1. FIIO、JadeAudioブランド低価格モデルのUSB-C版=何気に自身初となるUSB-C接続の有線イヤホン『JD1 TC』

    FIIO、JadeAudioブランド低価格モデルのUSB-C版=何気に自身初となるUSB-C接続の有線イヤホン『JD1 TC』

    海外で見かけたFIIOのイヤホン「JD1 TC」。昨年秋ごろに登場したLCP液晶ポリマー振動板の10mm径ダイナミックドライバーを特徴とするJadeAudioブランドの有線イヤホン「JD1」のUSB-C版。イヤホン本体はそのままにケーブルがDSPチップ搭載のUSB-C接続に変わった形ですが、同社の製品でUSB-C接続は何気にこれが初だったりします。【公式ストア】飞傲 翡声&飞傲JD1入耳式耳机 黑色TypeC版...

  2. 『FIIO KA17』レビューチェック ~デスクトップアンプレベルの高出力を謳うポータブルUSB DACアンプ

    『FIIO KA17』レビューチェック ~デスクトップアンプレベルの高出力を謳うポータブルUSB DACアンプ

    2024年2月に発売されたFIIOのアンプ「KA17」。KAシリーズのフラッグシップモデルとなるポータブルUSB DACアンプ。主要パーツが高性能なのはもちろんとしてデスクトップアンプレベルの高出力を実現したというデスクトップモードの搭載も特徴としており、ポータブルだけでなく据え置きの運用でも本格的にこなせるようですが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】KA17 – FIIO Japan...

  3. FIIO、Bluetooth接続だけでなく入力端子やアプリ対応も追加されたデスクトップスピーカー『SP3 BT』

    FIIO、Bluetooth接続だけでなく入力端子やアプリ対応も追加されたデスクトップスピーカー『SP3 BT』

    海外で見かけたFIIOのスピーカー「SP3 BT」。日本では昨年6月に発売された自身初のデスクトップスピーカー「SP3」のBluetoothモデル。製品名だけ見るとBluetooth受信ができるようになっただけと認識されそうですが、それだけでなく入力端子が色々と追加されているのに加えてEQ調整などができるアプリにも対応しているようです。【公式サイト】高保真桌面有源音箱 SP3...

  4. 『FIIO K9 AKM』レビューチェック ~AKM製のフラッグシップシステムを搭載したリニューアル版のヘッドホンアンプ

    『FIIO K9 AKM』レビューチェック ~AKM製のフラッグシップシステムを搭載したリニューアル版のヘッドホンアンプ

    2024年1月に発売されたFIIOのアンプ「K9 AKM」。AKM製のフラッグシップシステム(AK4191EQ+AK4499EX)搭載を主な特徴としているUSB DAC内蔵ヘッドホンアンプ。同社の現ラインナップでフラグシップ機は「K9 Pro ESS」ですが、これは1年前に出た「K9」のリニューアル版となるであろうモデル。ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】K9 AKM – FIIO Japan...

  5. FIIO、スタジオグレードのフラッグシップDAC搭載を謳う新型のヘッドホンアンプ『K19』

    FIIO、スタジオグレードのフラッグシップDAC搭載を謳う新型のヘッドホンアンプ『K19』

    海外で見かけたFIIOのアンプ「K19」。「K11」に続く新型のUSB DAC内蔵ヘッドホンアンプ。スタジオグレードのフラッグシップDACを搭載したと謳っており、付属のパーツで縦置きもできればヘッドホンスタンドにもなるモデル。現時点で発売日・価格等に関する情報は出ていませんが、内容的にK11よりランクが2つ3つ上となりそうなものです。【公式サイト】Flagship Desktop DAC and Headphone Amplifier K19...

  6. 『FIIO BR13』レビューチェック ~10,000円台で買えるコンパクトサイズのBluetoothレシーバー兼USB DAC

    『FIIO BR13』レビューチェック ~10,000円台で買えるコンパクトサイズのBluetoothレシーバー兼USB DAC

    2023年12月に発売されたFiiOのUSB DAC「BR13」。コンパクトサイズになっている据え置き型のBluetoothレシーバー兼USB DACで、QCC5125のBluetoothチップやES9018K2MのDACチップを搭載、それに「K11」と同じくディスプレイ搭載も特徴としているモデル。Bluetooth機能に関しては「BTA30 Pro」と違って受信のみですが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】BR13 – FIIO Japan...

  7. 『FIIO K11』レビューチェック ~音も良ければデザインも良いと評される新エントリークラスのヘッドホンアンプ

    『FIIO K11』レビューチェック ~音も良ければデザインも良いと評される新エントリークラスのヘッドホンアンプ

    2023年11月に発売されたFIIOのアンプ「K11」。現ラインナップで新たなエントリークラスとなる据え置き型のUSB DAC内蔵ヘッドホンアンプ。ディスプレイ搭載のスリムボディでブラック・シルバーの2色展開と今までになかったデザインも特徴的、そして肝心の音も良くて多用途で使えると評判のようですが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】K11 – FIIO Japan...

  8. FIIO、日本発売が決まったヘッドホンアンプ内蔵の75%メカニカルキーボード『KB3 HiFi USB』

    FIIO、日本発売が決まったヘッドホンアンプ内蔵の75%メカニカルキーボード『KB3 HiFi USB』

    2024年2月に発売されるFIIOのキーボード「KB3 HiFi USB」。ガスケットマウントやホットスワップなどトレンド的な要素を詰め込んだ75%レイアウトのメカニカルキーボード、それにヘッドホンアンプも搭載しているという世界初ではないけれども珍品と言えるモデル。海外では昨年秋に出回っていたものですが、まさかの日本発売が決まったようです。【公式サイト】KB3 HiFi USB – FIIO Japan...

  9. 『FIIO FT5』レビューチェック ~第2作目で上位モデルとなる90mm平面磁界ドライバーの開放型ヘッドホン

    『FIIO FT5』レビューチェック ~第2作目で上位モデルとなる90mm平面磁界ドライバーの開放型ヘッドホン

    2023年12月に発売されたFIIOのヘッドホン「FT5」。「FT3」に続いて第2作目となる開放型ヘッドホン。こちらは90mm径の大型平面磁界ドライバーを搭載した上位モデルで、DAP直挿しでも鳴らしやすい高感度・低インピーダンス設計や付属品で4.4mmバランス接続対応なども特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】FT5 – FIIO Japan...

  10. 『FIIO BTR15』レビューチェック ~音質と使い勝手が向上したミドルレンジクラスのBluetoothレシーバー

    『FIIO BTR15』レビューチェック ~音質と使い勝手が向上したミドルレンジクラスのBluetoothレシーバー

    2023年12月に発売されたFIIOのレシーバー「BTR15」。「BTR5」の後継機またはアップグレード版と言われているミドルレンジクラスのBluetoothレシーバー。現フラッグシップモデル「BTR7」の機能を踏襲したと謳っており、ES9219MQ DACチップ左右独立搭載や4.4mmバランス出力搭載などを特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】BTR15 – FIIO Japan...

  11. FiiO、JadeAudio扱いの製品でコスパが期待できそうな4BA+1DDドライバーの有線イヤホン『JH5』

    FiiO、JadeAudio扱いの製品でコスパが期待できそうな4BA+1DDドライバーの有線イヤホン『JH5』

    海外で見かけたFiiOのイヤホン「JH5」。「JD1」に続く新たな有線イヤホンはナンバリング的に「JH3」の上位で4BA+1DDのハイブリッドドライバーを主な特徴としているモデル。公式サイトの製品ページを見ようとするとJadeAudioブランドのサイトの方に飛ばされるので、JadeAudio扱いとなるであろうものです。【公式サイト】JH5...

  12. FiiO、製品が出回りだした75%レイアウトでUSB DACアンプ内蔵の”HiFi”メカニカルキーボード『KB3』

    FiiO、製品が出回りだした75%レイアウトでUSB DACアンプ内蔵の”HiFi”メカニカルキーボード『KB3』

    海外で見かけたFiiOのキーボード「KB3」。オーディオ製品で知られるFiiOが初めて手がけたメカニカルキーボードで、世界初ではないけれどもUSB DACアンプ内蔵を特徴としている75%レイアウトのモデル。夏ごろからイベント出展があるたびに展示されていたものですが、拠点の中国では製品が出回りだしたようです。【公式サイト】FiiO--Born for Music...

  13. FiiO、製品が出回りだしたBTR5のアップグレード版となるBluetoothレシーバー『BTR15』

    FiiO、製品が出回りだしたBTR5のアップグレード版となるBluetoothレシーバー『BTR15』

    海外で見かけたFiiOのレシーバー「BTR15」。ナンバリング的に新フラッグシップ機かと思いきや「BTR5」のアップグレード版となるBluetoothレシーバーで、「BTR7」の機能を踏襲しているというモデル。日本でもオーディオ製品のイベントに出展されていたもので今冬発売と言われていましたが、拠点の中国では製品が出回りだしたようです。【公式サイト】Bluetooth DAC and Headphone Amplifier BTR15...

  14. FiiO、JadeAudioブランドから出してきた第3作目でエントリークラスのヘッドホン『JT1』

    FiiO、JadeAudioブランドから出してきた第3作目でエントリークラスのヘッドホン『JT1』

    海外で見かけたFiiOのヘッドホン「JT1」。「FT5」「FT3」に続いて第3作目となるヘッドホンは販路をオンラインに限定して割安な製品を出しているJadeAudioブランドのモデル。前2作と共通点はこれといってない新型のエントリークラスですが、価格設定は中国だとFT3の1/5程度で割安感が半端ないものです。【公式ストア】JadeAudio翡声&飞傲 JT1 高保真头戴式耳机 黑色...

  15. FiiO、製品が出回りだした90mm平面磁界型ドライバーと特徴する第2作目のヘッドホン『FT5』

    FiiO、製品が出回りだした90mm平面磁界型ドライバーと特徴する第2作目のヘッドホン『FT5』

    海外で見かけたFiiOのヘッドホン「FT5」。「FT3」に続く第2作目となるヘッドホンはナンバリング的にも価格的にも上位の存在で90mm平面磁界型ドライバーを主な特徴とする開放型モデル。夏ごろに日本のイベントでも出展されていたもので当時は発売日・価格とも未定になっていましたが、拠点の中国では製品が出回りだしたようです。【公式サイト】90mm Open Planar Magnetic Headphones FT5...