ユーザータグBluetoothレシーバー 1/6

FiiOが据え置き型でLDAC対応のBluetoothレシーバー/トランスミッター『BTA30』を発表

海外で発表があったFiiOのレシーバー「BTA30」。「K5PRO」などを出しているFiiOが据え置き型でもヘッドホンアンプではなくBluetoothレシーバー/トランスミッターを発表。イベントに出展があった段階ですがLDAC対応だったりと用途次第では待望の一品となりそうなモデルです。FiiO--Born for Musichttps://www.fiio.com/Home...

SHANLING 『Q1』 レビューチェック ~レトロデザインで多機能なデジタルオーディオプレイヤー

2020年4月に発売されたSHANLINGのDAP「Q1」。「M0」などで人気を博しているSHANLINGの新たなデジタルオーディオプレイヤーで、丸味を帯びたレトロフューチャーなデザインと比較的小型サイズでありながら高性能・多機能を特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。SHANLING Q1http://musinltd.com/Q1.html...

FiiO 『BTR3K』 レビューチェック ~デュアルDAC&バランス出力対応のBluetoothレシーバー

2020年5月に発売されたFiiOのレシーバー「BTR3K」。「BTR3」の強化版となるBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプで、「BTR5」より下位のミドルレンジクラスでありながら2.5mmバランス出力端子やデュアルDAC搭載などを特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。BTR3K – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/btr3k/...

SHANLING、コーデック全対応のネックバンド型Bluetoothレシーバー『MW200』

海外で見かけたSHANLINGのレシーバー「MW200」。「Q1」「UP4」などDAPやBluetoothレシーバーのメーカーとして知られ、「ME500」などイヤホンも出しているSHANLINGがネックバンド型のBluetoothレシーバーをリリースする模様。コーデック全対応を特徴の一つとしています。Shenzhen Shanling Digital Technohttp://en.shanling.com/...

FiiO、最高峰Bluetoothレシーバーのスカイブルーモデル『BTR5 天空之境』

2020年1月に発売されたFiiOのレシーバー「BTR5」。フラッグシップのBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプで、最高峰の出来だと各所で評されていましたが日本では品薄で入手困難になっている状況。そんな中、拠点の中国では同社で珍しいカラーバリエーションモデルが出るようです。【レシーバー】FiiO 『BTR5』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-10399.html...

SHURE 『AONIC 215』 レビューチェック ~イヤホン+レシーバー構成の完全ワイヤレスイヤホン

2020年4月に発売されたSHUREのイヤホン「AONIC 215」。SHURE自身初となる完全ワイヤレスイヤホンで、イヤホンは定番機の一つであるSE215、レシーバーはこれが初出のTrue Wireless Secure Fit Adapter(RMCE-TW1)、その2つを組み合わせたモデル。ちょっとチェックしてみます。AONIC 215 - 完全ワイヤレス高遮音性イヤホンhttps://www.shure.com/ja-JP/products/earphones/aonic215...

1MORE 『DH3001B』 画像など ~低価格でLDAC対応のBluetoothレシーバー

海外で発売されている1MOREのレシーバー「DH3001B」。これまでBluetoothイヤホン/ヘッドホンを数多く手がけている1MOREが何気に初めて出すBluetoothレシーバー。シンプルなコンパクトサイズでLDACコーデック対応そして低価格も特徴としているモデルですが、ちょっと見てみます。1MORE | Hear Morehttps://global.1more.com/...

FiiO 『BTR3K』 画像など ~ミドルレンジでも本格仕様に強化されたBluetoothレシーバー

海外で発売されているFiiOのレシーバー「BTR3K」。「BTR3」の強化版で本体のサイズはほぼそのままに2.5mmバランス出力端子やデュアルDAC搭載などミドルレンジモデルらしからぬ本格的な仕様になったBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプ。ちょっと見てみます。FiiO High-Fidelity Bluetooth Amp BTR3Khttps://www.fiio.com/btr3k...

FiiO 『UTWS1』 レビューチェック ~イヤーフック型の完全ワイヤレスBluetoothレシーバー~

海外で発売されているFiiOのレシーバー「UTWS1」。MMCX/0.78mm-2pinコネクタのイヤホンを完全ワイヤレス化できるイヤーフック型のBluetoothレシーバー。「TRN BT20S」と同じ構造というか同型のモデルですが、音量調整などいくつか違いがある模様。ちょっとチェックしてみます。UTWS1 True Wireless Bluetooth Adapterhttps://www.fiio.com/utws1...

FiiO、2.5mmバランス出力&デュアルDAC搭載に強化されたBluetoothレシーバー『BTR3K』

海外で発表があったFiiOのレシーバー「BTR3K」。「BTR3」の強化版となるBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプ。コンパクトサイズほぼそのままに2.5mmバランス出力端子やAKM製のDAC・AK4377A x2基搭載をはじめ様々な部分が強化されているモデルです。FiiO/飞傲 BTR3K无损LDAC蓝牙音频接收器HIFI平衡耳放耳机适配器-tmall.com天猫https://detail.tmall.com/item.htm?id=614327671091&sku_properties=5919063:6536025...

1MORE、LDAC対応のコンパクトなBluetothレシーバー『DH3001B』

海外で見かけた1MOREのレシーバー「DH3001B」。「EHD9001TA」など日本でも正規品が出回っている1MOREが自身初のBluetoothレシーバーをリリースする模様。公式側のアナウンスはまだ何も出ていない状況ですが、コンパクトサイズでLDACコーデック対応を特徴としているようです。1MORE | Hear Morehttps://global.1more.com/...

beyerdynamic 『CC XELENTO WL』 レビューチェック ~XELENTO用のBluetoothモジュールケーブル~

2020年2月に発売されたbeyerdynamicのレシーバー「CC XELENTO WL」。フラッグシップモデルのダイナミック型イヤホン「XELENTO REMOTE」の専用品と言えるBluetoothレシーバー/ケーブルで、「XELENTO WIRELESS」からイヤホンを省いた製品でもあり。ちょっとチェックしてみます。CC XELENTO WL | 製品トップ | TASCAM (日本)https://tascam.jp/jp/product/cc_xelento_wl/top...

HiBy 『HiBy W3』 レビューチェック ~計5色もある高性能かつ小型のBluetoothレシーバー~

2020年1月に発売されたHiByのレシーバー「HiBy W3」。DAPのメーカーとして知られるHiByが手がけたBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプ。小型サイズでも高性能と言えるスペックと合計5色もあるカラーラインナップを特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。HiBy W3 製品詳細|R6/R3 日本国内正規輸入代理店https://www.hiby.jp/detail.php?id=1578428545...

SHANLING 『Q1』 画像など ~レトロデザインの小型デジタルオーディオプレイヤー~

海外で発売されているSHANLINGのDAP「Q1」。「M0」が日本でもロングセラーとなっているSHANLINGの新たなデジタルオーディオプレイヤー。丸味を帯びたレトロデザインで小型サイズでも高性能・多機能と言えるスペックを備えているモデルですが、ちょっと見てみます。SHANLING Q1http://musinltd.com/Q1.html...

SHANLING 『UP4』 レビューチェック ~デュアルDAC&バランス出力対応のBluetoothレシーバー~

2020年1月に発売されたSHANLINGのレシーバー「UP4」。「UP2」の上位モデルでフラッグシップのBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプ。ESS Sabre ES9218P×2基のデュアルDACやバランス出力対応などを特徴としているハイエンドなモデルですが、ちょっとチェックしてみます。SHANLING UP4http://musinltd.com/portal/article/index/id/84.html...

HIFIMAN 『DEVA』 画像など ~専用Bluetoothレシーバーが付いた平面駆動ヘッドホン~

海外で発売されているHIFIMANのヘッドホン「DEVA」。平面磁界駆動ドライバーを搭載した新型のヘッドホンで、現ラインナップの新たなエントリークラスとなるモデル。外付けの専用Bluetoothレシーバーが付属しているという今どき珍しい特徴も兼ね備えていますが、ちょっと見てみます。HIFIMAN DEVAhttp://www.hifiman.cn/products/detail/278...

HiBy 『HiBy W3』 画像など ~モダンカラーで本格的なスペックのBluetoothレシーバー~

2020年1月に発売されたHiByのレシーバー「HiBy W3」。日本ではDAPのメーカーとして知られるHiByのBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプ。計5色もあるモダンカラーが特徴的ですが、AK4377のDACチップ搭載やLDAC/aptX HD対応などスペックは本格的なモデル。ちょっと見てみます。HiBy W3 製品詳細|R6/R3 日本国内正規輸入代理店https://www.hiby.jp/detail.php?id=1578428545...

SHANLING 『UP4』 画像など ~フラッグシップのBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプ~

2020年1月に発売されるSHANLINGのレシーバー「UP4」。「UP2」の上位モデルであり同シリーズのフラッグシップモデルとなるBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプ。デュアルDAC搭載&バランス出力対応などフラッグシップに相応しいスペックになっていますが、ちょっと見てみます。UP4 Bluetooth Amplifier_Bluetooth_Shenzhen Shanling Digital Technohttp://en.shanling.com/product/257...

FiiO 『LC-BT2』 画像など ~最高峰クラスのネックバンド型Bluetoothレシーバー~

海外で発売されているFiiOのレシーバー「LC-BT2」。「BTR5」「UTWS1」など目を引くBluetoothオーディオ製品を立て続けに出しているFiiO、お次はネックバンド型のBluetoothレシーバーをリリース。AKM製のDAC搭載やaptX HD/LDACコーデック対応など最高峰クラスと言えるスペックを備えたモデルですが、ちょっと見てみます。LC-BT2-飞傲官网https://www.fiio.com/lcbt2...

FiiO、NFC省略で安くなったJadeAudioブランドのBluetoothヘッドホンアンプ『XC3』

海外で発表があったFiiO/JadeAudioのレシーバー「XC3」。FiiOのオンラインセールブランドとして次々に製品を出しているJadeAudioのBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプ。物自体はFiiOの「BTR3」からNFCを省略した形で、価格は59.99ドル→49.99ドルと若干安くなっています。JadeAudiohttp://www.jadeaudio.com/?_l=en...