ユーザータグFiiO 1/5

FiiO、DACチップを変更して再販されるフラッグシップのUSB DAC/ヘッドホンアンプ『K9 Pro ESS』

海外で見かけたFiiOのアンプ「K9 Pro ESS」。日本ではK9 Pro LTDという名で発売されたフラッグシップのUSB DAC/ヘッドホンアンプはパーツの調達が厳しいようで拠点の中国でも販売中止になっていましたが、そのパーツ=DACチップを変更したESSモデルを新たに出すようです。K9 Pro-飞傲官网https://www.fiio.com/k9proESS...

FiiO、JadeAudio系の手ごろなセミオープン型/シングルDDイヤホン『JD3』

海外で見かけたFiiOのイヤホン「JD3」。JadeAudioといえば割安感をウリにしたFiiOのオンラインセールブランドで「EA3」などが日本でも出回っていましたが、これはパッケージ裏や説明書にその名が記載されているセミオープン型/ダイナミックドライバーの有線イヤホンです。Single Dynamic Driver IEMs JD3-FIIO official websitehttps://www.fiio.com/jd3...

FiiO 『UTWS5』 レビューチェック ~aptX Apaptiveにも対応したフラッグシップの完全ワイヤレスBluetoothレシーバー

2021年12月に発売されたFiiOのレシーバー「UTWS5」。「UTWS3」の上位モデルで現ラインナップのフラッグシップモデルとなる完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー。高性能のDACやBluetoothチップを採用しておりaptX Apaptive対応も大きな特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。UTWS5 – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/utws5/...

FiiO 『K5 PRO ESS』 画像など ~一部をリニューアルした据え置き型のUSB DAC/ヘッドホンアンプ

海外で発売されているFiiOのアンプ「K5 PRO ESS」。「K5 PRO」のリニューアル版ともマイナーチェンジ版とも言える据え置き型のUSB DAC/ヘッドホンアンプ。筐体の作りは何も変わっておらず変更点はDACチップの刷新でアップグレードされたと謳っていますが、ちょっと見てみます。K5PRO ESShttps://www.fiio.com/k5proESS...

FiiO 『UTWS5』 画像など ~さらに進化したフラッグシップモデルの完全ワイヤレスBluetoothレシーバー

2021年12月に発売されるFiiOのレシーバー「UTWS5」。「UTWS3」の上位モデルであり同シリーズのフラッグシップモデルとなる完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー。筐体のデザインはそのままにDACやBluetoothチップの刷新によってさらに進化したものになっていますが、ちょっと見てみます。UTWS5 – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/utws5/...

FiiO、DACチップをES9038Q2Mに刷新した据え置き型のUSB DAC/ヘッドホンアンプ『K5 PRO ESS』

海外で発表があったFiiOのアンプ「K5 PRO ESS」。「K5 PRO」のマイナーチェンジ版となる据え置き型のUSB DAC/ヘッドホンアンプ。K5 PROはパーツの供給不足で国内外問わず在庫切れの状態が続いていましたが、そのパーツ=DACチップを刷新する事で実質再販の目処が立ったようです。再次提升!台式解码耳放K5 Pro ESS版现已开售-FiiO---BORN FOR MUSIChttps://www.fiio.com/newsinfo/582194.html...

FiiO、新シリーズから登場したエントリー~ミドルの2BA+1DDハイブリッドイヤホン『JH3』

海外で見かけたFiiOのイヤホン「JH3」。「FH9」と共に発表された3ドライバー・ハイブリッドイヤホン(バランスドアーマチュアx2基+ダイナミック型x1基)で、型番から考えて新シリーズとなるであろうモデル。内容的にエントリー~ミドルレンジのクラスに該当するものです。a circle of two iron in-ear headphones JH3-Feiao official websitehttps://www.fiio.com/jh3...

FiiO、現ラインナップの最上位モデルとなる6BA+1DDドライバーのハイブリッドイヤホン『FH9』

海外で見かけたFiiOのイヤホン「FH9」。「FH7」よりもさらに上位でFHシリーズの新たなフラッグシップモデルとなる7ドライバー・ハイブリッドイヤホン(バランスドアーマチュアx6基+ダイナミック型x1基)。現ラインナップの全体で見ても最上位となるであろう存在です。a circle of six iron and seven unit headphones FH9-Feiao official websitehttps://www.fiio.com/fh9...

FiiO 『FD3 / FD3 Pro』 レビューチェック ~下位モデルでも侮れないシングルDD/セミオープン型の有線イヤホン

2021年9月に発売されたFiiOのイヤホン「FD3 / FD3 Pro」。「FD5」の下位モデルとなるシングルダイナミックドライバー/セミオープン型の有線イヤホン。Proモデルの方はプラグが交換できるアップグレード用のケーブルと3種のプラグが加えて付属されていますが、ちょっとチェックしてみます。FD3/FD3 Pro – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/fd3-fd3-pro/...

FiiO 『BTR5 2021』 レビューチェック ~DAC刷新やMQA対応などアップグレードされたBluetoothレシーバー

海外で発売されているFiiOのレシーバー「BTR5 2021」。同社のフラッグシップモデルであり一二の人気を争う人気モデルになっていたBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプ「BTR5」のリニューアル版。DACチップの刷新とMQA対応が主な変更点ですが、ちょっとチェックしてみます。BTR5 2021 Portable HiFi Bluetooth Earratorhttps://www.fiio.com/btr52021...

FiiO 『BTA30 Pro』 画像など ~LDAC送受信の完全対応など改良されたBluetoothレシーバー/トランスミッター

海外で発売されているFiiOのレシーバー「BTA30 Pro」。「BTA30」の強化版となる据え置き型のBluetoothレシーバー/トランスミッター。筐体の作りは上部を除いてほぼそのままに通常版の欠点となっていた部分を改良していて理想的な形になったと言えるモデルですが、ちょっと見てみます。BTA30 Pro-Feiao official websitehttps://www.fiio.com/bta30pro...

FiiO、USB接続でLDAC送信対応など全面的に進化したBluetoothレシーバー/トランスミッター『BTA30 Pro』

海外で発表があったFiiOのレシーバー「BTA30 Pro」。「BTA30」の上位モデルとなる据え置き型のBluetoothレシーバー/トランスミッターが中国にて発表あり。USB接続でもLDACコーデックの送信に対応してたりサンプリングレートが最大32bit/384kHzに統一されているなど全面的に進化しています。【飞傲(FiiO)BTA30 Pro】飞傲(FiiO) BTA30 Pro蓝牙音频接收发射器 -京东https://item.jd.com/10039416522854.html...

FiiOの完全ワイヤレスBluetoothレシーバー『UTWS5 / UTWS3』の外観比較

海外で発売されているFiiOのレシーバー「UTWS5」。「UTWS3」に続く完全ワイヤレスのBluetoothレシーバーで、現ラインナップでは最上位となるフラッグシップモデル。拠点の中国では既に出回っているようで、UTWS3と外観を比較したレポートも早速投稿されていたのでちょっと見てみます。FiiO、QCC5141/AK4332を採用したフラッグシップの完全ワイヤレスBluetoothレシーバー『UTWS5』https://watchmono.com/e/fiio-utws5...

FiiO、QCC5141/AK4332を採用したフラッグシップの完全ワイヤレスBluetoothレシーバー『UTWS5』

海外で発表があったFiiOのレシーバー「UTWS5」。「UTWS3」の上位モデル即ちフラッグシップモデルとなる完全ワイヤレスのBluetoothレシーバーが海外で発表された模様。フラッグシップなだけあってUTWS3と比べて全面的に優っているスペック、同類の中でも最上級となりそうなものです。FiiO--Born for Musichttps://www.fiio.com/Home...

FiiO、10年の時を経てリニューアルされたエントリークラスのUSB DAC/ヘッドホンアンプ『E10K-Type C』

海外で見かけたFiiOのアンプ「E10K-Type C」。同社のUSB DAC/ヘッドホンアンプといえば「K3」「K5 PRO」が日本でも発売されていますが、これはその2つよりずっと前に発売されたE10Kのリニューアル版となるモデル。USBコントローラーやUSB端子の刷新が主な変更点です。E10K-Type Chttps://fiio.com/e10ktc...

FiiO、MQA対応などアップグレードされたBluetoothレシーバー/ヘッドホンアップ『BTR5 (2021)』

海外で見かけたFiiOのレシーバー「BTR5 (2021)」。同社のフラッグシップモデルで他社製品を含めても一二を争う人気を得ているBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプ「BTR5」のリニューアル版がリリースされた模様。DACチップの刷新とMQAサポートが主な変更点です。FiiO/飞傲新BTR5无损蓝牙音频接收器MQA小尾巴平衡耳放耳机适配器-tmall.com天猫https://detail.tmall.com/item.htm?id=652655300773&skuId=4884416058642...

FiiO、3つのチューニングスイッチを搭載した2BA+2DDドライバーのハイブリッドイヤホン『FH5s』

海外で見かけたFiiOのイヤホン「FH5s」。「FH5」のアップグレード版として登場したハイブリッドドライバーのイヤホン。ドライバーの構成をはじめ別物なのでリニューアルではなくモデルチェンジした形ですが、音質を調整できるチューニングスイッチも大きな特徴としています。FiiO FH5s 2 Dynamic Drivers 2 Balanced Armatures In-Ear Monitorshttps://www.fiio.com/fh5s...

FiiO 『FD5』 レビューチェック ~1DDイヤホンの常識を一新すると謳うフラッグシップモデル

2021年2月に発売されたFiiOのイヤホン「FD5」。シングルダイナミックドライバーのイヤホンを展開しているFDシリーズのフラッグシップモデル。新開発のベリリウム/DLC振動板のドライバーや交換できるノズル&プラグなど見どころが多いものですが、ちょっとチェックしてみます。FD5 – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/fd5/...

FiiO 『UTWS3』 レビューチェック ~独立アンプを内蔵した完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー

2021年2月に発売されたFiiOのレシーバー「UTWS3」。「UTWS1」の後継機もしくは上位モデルとなる有線イヤホンを完全ワイヤレス化するBluetoothレシーバー。UTWS1とは違ってオリジナル製の新型で独立アンプ内蔵を主な特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。UTWS3 – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/utws3/...

FiiO 『K5 PRO』 レビューチェック ~シンプルでパワフルな据え置き型USB DAC/ヘッドホンアンプ

2020年5月に発売されたFiiOのアンプ「K5 PRO」。「K3」の上位モデルとなる据え置き型のUSB DAC/ヘッドホンアンプ。シンプルなコンパクトデザインでありながら高インピーダンスのヘッドホンも駆動できるパワフルさを特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。K5 PRO – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/k5-pro/...