ユーザータグaptXHD 1/4

ソニー 『WH-XB900N』 レビューチェック ~EXTRA BASSシリーズ最新のNC/Bluetoothヘッドホン~

2019年10月に発売されたソニーのヘッドホン「WH-XB900N」。「MDR-XB950N1」の後継機となるEXTRA BASSシリーズのBluetoothヘッドホン。先代に続いてノイズキャンセリング機能を搭載しており、それに加えて外音取り込み機能の追加も特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。WH-XB900N | ヘッドホン | ソニーhttps://www.sony.jp/headphone/products/WH-XB900N/...

Bowers & Wilkins 『PX7』 レビューチェック ~ANC搭載/aptX Adaptive対応のBluetoothヘッドホン~

2019年11月に発売されたBowers & Wilkinsのヘッドホン「PX7」。「PX」の後継機となるであろうアダプティブノイズキャンセリング機能を搭載したBluetoothヘッドホン。おそらく世界第一号となるaptX Adaptive対応も特徴としており、現ラインナップの上位モデルでもあり。ちょっとチェックしてみます。PX7 Wireless Headphones | Bowers & Wilkinshttps://www.bowerswilkins.com/ja-jp/headphones/px7...

クリエイティブ、2BA+1DDドライバーでaptX HD対応のBluetoothイヤホン『Aurvana Trio Wireless』

海外で見かけたクリエイティブのイヤホン「Aurvana Trio Wireless」。2018年2月に発売された「Aurvana Trio」のワイヤレスモデルとなるネックバンド型のBluetoothイヤホン。2BA+1DDのハイブリッドドライバーを搭載しており、aptX HDコーデック対応やSuper X-Fiテクノロジー採用も特徴としています。jp.creative.com - ヘッドホン / イヤホンhttps://jp.creative.com/p/headphones-headsets?filters=1036...

FiiO、NFC省略で安くなったJadeAudioブランドのBluetoothヘッドホンアンプ『XC3』

海外で発表があったFiiO/JadeAudioのレシーバー「XC3」。FiiOのオンラインセールブランドとして次々に製品を出しているJadeAudioのBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプ。物自体はFiiOの「BTR3」からNFCを省略した形で、価格は59.99ドル→49.99ドルと若干安くなっています。JadeAudiohttp://www.jadeaudio.com/?_l=en...

【レシーバー】FiiO 『BTR5』 レビューチェック

海外で発売されているFiiOのレシーバー「BTR5」。「BTR3」の上位モデルで現ラインナップのフラッグシップとなるBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプ。ES9218PのDACx2基や2.5mmバランス出力端子の搭載などハイスペックと言えるものになっていますが、ちょっとチェックしてみます。FiiO BTR5 Flagship Portable High-Fidelity Bluetooth Amplifierhttps://www.fiio.com/btr5...

【イヤホン】SoundPEATS 『Q30 HD』 レビューチェック

2019年10月に発売されたSoundPEATSのイヤホン「Q30 HD」。「Q35+ / Q35 HD」と同じくQualcomm QCC3034のBluetoothチップ採用によるaptX HD対応や10mm径ダイナミックドライバー搭載などを特徴としたBluetoothイヤホン。こちらはMicroUSB接続で充電するスタンダードなタイプのモデルですが、ちょっとチェックしてみます。SOUNDPEATS Audio | Homehttps://www.soundpeatsaudio.com/en/...

FiiO、aptX HD/LDAC対応のネックバンド型Bluetoothレシーバー『LC-BT2』

海外で発表があったFiiOのレシーバー「LC-BT2」。「UTWS1」の後にリリース予定となっていたネックバンド型のBluetoothレシーバーが先日行われたイベントで出展されていた模様。明確な製品情報はまだ出ていませんがaptX HD/LDACコーデックに対応しているとのことです。FiiO Bluetooth Productshttps://www.fiio.com/bluetooth_products...

Radsone、マイナーチェンジされたBluetoothヘッドホンアンプ『Earstudio ES100 MK2』

海外で見かけたRadsoneのレシーバー「Earstudio ES100 MK2」。コンパクトサイズでありながら高性能かつ多機能なスペックで人気を集めたBluetoothヘッドホンアンプ「Earstudio ES100」のマイナーチェンジ版となるモデル。主要パーツは従来と変わっておらず筐体の作りは少し手が加えられています。ES100, Hi-Res Bluetooth Receiver | Radsonehttps://www.radsone.com/es100...

Bowers & Wilkins、下位でもANC搭載&aptX Adaptive対応のBluetoothヘッドホン『PX5』

海外で見かけたBowers & Wilkinsのヘッドホン「PX5」。「PX7」の下位モデルとなるBluetoothヘッドホンで、こちらはポータブル向けと言えるオンイヤー型モデル。下位でも上位と同じくアダプティブノイズキャンセリング機能やaptX Adaptiveコーデック対応を特徴としています。PX5 Wireless Headphones | Bowers & Wilkinshttps://www.bowerswilkins.com/headphones/px5...

Bowers & Wilkins、ANC搭載&aptX Adaptive対応のBluetoothヘッドホン『PX7』

海外で見かけたBowers & Wilkinsのヘッドホン「PX7」。「PX」などこれまで継続的に製品を出していたBowers & Wilkinsの新たなBluetoothヘッドホン。「PI4」と同じくアダプティブノイズキャンセリング機能やaptX Adaptive対応を特徴としており、新ラインナップでは上位となるモデルです。PX7 Wireless Headphones | Bowers & Wilkinshttps://www.bowerswilkins.com/headphones/px7...

Bowers & Wilkins、ハイブリッドドライバーでaptX Adaptive対応のBluetoothイヤホン『PI3』

海外で見かけたBowers & Wilkinsのイヤホン「PI3」。「PI4」の下位モデルとなるネックバンド型のBluetoothイヤホン。こちらは公式サイトに製品情報が既に掲載されており、1BA+1DDのハイブリッドドライバー搭載やaptX Adaptiveコーデック対応を主な特徴としているモデルです。PI3 Wireless Headphones | Bowers & Wilkinshttps://www.bowerswilkins.com/headphones/pi3...

Bowers & Wilkins、ANC搭載&aptX Adaptive対応のBluetoothイヤホン『PI4』

海外で見かけたBowers & Wilkinsのイヤホン「PI4」。「PX」などBluetoothヘッドホンは数多く手がけているB&Oが何気に初めて出すBluetoothイヤホン。現時点で公式サイトに掲載されていませんが、アダプティブノイズキャンセリング機能やaptX Adaptive対応を特徴としているモデルです。Bowers & Wilkins | Audio Excellencehttps://www.bowerswilkins.com/ja-jp...

【イヤホン】TaoTronics 『SoundElite 71』 レビューチェック

2019年10月に発売されたTaoTronicsのイヤホン「SoundElite 71」。ロングセラーシリーズをリニューアルしたというBluetoothイヤホンで、QualComm QCC3034のBluetoothチップ採用やaptX HDコーデック対応など低価格帯でも見どころが多いモデル。ちょっとチェックしてみます。SoundElite 71 | TaoTronics 進化したベストセラーワイヤレスイヤホンhttps://www.taotronics.jp/soundelite71...

EDIFIER、ANC搭載&aptX HD対応のネックバンド型Bluetoothイヤホン『W380NB』

海外で見かけたEDIFIERのイヤホン「W380NB」。スピーカーだけでなくイヤホンやヘッドホンも精力的に展開しているEDIFIERの新たなBluetoothイヤホン。ハイブリッド方式のアクティブノイズキャンセリング機能やaptX HDコーデック対応などを特徴としたネックバンド型モデルです。漫步者(中国)-W380NB 主动降噪 立体声蓝牙耳机https://www.edifier.com/cn/zh/earphones/w380nb...

beyerdynamic、純銅製パーツを採用したBluetoothヘッドホン『Amiron Wireless Copper』

海外で見かけたbeyerdynamic のヘッドホン「Amiron Wireless Copper」。テスラテクノロジー搭載やaptX HDコーデック対応などを特徴としたBluetoothヘッドホン「Amiron Wireless」のバリエーションモデル。”Copper”の名のとおり純銅製パーツを採用するなどデザインとカラーリングが変わっています。Amiron wireless copper - beyerdynamichttps://north-america.beyerdynamic.com/amiron-wireless-copper.html...

【ケーブル】Westone 『Westone Bluetoothケーブル Version2』 レビューチェック

2019年4月に発売されたWestoneのケーブル「Westone Bluetoothケーブル Version2」。その名のとおり「Westone Bluetoothケーブル」のVersion2となるMMCXコネクタ採用のBluetoothケーブル。aptX HDコーデック対応やイヤーフック形状になりチャージングドック付属も特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。Westone Bluetoothケーブル Version2|テックウインド株式会社https://www.tekwind.co.jp/WST/products/entr...

Avantree、aptX HD対応のBluetoothレシーバー『AS70』

海外で見かけたAvantreeのレシーバー「AS70」。aptX HD対応のBluetooth USBアダプタ「DG60」を出していたAvantreeが、それに続く形でaptX HD対応のBluetoothレシーバーをリリースした模様。スタンダードなコンパクトサイズで価格はそこそこ安いと言えるモデルです。aptX HD Bluetooth Receiver | Avantreehttps://avantree.com/as70-bluetooth-audio-receiver...

EDIFIER、シリーズ最上位のアクティブスピーカー『S3000Pro』

海外で見かけたEDIFIERのスピーカー「S3000Pro」。「S880DB」「S2000Pro」などが出ているSシリーズの最新モデルであり最上位モデルとなるブックシェルフ型のアクティブスピーカー。最上位なだけあって性能も機能もワンランク上をいく作りになっているようです。Edifier - S3000Pro Wireless Bluetooth Speakershttps://www.edifier.com/us/en/speakers/s3000pro...

FiiO、フラッグシップのBluetoothヘッドホンアンプ『BTR5』

海外で見かけたFiiOのレシーバー「BTR5」。「BTR3」の上位モデルであり同社のフラッグシップモデルとなるBluetoothレシーバー兼ワイヤレスヘッドホンアンプ。製品情報は結構前にSNSなどで公開されていましたが、先日のイベントで実機のお披露目があったようです。Fiio Japan – High-Res Audio Products | FiiO Electronicshttps://www.fiio.jp/...

HiBy、ポップなカラーで本格的なBluetoothヘッドホンアンプ『HiBy W3』

海外で見かけたHiByのレシーバー「HiBy W3」。「HiBy W5」の下位モデルとなるであろうBluetoothレシーバー兼ワイヤレスヘッドホンアンプ。スタンダードなボックスタイプでポップなカラーも用意されていますが、上位のW5に匹敵する本格的なスペックを備えています。海贝音乐https://www.hiby.com/...