ユーザータグFiiO 1/3

FiiO、新ミドルレンジモデルとなる1BA+1DDのハイブリッドイヤホン『FH1s』

海外で見かけたFiiOのイヤホン「FH1s」。現ラインナップではミドルレンジモデルとなるであろう1BA+1DDのハイブリッドイヤホン。型番的に「FH1」の後継機もしくはリニューアル版となりそうなものですが、双方の共通点はKnowles製のBAユニットくらいしかないまったくの新型です。FiiO Earphones-Born for Musichttps://www.fiio.com/earphones...

FiiOが自身初の完全ワイヤレスイヤホンを2020年3月に2モデル発売予定

FiiOの完全ワイヤレスイヤホンといえばイヤホンではなくレシーバーなら「UTWS1」が出ており、オンラインセールブランドとして新設されたJadeAudioなら「EW1」が出ていますが、FiiO自身の名義ではまだ一つも出ていない状況。しかし先日行われたイベントで2020年3月に2モデル発売予定という情報が少しだけ公開されていたようです。FiiO Bluetooth Productshttps://www.fiio.com/bluetooth_products...

FiiO、NFC省略で安くなったJadeAudioブランドのBluetoothヘッドホンアンプ『XC3』

海外で発表があったFiiO/JadeAudioのレシーバー「XC3」。FiiOのオンラインセールブランドとして次々に製品を出しているJadeAudioのBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプ。物自体はFiiOの「BTR3」からNFCを省略した形で、価格は59.99ドル→49.99ドルと若干安くなっています。JadeAudiohttp://www.jadeaudio.com/?_l=en...

【レシーバー】FiiO 『BTR5』 レビューチェック

海外で発売されているFiiOのレシーバー「BTR5」。「BTR3」の上位モデルで現ラインナップのフラッグシップとなるBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプ。ES9218PのDACx2基や2.5mmバランス出力端子の搭載などハイスペックと言えるものになっていますが、ちょっとチェックしてみます。FiiO BTR5 Flagship Portable High-Fidelity Bluetooth Amplifierhttps://www.fiio.com/btr5...

FiiO、aptX HD/LDAC対応のネックバンド型Bluetoothレシーバー『LC-BT2』

海外で発表があったFiiOのレシーバー「LC-BT2」。「UTWS1」の後にリリース予定となっていたネックバンド型のBluetoothレシーバーが先日行われたイベントで出展されていた模様。明確な製品情報はまだ出ていませんがaptX HD/LDACコーデックに対応しているとのことです。FiiO Bluetooth Productshttps://www.fiio.com/bluetooth_products...

FiiO、JadeAudioブランドの1BA+1DDハイブリッドイヤホン『EA3』

海外で見かけたFiiO/JadeAudioのイヤホン「EA3」。FiiOのオンラインセールブランドであるJadeAudioから登場した1BA+1DD構成のハイブリッドイヤホン。「FH1」に基づいて設計かつアップグレードしたものだと公言しており、そのFH1より割安な価格設定にもなっているモデルです。JadeAudiohttp://www.jadeaudio.com/?_l=en...

【レシーバー】FiiO 『UTWS1』 画像など

海外で発売されているFiiOのレシーバー「UTWS1」。「TRN BT20S」と同じイヤーフック型になっているMMCXイヤホン用の完全ワイヤレスBluetoothレシーバー。Qualcomm QCC3020のBluetoothチップ採用など基本部分もBT20Sとほとんど同じ内容のモデルですが、ちょっと見てみます。UTWS1 True Wireless Bluetooth Adapterhttps://www.fiio.com/utws1...

FiiO、QCC3020/MMCX採用の完全ワイヤレスBluetoothレシーバー『UTWS1』

海外で発表があったFiiOのレシーバー「UTWS1」。「FH7」などのMMCXコネクタ採用イヤホンを完全ワイヤレス化できるイヤーフック型のBluetoothレシーバー。先に言っておくと「TRN BT20S」とは同じ型であり同じスペックで、筐体の一部が少し違う作りになっているモデルです。Fiio/飞傲 aptX无损真无线蓝牙升级线MMCX可换线0.78mm耳机适用-tmall.com天猫https://detail.tmall.com/item.htm?id=607927360051&sku_properties=5919063:653...

【DAP】FiiO 『M5』 レビューチェック

2019年9月に発売されたFiiOのDAP「M5」。手のひらにおさまるコンパクトサイズでありながら32bit/384kHz&DSD128ネイティブ再生に対応し、LDACコーデック対応のデュアルBluetoothモードなど性能・機能とも充実しているモデル。ちょっとチェックしてみます。M5 – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/m5/...

【イヤホン】FiiO 『FH7』 レビューチェック

2019年8月に発売されたFiiOのイヤホン「FH7」。「FH5」の上位クラスとなる5ドライバー・ハイブリッドイヤホン(バランスド・アーマチュアx4基+ダイナミック型x1基)。同社の現ラインナップではFH5よりもさらにひと回り高いフラッグシップモデルですが、ちょっとチェックしてみます。FH7 – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/fh7/...

FiiO、フラッグシップのBluetoothヘッドホンアンプ『BTR5』

海外で見かけたFiiOのレシーバー「BTR5」。「BTR3」の上位モデルであり同社のフラッグシップモデルとなるBluetoothレシーバー兼ワイヤレスヘッドホンアンプ。製品情報は結構前にSNSなどで公開されていましたが、先日のイベントで実機のお披露目があったようです。Fiio Japan – High-Res Audio Products | FiiO Electronicshttps://www.fiio.jp/...

FiiO、新型のデスクトップUSB DAC/ヘッドホンアンプ『K5PRO』

海外で見かけたFiiOのアンプ「K5PRO」。「K3」の上位モデルとなるであろう据え置き型のデスクトップUSB DAC/ヘッドホンアンプ。そのK3よりも据え置き型らしいと言えるサイズで電源はACアダプタを使う仕様ですが、価格の割に魅力的なスペックを備えています。K5PROhttps://www.fiio.com/k5pro...

【アンプ】FiiO 『K3』 レビューチェック

2019年1月に発売されたFiiOのアンプ「K3」。最大384kHz/32bitのPCM&11.2MHzのDSD再生や2.5mmバランス接続に対応した据え置き型のUSB DAC/ヘッドホンアンプで、ポータブルでも使えるのではないかと思わせるほどコンパクトサイズなモデル。ちょっとチェックしてみます。K3 – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/k3/...

FiiO、新ブランドから出すQCC3020採用の完全ワイヤレスイヤホン『EW1』

海外で見かけたFiiOのイヤホン「EW1」。DAPやポタアンだけでなくイヤホンも本格的に手がけるようになったFiiOが自身初となる完全ワイヤレスイヤホンを出す模様。ただしFiiO名義ではなく新設されたブランドのJade Audio名義になっているモデルです。翡声声学科技有限公司http://www.jadeaudio.com/...

FiiO、ANC搭載&aptX HD/LDAC対応のBluetoothヘッドホン『EH3 NC』

海外で見かけたFiiOのヘッドホン「EH3 NC」。これまで有線すら手がけていなかったFiiO初となるBluetoothヘッドホン。ハイブリッド方式のアクティブノイズキャンセリング機能やaptX HD/LDACをはじめ現状のコーデック全対応などを特徴としているモデルです。FiiO--Born for Musichttps://www.fiio.com/Home...

FiiO、チップ刷新&aptX HD/LDAC対応になったワイヤレスヘッドホンアンプ『Q5s』

海外で見かけたFiiOのアンプ「Q5s」。日本でも発売されたポータブルヘッドホンアンプ/ワイヤレスヘッドホンアンプのリニューアル版とも強化版とも言えるモデル。DACチップとBluetoothチップが刷新されており、バランス出力端子は2.5mmと4.4mmどちらも搭載しています。【アンプ】FiiO 『Q5』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-8848.html...

【レシーバー】FiiO 『μBTR』 レビューチェック

2019年4月に発売されたFiiOのレシーバー「μBTR」。「BTR1K」と共に登場したシンプルかつ小型なBluetoothレシーバーで、エントリークラスでありながらaptX/AACコーデックやNFC対応を特徴としているモデル。カラーはブラック・ホワイトの2色あり。ちょっとチェックしてみます。µBTR – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/ubtr/...

【DAP】FiiO 『M6』 レビューチェック

2019年2月に発売されたFiiOのDAP「M6」。エントリークラス中核モデルの位置付けでありながらDSDネイティブ再生対応などの高性能さと、Bluetooth送受信対応&ストリーミング再生対応などの多機能さをウリにしているデジタルオーディオプレイヤー。ちょっとチェックしてみます。M6 – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/m6/...

【レシーバー】FiiO 『BTR1K』 レビューチェック

2019年4月に発売されたFiiOのレシーバー「BTR1K」。日本では未発売だった「BTR1」の強化版となるBluetoothレシーバー兼ワイヤレスヘッドホンアンプ。「BTR3」の下位モデルでありながらDACチップは同じものを搭載し、Bluetoothチップは最新のものを搭載していたりしますが、ちょっとチェックしてみます。BTR1K – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/btr1k/...

FiiO、Bluetooth送受信など機能充実の小型DAP『M5』

海外で見かけたFiiOのDAP「M5」。「M6」に次ぐエントリークラスのMシリーズから登場した新型のデジタルオーディオプレイヤー。SHANLINGの「M0」に匹敵する小型サイズで、Bluetooth送受信やUSB DAC/USB Audioなど機能性も充実しているモデルです。FiiO Music Player--Born for Musichttps://www.fiio.com/player...