1. 『Nothing Ear (a)』レビューチェック ~デザイン目的で買ってもいい下位モデルの完全ワイヤレスイヤホン

    『Nothing Ear (a)』レビューチェック ~デザイン目的で買ってもいい下位モデルの完全ワイヤレスイヤホン

    2024年4月に発売されたNothingのイヤホン「Nothing Ear (a)」。「Nothing Ear」と共に登場した完全ワイヤレスイヤホンで、こちらは下位モデルとなる存在。スケルトンデザインや最大-45dBのアクティブノイズキャンセリングそれにLDAC対応といった点は共通ですが、こちらは新型でイエローのカラーがあるのも特徴。ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】Nothing Ear (a) ワイヤレスイヤホン...

  2. 『Nothing Ear』レビューチェック ~スケルトンデザインそのままに進化した第3世代の完全ワイヤレスイヤホン

    『Nothing Ear』レビューチェック ~スケルトンデザインそのままに進化した第3世代の完全ワイヤレスイヤホン

    2024年4月に発売されたNothingのイヤホン「Nothing Ear」。「Nothing Ear (2)」の後継機でシリーズ第3世代となる完全ワイヤレスイヤホン。今や業界全体でトレンドになっているスケルトンデザインは継承していて見た目はまったく変わっていませんが、ドライバーの刷新やLDACコーデックにも対応するなど性能・機能の面は進化している模様。ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】Nothing Ear ワイヤレスイヤホン...

  3. 『CMF Buds』レビューチェック ~廉価なNothingサブブランドの第2作目となるANC完全ワイヤレスイヤホン

    『CMF Buds』レビューチェック ~廉価なNothingサブブランドの第2作目となるANC完全ワイヤレスイヤホン

    2024年3月に発売されたCMF by Nothingのイヤホン「CMF Buds」。「CMF Buds Pro」に続くNothingサブブランドの第2作目となる完全ワイヤレスイヤホン。ネーミング的にはこちらの方が下位モデルとなりそうですがスペックはそこまで大差ない内容で、価格はこちらの方が少し安い程度ですから下位というより2つ目という感があり。ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】CMF Buds - CMF Global...

  4. CMF by Nothing、最大-50dBのANCやスマートダイヤルを特徴とする首掛けネックバンド型のBluetoothイヤホン『CMF Neckband Pro』

    CMF by Nothing、最大-50dBのANCやスマートダイヤルを特徴とする首掛けネックバンド型のBluetoothイヤホン『CMF Neckband Pro』

    海外で見かけたCMF by Nothingのイヤホン「CMF Neckband Pro」。「CMF Buds」と共に発表された新製品でこちらは首掛けのネックバンド型になっているBluetoothイヤホン。シンプルなネックバンドに大きなスマートダイヤルを搭載したデザインが個性的で、機能面は最大-50dBのアクティブノイズキャンセリングやアプリ対応などを特徴としています。【公式サイト】CMF Neckband Pro - CMF Global...

  5. CMF by Nothing、第2作目で下位モデルになるANC搭載の完全ワイヤレスイヤホン『CMF Buds』

    CMF by Nothing、第2作目で下位モデルになるANC搭載の完全ワイヤレスイヤホン『CMF Buds』

    海外で見かけたCMF by Nothingのイヤホン「CMF Buds」。Nothingのサブブランドで「CMF Buds Pro」などの製品が日本でも発売されているCMFですが、これは第2作目となるアクティブノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホン。価格や立ち位置はまだ明らかにされておらず、しかしネーミングから考えてこちらが下位モデルになると思われます。【公式サイト】CMF Buds - CMF Global...

  6. 『CMF Buds Pro』 レビューチェック ~Nothingのサブブランドから登場した割安なANC完全ワイヤレスイヤホン

    『CMF Buds Pro』 レビューチェック ~Nothingのサブブランドから登場した割安なANC完全ワイヤレスイヤホン

    2023年10月に発売されたCMFのイヤホン「CMF Buds Pro」。「Nothing Ear (2)」などを出しているNothingのサブブランドから登場した完全ワイヤレスイヤホン。スケルトンデザインが特徴的なNothingの製品に比べるとシンプルなものですが、最大-45dBのANC搭載や専用アプリ対応で価格は7,000円台と割安感のあるモデル。ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】CMF Buds Pro, 45 dB ANC earBuds - CMF Global...

  7. Nothing 『Nothing Ear (2)』 レビューチェック ~第2世代モデルとなるスケルトンデザインのANC完全ワイヤレスイヤホン

    Nothing 『Nothing Ear (2)』 レビューチェック ~第2世代モデルとなるスケルトンデザインのANC完全ワイヤレスイヤホン

    2023年3月に発売されたNothingのイヤホン「Nothing Ear (2)」。「Nothing Ear (1)」の後継機となるスケルトンデザインでアクティブノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホン。ドライバーの刷新やLHDCコーデック対応それにケースの軽量化など色々と進化しているようですが、ちょっとチェックしてみます。Ear (2) - Nothing (日本)https://jp.nothing.tech/products/ear-2...

  8. Nothing 『Ear (stick)』 レビューチェック ~ケースデザインも個性的なハーフインイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン

    Nothing 『Ear (stick)』 レビューチェック ~ケースデザインも個性的なハーフインイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン

    2022年11月に発売されたNothingの「Ear (stick)」。「ear (1)」に続く同ブランドの第2作目となる完全ワイヤレスイヤホン。今作は究極の快適性を追求したと謳うハーフインイヤー型で、イヤホンだけでなくケースも個性的なデザインになっているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。Nothing Ear (stick) - Nothing日本公式ストアhttps://jp.nothing.tech/products/ear-stick...

  9. Nothing 『ear (1)』 レビューチェック ~デザインに重点を置いたスケルトンボディのANC完全ワイヤレスイヤホン

    Nothing 『ear (1)』 レビューチェック ~デザインに重点を置いたスケルトンボディのANC完全ワイヤレスイヤホン

    2021年8月に発売されたNothingのイヤホン「ear (1)」。ロンドンを拠点とするデジタルブランドが手がけた完全ワイヤレスイヤホン。スウェーデンのTeenage Engineering社がデザインとチューニングを担当したという個性的なスティック型でANC搭載のモデルですが、ちょっとチェックしてみます。ear (1) ワイヤレスイヤホン アクティブノイズキャンセリングhttps://jp.nothing.tech/products/ear-1...