カテゴリBluetoothヘッドホン 1/10

FiiO、ANC搭載&aptX HD/LDAC対応のBluetoothヘッドホン『EH3 NC』

海外で見かけたFiiOのヘッドホン「EH3 NC」。これまで有線すら手がけていなかったFiiO初となるBluetoothヘッドホン。ハイブリッド方式のアクティブノイズキャンセリング機能やaptX HD/LDACをはじめ現状のコーデック全対応などを特徴としているモデルです。FiiO--Born for Musichttps://www.fiio.com/Home...

Urbanears、イヤーカップもファブリックのBluetoothヘッドホン『Pampas』

海外で見かけたUrbanearsのヘッドホン「Pampas」。ファッショナブルなオーディオ製品を展開しているUrbanearsの新たなBluetoothヘッドホン。これも例外なくデザイン重視のシンプルなポータブルモデルで、ヘッドバンドだけでなくイヤーカップもファブリックになっているのが特徴的です。Pampas Bluetooth headphones | Urbanearshttps://www.urbanears.com/us/en/pampas.html...

【ヘッドホン】GRADO 『GW100』 レビューチェック

2019年1月に発売されたGRADOのヘッドホン「GW100」。米国の老舗オーディオメーカーであるGRADOが初めて手がけたワイヤレスヘッドホンであり、世界初の開放型Bluetoothヘッドホンとも謳っているモデル。開放型でも音漏れの少なさを特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。GW100|GRADO(グラド)https://www.knicom.co.jp/grado/headphone/gw100.html...

【ヘッドホン】DENON 『AH-GC30』 レビューチェック

2019年3月に発売されたDENONのヘッドホン「AH-GC30」。「AH-GC20」の後継機となるノイズキャンセリング機能を搭載したBluetoothヘッドホン。先代と比べて全面的な刷新・強化を謳っており、フラッグシップ譲りのドライバー搭載も特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。Denon公式 | AH-GC30の仕様・特長 | ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ オーバーイヤー・ヘッドホンhttps://www.denon.jp/jp/product/headph...

【ヘッドホン】オーディオテクニカ 『ATH-ANC900BT』 レビューチェック

2019年2月に発売されたオーディオテクニカのヘッドホン「ATH-ANC900BT」。QuietPointデジタルハイブリッドノイズキャンセリング技術の採用によって同社製品で史上最静寂を実現したと謳っているNC/Bluetoothヘッドホン。ちょっとチェックしてみます。ATH-ANC900BT | ヘッドホン | 一般製品 | オーディオテクニカhttps://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=3044...

PlantronicsのBluetoothヘッドホン『BackBeat SENSE』が5,000円を切る

2015年10月に発売されたPlantronicsのヘッドホン「BackBeat SENSE」。ポータブルデザインのオンイヤー型で約18時間再生やaptX LL対応などを特徴としたBluetoothヘッドホン。発売当時の価格は21,000円台で最近の実売価格は9,000円台でしたが、5,000円を切って販売するところが出てきました。Plantronicsのポータブル向けBluetoothヘッドホン『BackBeat SENSE』https://watchmono.com/blog-entry-5834.html...

【ヘッドホン】Skullcandy 『Venue』 レビューチェック

2018年11月に発売されたSkullcandyのヘッドホン「Venue」。同社の製品では初となるアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したBluetoothヘッドホン。紛失を防止するスマートトラッカー・Tileの搭載も大きな特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。Shop Venue Noise Canceling Wireless Headphones | Skullcandyhttps://www.skullcandy.jp/shop/headphones/bluetooth-headphones/venue...

beyerdynamic、ANC搭載のBluetoothヘッドホン『LAGOON ANC』

海外で見かけたbeyerdynamicのヘッドホン「LAGOON ANC」。「Amiron Wireless」「Aventho Wireless」を手がけたbeyerdynamicの新たなBluetoothヘッドホン。既製品のワイヤレスモデルではなく完全な新型で、アクティブノイズキャンセリング機能の搭載を大きな特徴としています。beyerdynamic Lagoon ANC: Premium ANC wireless headphoneshttps://north-america.beyerdynamic.com/lagoon-anc.html...

【ヘッドホン】マイクロソフト 『Surface Headphones』 画像など

2019年1月に発売されるマイクロソフトのヘッドホン「Surface Headphones」。オーディオ製品とは無縁のイメージがあったマイクロソフト初となるBluetoothヘッドホンで、その名のとおりSurfaceに最適化されたと謳っているノイズキャンリング機能搭載モデル。ちょっと見てみます。新しい Surface Headphonesとの出会い – 次世代の、聴き方を。 – Microsoft Surfacehttps://www.microsoft.com/ja-jp/p/surface-headphones/8nrm8dz2zw43...

JBL、Googleアシスタント/NC搭載のBluetoothヘッドホン『LIVE 650BTNC』

海外で見かけたJBLのヘッドホン「LIVE 650BTNC」。デザイン的にも価格的にもカジュアルな製品が多いLIVEシリーズから登場したBluetoothヘッドホン。Googleアシスタント対応のAI機能、アクティブノイズキャンセリング機能、その2つを主な特徴としているモデルです。Live Series | JBLhttps://www.jbl.com/live-series/...

【ヘッドホン】オーディオテクニカ 『ATH-SR50BT』 レビューチェック

2018年11月に発売されたオーディオテクニカのヘッドホン「ATH-SR50BT」。忠実な原音再生を謳うSound Realityシリーズの新たなBluetoothヘッドホンで、ノイズリダクション機能・クイックヒアスルー機能や最大28時間の長時間再生などを特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。ATH-SR50BT | ヘッドホン | 一般製品 | オーディオテクニカhttps://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=3040...

【ヘッドホン】ソニー 『WH-1000XM3』 レビューチェック

2018年10月に発売されたソニーのヘッドホン「WH-1000XM3」。「WH-1000XM2」の後継機でシリーズ第三世代となるノイズキャンセリング機能搭載のBluetoothヘッドホン。新たな独自技術の採用によってNC機能がさらに強化されたと謳っているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。WH-1000XM3 | ヘッドホン | ソニーhttps://www.sony.jp/headphone/products/WH-1000XM3/...

【ヘッドホン】パナソニック 『RP-HTX80B』 レビューチェック

2017年11月に発売されたパナソニックのヘッドホン「RP-HTX80B」。スタイリッシュなレトロデザインを特徴としたHTXシリーズのBluetoothヘッドホンで、ファッションに馴染む独特なカラーリングも目を引くモデル。発売当時に比べて随分と安くなっているようですが、ちょっとチェックしてみます。RP-HTX80B/RP-HTX70 | ヘッドホン/インサイドホン | Panasonichttps://panasonic.jp/headphone/products/htx80_70.html...

ソニーのBluetoothヘッドホン『WH-1000XM3』の新旧外観比較

2018年10月に発売されるソニーのヘッドホン「WH-1000XM3」。「WH-1000XM2」の後継機でノイズキャンセリング機能をさらに強化したと謳うBluetoothヘッドホン。海外では既に発売済みで情報も色々と出回っていたりしますが、新旧の外観を比較したレポートもあったのでちょっと見てみます。【ヘッドホン】ソニー 『WH-1000XM3』 画像などhttp://watchmono.com/blog-entry-8982.html...

【ヘッドホン】ソニー 『WH-1000XM3』 画像など

2018年10月に発売されるソニーのヘッドホン「WH-1000XM3」。「WH-1000XM2」の後継機となるノイズキャンセリング機能搭載のBluetoothヘッドホン。信号処理が約4倍になったという”高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1”を主な特徴としているモデルですが、ちょっと見てみます。WH-1000XM3 | ヘッドホン | ソニーhttps://www.sony.jp/headphone/products/WH-1000XM3/...

【ヘッドホン】JVC 『HA-SD70BT』 レビューチェック

2017年11月に発売されたJVCのヘッドホン「HA-SD70BT」。「HA-FD70BT」「SU-ARX01BT」と同じく独自の高音質化技術“K2テクノロジー”搭載を大きな特徴としているBluetoothヘッドホン。発売当時に比べれば随分と安くなっていたりするモデルですが、ちょっとチェックしてみます。ヘッドバンド式ポータブルヘッドホン HA-SD70BT 製品情報 | JVChttp://www3.jvckenwood.com/accessory/headphone/bluetooth/ha-sd70bt/...

【ヘッドホン】beyerdynamic 『Amiron Wireless』 レビューチェック

2018年7月に発売されたbeyerdynamic のヘッドホン「Amiron Wireless」。「AMIRON HOME」をベースにしたテスラテクノロジー搭載のBluetoothヘッドホン。有線モデルをそっくりそのままワイヤレスにしたわけではなく、密閉型になっていたりと異なる点はいくつかあるようですが、ちょっとチェックしてみます。Amiron Wireless JP | 製品トップ | TASCAMhttps://tascam.jp/jp/product/amiron_wireless_jp/top...

【ヘッドホン】beyerdynamic 『Aventho Wireless』 レビューチェック

2017年12月に発売されたbeyerdynamicのヘッドホン「Aventho Wireless」。「AMIRON HOME」「XELENTO REMOTE」などでも使われているテスラテクノロジーを搭載したオンイヤー型のBluetoothヘッドホン。同社が初めて手がけたワイヤレスモデルでもありますが、ちょっとチェックしてみます。Aventho Wireless JP | 製品トップ | TASCAMhttps://tascam.jp/jp/product/aventho_wireless_jp/top...

パナソニックのBluetoothヘッドホン『RP-HTX80B』が5,000円を切る

2017年11月に発売されたパナソニックのヘッドホン「RP-HTX80B」。ファッションに馴染みやすいワントーンデザインを特徴としたオーバーヘッド型のBluetoothヘッドホン。発売当時の価格は10,000円前後でしたが、その半額近くとなる5,000円を切って販売するところが出てきました。【ヘッドホン】パナソニック 『RP-HTX80B』 画像などhttp://watchmono.com/blog-entry-8312.html...

【ヘッドホン】B&O PLAY 『BeoPlay H8i』 レビューチェック

2018年3月に発売されたB&O PLAYのヘッドホン「BeoPlay H8i」。「BeoPlay H8」の後継機ともリニューアル版とも言えるノイズキャンセリング機能搭載のBluetoothヘッドホン。「BeoPlay H9i」の方とは違ってこちらはデザインも変わっているオンイヤー型のモデルですが、ちょっとチェックしてみます。B&O PLAY | KANJITSU DENKI CO.,LTD.http://kanjitsu-boplay.jp/headphones/h8i.html...