ユーザータグLDAC 1/3

【スピーカー】ソニー 『SRS-XB22』 レビューチェック

2019年5月に発売されたソニーのスピーカー「SRS-XB22」。「SRS-XB21」の後継機となるEXTRA BASSシリーズのポータブルBluetoothスピーカーで、現ラインナップでは「SRS-XB32」の下位にあたるモデル。こちらも前面グリルの改善など先代から進化が見られますが、ちょっとチェックしてみます。SRS-XB22 | アクティブスピーカー/ネックスピーカー | ソニーhttps://www.sony.jp/active-speaker/products/SRS-XB22/...

Xiaomi、ANC搭載&LDAC対応のBluetoothイヤホン『Mi Bluetooth Noise Cancelling Neckband Earphones』

海外で見かけたXiaomiのイヤホン「Mi Bluetooth Noise Cancelling Neckband Earphones」。現時点で公式サイトに製品情報はまだ掲載されていない新型のBluetoothイヤホン。 アクティブノイズキャンセリング機能の搭載や高音質コーデック・LDAC対応などが主な特徴のネックバンド型モデルです。蓝牙耳机及蓝牙耳机相关产品-小米商城https://search.mi.com/search_蓝牙耳机...

FiiO、ANC搭載&aptX HD/LDAC対応のBluetoothヘッドホン『EH3 NC』

海外で見かけたFiiOのヘッドホン「EH3 NC」。これまで有線すら手がけていなかったFiiO初となるBluetoothヘッドホン。ハイブリッド方式のアクティブノイズキャンセリング機能やaptX HD/LDACをはじめ現状のコーデック全対応などを特徴としているモデルです。FiiO--Born for Musichttps://www.fiio.com/Home...

FiiO、チップ刷新&aptX HD/LDAC対応になったワイヤレスヘッドホンアンプ『Q5s』

海外で見かけたFiiOのアンプ「Q5s」。日本でも発売されたポータブルヘッドホンアンプ/ワイヤレスヘッドホンアンプのリニューアル版とも強化版とも言えるモデル。DACチップとBluetoothチップが刷新されており、バランス出力端子は2.5mmと4.4mmどちらも搭載しています。【アンプ】FiiO 『Q5』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-8848.html...

【スピーカー】ソニー 『SRS-XB32』 レビューチェック

2019年5月に発売されたソニーのスピーカー「SRS-XB32」。「SRS-XB31」の後継機となるIP67の防水/防塵設計やLEDライティング機能が主な特徴のポータブルBluetoothスピーカー。前面グリルの改善によって従来よりも音質が向上したと謳っていますが、ちょっとチェックしてみます。SRS-XB32 | アクティブスピーカー/ネックスピーカー | ソニーhttps://www.sony.jp/active-speaker/products/SRS-XB32/...

【ヘッドホン】ソニー 『WH-1000XM3』 レビューチェック

2018年10月に発売されたソニーのヘッドホン「WH-1000XM3」。「WH-1000XM2」の後継機でシリーズ第三世代となるノイズキャンセリング機能搭載のBluetoothヘッドホン。新たな独自技術の採用によってNC機能がさらに強化されたと謳っているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。WH-1000XM3 | ヘッドホン | ソニーhttps://www.sony.jp/headphone/products/WH-1000XM3/...

【ヘッドホン】ソニー 『WH-1000XM3』 画像など

2018年10月に発売されるソニーのヘッドホン「WH-1000XM3」。「WH-1000XM2」の後継機となるノイズキャンセリング機能搭載のBluetoothヘッドホン。信号処理が約4倍になったという”高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1”を主な特徴としているモデルですが、ちょっと見てみます。WH-1000XM3 | ヘッドホン | ソニーhttps://www.sony.jp/headphone/products/WH-1000XM3/...

1MORE、3ドライバー&LDAC対応のBlueotoothイヤホン『E1001BT』

海外で見かけた1MOREのイヤホン「E1001BT」。「Triple Driver Wireless Headphones」という名でイベント出展されていたBluetoothイヤホンが上記の名で正式にリリースされた模様。2BA+1DDのハイブリッド構成やLDAC対応などを特徴としたネックバンド型モデルです。1MORE三单元圈铁蓝牙耳机_E1001BT_1MORE官网http://www.1more.com/product/show-658.html...

【スピーカー】ソニー 『SRS-XB21』 レビューチェック

2018年5月に発売されたソニーのスピーカー「SRS-XB21」。「SRS-XB41」「SRS-XB31」と共に登場したEXTRA BASSシリーズのポータブルBluetoothスピーカーで、その中では一番下位となるモデル。防水/防塵設計やLEDライティング機能はこれも備えていますが、ちょっとチェックしてみます。SRS-XB21 | アクティブスピーカー | ソニーhttps://www.sony.jp/active-speaker/products/SRS-XB21/...

【レシーバー】FiiO 『BTR3』 画像など

海外で発売されているFiiOのレシーバー「BTR3」。旭化成エレクトロニクス製のDAC搭載やLDAC/aptX HDコーデック対応などを特徴としたBluetoothレシーバー兼ワイヤレスヘッドホンアンプ。コンパクトサイズでありながら多機能性も魅力となりそうなモデルですが、ちょっと見てみます。FiiO High-Fidelity Bluetooth Amp BTR3https://www.fiio.com/btr3...

【レシーバー】RADSONE 『Earstudio ES100』 レビューチェック

2018年5月に発売されたRADSONEのレシーバー「Earstudio ES100」。手のひらに収まる小型サイズでありながらDACチップ2基や2.5mm 4極バランス出力を備えたBluetoothレシーバー。コーデックはaptX HDに対応、さらに後のアップデートでLDACにも対応したようですが、ちょっとチェックしてみます。earstudiohttps://www.ear-studio.com/...

【スピーカー】ソニー 『SRS-XB31』 レビューチェック

2018年5月に発売されたソニーのスピーカー「SRS-XB31」。「SRS-XB41」の下位モデルとなるポータブルBluetoothスピーカー。XB41よりもひと回り小さいサイズですが、IP67の防水/防塵設計やLEDライティング機能などの特徴は共通の内容。ちょっとチェックしてみます。SRS-XB31 | アクティブスピーカー | ソニーhttps://www.sony.jp/active-speaker/products/SRS-XB31/...

【スピーカー】ソニー 『SRS-XB41』 レビューチェック

2018年5月に発売されたソニーのスピーカー「SRS-XB41」。「SRS-HG10」と同時期に登場したポータブルBluetoothスピーカーで、こちらは圧倒的な重低音再生や防水設計&LEDライティング機能を特徴としているEXTRA BASSシリーズの最上位モデル。ちょっとチェックしてみます。SRS-XB41 | アクティブスピーカー | ソニーhttps://www.sony.jp/active-speaker/products/SRS-XB41/...

FiiO、LDAC/aptX HD対応のBluetoothヘッドホンアンプ『BTR3』

海外で見かけたFiiOのアンプ「BTR3」。型番的に「BTR1」の上位モデルとなるであろうBluetoothレシーバータイプのポータブルヘッドホンアンプ。公式サイトに製品情報はまだ掲載されていませんが、LDAC/aptX HDコーデックやNFC対応を特徴としています。Fiio-Born for Music and Happyhttp://www.fiio.net/fiio...

【ケーブル】エレコム 『LBT-HPC1000RC』 レビューチェック

2018年6月に発売されたエレコムのケーブル「LBT-HPC1000RC」。MMCXコネクタ採用のイヤホンをワイヤレス化できるBluetoothケーブルで、ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を実現すると謳うLDACやaptX HDのコーデックに対応しているのも特徴のモデル。ちょっとチェックしてみます。MMCX対応 Bluetooth(R)ワイヤレスレシーバー - LBT-HPC1000RChttp://www2.elecom.co.jp/products/LBT-HPC1000RC.html...

【ヘッドホン】ソニー 『WH-H800』 レビューチェック

2017年10月に発売されたソニーのヘッドホン「WH-H800 (h.ear on 2 Mini Wireless)」。「WH-H900N (h.ear on 2 Wireless NC)」と共に登場したオンイヤー型のBluetoothヘッドホンで、ノイズキャンセリング機能は搭載していませんが音質面の技術・機能は一通り揃っているモデル。ちょっとチェックしてみます。h.ear on 2 Mini Wireless(WH-H800) | ヘッドホン | ソニーhttps://www.sony.jp/headphone/products/WH-H800/...

【スピーカー】ソニー 『SRS-HG10』 レビューチェック

2018年5月に発売されたソニーのスピーカー「SRS-HG10」。「SRS-HG1」の後継機となるハイレゾ対応のBluetooth/Wi-Fiワイヤレススピーカーで、新開発のスピーカーユニット搭載やChromecast/Spotify対応などネットワーク機能の強化を特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。SRS-HG10 | アクティブスピーカー | ソニーhttps://www.sony.jp/active-speaker/products/SRS-HG10/...

【ヘッドホン】パナソニック 『RP-HD600N』 レビューチェック

2018年2月に発売されたパナソニックのヘッドホン「RP-HD600N」。ノイズキャンセリング機能を搭載したBluetoothヘッドホンで、ドライバーには超多層フィルム(MLF)振動板を採用、さらにLDAC/aptX HD対応でハイレゾ相当のサウンドを実現したと謳っているモデル。ちょっとチェックしてみます。RP-HD600N/RP-HD500B | ヘッドホン/インサイドホン | Panasonichttps://panasonic.jp/headphone/products/hd600_500.html...

【アンプ】オーディオテクニカ 『AT-PHA55BT』 レビューチェック

2017年11月に発売されたオーディオテクニカ のアンプ「AT-PHA55BT」。ESS製のDAC/アンプ・ES9118を採用した小型ヘッドホンアンプ兼Bluetoothレシーバーで、主にソニーの製品で知られる高音質コーデック・LDAC対応も大きな特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。AT-PHA55BT | ヘッドホンアンプ | オーディオテクニカhttps://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=2967...

ソニー、強化?されたh.earシリーズのBluetoothスピーカー『SRS-HG2』

海外で見かけたソニーのスピーカー「SRS-HG2」。鮮やかな音楽再生とデザインの両立を謳っているh.earシリーズのBluetoothスピーカーは「SRS-HG1」だけ出ていましたが、これはその強化版と思われるモデル。パッケージには”Ver. 1.5”と大きく記載されています。SRS-HG2http://www.sonystyle.com.cn/products/srs/srs_hg2.htm...