods/goods_view.php?goodsNo=1000000158...

ASUS、おそらく軽量でハイスペックのワイヤレスゲーミングマウス『ROG Strix Impact II Wireless』

海外で発表があったASUSのマウス「ROG Strix Impact II Wireless」。「ROG Strix Impact II」のワイヤレス版となるワイヤレスゲーミングマウスで、「ROG Pugio II」とスペックやギミックの面で共通点が多いモデル。重量は現時点でまだ非公開ですが”lightweight design”と謳っていますから、おそらく軽量です。ROG Strix Impact II Wireless | Keyboards & Mice | ASUS Globalhttps://www.asus.com/Keyboards-Mice/ROG-Strix-Impact...

Marvo、30ドルを切る左右対称/ハニカムデザインのゲーミングマウス『M518』

海外で見かけたMarvoのマウス「M518」。ゲーミングデバイスを主に展開している中国・深圳のメーカーが出していたゲーミングマウス。左右対称/ハニカムデザインで価格は米Amazonだと30ドルを切っている手ごろなモデル、ただし先に言っておくと穴だらけでも軽量ではありません。M518-MOUSE-PRODUCT-Marvohttp://marvo-tech.hk/index.php?c=content&a=show&id=422...

ASUS、現代に通用するスペックでギミックも充実のワイヤレスゲーミングマウス『ROG Pugio II』

海外で見かけたASUSのマウス「ROG Pugio II」。「ROG Pugio」の後継機でパーツ交換のギミックを継承しながらも別物レベルにモデルチェンジされたワイヤレスゲーミングマウス。独自のギミックを切り捨てずに現代のゲーミングシーンでも通用するよう仕上げた感のある新型モデルです。ROG Pugio II | Keyboards & Mice | ASUS Globalhttps://www.asus.com/Keyboards-Mice/ROG-Pugio-II/...

ロジクールのワイヤレスゲーミングマウス『G604 LIGHTSPEED』の分解レポート

2019年11月に発売されたロジクールのマウス「G604 LIGHTSPEED」。計15個のプログラマブルボタンや高速スクロールホイールを搭載したMMO/MOBA向けの多機能なワイヤレスゲーミングマウス。自分も既にレビューしているものですが、まだ知らなかった内部の詳細が投稿されていたので見てみます。ロジクール 『G604 LIGHTSPEED』 レビュー ~多方面で活用できるワイヤレスゲーミングマウス~https://watchmono.com/blog-entry-10381.html...

ROCCAT、軽量ゲーミングマウスの廉価版モデル『Kone Pure Ultra i』

海外で見かけたROCCATのマウス「Kone Pure Ultra i」。非ハニカムデザインの軽量ゲーミングマウス「Kone Pure Ultra」の廉価版となるモデル。筐体の型は通常モデルと変わらず重量はほんの少し重くセンサーはグレードダウンしていますが、価格は随分と抑えられているようです。ROCCAT KONE PURE ULTRA ihttp://www.jaywork.co.kr/product/detail.php?p_idx=143...

非ハニカムデザインの軽量ゲーミングマウスを穴だらけにしたら、どれほど軽くなるのか(ENDGAME GEAR XM1)

巷でトレンドとなっている軽量ゲーミングマウスはボディが穴だらけになったハニカムデザインのタイプと、ガワに穴を開けず軽量を実現しているタイプがあり。後者に該当するモデルは今のところ「Razer Viper」「Kone Pure Ultra」「XM1」が出ていますが、もしそれらをハニカムデザインにしたらどれほど軽くなるのか・・・・実践している人がいました。ENDGAME GEAR 『XM1』 レビューチェック ~質実剛健のシンプルな軽量ゲーミング...

ロジクールのHERO 16Kセンサー搭載ゲーミングマウス『G403 HERO』が5,000円を切る

2019年6月に発売されたロジクールのマウス「G403 HERO (G403h)」。「G703 LIGHTSPEED」と共にリニューアルされてスペック向上&軽量化された有線のゲーミングマウス。価格はつい先日まで8,000円台を維持していましたが、G703と同じく値下がりが発生してこれまでの最安となる5,000円を切っていました。【マウス】ロジクール 『G403 HERO (G403h)』 画像などhttps://watchmono.com/blog-entry-9835.html...

ロジクールのワイヤレスゲーミングマウス『G703 LIGHTSPEED』が8,000円を切る

2019年6月に発売されたロジクールのマウス「G703 LIGHTSPEED (G703h)」。リニューアルでバッテリー向上&軽量化されたHERO 16Kセンサー採用のワイヤレスゲーミングマウス。有線モデルの「G403 HERO」と共に各所で値下がりが発生しており、こちらはこれまでの最安となる7,000円を切っていました。【マウス】ロジクール 『G703 LIGHTSPEED (G703h)』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-9941.html...

Corsair、主要パーツが刷新されたMOBA/MMOゲーミングマウス『SCIMITAR RGB ELITE』

海外で見かけたCorsairのマウス「SCIMITAR RGB ELITE」。日本では2017年2月に発売されたMOBA/MMOゲーミングマウス「Scimitar PRO RGB」の実質マイナーチェンジ版がリリースされる模様。センサーがPixart PMW3360→PMW3391に変更されたほかマイクロスイッチも刷新されています。SCIMITAR RGB ELITE Optical MOBA/MMO Gaming Mousehttps://www.corsair.com/p/CH-9304211-NA...

XENICSのハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス『TITAN G AIR』の分解・実重量レポート

海外で発売されているXENICSのマウス「TITAN G AIR」。交換できるトップカバーやウエイトシステムなどのギミックを備えたハニカムデザインの軽量ゲーミングマウス。後に発表されたSharkoonの「Light² 200」とは同型なのに公称の重量差があってそのあたり気になっていましたが、分解と実重量のレポートが早くも投稿されていたので見てみます。XENICS、表面が着せ替えできるハニカムデザインの軽量ゲーミングマウス『TITAN G AIR』ht...