カテゴリPCサウンド 1/4

【サウンドカード】クリエイティブ 『Sound Blaster AE-7』 レビューチェック

2019年7月に発売されたクリエイティブのサウンドカード「Sound Blaster AE-7」。「Sound Blaster AE-9」と共に登場したSound Blasterシリーズのサウンドカードで、こちらはその下位にあたるモデル。「Sound BlasterX AE-5」の後継機もしくは上位とも言えそうなものですが、ちょっとチェックしてみます。Sound Blaster AE-7 - Creative Technologyhttps://jp.creative.com/p/sound-blaster/sound-blaster-ae-7...

【サウンドカード】クリエイティブ 『Sound Blaster AE-9』 レビューチェック

2019年7月に発売されたクリエイティブのサウンドカード「Sound Blaster AE-9」。「Sound Blaster ZxR」の後継機にあたるサウンドカード。Xampヘッドホンバイアンプをはじめとした高品位のコンポーネントを使用、さらに外付けのオーディオコントロールモジュールも備わっているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。Sound Blaster AE-9 - ハイレゾ対応PCI-Eサウンドカード&DAC - Creative Technologyhttps://jp.creative.com...

FiiO、新型のデスクトップUSB DAC/ヘッドホンアンプ『K5PRO』

海外で見かけたFiiOのアンプ「K5PRO」。「K3」の上位モデルとなるであろう据え置き型のデスクトップUSB DAC/ヘッドホンアンプ。そのK3よりも据え置き型らしいと言えるサイズで電源はACアダプタを使う仕様ですが、価格の割に魅力的なスペックを備えています。K5PROhttps://www.fiio.com/k5pro...

【アンプ】FiiO 『K3』 レビューチェック

2019年1月に発売されたFiiOのアンプ「K3」。最大384kHz/32bitのPCM&11.2MHzのDSD再生や2.5mmバランス接続に対応した据え置き型のUSB DAC/ヘッドホンアンプで、ポータブルでも使えるのではないかと思わせるほどコンパクトサイズなモデル。ちょっとチェックしてみます。K3 – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/k3/...

【サウンドカード】EVGA 『Nu Audio』 レビューチェック

海外で発売されているEVGAのサウンドカード「Nu Audio」。ビデオカードや電源などのPCパーツで知られるEVGAが初めて手がけたサウンドカード。高級オーディオメーカーのAUDIO NOTEと共同開発されたハイエンドクラスで、業界全体で見ても久々の新製品となるモデルですが、ちょっとチェックしてみます。EVGA - JP - EVGA Nu Audiohttps://jp.evga.com/articles/01281/evga-nu-audio/...

EVGA、マルチメディア向けのサウンドカード『Nu Audio』

海外で見かけたEVGAのサウンドカード「Nu Audio」。PCパーツのメーカーとして知られるEVGAがこれまでまったく手がけた事がなかったサウンドカードをリリース。高級オーディオメーカーのAUDIO NOTE社が開発に関わっているマルチメディア向けのモデルです。EVGA - JP - EVGA Nu Audiohttps://jp.evga.com/articles/01281/evga-nu-audio/...

【アンプ】クリエイティブ 『Sound BlasterX G6』 レビューチェック

2018年8月に発売されたクリエイティブのアンプ「Sound BlasterX G6」。「Sound BlasterX G5」の上位モデルという位置付けになっているゲーミングUSBオーディオデバイス(USB DAC/ヘッドホンアンプ)。G5から音質・機能ともに強化されていると謳っていますが、ちょっとチェックしてみます。Sound BlasterX G6 - アンプ - Creative Technology (日本)https://jp.creative.com/p/amplifiers/sound-blasterx-g6...

【サウンドカード】クリエイティブ 『Sound BlasterX AE-5 Pure Edition』 画像など

2017年12月に発売されたクリエイティブのサウンドカード「Sound BlasterX AE-5 Pure Edition」。最大32bit/384kHzの高音質再生やゲーマー向けの機能・ギミックを搭載したゲーミングサウンドカードの直販限定モデル。スペックシートを見るに変更点はカラーと付属品の2つだけですが、ちょっと見てみます。【サウンドカード】クリエイティブ 『Sound BlasterX AE-5』 レビューチェックhttp://watchmono.com/blog-entry-7897.html...

【サウンドカード】ASUS 『Xonar AE』 レビューチェック

2017年9月に発売されたASUSのサウンドカード「Xonar AE」。192kHz/24bitでのハイレゾ音源対応やオペアンプ交換可能などを特徴としたPCI Express接続のサウンドカード。価格的にエントリー~ミドルレンジの中間くらいになるであろうモデルですが、ちょっとチェックしてみます。Xonar AE | サウンドカード | ASUS 日本https://www.asus.com/jp/Sound-Cards/Xonar-AE/...

【アンプ】DENON 『PMA-30』 レビューチェック

2017年9月に発売されたDENONのアンプ「PMA-30」。「PMA-60」の下位モデルでありエントリークラスの位置付けになっているコンパクトHi-Fiプリメインアンプ。こちらはDDFAやAdvanced AL32 Processing Plusなどが非搭載で下位らしい内容になっていますが、ちょっとチェックしてみます。Denon公式 | PMA-30の仕様・特長 | プリメインアンプhttps://www.denon.jp/jp/product/hificomponents/amplifiers/pma30...

【アンプ】DENON 『PMA-60』 レビューチェック

2017年10月に発売されたDENONのアンプ「PMA-60」。DDFAの最新バージョン採用を大きな特徴としているコンパクトHi-Fiプリメインアンプ。旧型(PMA-50)と比べてパフォーマンスの向上と機能のアップデートを謳っているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。Denon公式 | PMA-60の仕様・特長 | USB-DAC搭載プリメインアンプhttps://www.denon.jp/jp/product/hificomponents/amplifiers/pma60...

【サウンドカード】クリエイティブ 『Sound BlasterX AE-5』 レビューチェック

2017年7月に発売されたクリエイティブのサウンドカード「Sound BlasterX AE-5」。ダイレクト出力モードによる最大32bit/384kHzの高音質再生やゲーマー向けの機能・ギミック搭載などを特徴としたゲーミングサウンドカード。この部門では久々となる新製品でもありますが、ちょっとチェックしてみます。Sound BlasterX AE-5 - Sound Blaster - Creative Technology (日本)http://jp.creative.com/p/sound-blaster/sound-blasterx-ae-5...

【アンプ】FX-AUDIO- 『TUBE-01J』 レビューチェック

2016年6月に発売されたFX-AUDIO-のアンプ「TUBE-01J」。高級オーディオライクなサウンドが楽しめると謳っている真空管プリアンプで、回路設計を強化した日本専売品という点も特徴としているモデル。「DAC-X6J」など同ブランドの機器と組み合わせれば更に良いとも言われていますが、ちょっとチェックしてみます。本格的真空管プリアンプ FX-AUDIO- 『TUBE-01J』 | North Flat Japanhttp://nfjapan.com/新製品のご案内/本格的真空管...

【アンプ】FX-AUDIO- 『DAC-X6J』 レビューチェック

2015年5月に発売されたFX-AUDIO-のアンプ「DAC-X6J」。24bit/192kHz(光&同軸接続)のハイレゾ音源に対応したDAC/ヘッドホンアンプで、同ブランドの製品ではフラッグシップ扱いとなっているモデル。価格的にそこまで高いものではなくコストパフォーマンスが期待できそうな一品ですが、ちょっとチェックしてみます。新製品のご案内-『FX-AUDIO- DAC-X6J』 - NorthFlatJapanhttps://blogs.yahoo.co.jp/nfj_2009/35721063.html...

【アンプ】FOSTEX 『HP-A8MK2』 レビューチェック

2016年7月に発売されたFOSTEXのアンプ「HP-A8MK2」。2012年から今日までロングセラーを続けているDAC/ヘッドホンアンプ(HP-A8)のマーク2モデルで、高音質DAC・AK4490採用や11.2MHzまでのDSDオーディオ対応が大きな変更点と謳っているもの。ちょっとチェックしてみます。HP-A8MK2 | FOSTEX(フォステクス)http://www.fostex.jp/products/hp-a8mk2/...

【アンプ】FOSTEX 『HP-A4BL』 レビューチェック

2016年1月に発売されたFOSTEXのアンプ「HP-A4BL」。2013年に登場したHP-A4のリニューアル版となるDAC/ヘッドホンアンプで、XLRバランス出力端子を搭載した事によりヘッドホンのバランス接続が可能になった点が大きな特徴のモデル。他にもいくつか改良点があるようですが、ちょっとチェックしてみます。HP-A4BL | FOSTEX(フォステクス)http://www.fostex.jp/products/hp-a4bl/...

【アンプ】DENON 『DA-300USB』 レビューチェック

2014年2月に発売されたDENONのアンプ「DA-300USB」。DENONが初めて手がけたPCオーディオ向けのUSB DAC/ヘッドホンアンプ。後継機の「DA-310USB」が既に登場しているので型落ちになっているものですが、市場にはまだ残っていて発売当初に比べれば割安な価格で販売されている状況。ちょっとチェックしてみます。DA-300USB │ USB-DAC / ヘッドホンアンプ │ Denonhttp://www.denon.jp/JP/product/HiFiComponents/USBDAConverters/da300...

【アンプ】DENON 『DA-310USB』 レビューチェック

2016年12月に発売されたDENONのアンプ「DA-310USB」。「DA-300USB」の後継機となる据え置き型のUSB DAC/ヘッドホンアンプで、Qualcomm社の新世代デジタルアンプソリューション・DDFAの搭載を大きな特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。DA-310USB | USB-DAC / ヘッドホンアンプ | Denonhttp://www.denon.jp/jp/product/hificomponents/usbdaconverters/da310usb...

BenQ ZOWIEのUSBオーディオデバイス『VITAL』

海外で見かけたBenQ ZOWIEのオーディオデバイス「VITAL」。BenQがZOWIE GEARを2015年に買収し、今後の新製品はBenQ ZOWIE名義で展開していくようですが、発売日的に新製品第一号となるのがこのUSBオーディオデバイス。コンパクトサイズながら実用十分なスペックを備えている内容です。ZOWIE - VITALhttp://zowie.benq.com/audiosystem/vital...

【サウンドカード】ASUS 『STRIX SOAR / STRIX RAID PRO』 レビューチェック

2016年3月に発売されたASUSのサウンドカード「STRIX SOAR / STRIX RAID PRO」。ゲーミングブランドのSTRIXシリーズから登場したゲーマー向けのサウンドカードで、スペック的にどちらも「STRIX RAID DLX」の下位となるモデル。SOARの方はカード単体、RAID PROの方は外付けコントローラーがセットになっている内容。ちょっとチェックしてみます。STRIX SOAR | サウンドカード | ASUS 日本http://www.asus.com/JP/Sound-Cards/STRIX-S...