1. 『AVIOT TE-W1』レビューチェック ~新開発のコアキシャル3Dシステムを特徴とするANC完全ワイヤレスイヤホン

    『AVIOT TE-W1』レビューチェック ~新開発のコアキシャル3Dシステムを特徴とするANC完全ワイヤレスイヤホン

    2024年3月に発売されたAVIOTのイヤホン「TE-W1」。「TE-ZX1 / TE-ZX1-PNK」から間髪入れずに出してきた新たな完全ワイヤレスイヤホンは「TE-Z1PNK」のコアキシャル2wayドライバーで培った技術を基に開発されたコアキシャル3Dシステム(2DDドライバー)を主な特徴としているモデル。ANC搭載など機能面も充実しているものですが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】TE-W1 製品情報|AVIOT...

  2. 『CMF Buds』レビューチェック ~廉価なNothingサブブランドの第2作目となるANC完全ワイヤレスイヤホン

    『CMF Buds』レビューチェック ~廉価なNothingサブブランドの第2作目となるANC完全ワイヤレスイヤホン

    2024年3月に発売されたCMF by Nothingのイヤホン「CMF Buds」。「CMF Buds Pro」に続くNothingサブブランドの第2作目となる完全ワイヤレスイヤホン。ネーミング的にはこちらの方が下位モデルとなりそうですがスペックはそこまで大差ない内容で、価格はこちらの方が少し安い程度ですから下位というより2つ目という感があり。ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】CMF Buds - CMF Global...

  3. QCY、自身初のLDAC対応も特徴とするインナーイヤー型のANC完全ワイヤレスイヤホン『QCY AilyBuds Pro+』

    QCY、自身初のLDAC対応も特徴とするインナーイヤー型のANC完全ワイヤレスイヤホン『QCY AilyBuds Pro+』

    海外で見かけたQCYのイヤホン「QCY AilyBuds Pro+」。低価格の完全ワイヤレスイヤホンで知られるQCYはどれだけ評判が良い製品でもコーデックはaptXすら対応していませんでしたが、これはようやくコーデックにも注力するようになったのがうかがえるLDAC対応の新型モデル。インナーイヤー型でアクティブノイズキャンセリング搭載も特徴としています。【公式ストア】QCY AilyBuds Pro+ 真无线蓝牙耳机双金标版 半入耳主动降噪 游戏运...

  4. 水月雨、日本発売が決まった平面駆動ドライバー&LDAC対応のANC完全ワイヤレスイヤホン『夢回 - Golden Ages』

    水月雨、日本発売が決まった平面駆動ドライバー&LDAC対応のANC完全ワイヤレスイヤホン『夢回 - Golden Ages』

    2024年4月に発売された水月雨(MOONDROP)のイヤホン「夢回 - Golden Ages」。特許取得済みの13mm径平面駆動ドライバー、LDAC/LC3コーデック対応、最大-44dBのアクティブノイズキャンセリング、MOONDROP Link 2.0アプリ対応、などを特徴とする完全ワイヤレスイヤホン。海外では3月ごろに出回っていたものですが日本でも発売が決まったようです。【公式サイト】MOONDROP GOLDEN AGES True Wireless Stereo | MOONDROP Official Webs...

  5. HUAWEI、第2世代モデルとなる口紅デザインのANC完全ワイヤレスイヤホン『FreeBuds Lipstick 2』

    HUAWEI、第2世代モデルとなる口紅デザインのANC完全ワイヤレスイヤホン『FreeBuds Lipstick 2』

    海外で見かけたHUAWEIのイヤホン「FreeBuds Lipstick 2」。2021年に発売された「FreeBuds Lipstick」の後継機となる口紅デザインのANC完全ワイヤレスイヤホン。前作は口紅をモチーフにしているのがわかりやすい外観でしたが、今作は言われないとわからないような新デザイン。それとイヤホンは「FreeBuds 5」と同じ形状です。【公式サイト】HUAWEI FreeBuds Lipstick 2 口红耳机 - 华为官网...

  6. Anker、日本発売が決まったケースも多機能なウルトラノイズキャンセリング2.0搭載の完全ワイヤレスイヤホン『Soundcore P40i』

    Anker、日本発売が決まったケースも多機能なウルトラノイズキャンセリング2.0搭載の完全ワイヤレスイヤホン『Soundcore P40i』

    2024年4月に発売されたAnkerのイヤホン「Soundcore P40i」。2021年に発売された「Soundcore Life P3」の後継機となる完全ワイヤレスイヤホンで、「Soundcore Space A40」と同じくウルトラノイズキャンセリング2.0を搭載、さらにバッテリケースがスマホスタンドになるなど見どころが多いモデル。海外では2月ごろに見かけていたものですが日本発売が決まったようです。【公式サイト】Soundcore P40i | 完全ワイヤレスイヤホンの製品...

  7. 水月雨、日本発売が決まったデザインも異なるブラックモデルの完全ワイヤレスイヤホン『SPACE TRAVEL (Black)』

    水月雨、日本発売が決まったデザインも異なるブラックモデルの完全ワイヤレスイヤホン『SPACE TRAVEL (Black)』

    2023年8月に発売された水月雨(MOONDROP)のイヤホン「SPACE TRAVEL」。現ラインナップのエントリークラスでありながらアクティブノイズキャンセリング搭載や機能が充実したアプリ対応を特徴としている完全ワイヤレスイヤホン。発売時に出たのはホワイトのみでグローバルサイトでもその一色しか情報が出ていませんが、ブラックの取り扱いを開始したようです。【公式サイト】MOONDROP SPACE TRAVEL True Wireless Stereo | MOONDROP...

  8. Cambridge Audio、aptX Lossless対応やANC搭載を特徴とする第3作目の完全ワイヤレスイヤホン『Melomania M100』

    Cambridge Audio、aptX Lossless対応やANC搭載を特徴とする第3作目の完全ワイヤレスイヤホン『Melomania M100』

    海外で見かけたCambridge Audioのイヤホン「Melomania M100」。老舗の音響機器メーカーとして知られるCambridge Audio、完全ワイヤレスイヤホンは2019年に発売された「Melomania 1」と日本未発売の「Melomania Touch」を出していましたが、これは第3作目となる最新モデル。aptX Lossless対応やアクティブノイズキャンセリング搭載などを特徴としています。【公式サイト】Cambridge Audio Melomania M100 ANC Headphones with 52 ho...

  9. 『SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 4』レビューチェック ~正統進化したフラッグシップ第4世代の完全ワイヤレスイヤホン

    『SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 4』レビューチェック ~正統進化したフラッグシップ第4世代の完全ワイヤレスイヤホン

    2024年3月に発売されたSENNHEISERのイヤホン「MOMENTUM True Wireless 4」。「MOMENTUM True Wireless 3」の後継機でフラッグシップシリーズの第4世代となる完全ワイヤレスイヤホン。最新のBluetoothチップ採用でaptX Losslessコーデックに対応(LE Audio/Auracastも対応予定)、ノイズキャンセリングも進化したと謳っているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】MOMENTUM True Wireless 4 日本...

  10. 『Creative Zen Air Plus』画像など ~4,000円を切っているANC搭載&LE Audio対応の完全ワイヤレスイヤホン

    『Creative Zen Air Plus』画像など ~4,000円を切っているANC搭載&LE Audio対応の完全ワイヤレスイヤホン

    2023年12月に発売されたクリエイティブのイヤホン「Creative Zen Air Plus」。「Creative Zen Air Pro」と共に登場したZen Airシリーズの完全ワイヤレスイヤホンで、内容的にこちらの方が下位となるモデル。下位でもハイブリッドアクティブノイズキャンセリング搭載やLE Audio対応を特徴としており、定価は7,980円ですがセールを4,000円を切る時がある模様。ちょっと見てみます。【公式サイト】Creative Zen Air Plus - Creative T...

  11. 『ASUS ROG Cetra True Wireless SpeedNova』画像など ~独自の超低遅延2.4GHz接続を特徴とするゲーミング完全ワイヤレスイヤホン

    『ASUS ROG Cetra True Wireless SpeedNova』画像など ~独自の超低遅延2.4GHz接続を特徴とするゲーミング完全ワイヤレスイヤホン

    海外で発売されているASUSのイヤホン「ROG Cetra True Wireless SpeedNova」。2022年に発売された「ROG Cetra True Wireless」のアップグレード版となるゲーミング完全ワイヤレスイヤホンで、独自のROG SpeedNovaワイヤレステクノロジーにより超低遅延の2.4GHz接続(USB-Cドングル使用)を実現したと謳っているモデル。ちょっと見てみます。【公式サイト】ROG Cetra True Wireless SpeedNova | Gaming headsets-audio|ROG - Repub...

  12. 『Creative Zen Air Pro』レビューチェック ~真価発揮はまだ先になりそうなLC3plus対応のANC搭完全ワイヤレスイヤホン

    『Creative Zen Air Pro』レビューチェック ~真価発揮はまだ先になりそうなLC3plus対応のANC搭完全ワイヤレスイヤホン

    2023年12月に発売されたクリエイティブのイヤホン「Creative Zen Air Pro」。「Creative Zen Air」の上位モデルとなるハイブリッドアクティブノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホン。現時点ではおそらくオンリーワンとなるLC3plus対応&ウルトラローレイテンシーモード(ULL)サポートを主な特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】Creative Zen Air Pro - Creative Technology (日本)...

  13. EDIFIER、同軸2DDドライバーやLDAC対応も特徴とする新型のANC完全ワイヤレスイヤホン『W260NC』

    EDIFIER、同軸2DDドライバーやLDAC対応も特徴とする新型のANC完全ワイヤレスイヤホン『W260NC』

    海外で見かけたEDIFIERのイヤホン「W260NC」。同社の製品展開は中国で大陸版と言えるものを先行して出す→製品名を変えてグローバル版を出すというパターンが最近多いのですが、これはそれに当てはまらないグローバルサイトの情報が初出となる新型モデル。同軸2DDドライバーやLDAC対応それにANC搭載を主な特徴としています。【公式サイト】True Wireless Earbuds with Active Noise Cancellation | W260NC -【Edifier】...

  14. 水月雨、初代ウォークマンデザインで平面駆動ドライバーやLDAC対応も特徴とするANC完全ワイヤレスイヤホン『GOLDEN AGES』

    水月雨、初代ウォークマンデザインで平面駆動ドライバーやLDAC対応も特徴とするANC完全ワイヤレスイヤホン『GOLDEN AGES』

    海外で見かけた水月雨(MOONDROP)のイヤホン「GOLDEN AGES」。「SPACE TRAVEL」以来となる新たな完全ワイヤレスイヤホンは13mm径の平面駆動ドライバーやLDAC/LC3対応それにアクティブノイズキャンセリング搭載などを特徴としているモデル。「NekoCake - 猫餅」とイヤホンもケースも同じ型なのでその強化版とも言えそうなものです。【公式サイト】MOONDROP GOLDEN AGES True Wireless Stereo | MOONDROP Official Website...

  15. 『AVIOT TE-ZX1 / TE-ZX1-PNK』レビューチェック ~圧倒的な解像度と評されるトライブリッド5ドライバーの完全ワイヤレスイヤホン

    『AVIOT TE-ZX1 / TE-ZX1-PNK』レビューチェック ~圧倒的な解像度と評されるトライブリッド5ドライバーの完全ワイヤレスイヤホン

    2024年2月に発売されたAVIOTのイヤホン「TE-ZX1 / TE-ZX1-PNK」。「TE-Z1PNK」に続くフラッグシップシリーズの完全ワイヤレスイヤホンで、3BA+1DD+平面磁気駆動型という構成のトライブリッド5ドライバーが大きな特徴。赤いTE-ZX1が通常モデルで黒いTE-ZX1-PNKがピヤホン7とも称している特別仕様モデルですが、2つ合わせてチェックしてみます。【公式サイト】TE-ZX1-PNK 製品情報|AVIOT...