ユーザータグaptXHD 1/3

【イヤホン】TaoTronics 『TT-BH07S』 レビューチェック

2019年6月に発売されたTaoTronicsのイヤホン「TT-BH07S」。「TT-BH072」と同じくQualcomm QCC3034のBluetoothチップ採用&aptX HDコーデック対応のBluetoothイヤホン。ドライバーや再生時間など双方で違いはいくつかあるようですが、ちょっとチェックしてみます。ワイヤレスイヤホン TT-BH07Shttps://www.taotronics.jp/shop/audio/wireless_earphones/tt-bh07s_bk...

SENNHEISER、aptX HD/LHDC対応のネックバンド型Bluetoothイヤホン『IE 80S BT』

海外で見かけたSENNHEISERのイヤホン「IE 80S BT」。「IE 80 S」をベースにしたネックバンド型のBluetoothイヤホン。有線モデルと同様にダイナミックスピーカーシステムやマニュアルサウンド調整機能を特徴としており、aptX HD/LHDC(HWA)コーデック対応の点も注目すべきモデルです。Sennheiser IE 80S BT - - The first audiophile Bluetooth In-Ear headphoneshttps://en-us.sennheiser.com/ie80sbt...

i.am+、ボタン型でaptX HD対応の完全ワイヤレスイヤホン『BUTTONS AIR』

海外で見かけたi.am+のイヤホン「BUTTONS AIR」。これまでBluetoothイヤホンを1つだけ出しており、その日本正規品が発売されていたりするi.am+の完全ワイヤレスイヤホン。その名のとおりボタンのような平べったいハウジングも目を引きますが、aptX HD対応も特徴としているモデルです。Omega for Enterprisehttps://iamplus.com/...

EDIFIER、ハイレゾ認証&aptX HD対応のアクティブスピーカー『S1000MKII』

海外で見かけたEDIFIERのスピーカー「S1000MKII」。「S880DB」などが日本でも発売されているEdifierが最近リリースしたアクティブスピーカー。ウッドパネルを使ったモダンなデザインですがオーディオチップ類は最新のものを使っており、ハイレゾ認証やaptX HD対応も特徴としています。漫步者(中国)-S1000MKIIhttps://www.edifier.com/cn/zh/Speakers/S1000MKII...

REIYIN、aptX HD対応のBluetooth USBアダプタ『WT-HD06』

海外で見かけたREIYINのアダプタ「WT-HD06」。Bluetoothオーディオ製品やDACを手がけているメーカーが最近リリースしたBluetooth USBアダプタ。Qualcomm CSR8675のBluetoothチップを採用しており、今までありそうでなかったaptX HDコーデック対応が大きな特徴です。Bluetooth 5.0 オーディオトランスミッタ CSR8675 aptX HD - Aliexpress.comhttps://ja.aliexpress.com/item/33028503249.html...

FiiO、ANC搭載&aptX HD/LDAC対応のBluetoothヘッドホン『EH3 NC』

海外で見かけたFiiOのヘッドホン「EH3 NC」。これまで有線すら手がけていなかったFiiO初となるBluetoothヘッドホン。ハイブリッド方式のアクティブノイズキャンセリング機能やaptX HD/LDACをはじめ現状のコーデック全対応などを特徴としているモデルです。FiiO--Born for Musichttps://www.fiio.com/Home...

FiiO、チップ刷新&aptX HD/LDAC対応になったワイヤレスヘッドホンアンプ『Q5s』

海外で見かけたFiiOのアンプ「Q5s」。日本でも発売されたポータブルヘッドホンアンプ/ワイヤレスヘッドホンアンプのリニューアル版とも強化版とも言えるモデル。DACチップとBluetoothチップが刷新されており、バランス出力端子は2.5mmと4.4mmどちらも搭載しています。【アンプ】FiiO 『Q5』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-8848.html...

【イヤホン】TaoTronics 『TT-BH072』 レビューチェック

2019年6月に発売されたTaoTronicsのイヤホン「TT-BH072」。Qualcomm QCC3034のBluetoothチップ採用や3モードから選べるイコライザー機能搭載、そして低価格帯ではまだ珍しい高音質コーデック・aptX HD対応を特徴としているBluetoothイヤホン。ちょっとチェックしてみます。【TaoTronics】イコライザー機能搭載ワイヤレスイヤホン TT-BH072発売 - sunvalley.co.jphttp://www.sunvalley.co.jp/?news=tt-bh072...

【イヤホン】AVIOT 『WE-BD21d』 レビューチェック

2019年6月に発売されたAVIOTのイヤホン「WE-BD21d」。このタイプではまだ珍しいバランスドアーマチュアユニットx2基+ダイナミックドライバーx1基を搭載したトリプルドライバー・ハイブリッド構成のBluetoothイヤホンで、aptX HDコーデック対応も大きな特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。WE-BD21d | AVIOThttps://aviot.jp/product/we-bd21d/...

【ケーブル】KZ 『KZ HD Bluetooth Upgrade Cable』 レビューチェック

海外で発売されているKZのケーブル「KZ HD Bluetooth Upgrade Cable」。低価格帯の中華イヤホン界隈で代表格となっているKZが最近リリースしたBluetoothケーブル。高音質コーデック・aptX HDに対応した2pinコネクタ採用のモデルで、これも例外なく低価格で販売されているようですが、ちょっとチェックしてみます。KZ Aptx HD Bluetooth モジュール 5.0 ワイヤレスアップグレードケーブル - Aliexpress.comhttps://ja.aliexpress.co...

【ケーブル】JPRiDE 『JPRiDE R1』 レビューチェック

2019年2月に発売されたJPRiDEのケーブル「JPRiDE R1」。「JPRiDE 708」など低価格帯のBluetoothイヤホンで人気を得ているJPRiDEが初めて手がけたBluetoothケーブル。MMCXコネクタ採用と高音質コーデック・aptX HD対応を大きな特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。JPRiDEhttps://www.jp-ride.com/index.html...

OnePlus、ハイブリッドドライバー&aptX HD対応のBluetoothイヤホン『Bullets Wireless 2』

海外で見かけたOnePlusのイヤホン「Bullets Wireless 2」。スマートフォンのメーカーとして知られ、オーディオアクサセリもいくつか手がけているOnePlusの新たなBluetoothイヤホン。その名のとおり「Bullets Wireless」の後継機となるネックバンド型のモデルで、1BA+1DDのハイブリッドドライバーやaptX HDコーデック対応などを特徴としています。OnePlus Bullets Wireless 2 | Free Your Music - OnePlus (United States)https://...

Westone、aptX HD対応のBluetoothケーブル『Westone Bluetooth Cable V2』

海外で見かけたWestoneのケーブル「Westone Bluetooth Cable V2」。「Westone Bluetoothケーブル」の後継機となるMMCXコネク採用のBluetoothケーブル。aptX HDコーデック対応や12時間再生、それにイヤーフック形状など先代と比べて色々進化が見られるモデルです。Bluetooth V2 Cablehttps://www.westone.com/store/music/index.php/bluetooth-v2-cable...

beyerdynamic、テスラドライバーのBluetoothイヤホン『XELENTO WIRELESS』

海外で見かけたbeyerdynamicのイヤホン「XELENTO WIRELESS」。「XELENTO REMOTE」のワイヤレス版となるであろうテスラドライバー搭載のBluetoothイヤホン。それらしき情報は結構前に出ていましたが、最近になって市販化の目処が立ったようです。beyerdynamic Xelento wireless: Tesla in-ear for listening to music on the gohttps://north-america.beyerdynamic.com/xelento-wireless.html...

1MORE、ANC搭載/aptX HD対応の完全ワイヤレスイヤホン

海外のイベントで出展されていた1MOREの完全ワイヤレスイヤホン。正式な名称ははっきりしていないものの拠点の中国では”真无线降噪耳机=真のワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン”と称されており、アクティブノイズキャンセリング機能の搭載やaptX HDコーデック対応をはじめ注目すべき点がかなり多いモデルです。1more_indexhttp://global.1more.com/index.htm...

Klipsch、aptX HD対応の完全ワイヤレスイヤホン『T5 True Wireless』

海外で見かけたKlipschのイヤホン「T5 True Wireless」。これまでBluetoothオーディオ製品もいくつか手がけているKlipschがイベントに出展していた自身初の完全ワイヤレスイヤホン。aptX HDコーデック対応や8時間再生など現時点の段階では見所が多そうなモデルです。High Quality Headphones | Earbuds | Klipschhttps://www.klipsch.com/headphones...

【ケーブル】SHURE 『RMCE-BT2』 レビューチェック

2018年10月に発売されたSHUREのケーブル「RMCE-BT2」。「RMCE-BT1」の後継機となるMMCXコネクタ採用のBluetoothケーブルで、独自設計のヘッドホンアンプ搭載やaptX HDコーデック対応などによる音質面の強化を主な特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。RMCE-BT2 Bluetooth 5.0高解像度オーディオ プレミアムワイヤレスイヤホンケーブルhttps://www.shure.co.jp/products/accessories/earphones-accessories/rmce-bt2...

【ヘッドホン】ソニー 『WH-1000XM3』 レビューチェック

2018年10月に発売されたソニーのヘッドホン「WH-1000XM3」。「WH-1000XM2」の後継機でシリーズ第三世代となるノイズキャンセリング機能搭載のBluetoothヘッドホン。新たな独自技術の採用によってNC機能がさらに強化されたと謳っているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。WH-1000XM3 | ヘッドホン | ソニーhttps://www.sony.jp/headphone/products/WH-1000XM3/...

【イヤホン】エレコム 『LBT-HPC1000AVGD』 画像など

2018年6月に発売されたエレコムのイヤホン「LBT-HPC1000AVGD」。「LBT-HPC1000RC」と同じくLDAC/aptX HDコーデック対応を主な特徴としているBluetoothイヤホンで、こちらはMMCXコネクタを採用しておらずイヤホンが一体型になっているモデル。ちょっと見てみます。LDAC(TM)対応Bluetooth(R)ワイヤレスヘッドホン - LBT-HPC1000AVGDhttp://www2.elecom.co.jp/products/LBT-HPC1000AVGD.html...

【ヘッドホン】ソニー 『WH-1000XM3』 画像など

2018年10月に発売されるソニーのヘッドホン「WH-1000XM3」。「WH-1000XM2」の後継機となるノイズキャンセリング機能搭載のBluetoothヘッドホン。信号処理が約4倍になったという”高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1”を主な特徴としているモデルですが、ちょっと見てみます。WH-1000XM3 | ヘッドホン | ソニーhttps://www.sony.jp/headphone/products/WH-1000XM3/...