ユーザータグBluetoothレシーバー 1/5

【レシーバー】FiiO 『BTR5』 レビューチェック

海外で発売されているFiiOのレシーバー「BTR5」。「BTR3」の上位モデルで現ラインナップのフラッグシップとなるBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプ。ES9218PのDACx2基や2.5mmバランス出力端子の搭載などハイスペックと言えるものになっていますが、ちょっとチェックしてみます。FiiO BTR5 Flagship Portable High-Fidelity Bluetooth Amplifierhttps://www.fiio.com/btr5...

FiiO、aptX HD/LDAC対応のネックバンド型Bluetoothレシーバー『LC-BT2』

海外で発表があったFiiOのレシーバー「LC-BT2」。「UTWS1」の後にリリース予定となっていたネックバンド型のBluetoothレシーバーが先日行われたイベントで出展されていた模様。明確な製品情報はまだ出ていませんがaptX HD/LDACコーデックに対応しているとのことです。FiiO Bluetooth Productshttps://www.fiio.com/bluetooth_products...

FOSTEXの完全ワイヤレスBluetoothレシーバー『TM2』はヘッドホンのワイヤレス化にも使える?

2019年5月に発売されたFOSTEXのイヤホン「TM2」。イヤーフック型の完全ワイヤレスイヤホンであり完全ワイヤレスBluetoothレシーバーとしても使えるモデル。後に追加されたオプションケーブルで対応の幅も広がりましたが、ヘッドホンの完全ワイヤレス化にも使える情報を見かけました。【イヤホン】FOSTEX 『TM2』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-9845.html...

Radsone、マイナーチェンジされたBluetoothヘッドホンアンプ『Earstudio ES100 MK2』

海外で見かけたRadsoneのレシーバー「Earstudio ES100 MK2」。コンパクトサイズでありながら高性能かつ多機能なスペックで人気を集めたBluetoothヘッドホンアンプ「Earstudio ES100」のマイナーチェンジ版となるモデル。主要パーツは従来と変わっておらず筐体の作りは少し手が加えられています。ES100, Hi-Res Bluetooth Receiver | Radsonehttps://www.radsone.com/es100...

【レシーバー】FiiO 『UTWS1』 画像など

海外で発売されているFiiOのレシーバー「UTWS1」。「TRN BT20S」と同じイヤーフック型になっているMMCXイヤホン用の完全ワイヤレスBluetoothレシーバー。Qualcomm QCC3020のBluetoothチップ採用など基本部分もBT20Sとほとんど同じ内容のモデルですが、ちょっと見てみます。UTWS1 True Wireless Bluetooth Adapterhttps://www.fiio.com/utws1...

FiiO、QCC3020/MMCX採用の完全ワイヤレスBluetoothレシーバー『UTWS1』

海外で発表があったFiiOのレシーバー「UTWS1」。「FH7」などのMMCXコネクタ採用イヤホンを完全ワイヤレス化できるイヤーフック型のBluetoothレシーバー。先に言っておくと「TRN BT20S」とは同じ型であり同じスペックで、筐体の一部が少し違う作りになっているモデルです。Fiio/飞傲 aptX无损真无线蓝牙升级线MMCX可换线0.78mm耳机适用-tmall.com天猫https://detail.tmall.com/item.htm?id=607927360051&sku_properties=5919063:653...

HIFIMAN、専用Bluetoothレシーバー付きの新型ヘッドホン『DEVA』

海外で発表があったHIFIMANのヘッドホン「DEVA」。極薄ダイアフラムや3.5mm PROバランス端子の採用を特徴とした新型のヘッドホン。ただそれだけではなく高音質コーデックに対応した外付けの専用Bluetoothレシーバーも付いているという今どき珍しいモデルでもあります。HIFIMAN Homehttp://www.hifiman.jp/...

Xiaomi、付属品充実の2BA+2DDハイブリッドイヤホン『Mi Quad Driver In-Ear Headphones』

海外で見かけたXiaomiのイヤホン「Mi Quad Driver In-Ear Headphones」。同社の製品ではこれが最上位のフラッグシップモデルとなるであろう2BA+2DDのクアッドドライバーを搭載したハイブリッドイヤホン。MMCXコネクタ採用でケーブル3本やLDAC対応Bluetoothレシーバーなど付属品も充実しています。小米圈铁四单元耳机立即购买-小米商城https://item.mi.com/product/11038.html...

【DAP】FiiO 『M5』 レビューチェック

2019年9月に発売されたFiiOのDAP「M5」。手のひらにおさまるコンパクトサイズでありながら32bit/384kHz&DSD128ネイティブ再生に対応し、LDACコーデック対応のデュアルBluetoothモードなど性能・機能とも充実しているモデル。ちょっとチェックしてみます。M5 – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/m5/...

Avantree、aptX HD対応のBluetoothレシーバー『AS70』

海外で見かけたAvantreeのレシーバー「AS70」。aptX HD対応のBluetooth USBアダプタ「DG60」を出していたAvantreeが、それに続く形でaptX HD対応のBluetoothレシーバーをリリースした模様。スタンダードなコンパクトサイズで価格はそこそこ安いと言えるモデルです。aptX HD Bluetooth Receiver | Avantreehttps://avantree.com/as70-bluetooth-audio-receiver...

FiiO、フラッグシップのBluetoothヘッドホンアンプ『BTR5』

海外で見かけたFiiOのレシーバー「BTR5」。「BTR3」の上位モデルであり同社のフラッグシップモデルとなるBluetoothレシーバー兼ワイヤレスヘッドホンアンプ。製品情報は結構前にSNSなどで公開されていましたが、先日のイベントで実機のお披露目があったようです。Fiio Japan – High-Res Audio Products | FiiO Electronicshttps://www.fiio.jp/...

HiBy、ポップなカラーで本格的なBluetoothヘッドホンアンプ『HiBy W3』

海外で見かけたHiByのレシーバー「HiBy W3」。「HiBy W5」の下位モデルとなるであろうBluetoothレシーバー兼ワイヤレスヘッドホンアンプ。スタンダードなボックスタイプでポップなカラーも用意されていますが、上位のW5に匹敵する本格的なスペックを備えています。海贝音乐https://www.hiby.com/...

SHANLING、フラッグシップのBluetoothヘッドホンアンプ『UP4』

海外で見かけたSHANLINGのレシーバー「UP4」。同社のBluetoothレシーバー兼ワイヤレスヘッドホンアンプといえば「UP2」が日本で発売されたばかりですが、これは先日発表された上位モデルであり同シリーズのフラッグシップモデル。UP2より少し大きいサイズで更に高性能です。UP4便携蓝牙解码耳放正式发布。_深圳山灵数码科技发展有限公司http://www.shanling.com/article/1026...

【レシーバー】TRN 『TRN BT20S』 レビューチェック

海外/国内で発売されているTRNのレシーバー「TRN BT20S」。「TRN BT20」の強化版と言えるケーブル着脱式のイヤホンを完全ワイヤレス化できるBluetoothレシーバー。Qualcomm QCC3020のBluetoothチップ採用によるグレードアップが主な特徴のモデルですが、ちょっとチェックしてみます。TRN BT20S MMCX/2Pinイヤホン用のBluetoothアダプタ - Aliexpress.com https://ja.aliexpress.com/item/33039704752.html...

【イヤホン】FOSTEX 『TM2』 レビューチェック

2019年5月に発売されたFOSTEXのイヤホン「TM2」。着脱式フレキシブルショートケーブルを採用したイヤーフック型の完全ワイヤレスイヤホンで、完全ワイヤレスのBluetoothレシーバーにもなるモデル。QCC3026のBluetoothチップ採用も特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。TM2 | FOSTEX(フォステクス)https://www.fostex.jp/products/tm2/...

TRN、QCC3020採用でグレードアップした完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー『TRN BT20S』

海外で見かけたTRNのレシーバー「TRN BT20S」。ケーブル着脱式のイヤホンを完全ワイヤレス化できるBluetoothレシーバーを世界で最初に出したのはTRNですが、これはその強化版とも上位版とも言えるモデル。Qualcomm QCC3020のBluetoothチップ採用でグレードアップしています。【レシーバー】TRN 『TRN BT20』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-9322.html...

【レシーバー】FiiO 『μBTR』 レビューチェック

2019年4月に発売されたFiiOのレシーバー「μBTR」。「BTR1K」と共に登場したシンプルかつ小型なBluetoothレシーバーで、エントリークラスでありながらaptX/AACコーデックやNFC対応を特徴としているモデル。カラーはブラック・ホワイトの2色あり。ちょっとチェックしてみます。µBTR – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/ubtr/...

HiBy、IP67防水でバッテリーケースも付いたBluetoothヘッドホンアンプ『HiBy W5』

海外で見かけたHiByのレシーバー「HiBy W5」。「HiBy R3」などのDAPに備わるBluetoothレシーバー機能も好評を得ていたHiByがBluetoothレシーバー兼ワイヤレスヘッドホンアンプをリリースした模様。高性能はもちろんとしてIP67防水やバッテリーケース付きなども特徴としています。HiBy W5 – HiBy | Make Music More Musicalhttps://store.hiby.com/products/hiby-w5...

SHANLING、小型で高性能のBluetoothヘッドホンアンプ『UP2』

海外で見かけたSHANLINGのレシーバー「UP2」。小型DAPの「M0」が日本でも人気を得ているSHANLINGが最近リリースしたBluetoothレシーバー兼ワイヤレスヘッドホンアンプ。高性能DAC搭載や高音質コーデック対応など小さくても性能・機能は充実しているモデルです。SHANLINGhttp://www.shanling.com/...

【DAP】FiiO 『M6』 レビューチェック

2019年2月に発売されたFiiOのDAP「M6」。エントリークラス中核モデルの位置付けでありながらDSDネイティブ再生対応などの高性能さと、Bluetooth送受信対応&ストリーミング再生対応などの多機能さをウリにしているデジタルオーディオプレイヤー。ちょっとチェックしてみます。M6 – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/m6/...