ユーザータグaptXHD 1/3

beyerdynamic、純銅製パーツを採用したBluetoothヘッドホン『Amiron Wireless Copper』

海外で見かけたbeyerdynamic のヘッドホン「Amiron Wireless Copper」。テスラテクノロジー搭載やaptX HDコーデック対応などを特徴としたBluetoothヘッドホン「Amiron Wireless」のバリエーションモデル。”Copper”の名のとおり純銅製パーツを採用するなどデザインとカラーリングが変わっています。Amiron wireless copper - beyerdynamichttps://north-america.beyerdynamic.com/amiron-wireless-copper.html...

【ケーブル】Westone 『Westone Bluetoothケーブル Version2』 レビューチェック

2019年4月に発売されたWestoneのケーブル「Westone Bluetoothケーブル Version2」。その名のとおり「Westone Bluetoothケーブル」のVersion2となるMMCXコネクタ採用のBluetoothケーブル。aptX HDコーデック対応やイヤーフック形状になりチャージングドック付属も特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。Westone Bluetoothケーブル Version2|テックウインド株式会社https://www.tekwind.co.jp/WST/products/entr...

Avantree、aptX HD対応のBluetoothレシーバー『AS70』

海外で見かけたAvantreeのレシーバー「AS70」。aptX HD対応のBluetooth USBアダプタ「DG60」を出していたAvantreeが、それに続く形でaptX HD対応のBluetoothレシーバーをリリースした模様。スタンダードなコンパクトサイズで価格はそこそこ安いと言えるモデルです。aptX HD Bluetooth Receiver | Avantreehttps://avantree.com/as70-bluetooth-audio-receiver...

EDIFIER、シリーズ最上位のアクティブスピーカー『S3000Pro』

海外で見かけたEDIFIERのスピーカー「S3000Pro」。「S880DB」「S2000Pro」などが出ているSシリーズの最新モデルであり最上位モデルとなるブックシェルフ型のアクティブスピーカー。最上位なだけあって性能も機能もワンランク上をいく作りになっているようです。Edifier - S3000Pro Wireless Bluetooth Speakershttps://www.edifier.com/us/en/speakers/s3000pro...

FiiO、フラッグシップのBluetoothヘッドホンアンプ『BTR5』

海外で見かけたFiiOのレシーバー「BTR5」。「BTR3」の上位モデルであり同社のフラッグシップモデルとなるBluetoothレシーバー兼ワイヤレスヘッドホンアンプ。製品情報は結構前にSNSなどで公開されていましたが、先日のイベントで実機のお披露目があったようです。Fiio Japan – High-Res Audio Products | FiiO Electronicshttps://www.fiio.jp/...

HiBy、ポップなカラーで本格的なBluetoothヘッドホンアンプ『HiBy W3』

海外で見かけたHiByのレシーバー「HiBy W3」。「HiBy W5」の下位モデルとなるであろうBluetoothレシーバー兼ワイヤレスヘッドホンアンプ。スタンダードなボックスタイプでポップなカラーも用意されていますが、上位のW5に匹敵する本格的なスペックを備えています。海贝音乐https://www.hiby.com/...

JPRiDEのaptX HD対応Bluetoothケーブル『JPRiDE R1』が5,000円を切る

2019年2月に発売されたJPRiDEのケーブル「JPRiDE R1」。aptX HDコーデックに対応したMMCXコネクタ採用&10時間再生のBluetoothケーブル。発売当初の価格は6,800円で普段は値下げをせずに販売されていますが、一時的なセールで5,000円を切る事がちょくちょくあるようです。【ケーブル】JPRiDE 『JPRiDE R1』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-9809.html...

SHANLING、フラッグシップのBluetoothヘッドホンアンプ『UP4』

海外で見かけたSHANLINGのレシーバー「UP4」。同社のBluetoothレシーバー兼ワイヤレスヘッドホンアンプといえば「UP2」が日本で発売されたばかりですが、これは先日発表された上位モデルであり同シリーズのフラッグシップモデル。UP2より少し大きいサイズで更に高性能です。UP4便携蓝牙解码耳放正式发布。_深圳山灵数码科技发展有限公司http://www.shanling.com/article/1026...

HIFIMAN、aptX HD/LDAC/HWA対応の平面駆動型Bluetoothヘッドホン『ANANDA-BT』

海外で見かけたHIFIMANのヘッドホン「ANANDA-BT」。高級路線のオーディオ製品をメインに展開しているHIFIMANが自身初となるBluetoothヘッドホンをリリースした模様。日本でも発売中のANANDAをベースにしたBluetoothモデルで、コーデックはaptX HD/LDAC/HWAに対応しています。HIFIMAN Homehttp://hifiman.jp/...

【イヤホン】SoundPEATS 『Q35+ / Q35 HD』 レビューチェック

2019年7月に発売されたSoundPEATSのイヤホン「Q35+ / Q35 HD」。「Q35 Pro」の後継機もしくは強化版となるBluetoothイヤホンで、aptX HD対応とIPX8防水性能を大きな特徴としているモデル。”+”と”HD”の違いは正直よくわからないというか同一製品のようですが、ちょっとチェックしてみます。Q35 HD Bluetooth イヤホン ブラックhttps://soundpeatsaudio.com/q35-hd-bluetooth.html...

Avantree、aptX HD対応&アンテナ搭載のBluetooth USBアダプタ『DG60』

海外で見かけたAvantreeのアダプタ「DG60」。Bluetooth関連製品の部門では老舗の存在と言えるAvantreeが最近リリースしたBluetooth USBアダプタ。aptX HDコーデック対応を大きな特徴としており、アンテナ搭載で最大50mの通信距離を実現しているのも長所のモデルです。Long Range Bluetooth USB Audio Transmitter | Avantreehttps://avantree.com/dg60-bluetooth-usb-audio-transmitter...

【イヤホン】TaoTronics 『TT-BH07S』 レビューチェック

2019年6月に発売されたTaoTronicsのイヤホン「TT-BH07S」。「TT-BH072」と同じくQualcomm QCC3034のBluetoothチップ採用&aptX HDコーデック対応のBluetoothイヤホン。ドライバーや再生時間など双方で違いはいくつかあるようですが、ちょっとチェックしてみます。ワイヤレスイヤホン TT-BH07Shttps://www.taotronics.jp/shop/audio/wireless_earphones/tt-bh07s_bk...

SENNHEISER、aptX HD/LHDC対応のネックバンド型Bluetoothイヤホン『IE 80S BT』

海外で見かけたSENNHEISERのイヤホン「IE 80S BT」。「IE 80 S」をベースにしたネックバンド型のBluetoothイヤホン。有線モデルと同様にダイナミックスピーカーシステムやマニュアルサウンド調整機能を特徴としており、aptX HD/LHDC(HWA)コーデック対応の点も注目すべきモデルです。Sennheiser IE 80S BT - - The first audiophile Bluetooth In-Ear headphoneshttps://en-us.sennheiser.com/ie80sbt...

i.am+、ボタン型でaptX HD対応の完全ワイヤレスイヤホン『BUTTONS AIR』

海外で見かけたi.am+のイヤホン「BUTTONS AIR」。これまでBluetoothイヤホンを1つだけ出しており、その日本正規品が発売されていたりするi.am+の完全ワイヤレスイヤホン。その名のとおりボタンのような平べったいハウジングも目を引きますが、aptX HD対応も特徴としているモデルです。Omega for Enterprisehttps://iamplus.com/...

EDIFIER、ハイレゾ認証&aptX HD対応のアクティブスピーカー『S1000MKII』

海外で見かけたEDIFIERのスピーカー「S1000MKII」。「S880DB」などが日本でも発売されているEdifierが最近リリースしたアクティブスピーカー。ウッドパネルを使ったモダンなデザインですがオーディオチップ類は最新のものを使っており、ハイレゾ認証やaptX HD対応も特徴としています。漫步者(中国)-S1000MKIIhttps://www.edifier.com/cn/zh/Speakers/S1000MKII...

REIYIN、aptX HD対応のBluetooth USBアダプタ『WT-HD06』

海外で見かけたREIYINのアダプタ「WT-HD06」。Bluetoothオーディオ製品やDACを手がけているメーカーが最近リリースしたBluetooth USBアダプタ。Qualcomm CSR8675のBluetoothチップを採用しており、今までありそうでなかったaptX HDコーデック対応が大きな特徴です。Bluetooth 5.0 オーディオトランスミッタ CSR8675 aptX HD - Aliexpress.comhttps://ja.aliexpress.com/item/33028503249.html...

FiiO、ANC搭載&aptX HD/LDAC対応のBluetoothヘッドホン『EH3 NC』

海外で見かけたFiiOのヘッドホン「EH3 NC」。これまで有線すら手がけていなかったFiiO初となるBluetoothヘッドホン。ハイブリッド方式のアクティブノイズキャンセリング機能やaptX HD/LDACをはじめ現状のコーデック全対応などを特徴としているモデルです。FiiO--Born for Musichttps://www.fiio.com/Home...

FiiO、チップ刷新&aptX HD/LDAC対応になったワイヤレスヘッドホンアンプ『Q5s』

海外で見かけたFiiOのアンプ「Q5s」。日本でも発売されたポータブルヘッドホンアンプ/ワイヤレスヘッドホンアンプのリニューアル版とも強化版とも言えるモデル。DACチップとBluetoothチップが刷新されており、バランス出力端子は2.5mmと4.4mmどちらも搭載しています。【アンプ】FiiO 『Q5』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-8848.html...

【イヤホン】TaoTronics 『TT-BH072』 レビューチェック

2019年6月に発売されたTaoTronicsのイヤホン「TT-BH072」。Qualcomm QCC3034のBluetoothチップ採用や3モードから選べるイコライザー機能搭載、そして低価格帯ではまだ珍しい高音質コーデック・aptX HD対応を特徴としているBluetoothイヤホン。ちょっとチェックしてみます。【TaoTronics】イコライザー機能搭載ワイヤレスイヤホン TT-BH072発売 - sunvalley.co.jphttp://www.sunvalley.co.jp/?news=tt-bh072...

【イヤホン】AVIOT 『WE-BD21d』 レビューチェック

2019年6月に発売されたAVIOTのイヤホン「WE-BD21d」。このタイプではまだ珍しいバランスドアーマチュアユニットx2基+ダイナミックドライバーx1基を搭載したトリプルドライバー・ハイブリッド構成のBluetoothイヤホンで、aptX HDコーデック対応も大きな特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。WE-BD21d | AVIOThttps://aviot.jp/product/we-bd21d/...