1. VGN、日本発売が決まった8,000円を切る75%レイアウトのメカニカルキーボード『N75』

    VGN、日本発売が決まった8,000円を切る75%レイアウトのメカニカルキーボード『N75』

    2024年3月に発売されるVGNのキーボード「N75」。日本ではワイヤレスゲーミングマウスで知られるようになったVGNですがメカニカルキーボードの方が本業で、これは右上にボリュームノブを搭載した今どきな75%レイアウトのモデル。「Dragonfly F1 Pro」などのゲーミングマウスと共に日本発売が決まったようです。【公式サイト】VGN N75 Wired Mechanical Keyboard...

  2. VGN、日本発売が決まった4KHz対応も特徴とする約49gのワイヤレスゲーミングマウス『Dragonfly F1 Pro』

    VGN、日本発売が決まった4KHz対応も特徴とする約49gのワイヤレスゲーミングマウス『Dragonfly F1 Pro』

    2024年3月に発売されるVGNのマウス「Dragonfly F1 Pro」。メカニカルキーボードをメインに展開していた中国メーカーのVGNが初めて手がけたワイヤレスゲーミングマウスで、3ラインナップあるうちの中位にあたるこのProモデルは約49gのソリッドシェルや4KHz対応などが主な特徴。海外ではちょうど1年前に製品が出回っていましたが今になって日本発売が決まったようです。【公式サイト】VGN Dragonfly F1 Series Wireless Mouse...

  3. VGN、傘下ブランドのVXEから出してきた第2作目の軽量ワイヤレスゲーミングマウス『DRAGONFLY R1』

    VGN、傘下ブランドのVXEから出してきた第2作目の軽量ワイヤレスゲーミングマウス『DRAGONFLY R1』

    海外で見かけたVXE(VGN)のマウス「DRAGONFLY R1」。低価格路線を賑わせる火付け役になったと言っても過言ではない「DRAGONFLY F1」シリーズを出したVGN、今度は傘下ブランドのVXEから第2作目となるワイヤレスゲーミングマウスをリリースした模様。今作も4モデルのラインナップでスペックや価格など色々違っています。【公式ストア】VXE蜻蜓R1 鼠标游戏电竞长续航 PAW3395无孔轻量化人体工学无线鼠标...

  4. VGN、マウスと同様に格安で出してきたレインボーコーティングのゲーミングマウスパッド『VGN Mouse Pad (浮光・掠影)』

    VGN、マウスと同様に格安で出してきたレインボーコーティングのゲーミングマウスパッド『VGN Mouse Pad (浮光・掠影)』

    海外で見かけたVGNのマウスパッド「VGN Mouse Pad (浮光・掠影)」。スペックを考えると破格のワイヤレスゲーミングマウス「DRAGONFLY F1」シリーズで世界的に知られる存在となったVGNですが、これはそのDRAGONFLY F1に最適と謳う自身初のゲーミングマウスパッド。レインボーコーティングを主な特徴としているもので価格はマウスと同様に安いです。【公式サイト】VGN 浮光·掠影 彩虹镀膜鼠标垫 浮光 S - undefined...

  5. VGN、オプションも格安で出してきたワイヤレスゲーミングマウス用の4000Hz対応USBレシーバー『VGN 4K Receiver』

    VGN、オプションも格安で出してきたワイヤレスゲーミングマウス用の4000Hz対応USBレシーバー『VGN 4K Receiver』

    海外で見かけたVGNのレシーバー「VGN 4K Receiver」。トップシーンで通用するスペックと破格と言える安さで話題になったワイヤレスゲーミングマウス「DRAGONFLY F1」シリーズ用の4000Hz対応USBレシーバー。これもマウスと同様に他社の製品と比べてありえない安さで販売されています。【公式ストア】VGN 4k接收器 蜻蜓F1Pro/F1Promax鼠标 -京东...

  6. VGN、キーボードも破格・・・ありえない安さで出してきた75%レイアウトのメカニカルキーボード『N75』

    VGN、キーボードも破格・・・ありえない安さで出してきた75%レイアウトのメカニカルキーボード『N75』

    海外で見かけたVGNのキーボード「N75」。ワイヤレスゲーミングマウスの「DRAGONFLY F1」シリーズで一躍注目を集めたVGNですが、これまでの本業と言えるメカニカルキーボードの方も注目の新製品をリリースした模様。75%レイアウトのモデルでこちらも破格と言える安さです。【公式ストア】VGN N75/N75PRO 游戏动力 客制化键盘 机械键盘 -京东...

  7. VGN、約55gと少し重いけれどもフルスペックと言える最上位のワイヤレスゲーミングマウス『DRAGONFLY F1 PRO MAX』

    VGN、約55gと少し重いけれどもフルスペックと言える最上位のワイヤレスゲーミングマウス『DRAGONFLY F1 PRO MAX』

    海外で見かけたVGNのマウス「DRAGONFLY F1 PRO MAX」。「DRAGONFLY F1」「DRAGONFLY F1 PRO」の上位モデル=最上位モデルとなるワイヤレスゲーミングマウス。本体のサイズは下位の2つと変わらずで重量は約55gと少し重くなっていますが、内容的にはフルスペックと言えるものです。VGN DRAGONFLY F1 PRO MAXhttps://item.jd.com/10069453544738.html...

  8. VGN、製品が出回りだした4000Hz対応も特徴とする約49gのワイヤレスゲーミングマウス『DRAGONFLY F1 PRO』

    VGN、製品が出回りだした4000Hz対応も特徴とする約49gのワイヤレスゲーミングマウス『DRAGONFLY F1 PRO』

    海外で見かけたVGNのマウス「DRAGONFLY F1 PRO」。「DRAGONFLY F1」の上位モデルとなるワイヤレスゲーミングマウスで、約49gのソリッドシェルやPAW3395/Kailh GM 8.0採用といった点は共通ですが4000Hz対応など上位の要素がいくつかあり。拠点の中国では製品が出回りだしたようです。VGN DRAGONFLY F1 PROhttps://item.jd.com/10069453544737.html...

  9. VGN、目を疑う低価格で約49gの軽量ボディやPAW3395/Kailh GM 8.0採用を特徴とするワイヤレスゲーミングマウス『DRAGONFLY F1』

    VGN、目を疑う低価格で約49gの軽量ボディやPAW3395/Kailh GM 8.0採用を特徴とするワイヤレスゲーミングマウス『DRAGONFLY F1』

    海外で見かけたVGNのマウス「DRAGONFLY F1」。メカニカルキーボードを主力としていた中国メーカーのVGNが最近リリースした自身初のワイヤレスゲーミングマウス。約49gのソリッドシェルやPAW3395/Kailh GM 8.0採用を特徴としており、その内容から考えると目を疑う低価格のモデルです。VGN DRAGONFLY F1https://item.jd.com/10069453544736.html...