ユーザータグBluetoothレシーバー 1/6

FiiO、オリジナルの新型となる完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー『UTWS3』

海外で見かけたFiiOのレシーバー「UTWS3」。有線イヤホンを完全ワイヤレス化するBluetoothレシーバーは同社の製品だと「UTWS1」が出ていましたが、あれは「TRN BT20S」がOEM/ODM元になっていたもの。これはイベントに出展されていたおそらくオリジナルの新型モデルです。FiiO Bluetooth Productshttps://www.fiio.com/bluetooth_products...

JPRiDE 『BTR-1』 レビューチェック ~aptX HD対応&MMCX採用のネックバンド型Bluetoothレシーバー

2020年7月に発売されたJPRiDEのレシーバー「BTR-1」。「Premium 1980 BLUE MOON」など同社の有線イヤホンをワイヤレス化するネックバンド型のBluetoothレシーバーで、aptX HDコーデック対応やMMCXコネクタ採用などを特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。JPRiDE|ハイブランドの音質とクオリティを低価格で。https://www.jp-ride.com/...

TRN、コネクタが交換できる完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー『TRN BT20S Pro』

海外で見かけたTRNのレシーバー「TRN BT20S Pro」。「TRN BT20S」の上位モデルとなるであろう有線イヤホンを完全ワイヤレス化できるBluetoothレシーバー。コネクタケーブルが着脱式で別のタイプに交換できるギミックやバッテリーケース採用など従来に比べて進化がいくつか見られます。TRN BT20S Prohttps://www.trn-tw.com/bt20spro...

SHANLING 『MW200』 画像など ~DAC搭載&LDAC/aptX HD対応のネックバンド型Bluetoothレシーバー

2020年8月に発売されるSHANLINGのレシーバー「MW200」。「UP4」などBluetoothオーディオ製品も手がけているSHANLINGのネックバンド型Bluetoothレシーバー。MMCXコネクタ採用でAKM AK4377AのDAC搭載やLDAC/aptX HDコーデック対応などを特徴としているモデルですが、ちょっと見てみます。SHANLING MW200http://musinltd.com/MW200.html...

OE Audio、4種のコネクタに対応する完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー『WS-1』

海外で見かけたOE Audioのレシーバー「WS-1」。主にIEM用のパーツを手がけているメーカーが発表していた完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー。まだ数少ない同類の製品と張り合えそうなスペックを備えているうえに、4種のコネクタに対応する4ラインナップ展開も特徴としています。WS-1 TWS Receiver for IEM | OEAudiohttps://www.oeaudio.net/ws1...

iBasso Audio 『CF01』 レビューチェック ~独立アンプチップを搭載した完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー

2020年7月に発売されたiBasso Audioのレシーバー「CF01」。MMCXコネクタのイヤホンを完全ワイヤレス化できるBluetoothレシーバーで、独立アンプチップの搭載により電流出力の大幅な強化を実現したと謳っているモデル。ケースの利便性も同類の中では一番良さそうですが、ちょっとチェックしてみます。iBasso Audio CF01http://musinltd.com/CF01.html...

TRNがコネクタケーブル着脱式の完全ワイヤレスBluetoothレシーバーを出す?

MMCXなどのコネクタを採用した有線イヤホンを完全ワイヤレス化するBluetoothレシーバーはTRNの「TRN BT20」が製品第一号で、後に強化版の「TRN BT20S」やFiiOがそれをベースにして「UTWS1」を出していますが、BT20Sの上位モデルではないかと思われる新製品の情報が少しだけ流れていました。TRNhttp://www.trn-hifi.com/...

HiBy、aptX LLに対応したエントリークラスのBluetoothレシーバー『HiBy W1』

海外で見かけたHiByのレシーバー「HiBy W1」。日本でも発売された「HiBy W3」の下位モデルでエントリークラスのBluetoothレシーバー。W1に比べれば相応にスペックダウンしていますがaptX Low Latency対応やUSB Type-C採用、それにアプリ対応など見どころはいくつかあるモデルです。HiBy Musichttps://www.hiby.jp/...

FiiOが据え置き型でLDAC対応のBluetoothレシーバー/トランスミッター『BTA30』を発表

海外で発表があったFiiOのレシーバー「BTA30」。「K5PRO」などを出しているFiiOが据え置き型でもヘッドホンアンプではなくBluetoothレシーバー/トランスミッターを発表。イベントに出展があった段階ですがLDAC対応だったりと用途次第では待望の一品となりそうなモデルです。FiiO--Born for Musichttps://www.fiio.com/Home...

SHANLING 『Q1』 レビューチェック ~レトロデザインで多機能なデジタルオーディオプレイヤー

2020年4月に発売されたSHANLINGのDAP「Q1」。「M0」などで人気を博しているSHANLINGの新たなデジタルオーディオプレイヤーで、丸味を帯びたレトロフューチャーなデザインと比較的小型サイズでありながら高性能・多機能を特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。SHANLING Q1http://musinltd.com/Q1.html...

FiiO 『BTR3K』 レビューチェック ~デュアルDAC&バランス出力対応のBluetoothレシーバー

2020年5月に発売されたFiiOのレシーバー「BTR3K」。「BTR3」の強化版となるBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプで、「BTR5」より下位のミドルレンジクラスでありながら2.5mmバランス出力端子やデュアルDAC搭載などを特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。BTR3K – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/btr3k/...

SHANLING、コーデック全対応のネックバンド型Bluetoothレシーバー『MW200』

海外で見かけたSHANLINGのレシーバー「MW200」。「Q1」「UP4」などDAPやBluetoothレシーバーのメーカーとして知られ、「ME500」などイヤホンも出しているSHANLINGがネックバンド型のBluetoothレシーバーをリリースする模様。コーデック全対応を特徴の一つとしています。Shenzhen Shanling Digital Technohttp://en.shanling.com/...

FiiO、最高峰Bluetoothレシーバーのスカイブルーモデル『BTR5 天空之境』

2020年1月に発売されたFiiOのレシーバー「BTR5」。フラッグシップのBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプで、最高峰の出来だと各所で評されていましたが日本では品薄で入手困難になっている状況。そんな中、拠点の中国では同社で珍しいカラーバリエーションモデルが出るようです。【レシーバー】FiiO 『BTR5』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-10399.html...

SHURE 『AONIC 215』 レビューチェック ~イヤホン+レシーバー構成の完全ワイヤレスイヤホン

2020年4月に発売されたSHUREのイヤホン「AONIC 215」。SHURE自身初となる完全ワイヤレスイヤホンで、イヤホンは定番機の一つであるSE215、レシーバーはこれが初出のTrue Wireless Secure Fit Adapter(RMCE-TW1)、その2つを組み合わせたモデル。ちょっとチェックしてみます。AONIC 215 - 完全ワイヤレス高遮音性イヤホンhttps://www.shure.com/ja-JP/products/earphones/aonic215...

1MORE 『DH3001B』 画像など ~低価格でLDAC対応のBluetoothレシーバー

海外で発売されている1MOREのレシーバー「DH3001B」。これまでBluetoothイヤホン/ヘッドホンを数多く手がけている1MOREが何気に初めて出すBluetoothレシーバー。シンプルなコンパクトサイズでLDACコーデック対応そして低価格も特徴としているモデルですが、ちょっと見てみます。1MORE | Hear Morehttps://global.1more.com/...

FiiO 『BTR3K』 画像など ~ミドルレンジでも本格仕様に強化されたBluetoothレシーバー

海外で発売されているFiiOのレシーバー「BTR3K」。「BTR3」の強化版で本体のサイズはほぼそのままに2.5mmバランス出力端子やデュアルDAC搭載などミドルレンジモデルらしからぬ本格的な仕様になったBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプ。ちょっと見てみます。FiiO High-Fidelity Bluetooth Amp BTR3Khttps://www.fiio.com/btr3k...

FiiO 『UTWS1』 レビューチェック ~イヤーフック型の完全ワイヤレスBluetoothレシーバー~

海外で発売されているFiiOのレシーバー「UTWS1」。MMCX/0.78mm-2pinコネクタのイヤホンを完全ワイヤレス化できるイヤーフック型のBluetoothレシーバー。「TRN BT20S」と同じ構造というか同型のモデルですが、音量調整などいくつか違いがある模様。ちょっとチェックしてみます。UTWS1 True Wireless Bluetooth Adapterhttps://www.fiio.com/utws1...

FiiO、2.5mmバランス出力&デュアルDAC搭載に強化されたBluetoothレシーバー『BTR3K』

海外で発表があったFiiOのレシーバー「BTR3K」。「BTR3」の強化版となるBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプ。コンパクトサイズほぼそのままに2.5mmバランス出力端子やAKM製のDAC・AK4377A x2基搭載をはじめ様々な部分が強化されているモデルです。FiiO/飞傲 BTR3K无损LDAC蓝牙音频接收器HIFI平衡耳放耳机适配器-tmall.com天猫https://detail.tmall.com/item.htm?id=614327671091&sku_properties=5919063:6536025...

1MORE、LDAC対応のコンパクトなBluetothレシーバー『DH3001B』

海外で見かけた1MOREのレシーバー「DH3001B」。「EHD9001TA」など日本でも正規品が出回っている1MOREが自身初のBluetoothレシーバーをリリースする模様。公式側のアナウンスはまだ何も出ていない状況ですが、コンパクトサイズでLDACコーデック対応を特徴としているようです。1MORE | Hear Morehttps://global.1more.com/...

beyerdynamic 『CC XELENTO WL』 レビューチェック ~XELENTO用のBluetoothモジュールケーブル~

2020年2月に発売されたbeyerdynamicのレシーバー「CC XELENTO WL」。フラッグシップモデルのダイナミック型イヤホン「XELENTO REMOTE」の専用品と言えるBluetoothレシーバー/ケーブルで、「XELENTO WIRELESS」からイヤホンを省いた製品でもあり。ちょっとチェックしてみます。CC XELENTO WL | 製品トップ | TASCAM (日本)https://tascam.jp/jp/product/cc_xelento_wl/top...