ユーザータグLEOPOLD 1/1

LEOPOLD、”Hana”カラーのメカニカルキーボード『FC980M PD Pink』

海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC980M PD Pink」。去年あたりから98キーのメカニカルキーボードでもカラーバリエーション展開するようになったLEOPOLDの新製品。これはメカニカル界隈で周知となっている”Hana”配色のキーキャップ/フレームを採用したモデルです。LEOPOLD、よりレトロカラーになった98キーのメカニカルキーボード『FC980M PD』http://watchmono.com/blog-entry-8099.html...

LEOPOLD、66キー/メカニカルキーボードのBluetoothモデル『FC660M BT』

海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC660M BT」。66キーの70%レイアウトでメカニカルキーボードと静電容量無接点方式キーボードの両方を出しているFC660シリーズ。メカニカルの方でワイヤレス接続を実現したBluetoothモデルがイベントで公開されていました。LEOPOLDのメカニカルキーボード『FC660M』のイエローモデルhttp://watchmono.com/blog-entry-8117.html...

LEOPOLDのメカニカルキーボード『FC660M』のイエローモデル

海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC660M」。「FC660C」のメカニカル版とも言える存在で、日本では「ProgresTouch RETRO TINY」が代替品となるであろうメカニカルキーボード。カラーバリエーション展開は今までいくつか行っていたようですが、奇抜なイエローモデルを最近になって出したようです。LEOPOLDの新型メカニカルキーボード『FC660M』http://watchmono.com/blog-entry-2969.html...

LEOPOLD、よりレトロカラーになった98キーのメカニカルキーボード『FC980M PD』

海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC980M PD」。98キーの特殊サイズになっている同社のキーボードは静電容量無接点方式の「FC980C」なら日本でも発売されていますが、海外ではメカニカルの方も出ていたりする。これはその別バリエーションとなる”PD”モデルです。【キーボード】LEOPOLD 『FC980M』 画像などhttp://watchmono.com/blog-entry-6804.html...

【キーボード】LEOPOLD 『FC750R PD』 画像など

海外で発売されているLEOPOLDのキーボード「FC750R PD」。同社の現ラインナップでハイエンドを名乗っているテンキーレスのメカニカルキーボード。主な特徴はフルサイズの「FC900R PD」と大体同じ内容で、質実剛健の一言で語れるような手堅いモデルですが、ちょっと見てみます。FC750R PD | LEOPOLDhttp://www.leopold.co.kr/?doc=cart/list.php&ca_id=10100110...

LEOPOLD、ハイエンド・メカニカルキーボードの最新モデル『FC900R PD』

海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC900R PD」。質実剛健なメカニカルや静電容量無接点方式のキーボードを出しているLEOPOLDの新製品。現ラインナップのフルサイズ(FC900R)とテンキーレス(FC750R)はすべてハイエンドを名乗っていますが、これはフルサイズの最新モデルです。FC900R PD | LEOPOLDhttp://www.leopold.co.kr/?doc=cart/list.php&ca_id=10100001...

LEOPOLD、Greeneryカラーのメカニカルキーボード『FC750R 2017 SPRING』

海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC750R 2017 SPRING」。色に関わるサービスを提供しているPANTONE社が”Color of the Year 201x”という形でその年の色を決めているようで、2017年は”Greenery”とのこと。それをモチーフにしたメカニカルキーボードをLEOPOLDが出すようです。FC750Rhttp://www.leopold.co.kr/?doc=cart/list.php&ca_id=101001...

【キーボード】LEOPOLD 『FC980C』 画像など

海外で発売されているLEOPOLDのキーボード「FC980C」。カーソルキーやテンキーのエリアが特殊なレイアウトになっている98キーの静電容量無接点方式キーボード。パッケージにはMade in Japan/Manufactured by Topreと記載されており、東プレが製造を手がけた日本製だったりするモデルですが、ちょっと見てみます。FC980Chttp://www.leopold.co.kr/?doc=cart/item.php&it_id=1479442741...

LEOPOLD、98キー/特殊サイズの静電容量無接点方式キーボード『FC980C』

海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC980C」。98キーの特殊サイズなメカニカルキーボード「FC980M」を9月ごろにリリースしていたLEOPOLDですが、これは同型の静電容量無接点方式モデル。拠点の韓国では出回りはじめたようです。FC980Chttp://www.leopold.co.kr/?doc=cart/item.php&it_id=1479442741...

【キーボード】LEOPOLD 『FC980M』 画像など

海外で発売されているLEOPOLDのメカニカルキーボード「FC980M」。フルサイズより小さくてテンキーレスよりキー数は多い98キーの特殊なメカニカルキーボード。現時点で公式サイトに製品情報は掲載されていませんが、一部の層には既に出回っている模様。ちょっと見てみます。LEOPOLD FC980 Serieshttp://www.leopold.co.kr/?doc=bbs/gnuboard.php&bo_table=notice&page=1&wr_id=295...

LEOPOLD、98キー/特殊サイズのメカニカルキーボード『FC980M』

海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC980M」。テンキーレスなみのサイズながらフルサイズに近い実用性を備えた98キーのメカニカルキーボード。こういうテンキー付きコンパクトと言えるタイプは以前から存在していましたが、カーソルキー有りでも配列が標準的なところは大きなポイントとなりそうです。LEOPOLD FC980 Serieshttp://www.leopold.co.kr/?doc=bbs/gnuboard.php&bo_table=notice&page=1&wr_id=295...

LEOPOLDのメカニカルキーボード『FC660C』のアルミケース

海外で発売されているLEOPOLDのキーボード「FC660C」。同型の静電容量無接点方式モデル「FC660C」は日本でも発売されましたが、こちらは未発売のメカニカルモデル。そのオプションとしてアルミニウム製のケースが存在するようです。LEOPOLDの新型メカニカルキーボード『FC660M』http://watchmono.com/blog-entry-2969.html...

LEOPOLDの吸音パッド内蔵メカニカルキーボード『FC900R』

海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC900R」。静電容量無接点方式モデル「FC660C」を日本でも出したLEOPOLDのスタンダードなメカニカルキーボード。同シリーズにはキーバックライト搭載版がありましたが、この通常版は吸音パッド内蔵を特徴としています。LEOPOLDのキーバックライト搭載メカニカルキーボード『FC900R LED』http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-4811.html...

LEOPOLDのキーバックライト搭載メカニカルキーボード『FC900R LED』

海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC900R LED」。主にメカニカルキーボードで知られる韓国メーカー・LEOPOLD。それだけでなく静電容量無接点方式の「FC660C」みたいなモデルも出していたりしますが、自社製品では初となるキーバックライト搭載機を新たにリリースしたようです。LEOPOLD - FC900R LEDhttp://www.leopold.co.kr/?doc=cart/item.php&it_id=1416291545...

【キーボード】LEOPOLD 『FC660C』 画像など

2014年11月に発売されたLEOPOLDのキーボード「FC660C」。Realforce・HHKB Pro2といった定番モデルと同様に、東プレ製の静電容量無接点方式キースイッチを採用した特殊なコンパクトサイズのモデル。海外では結構前から存在しており、上記に負けじと劣らぬ人気を得ていたりもしますが、ちょっと見てみます。LEOPOLD FC660Cシリーズ(英語ASCII配列) | 株式会社アーキサイトhttp://www.archisite.co.jp/products/leopold_keyboard/fc...

静電容量無接点方式キーボード『LEOPOLD FC660C』が少量販売中

海外で発売されているLEOPOLDのキーボード「FC660C」。66キー英語配列の特殊なレイアウト&コンパクトサイズになっている静電容量無接点方式キーボード。日本で正規品が出る事はないと思っていましたが、マニアックなキーボード製品を取り扱う事で知られるShopUが輸入品を販売していました。LEOPOLDの静電容量無接点方式キーボード『FC660C』http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-3854.html...

LEOPOLDの静電容量無接点方式キーボード『FC660C』

(via Flickr)海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC660C」。2012年春ごろに登場した独特なキーレイアウト&コンパクトサイズのメカニカルキーボード「FC660M」。それと同じ時期に同型の静電容量無接点方式モデルも出ていた模様。海外では既にちらほら見かける人気製品になっています。LEOPOLD - FC660Chttp://www.leopold.co.kr/?doc=cart/item.php&it_id=1365736667...

黒・白の2台を使ってコーディネートしたメカニカルキーボード(LEOPOLD FC660M)

(via zol.com)海外で発売されているLEOPOLDのキーボード「FC660M」。テンキーレスよりもキー数は少ないが微妙にコンパクト、最小クラスよりも大きいが窮屈感がないレイアウトの特殊タイプと言えるメカニカルキーボード。カラーはどうやらブラック・ホワイトの2色あり、それらのキーキャップを組み合わせてコーディネートしたものが、なかなかユニークな外観になっています。LEOPOLDの新型メカニカルキーボード『FC660M』http://wat...

LEOPOLDの新型メカニカルキーボード『FC660M』

(via KBDMania)海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC660M」。Cherry MXのキースイッチを採用、66キーのコンパクトサイズになっているメカニカルキーボード。テンキーレスよりは小さく最小クラスよりは大きい、特殊なレイアウトの新型モデルです。FC660Mhttp://www.leopold.co.kr/?doc=cart/item.php&it_id=1364778544...