1. 『HIFIMAN Svanar Wireless Jr』レビューチェック ~フラッグシップ機の1/3以下で買えるSvanarシリーズの完全ワイヤレスイヤホン

    『HIFIMAN Svanar Wireless Jr』レビューチェック ~フラッグシップ機の1/3以下で買えるSvanarシリーズの完全ワイヤレスイヤホン

    2024年2月に発売されたHIFIMANのイヤホン「Svanar Wireless Jr」。「Svanar Wireless」「Svanar Wireless LE」の下位モデル即ちSvanarシリーズのエントリークラスとなる完全ワイヤレスイヤホン。上位2つとは違ってHYMALAYA R2R DACではなく独立AB級アンプモジュールになっていますが、ドライバーは同じトポロジー振動板でLDAC対応も魅力の一つ。ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】HIFIMAN Home - Svanar Wireless Jr...

  2. HIFIMAN、日本発売が決まったSvanarシリーズのエントリーモデルとなる完全ワイヤレスイヤホン『Svanar Wireless Jr』

    HIFIMAN、日本発売が決まったSvanarシリーズのエントリーモデルとなる完全ワイヤレスイヤホン『Svanar Wireless Jr』

    2024年2月に発売されるHIFIMANのイヤホン「Svanar Wireless Jr」。「Svanar Wireless」「Svanar Wireless LE」に続いて登場したSvanarシリーズのエントリーモデルとなる完全ワイヤレスイヤホンで、色々ダウングレードしているけれどもトポロジー振動板のドライバーやLDAC対応など見どころはいくつもあり。海外では昨年秋に出ていましたが日本発売が決まったようです。【公式サイト】HIFIMAN Home...

  3. HIFIMAN、ベースのEF500より安いがR2R DACが異なる据え置き型のヘッドホンアンプ『EF499』

    HIFIMAN、ベースのEF500より安いがR2R DACが異なる据え置き型のヘッドホンアンプ『EF499』

    海外で見かけたHIFIMANのアンプ「EF499」。現ラインナップではミドルレンジクラスとなる据え置き型のヘッドホンアンプ「EF500」からほどなくしてリリースされていた別バリエーションのモデル。EF500をブラック×ゴールドのカラーリングにして上位版かと思わせる外観ですが、価格はこちらの方が安く販売されています。【公式サイト】HIFIMAN EF499...

  4. 『HIFIMAN ANANDA NANO』レビューチェック ~”NANO”にリニューアルされた定番の平面磁界型ヘッドホン

    『HIFIMAN ANANDA NANO』レビューチェック ~”NANO”にリニューアルされた定番の平面磁界型ヘッドホン

    2023年8月に発売されたHIFIMANのヘッドホン「ANANDA NANO」。今や定番機の一つとなっていてシリーズ展開もしているANANDAの最新バージョンとなる開放型ヘッドホン。一番の特徴としている平面磁界ドライバーの振動板はナノメートル単位の薄さを実現したと謳っており、本体のカラーもシルバー寄りに新しくなっていますが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】ANANDA NANO | HIFIMAN Home...

  5. HIFIMAN、エントリーシリーズの最上位モデルとなるトポロジー振動板採用のANC完全ワイヤレスイヤホン『TWS888』

    HIFIMAN、エントリーシリーズの最上位モデルとなるトポロジー振動板採用のANC完全ワイヤレスイヤホン『TWS888』

    海外で見かけたHIFIMANのイヤホン「TWS888」。同社の完全ワイヤレスイヤホンは「Svanar Wireless LE」などが出ているSvanarシリーズとは別に「TWS500」「TWS450」のTWS~系も出ていてそれらが現ラインナップのエントリーシリーズと言える立ち位置ですが、これはその中で最上位モデルとなる新製品です。【公式ストア】HIFIMAN(海菲曼)TWS888主动降噪 蓝牙入耳式耳机 HIFI音质...

  6. 『HIFIMAN Svanar Wireless LE』レビューチェック ~フラッグシップ機の廉価版となる完全ワイヤレスイヤホン

    『HIFIMAN Svanar Wireless LE』レビューチェック ~フラッグシップ機の廉価版となる完全ワイヤレスイヤホン

    2023年12月に発売されたHIFIMANのイヤホン「Svanar Wireless LE」。現ラインナップのフラッグシップ機「Svanar Wireless」の廉価版となる完全ワイヤレスイヤホン。イヤホン本体の材質やケースのカラーそれにLDAC非対応&ワイヤレス充電非対応といくつか違っていますが、ドライバーなど主要パーツは同じものを使っている模様。ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】HIFIMAN Home - Svanar Wireless LE...

  7. 『多摩電子工業 PR-BS80K』レビューチェック ~HIFIMANがチューニングというかOEM元になる低価格の完全ワイヤレスイヤホン

    『多摩電子工業 PR-BS80K』レビューチェック ~HIFIMANがチューニングというかOEM元になる低価格の完全ワイヤレスイヤホン

    2023年12月に発売された多摩電子工業のイヤホン「PR-BS80K」。Permier AIR PROというシリーズから登場した完全ワイヤレスイヤホンで、「Svanar Wireless」などで知られるHIFIMANがチューニングを担当した”Tuned by HIFIMAN”を特徴としているANC搭載モデル。最安時だと4,000円を切っている低価格な一品ですが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】完全ワイヤレスイヤホン Tuned by HIFIMAN PR-BS80K – 多摩電子工業...

  8. HIFIMAN、HYMALAYA R2R DAC非搭載だけど価格は半額以下のANC完全ワイヤレスイヤホン『Svanar Wireless Jr』

    HIFIMAN、HYMALAYA R2R DAC非搭載だけど価格は半額以下のANC完全ワイヤレスイヤホン『Svanar Wireless Jr』

    海外で見かけたHIFIMANのイヤホン「Svanar Wireless Jr」。「Svanar Wireless」「Svanar Wireless LE」に続くSvanar名義の完全ワイヤレスイヤホンは価格的に一番下位となるモデル。HYMALAYA R2R DACは搭載していませんがトポロジー振動板のドライバーやアクティブノイズキャンセリング搭載それにLDAC対応といった点は通常モデルと共通です。【公式ストア】HIFIMAN(海菲曼)Svanar Wireless Jr天鹅真无线 主动降噪蓝牙耳机...

  9. HIFIMAN、HYMALAYA LE R2R DAC搭載やネットワークオーディオ対応を特徴とするヘッドホンアンプ『EF500』

    HIFIMAN、HYMALAYA LE R2R DAC搭載やネットワークオーディオ対応を特徴とするヘッドホンアンプ『EF500』

    海外で見かけたHIFIMANのアンプ「EF500」。「EF600」「EF400」に続く据え置き型のヘッドホンアンプはナンバリング的にミドルレンジクラスとなる新型モデル。今回が初出となるHYMALAYA LE R2R DAC搭載を大きな特徴としており、さらにLAN端子でNASやルーターと接続可能=ネットワークオーディオにも対応するようです。【公式ストア】HIFIMAN(海菲曼)EF500解码耳放一体机 桌面台式R2R DAC...

  10. HIFIMAN、フラッグシップ機の廉価モデルとなるANC完全ワイヤレスイヤホン『Svanar Wireless LE』

    HIFIMAN、フラッグシップ機の廉価モデルとなるANC完全ワイヤレスイヤホン『Svanar Wireless LE』

    海外で見かけたHIFIMANのイヤホン「Svanar Wireless LE」。6月に発売されたフラッグシップ機のANC完全ワイヤレスイヤホン「Svanar Wireless」の廉価モデルとなる新製品。LDACコーデックが非対応だったりイヤーシェルの素材が変わっていたりと一部がダウングレートした形ですが、ドライバーやDACなど主要部分は共通です。【公式ストア】HIFIMAN(海菲曼)Svanar Wireless LE天鹅真无线 主动降噪蓝牙耳机 -京东...

  11. HIFIMAN、名称はフラッグシップ機の廉価モデルとなるトポロジー振動板採用の有線イヤホン『Svanar Jr』

    HIFIMAN、名称はフラッグシップ機の廉価モデルとなるトポロジー振動板採用の有線イヤホン『Svanar Jr』

    海外で見かけたHIFIMANのイヤホン「Svanar Jr」。同社の現ラインナップでフラッグシップ機の有線イヤホンは2022年12月に発売された「Svanar」ですが、これはネーミング的にその廉価モデルとなる新製品。ただし価格は大幅に安かったりフォーラムサイトとのコラボ品だったりと廉価モデルに該当するのかはよくわからないものです。【公式ストア】HIFIMAN(海菲曼)x耳机大家坛Svanar Jr小天鹅有线耳机入耳式 -京东...

  12. HIFIMAN、型番的に最下位の新エントリークラスとなる完全ワイヤレスイヤホン『TWS450』

    HIFIMAN、型番的に最下位の新エントリークラスとなる完全ワイヤレスイヤホン『TWS450』

    海外で見かけたHIFIMANのイヤホン「TWS450」。同社の完全ワイヤレスイヤホンといえば音質超特化型の「Svanar Wireless」が記憶に新しいところですが、これはそれに続いて登場した現ラインナップでは型番的に一番下位となるエントリーモデル。製品情報を見ても特筆する点はこれといってないエントリーらしいと言えるものです。【公式ストア】HIFIMAN(海菲曼)TWS450真无线蓝牙耳机 -京东...

  13. HIFIMAN、日本発売が決まった新バージョンの平面磁界駆動型ヘッドホン『ANANDA NANO』

    HIFIMAN、日本発売が決まった新バージョンの平面磁界駆動型ヘッドホン『ANANDA NANO』

    2023年8月に発売されるHIFIMANのヘッドホン「ANANDA NANO」。日本でも人気を得ていた「ANANDA」の新バージョンとなる平面磁界駆動型ヘッドホンで、ナノメーター厚の極薄振動板やカラーリングなど各部が刷新されているモデル。海外では6月ごろにリリースの情報が流れていましたが、やや遅れる形で日本でも発売が決まったようです。【公式サイト】ANANDA NANO | HIFIMAN.com...

  14. HIFIMAN 『Svanar Wireless』 レビューチェック ~音質も価格も最高峰で超特化型とも言える完全ワイヤレスイヤホン

    HIFIMAN 『Svanar Wireless』 レビューチェック ~音質も価格も最高峰で超特化型とも言える完全ワイヤレスイヤホン

    2023年6月に発売されたHIFIMANのイヤホン「Svanar Wireless」。「TWS800」以来となる完全ワイヤレスイヤホンはトポロジー振動板のドライバーやHYMALAYA R2R DACの搭載を特徴としており、有線イヤホン「Svanar」とヘッドホンアンプ「EF400」を組み合わせた95%同等の音質を実現したとも謳っているモデル。ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】HIFIMAN Home | Svanar Wireless...

  15. HIFIMAN 『Svanar』 レビューチェック ~この評価でTWS版もかなり期待できそうなフラッグシップ機の有線イヤホン

    HIFIMAN 『Svanar』 レビューチェック ~この評価でTWS版もかなり期待できそうなフラッグシップ機の有線イヤホン

    2022年12月に発売されたHIFIMANのイヤホン「Svanar」。現ラインナップのフラッグシップ機となる有線イヤホンで、独自のトポロジー振動板を採用した9.2mm径ダイナミックドライバーを主な特徴としているモデル。TWS版の「Svanar Wireless」が発売を控えている状況ですが、有線の方がどうなのか気になったのでちょっとチェックしてみます。【公式サイト】Svanar | HIFIMAN Home...