ユーザータグMOD 1/1

Razer SilverWidow Tournament Edition Chroma(Mod)

海外で発売されているRazerのキーボード「BlackWidow Tournament Edition Chroma」。テンキーレスのゲーミング・メカニカルキーボードにフルカラーLEDを搭載した、最近のRazer製品ではおなじみのChromaモデル。キーボード自体はブラック一色ですが、フレームをシルバーに塗装したModを発見。なかなか新鮮なカラーリングです。【キーボード】Razer 『BlackWidow Tournament Edition Chroma』 画像などhttp://watchmono.com/blog-ent...

ロジクールのゲーミングマウス『G502』をシルバーにしたMOD

2014年5月に発売されたロジクールのマウス「G502 Proteus Core Gaming Mouse」。最大12000dpiの光学式センサーとセンサーキャリブレーション機能を搭載し、その完成度の高さは確実に世界トップクラスと言えるゲーミングマウス。カラーリングはブラックをメインにブルーのアクセントを入れていますが、ふと見かけたシルバーのMODがなかなかいい感じです。【マウス】ロジクール 『G502』 画像などhttp://watchmono.com/blog-entry-42...

『Razer BlackWidow』のフレームを紫にするとエヴァ初号機っぽく見える?

Razerのキーボード「Razer BlackWidow」シリーズ。Razer製品の中では代表格の一つとなっているゲーミング・メカニカルキーボードで、オリジナルキースイッチを採用した”2014”モデル、キーバックライトをフルカラーにした”Chroma”モデル、と最近は短い期間で仕様変更が行われているシリーズでもあり。さておき、そのキーボードのフレームを紫にすると、それだけでエヴァ初号機っぽく見えるカラーリングになるようです。エヴァ初号機...

芝生メカニカルキーボードを自作する人もいる(Quick Fire TK)

芝生メカニカルキーボード・・・・製品として出していたのはFILCOのセミオーダーメイド品(MIDORI)だけで、芝生そっくりに加工されたパイルをフレームに貼り付けたその外観はまさに珍品中の珍品。登場時に見た時はこんなもの欲しがる人がいるんかな・・・・?と正直思っていましたが、世界視野で見ると意外に購入報告がちらほらとあり、現在は完売していたりと需要は結構あった模様。そしてもう売っていないなら自分で作ればいい...

ゲーミング・メカニカルキーボードのマクロキーをあえて塞ぐ

ゲーミング・メカニカルキーボード・・・・ゲーミングデバイスメーカーの大半は該当する製品を出しており、フルサイズのタイプに至っては左側にマクロキーを搭載しているモデルが結構多い。好きなキー入力を割り当てられる一見便利な付加キーですが、邪魔に感じる人も少なからずいる模様。で、そのマクロキーを塞ぐためにカバーをわざわざ自作している人がいました。【キーボード】Razer 『Razer BlackWidow Chroma』 レビューチェ...

『S.T.R.I.K.E. 7』の装備を他のメカニカルキーボードに取り付けたMOD

2012年11月に発売されたMad Catzのキーボード「S.T.R.I.K.E. 7 Gaming Keyboard」。液晶ディスプレイ・マクロキーモジュール・パームレストx3など、Mad Catzらしさが滲み出ているギミック満載のゲーミングキーボード。その装備一式(ディスプレイ・モジュール・パームレスト)を他のメカニカルキーボードに取り付けるというユニークな改造品を見かけました。Mad Catz 『S.T.R.I.K.E. 7 Gaming Keyboard』 レビューhttp://watchmono...

ランボルギーニを意識して塗装されたメカニカルキーボード(ロジクール G710+)

(via geekhack)2013年2月に発売されたロジクールのキーボード「G710+ Mechanical Gaming Keyboard」。ロジクール初のメカニカルキーボードで、マクロキーなどゲーマー向けの機能をそれなりに搭載しているモデル。大きめのパームレストが備わっているのも特徴の一つですが、これをランボルギーニのスポーツカーでよく見るイエローに塗装した人がいました。【キーボード】ロジクール 『G710+』 レビューチェックhttp://watchmonoblog...

レトロケース型に改造されたメカニカルキーボード(Pure Pro)

(via imgur)海外で発売されているKBtalKingのキーボード「Pure Pro」。「Poker II」などと同じくコンパクトサイズ系の現行モデルで、窮屈ながらカーソルキーが備わっているのがポイント。フレームは確か上記と互換性があり、オプションのような形でアルミ製などが出回っていますが、そういったものを利用せず自作している人もなかにはいる。これはレトロケース型に改造されたユニークな一品です。KBtalKingのコンパクト・メカニカ...

エヴァ初号機をモチーフに改造されたメカニカルキーボード

(via baidu)海外で見かけたメカニカルキーボードのMOD品。バイオレットを基調としたそのカラーリングは説明不要の人気作品・新世紀エヴァンゲリオンの初号機をモチーフにしているのが一目でわかる。そして単にキーの色を変えただけでなく、ところどころにエヴァらしいロゴなどが刻まれた、かなり気合の入っている作りです。ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 公式サイトhttp://www.evangelion.co.jp/...

コンパクト・メカニカルキーボードの”痛化”を実践した例

(via imgur)2013年9月ごろに発売されたセンチュリーのキーボード「POKER2 60」。元はPoker IIという名のモデルで、マニアック層からも高い支持を得ているコンパクト・メカニカルキーボード。絵柄からして該当するかは何とも言えませんが、これで”痛キーボード”を実践している人がいました。【キーボード】センチュリー 『POKER2 60』 画像などhttp://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-3505.html...

マイクロソフトの『Wedge Mobile Keyboard』で痛キーボード

(via SkyDrive)2012年9月に発売されたマイクロソフトのBluetoothキーボード「Wedge Mobile Keyboard」。フレームレスと言えるスリム&コンパクトサイズが特徴的なWindows 8/RT向けのBluetoothキーボード。これをベースにした”痛キーボード”が、コミケ85のマイクロソフトブースで販売されていたようです。冬コミに窓辺ファミリーが参戦します!|DSP版 Windows Navi+http://www.windows-naviplus.jp/event/2013_comiket/index.html...

ラメ塗装されたゲーミング・メカニカルキーボード(ロジクール G710+)

(via imgur)2月に発売されたロジクールのキーボード「G710+ Mechanical Gaming Keyboard」。キースイッチにCerry MX・茶軸を採用、そして製品では世界初となる静音化アイテム・O-ringを標準装備したゲーミング・メカニカルキーボード。海外では日本より人気になっている印象ですが、カラーリングは賛否両論で塗装している人も度々見かける。今回はブラック×バイオレットにラメ入りのゴージャスな変わりっぷりです。【キーボード】...

デジタル迷彩にペイントされたメカニカルキーボード(Majestouch)

(via geekhack)海外で見かけたFILCOのメカニカルキーボード・Majestouchをペイントしたもの。同社からは迷彩柄の「Majestouch 2 Camouflage」が出ていますが、この改造品は迷彩でもデジタル迷彩になっていてPC周辺機器に結構合うんじゃない?と思わせる、いい感じの外観してます。【キーボード】FILCO 『Majestouch 2 Camouflage』 画像などhttp://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-1642.html...

究極のエルゴノミクス!?キーボード&トラックボール一体型デスクボード

海外で見かけた自作のデスクボード。「ErgoDox」と呼ばれている左右対称のエルゴノミクスキーボードとトラックボール代表格の一つ「SlimBlade Trackball」を一体化。ボードはフラットではなくカーブがかかった形状になっており、エルゴノミクスという面ではある意味究極の一品です。keyboard tray evolution - a set on Flickrhttp://www.flickr.com/photos/kurplop/sets/72157633538408496/...

フェラーリ風に塗装されたゲーミングキーボード(ロジクール G710+)

(via pcwaishe)2月に発売されたロジクールのキーボード「G710+ Mechanical Gaming Keyboard」。Cerry MX・茶軸/静音仕様、キーバックライト搭載、マクロキー&メディアキー装備などが特徴のモデル。つい先日DELLのキーボードをフェラーリ風に塗装した改造品を見かけましたが、これでも同じような事をやっている人がいました。フェラーリ風に塗装されたDELLのキーボードが意外とカッコイイhttp://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog...

フェラーリ風に塗装されたDELLのキーボードが意外とカッコイイ

(via pcwaishe)DELLのキーボード「SK-8115」。かつて同社のデスクトップPCに標準で付属していた、スタンダード&フルサイズの有線キーボード。これをフェラーリ風に赤く塗装した改造品が、意外にもカッコイイ仕上がりになっています。キーボードおよびマウス : デスクトップアクセサリ | Dell 日本http://accessories.apj.dell.com/sna/category.aspx?c=jp&category_id=5370...

Bluetoothキーボードを搭載したスチームパンク風アームガード

海外で見かけた「FUNCTIONAL Typewriter Arm Guard with Bluetooth and Touchpad」。Bluetoothキーボード搭載のアームガードをスチームパンク風に仕立て上げたもの。ハンドメイド品の売買サイト・Estyで現在注文受付中(1,200ドル)です。FUNCTIONAL Typewriter Arm Guard with by BruteForceStudios on Etsyhttp://www.etsy.com/listing/98411032/functional-typewriter-arm-guard-with...

Razerのキーボード『BlackWidow』をスチームパンク風にした改造品

(via Flickr)Razerのゲーミングキーボード「BlackWidow」シリーズ。Cherry社製のMXキースイッチ・青軸を採用したメカニカルキーボードで、リニューアルモデルも発売中。以前にブラックからホワイトに塗装した改造品を見かけましたが、今度はスチームパンク風に仕上げた本格的かつ独特な改造品も見かけました。Razerのキーボード『BlackWidow』 を”WhiteWidow”にした改造品http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2547.htm...

Razerのキーボード『BlackWidow』 を”WhiteWidow”にした改造品

Razerのゲーミングキーボード「BlackWidow」シリーズ。Cherry社製のMXキースイッチ・青軸を採用したメカニカルキーボード。ここ最近はリニューアルモデルの「BlackWidow Ultimate 2013」、テンキーレスの「BlackWidow Tournament Edition」も発売されましたがいずれもカラーはブラック。これを”WhiteWidow”にする、ちょっと洒落っ気のきいた改造品を見かけました。Razer BlackWidow | Razer 日本の公式サイトhttp://jp.razerzone.c...