1. HIFIMAN 『EF400』 レビューチェック ~独自のHYMALAYA R2R DACを搭載したヘッドホンアンプ

    HIFIMAN 『EF400』 レビューチェック ~独自のHYMALAYA R2R DACを搭載したヘッドホンアンプ

    2022年6月に発売されたHIFIMANのアンプ「EF400」。独自のR2R DACモジュール”HYMALAYA”を搭載した据え置き型のヘッドホンアンプ。この1年近く後に登場した上位モデル「EF600」を先にチェックしましたが、こちらもどういうものなのか気になったのでちょっとチェックしてみます。【公式サイト】EF400 | HIFIMAN Home...

  2. HIFIMAN 『EF600』 レビューチェック ~HYMALAYA PRO R2R DAC搭載や縦型設計を特徴とするヘッドホンアンプ

    HIFIMAN 『EF600』 レビューチェック ~HYMALAYA PRO R2R DAC搭載や縦型設計を特徴とするヘッドホンアンプ

    2023年5月に発売されたHIFIMANのアンプ「EF600」。新開発のR2R DACモジュール”HYMALAYA PRO”を2基搭載やヘッドホンスタンドとしても使える縦型のバウハウス型デザインなどを特徴としているヘッドホンアンプ。同シリーズの中では上位モデルとなる存在ですが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】EF600 | HIFIMAN Home...

  3. HIFIMAN、SUSVARAベースの新ダイアフラムを特徴とするシリーズ第4世代の平面磁界駆動型ヘッドホン『ANANDA NANO』

    HIFIMAN、SUSVARAベースの新ダイアフラムを特徴とするシリーズ第4世代の平面磁界駆動型ヘッドホン『ANANDA NANO』

    海外で見かけたHIFIMANのヘッドホン「ANANDA NANO」。日本でも話題に上がる事が今でも多い平面磁界駆動型ヘッドホン「ANANDA」はバージョンアップを度々行っていたようで、これは実質シリーズ第4世代とも言われているモデル。ダイアフラムやパーツのカラーが新しくなっているようです。【公式サイト】ANANDA NANO | HIFIMAN.com...

  4. HIFIMAN、ポータブルオーディオの完成形と謳うフラッグシップモデルのANC完全ワイヤレスイヤホン『Svanar Wireless』

    HIFIMAN、ポータブルオーディオの完成形と謳うフラッグシップモデルのANC完全ワイヤレスイヤホン『Svanar Wireless』

    海外で見かけたHIFIMANのイヤホン「Svanar Wireless」。ネーミング的にフラッグシップモデルのワイヤレス版となる完全ワイヤレスイヤホン。日本で先月行われたイベントに参考出展されていたものですが拠点の中国でリリースに関する正式な発表があり、ポータブルオーディオの完成形と謳っています。【公式ストア】HIFIMAN Svanar Wireless天鹅降噪真无线蓝牙耳机发烧入耳式耳塞-tmall.com天猫...

  5. HIFIMAN、第4作目の下位モデルで自身初となるANC搭載の完全ワイヤレスイヤホン『TWS500』

    HIFIMAN、第4作目の下位モデルで自身初となるANC搭載の完全ワイヤレスイヤホン『TWS500』

    海外で見かけたHIFIMANのイヤホン「TWS500」。「TWS800」以来となる第4作目の完全ワイヤレスイヤホンで、製品名の数字や価格から察するに下位の立ち位置になるであろうモデル。下位でも同社の製品ではまだなかったアクティブノイズキャンセリング機能の搭載を特徴としています。HIFIMAN TWS500https://hifiman.cn/products/detail/298...

  6. HIFIMAN 『SUNDARA Closed-Back』 レビューチェック ~密閉型でステルスマグネット採用の平面駆動型ヘッドホン

    HIFIMAN 『SUNDARA Closed-Back』 レビューチェック ~密閉型でステルスマグネット採用の平面駆動型ヘッドホン

    2022年10月に発売されたHIFIMANのヘッドホン「SUNDARA Closed-Back」。「SUNDARA」の密閉型バージョンとなる平面駆動型ヘッドホン。ハウジングはブナ材を使用しておりドライバーは最近の製品で使われているステルスマグネットやNsD振動板を採用しているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。HIFIMAN SUNDARA-Chttps://www.hifiman.jp/products/detail/320...

  7. HIFIMAN 『SUNDARA Closed-Back』 画像など ~ウッドハウジングの密閉型になった平面駆動型ヘッドホン

    HIFIMAN 『SUNDARA Closed-Back』 画像など ~ウッドハウジングの密閉型になった平面駆動型ヘッドホン

    2022年10月に発売されるHIFIMANのヘッドホン「SUNDARA Closed-Back」。割安な平面駆動型ヘッドホンとして日本でも人気を得ていた「SUNDARA」をウッドハウジングの密閉型にした”Closed-Back”モデル。ドライバーは「Edition XS」でも使われていたステルスマグネットやNsD振動板を特徴としていますが、ちょっと見てみます。HIFIMAN Homehttps://www.hifiman.jp/...

  8. HIFIMAN、”Bluetooth版RE600”と例えられているネックバンド型のBluetoothイヤホン『BW600』

    HIFIMAN、”Bluetooth版RE600”と例えられているネックバンド型のBluetoothイヤホン『BW600』

    海外で見かけたHIFIMANのイヤホン「BW600」。平面駆動型ヘッドホンで知られるHIFIMANは「DEVA Pro」「TWS800」などワイヤレスの製品も手がけていますが、これは最近リリースされたネックバンド型のBluetoothイヤホン。2013年に発売されたRE600のBluetooth版とも例えられています。HIFIMAN BW600https://hifiman.cn/products/detail/296...

  9. HIFIMAN 『Edition XS』 レビューチェック ~上位機種を食らいそうなステルスマグネット/NsD採用の平面駆動型ヘッドホン

    HIFIMAN 『Edition XS』 レビューチェック ~上位機種を食らいそうなステルスマグネット/NsD採用の平面駆動型ヘッドホン

    2022年2月に発売されるHIFIMANのヘッドホン「Edition XS」。既に廃盤となっているEdition X/Edition X V2の後継機となるであろう平面磁界駆動ドライバー搭載のヘッドホン。「DEVA Pro」でも採用されていたステルスマグネットとNsD振動板の採用を主な特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。HIFIMAN Edition XShttp://www.hifiman.jp/products/detail/314...

  10. HIFIMAN 『DEVA Pro』 レビューチェック ~高性能Bluetoothモジュールが付属した平面駆動型ヘッドホン

    HIFIMAN 『DEVA Pro』 レビューチェック ~高性能Bluetoothモジュールが付属した平面駆動型ヘッドホン

    2021年10月に発売されたHIFIMANのヘッドホン「DEVA Pro」。「DEVA」の上位版またはリニューアル版となるであろう平面磁界駆動ドライバー搭載のヘッドホン。今作も専用のBluetoothモジュールが付属していますが、そのモジュールも最新仕様に強化されている模様。ちょっとチェックしてみます。HIFIMAN DEVA Prohttp://www.hifiman.jp/products/detail/313...

  11. HIFIMAN、低価格で出してきたスポーツ向けの骨伝導Bluetoothイヤホン『GR8』

    HIFIMAN、低価格で出してきたスポーツ向けの骨伝導Bluetoothイヤホン『GR8』

    海外で見かけたHIFIMANのイヤホン「GR8」。平面駆動型ヘッドホンのメーカーとして知られ「TWS800」などの完全ワイヤレスイヤホンも手がけているHIFIMANが自身初となる骨伝導Bluetoothイヤホンをリリースした模様。価格的にエントリークラスと言えそうなモデルです。HIFIMAN(海菲曼)GR8骨传导蓝牙耳机-tmall.com天猫https://detail.tmall.com/item.htm?id=661762876689...

  12. HIFIMAN、コストダウンで手が出しやすい価格になったMDR-R10リスペクトのヘッドホン『HE-R9』

    HIFIMAN、コストダウンで手が出しやすい価格になったMDR-R10リスペクトのヘッドホン『HE-R9』

    海外で見かけたHIFIMANのヘッドホン「HE-R9」。ソニーのMDR-R10をリスペクトして作ったと公言していた「HE-R10」はダイナミックドライバー版が日本でも発売されていますが、これはその下位モデル。パーツのコストダウンを図った事で手が出しやすい価格を実現しています。HIFIMAN HE-R9https://hifiman.cn/products/detail/290...

  13. HIFIMAN、従来より厚さ1/4の振動板などモデルチェンジされた平面駆動型ヘッドホン『Edition XS』

    HIFIMAN、従来より厚さ1/4の振動板などモデルチェンジされた平面駆動型ヘッドホン『Edition XS』

    海外で見かけたHIFIMANのヘッドホン「Edition XS」。既にディスコンとなっているEdition X/Edition X V2の後継機として登場した平面磁界駆動ドライバー搭載のヘッドホン。最新の技術を採用した事により従来の1/4に薄くなった振動板などモデルチェンジと言える新型になっています。HIFIMAN Home | Edition XS https://hifiman.cn/products/detail/289...

  14. HIFIMAN、改善されて安くもなったBluetoothモジュール付きの平面駆動型ヘッドホン『DEVA Pro』

    HIFIMAN、改善されて安くもなったBluetoothモジュール付きの平面駆動型ヘッドホン『DEVA Pro』

    海外で見かけたHIFIMANのヘッドホン「DEVA Pro」。Bluetoothモジュールが付属した平面磁界駆動ドライバー搭載のヘッドホンといえば「DEVA」が日本でも発売されていますが、これはそのリニューアル版と言えそうなモデル。ドライバーの最適化でより純粋で完全な音が得られると謳っています。HIFIMAN DEVA Pro Planar Magnetic Headphonehttps://hifiman.cn/products/detail/288...

  15. HIFIMAN 『HE400se』 レビューチェック ~低価格とコストパフォーマンスで注目の平面駆動型ヘッドホン

    HIFIMAN 『HE400se』 レビューチェック ~低価格とコストパフォーマンスで注目の平面駆動型ヘッドホン

    2021年5月に発売されたHIFIMANのヘッドホン「HE400se」。「HE400i 2020」に続くローエンドクラスの平面駆動型ヘッドホン。独自設計の平面駆動型ドライバーやバランス接続対応などを特徴としているモデルで日本でも低価格で登場した注目機ですが、ちょっとチェックしてみます。HIFIMAN HE400sehttp://www.hifiman.jp/products/detail/311...