ユーザータグCoolerMaster 1/11

Cooler Master 『MasterBox MB400L』 画像など ~同系統のエントリークラスとなるMicroATX/PCケース

海外で発売されているCooler MasterのPCケース「MasterBox MB400L」。「Silencio S400」などが出ている400系の新たなミニタワーPCケースで、その系統の中ではエントリークラスにあたるモデル。フロントパネルやガラスパネルが廉価な作りになった分だけ価格は抑えられている模様。ちょっと見てみます。MasterBox MB400L | Cooler Master 日本https://www.coolermaster.com/jp/ja-jp/catalog/cases/mini-tower/masterbox-mb400l/...

Cooler Master 『MasterBox Q500L』 レビューチェック ~ATX対応のコンパクトなミニタワーPCケース~

2019年11月に発売されたCooler MasterのPCケース「MasterBox Q500L」。「MasterBox Q300L」のATX版と言えるミニタワーサイズのPCケース。パンチング加工パネルに幾何学的デザインのマグネットフィルターを付ける構成や位置変更できるI/Oパネルなどをこちらも特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。Cooler Master: MasterBox Q500Lhttps://apac.coolermaster.com/jp/case/mid-tower/masterbox-q500l/...

Cooler Master 『Silencio S400』 レビューチェック ~MicroATX/ミニタワーの静音PCケース~

2019年9月に発売されたCooler MasterのPCケース「Silencio S400」。「Silencio S600」のMicroATX版となるSilencioシリーズのミニタワーPCケースで、両開き対応の扉式フロントパネルや5.25インチベイの搭載など主な特徴はS600と共通。強化サイドガラスパネルのTGモデルもあり。ちょっとチェックしてみます。Cooler Master: Silencio S400https://apac.coolermaster.com/jp/case/mini-tower/silencio-s400/...

Cooler Master 『Silencio S600』 レビューチェック ~フロント扉&5.25インチベイ搭載の静音PCケース~

2019年9月に発売されたCooler MasterのPCケース「Silencio S600」。静音性と冷却性の両立をウリにしているSilencioシリーズのミドルタワーPCケースで、両開き対応の扉式フロントパネルや5.25インチベイの搭載など古き良きタイプを好む人もターゲットにしていそうなモデル。ちょっとチェックしてみます。Cooler Master: Silencio S600https://apac.coolermaster.com/jp/case/mid-tower/silencio-s600/...

Cooler Master 『GM27-CF』 画像など ~27インチ/VAパネル/165Hzの割安なゲーミングモニター~

海外で発売されているCooler Masterの27インチ液晶モニター「GM27-CF」。「GM34-CW」とこれでCooler Masterがゲーミングモニターに参入、こちらはVAパネル採用でリフレッシュレート165Hz・FreeSync対応のフルHDモデル。スペックの割に手ごろな価格も魅力となりそうですが、ちょっと見てみます。GM27-CF | Cooler Masterhttps://www.coolermaster.com/catalog/setup/monitors/gm27-cf/...

Cooler Master 『GM34-CW』 画像など ~34インチ/UWQHD/144Hzのウルトラワイドゲーミングモニター~

海外で発売されているCooler Masterの34インチ液晶モニター「GM34-CW」。あのCooler Masterがゲーミングモニターに参入、第一号となるこれはVAパネル採用&解像度:3440x1440でリフレッシュレート144Hzのウルトラワイドモデル。一部の地域で既に取り扱いを開始しているようですが、ちょっと見てみます。GM34-CW | Cooler Masterhttps://www.coolermaster.com/catalog/setup/monitors/gm34-cw/...

Cooler Master、ロゴをモチーフにしたゲーミングチェア用のゲーミングフロアマット『FM510』

海外で見かけたCooler Masterのマット「FM510」。「Ergo L」を発表するなどゲーミングチェアも本格的に展開しつつあるCooler Masterが、そのオプションとなるゲーミングフロアマットをリリースした模様。同社のロゴをモチーフにした六角形にオリジナルのイラストが入ったデザインです。FM510 | Cooler Masterhttps://www.coolermaster.com/catalog/setup/accessories/fm510/...

Cooler Master 『MM710』 レビューチェック ~割安になったハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス~

2019年12月に発売されたCooler Masterのマウス「MM710」。イベント出展時に大きく注目を集めたハニカムデザインで約53gの軽量ボディを実現しているゲーミングマウス。早くも値下がりがあって海外から取り寄せるより安い価格も魅力となりそうなモデルですが、ちょっとチェックしてみます。Cooler Master: MM710https://apac.coolermaster.com/jp/peripheral/mice/mm710/...

Cooler Master、自身初となる27インチ/VAパネルで165Hzのゲーミングモニター『GM27-CF』

海外で見かけたCooler Masterの27インチ液晶モニター「GM27-CF」。Cooler Master自身初のゲーミングモニターとして「GM34-CW」と共に発表されたもので、こちらは曲面スクリーンのVAパネル採用やリフレッシュレート165Hz駆動を特徴としている27インチ/フルHDモデル。価格はそこそこ手ごろな設定です。GM27-CF | Cooler Masterhttps://www.coolermaster.com/catalog/setup/monitors/gm27-cf/...

Cooler Master、自身初となるUWQHD/144Hzのウルトラワイドゲーミングモニター『GM34-CW』

海外で見かけたCooler Masterの34インチ液晶モニター「GM34-CW」。これまでゲーミングモニターは手がけていなかったCooler Masterが、このウルトラワイドモデルを皮切りに展開していく模様。解像度:3440x1440のVAパネル採用やリフレッシュレート144Hz駆動などを特徴としています。GM34-CW | Cooler Masterhttps://www.coolermaster.com/catalog/setup/monitors/gm34-cw/...

Cooler Master、メッシュ生地・アルミフレーム採用のエルゴノミックなゲーミングチェア『Ergo L』

海外で見かけたCooler Masterのチェア「Ergo L」。巷で出回っているゲーミングチェアといえばレーシングカーで使われているバケットシートのタイプが主流で、Cooler Masterも過去の製品は例外なくそのタイプでしたが、オフィスチェアとしても通用しそうなこの新型モデルを出すようです。Ergo L | Cooler Masterhttps://www.coolermaster.com/catalog/setup/chairs/ergo-l/...

Cooler Master、Spawn/Xornetベースでハニカムデザインの軽量ゲーミングマウス『MM720』

海外で発表があったCooler Masterのマウス「MM720」。「Spawn」もしくは「Xornet II」がベースとなっている新たなゲーミングマウスで、「MM710」と同じくハニカムデザインを採用した軽量モデル。本体のサイズが小さい事もあって重量:約45gという驚異的な軽さを実現しているようです。Peripheral | Cooler Masterhttps://www.coolermaster.com/catalog/peripheral/...

Cooler Masterの軽量ゲーミングマウス『MM710』が早くも5,000円台まで値下がる

2019年12月に発売されたCooler Masterのマウス「MM710」。小型サイズで軽量ボディになっているハニカムデザインのゲーミングマウス。日本ではマットブラック・マットホワイトのモデルをAmazon限定で取り扱っていますが、当初7,000円台だった価格が早くも5,000円台まで値下がっていました。Cooler Masterの軽量ゲーミングマウス『MM710』がAmazon限定で日本発売決定https://watchmono.com/blog-entry-10355.html...

Cooler Masterの軽量ゲーミングマウス『MM710 / MM711』の外観比較

今年6月のイベントで出展された時に話題となり、満を持して9月に発売(日本は12月)されたCooler Masterの軽量ゲーミングマウス「MM710」。4面すべて穴だらけのハニカムデザインで余計なものは一切搭載していない軽量最優先の作りでしたが、要望が多かったのか後からLED搭載モデルの「M711」も登場。両機の軽い外観比較があったので見てみます。【マウス】Cooler Master 『MM711』 画像などhttps://watchmono.com/blog-entry-10473...

【マウス】Cooler Master 『MM711』 画像など

海外で発売されているCooler Masterのマウス「MM711」。日本でも発売されたハニカムデザインの軽量ゲーミングマウス「MM710」のLED搭載版となるモデル。基本スペックやデザインは何も変わっておらず、違いはLEDの有無とその影響による重量だけですが、ちょっと見てみます。MM711 | Cooler Masterhttps://www.coolermaster.com/catalog/peripheral/mice/mm711/...

Cooler Masterの軽量ゲーミングマウス『MM710』がAmazon限定で日本発売決定

ボディを肉抜きしたタイプの軽量ゲーミングマウスは今年に入ってから爆発的なブームになっている状況。Cooler Masterもその流れに乗るべく早い段階から動いており、「MM710」を6月のイベントで出展して注目を集め9月の発売ですぐ人気モデルになっていましたが、日本でもAmazon限定の形で12/5にようやくリリースが決まったようです。【マウス】Cooler Master 『MM710』 画像などhttps://watchmono.com/blog-entry-10012.html...

【マウス】Cooler Master 『CM110』 画像など

海外で発売されているCooler Masterのマウス「CM110」。同社の現ラインナップでは一番下位でエントリークラスの位置付けとなるゲーミングマウス。スペックも価格もエントリークラスらしい内容のモデルで、筐体のサイズや形状は以前に見た事あるようなものですが、ちょっと見てみます。CM110 | Cooler Masterhttps://www.coolermaster.com/catalog/peripheral/mice/cm110/...

Cooler Master、オーソドックスな108キーのメカニカルキーボード『CK320』

海外で見かけたCooler Masterのキーボード「CK320」。中国では”烈焰枪 旗舰108 V2”という名称にもなっているCK Seriesのメカニカルキーボード。デザインもキーレイアウトもオーソドックスと言える108キーのフルサイズで、Cherry MXのキースイッチ採用をはじめ質実剛健な作りのモデルです。Cooler Master - CK320http://www.coolermaster.com.cn/pages/KeyboardTorch/index.aspx...

Cooler Master、RGB LEDが追加された軽量ゲーミングマウス『MM711』

海外で見かけたCooler Masterのマウス「MM711」。約53gの超軽量ボディと50ドルを切るロープライスで注目を集めているハニカムデザインのゲーミングマウスにRGB LEDを追加で搭載したモデル。PixArt PMW3389の光学式センサー採用など主要パーツや基本スペックは変わっていないようです。【マウス】Cooler Master 『MM710』 画像などhttps://watchmono.com/blog-entry-10012.html...

Cooler Master、アルミ/ガラスPCケースのブラックモデル『MasterCase SL600M Black Edition』

海外で見かけたCooler MasterのPCケース「MasterCase SL600M Black Edition」。その名のとおり「MasterCase SL600M」の”Black Edition”となるアルミニウムパネル+強化ガラスパネル採用のミドルタワーのPCケース。以前からイベントに出展されていたモデルですが、製品のリリースは最近ようやく開始したようです。MasterCase SL600M Black Edition | Cooler Masterhttps://www.coolermaster.com/catalog/cases/mid-tower/mastercase...