ユーザータグBluetoothレシーバー 1/7

FiiO 『BTA30』 画像など ~LDAC/aptX HDの送受信が可能なBluetoothレシーバー/トランスミッター

2020年12月に発売されたFiiOのレシーバー「BTA30」。LDAC/aptX HDの高音質コーデックで送受信ができる据え置き型のBluetoothレシーバー/トランスミッター、さらにUSB DACとしても使えるモデル。稀少なうえに価格がそこまで高くないところも魅力となりそうですが、ちょっと見てみます。BTA30 – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/bta30/...

SHANLING 『MW200』 レビューチェック ~現時点で最高峰のネックバンド型Bluetoothレシーバー

2020年8月に発売されたSHANLINGのレシーバー「MW200」。MMCXコネクタのイヤホンをワイヤレス化できるネックバンド型のBluetoothレシーバーで、AKM AK4377AのDAC搭載やLDAC/aptX HDコーデック対応など現時点では最高峰と言えるスペックを備えたモデル。ちょっとチェックしてみます。SHANLING MW200http://musinltd.com/MW200.html...

FiiO 『LC-BT2』 レビューチェック ~LDAC/aptX HD対応のネックバンド型Bluetoothレシーバー

海外で発売されているFiiOのレシーバー「LC-BT2」。AKM AK4331のDAC搭載やaptX HD/LDACコーデック対応、それに最大24時間再生のロングバッテリーを特徴としているネックバンド型のBluetoothレシーバー。日本ではまだ発売される気配のないものですが、ちょっとチェックしてみます。LCBT2https://www.fiio.com/lcbt2...

TRN 『BT20S Pro』 レビューチェック ~コネクタ交換など進化した完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー

海外/国内で発売されているTRNのレシーバー「BT20S Pro」。「BT20S」の上位版となる有線イヤホンを完全ワイヤレス化できるBluetoothレシーバー。コネクタケーブル交換可能やバッテリーケース採用などモデルチェンジと言えるほど進化がいくつも見られますが、ちょっとチェックしてみます。TRN BT20S Prohttps://www.trn-tw.com/bt20spro...

SHURE 『RMCE-TW1』 レビューチェック ~改善された完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー

2020年10月に発売されたSHUREのレシーバー「RMCE-TW1 (True Wireless Secure Fit Adapter)」。「AONIC 215」でセットになっていた完全ワイヤレスのBluetoothレシーバーが単品でもリリースに。AONIC 215の初期ロット品は不具合が原因で回収されましたが、これはその不具合が改善されている模様。ちょっとチェックしてみます。True Wireless Secure Fit Adapter - 着脱式Shure高遮音性イヤホン対応https://www.shure.com/ja-JP/produ...

SHURE、ようやく発売された完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー『True Wireless Secure Fit Adapter (RMCE-TW1)』

2020年10月に発売されたSHUREのレシーバー「True Wireless Secure Fit Adapter (RMCE-TW1)」。「AONIC 215」でセットになっていた完全ワイヤレスのBluetoothレシーバーは単体で出る予定だったもののAONIC 215の回収騒ぎで延期になっていましたが、不具合が解消されたようでAONIC 215の再販と合わせてようやく発売されました。True Wireless Secure Fit Adapter - 着脱式Shure高遮音性イヤホン対応https://www.shure.com/ja-JP/prod...

HIFIMAN 『DEVA』 レビューチェック ~30,000円台で登場したBluetoothモジュール付きの平面駆動型ヘッドホン

2020年7月に発売されたHIFIMANのヘッドホン「DEVA」。同社の現ラインナップではエントリークラスにあたる平面磁界駆動ドライバー搭載のヘッドホンで、専用のBluetoothモジュールが付属しているのも特徴のモデル。それでいて価格は30,000円台と割安な印象ですが、ちょっとチェックしてみます。HIFIMAN DEVAhttp://www.hifiman.jp/products/detail/307...

FiiO、オリジナルの新型となる完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー『UTWS3』

海外で見かけたFiiOのレシーバー「UTWS3」。有線イヤホンを完全ワイヤレス化するBluetoothレシーバーは同社の製品だと「UTWS1」が出ていましたが、あれは「TRN BT20S」がOEM/ODM元になっていたもの。これはイベントに出展されていたおそらくオリジナルの新型モデルです。FiiO Bluetooth Productshttps://www.fiio.com/bluetooth_products...

JPRiDE 『BTR-1』 レビューチェック ~aptX HD対応&MMCX採用のネックバンド型Bluetoothレシーバー

2020年7月に発売されたJPRiDEのレシーバー「BTR-1」。「Premium 1980 BLUE MOON」など同社の有線イヤホンをワイヤレス化するネックバンド型のBluetoothレシーバーで、aptX HDコーデック対応やMMCXコネクタ採用などを特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。JPRiDE|ハイブランドの音質とクオリティを低価格で。https://www.jp-ride.com/...

TRN、コネクタが交換できる完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー『TRN BT20S Pro』

海外で見かけたTRNのレシーバー「TRN BT20S Pro」。「TRN BT20S」の上位モデルとなるであろう有線イヤホンを完全ワイヤレス化できるBluetoothレシーバー。コネクタケーブルが着脱式で別のタイプに交換できるギミックやバッテリーケース採用など従来に比べて進化がいくつか見られます。TRN BT20S Prohttps://www.trn-tw.com/bt20spro...

SHANLING 『MW200』 画像など ~DAC搭載&LDAC/aptX HD対応のネックバンド型Bluetoothレシーバー

2020年8月に発売されるSHANLINGのレシーバー「MW200」。「UP4」などBluetoothオーディオ製品も手がけているSHANLINGのネックバンド型Bluetoothレシーバー。MMCXコネクタ採用でAKM AK4377AのDAC搭載やLDAC/aptX HDコーデック対応などを特徴としているモデルですが、ちょっと見てみます。SHANLING MW200http://musinltd.com/MW200.html...

OE Audio、4種のコネクタに対応する完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー『WS-1』

海外で見かけたOE Audioのレシーバー「WS-1」。主にIEM用のパーツを手がけているメーカーが発表していた完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー。まだ数少ない同類の製品と張り合えそうなスペックを備えているうえに、4種のコネクタに対応する4ラインナップ展開も特徴としています。WS-1 TWS Receiver for IEM | OEAudiohttps://www.oeaudio.net/ws1...

iBasso Audio 『CF01』 レビューチェック ~独立アンプチップを搭載した完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー

2020年7月に発売されたiBasso Audioのレシーバー「CF01」。MMCXコネクタのイヤホンを完全ワイヤレス化できるBluetoothレシーバーで、独立アンプチップの搭載により電流出力の大幅な強化を実現したと謳っているモデル。ケースの利便性も同類の中では一番良さそうですが、ちょっとチェックしてみます。iBasso Audio CF01http://musinltd.com/CF01.html...

TRNがコネクタケーブル着脱式の完全ワイヤレスBluetoothレシーバーを出す?

MMCXなどのコネクタを採用した有線イヤホンを完全ワイヤレス化するBluetoothレシーバーはTRNの「TRN BT20」が製品第一号で、後に強化版の「TRN BT20S」やFiiOがそれをベースにして「UTWS1」を出していますが、BT20Sの上位モデルではないかと思われる新製品の情報が少しだけ流れていました。TRNhttp://www.trn-hifi.com/...

HiBy、aptX LLに対応したエントリークラスのBluetoothレシーバー『HiBy W1』

海外で見かけたHiByのレシーバー「HiBy W1」。日本でも発売された「HiBy W3」の下位モデルでエントリークラスのBluetoothレシーバー。W1に比べれば相応にスペックダウンしていますがaptX Low Latency対応やUSB Type-C採用、それにアプリ対応など見どころはいくつかあるモデルです。HiBy Musichttps://www.hiby.jp/...

FiiOが据え置き型でLDAC対応のBluetoothレシーバー/トランスミッター『BTA30』を発表

海外で発表があったFiiOのレシーバー「BTA30」。「K5PRO」などを出しているFiiOが据え置き型でもヘッドホンアンプではなくBluetoothレシーバー/トランスミッターを発表。イベントに出展があった段階ですがLDAC対応だったりと用途次第では待望の一品となりそうなモデルです。FiiO--Born for Musichttps://www.fiio.com/Home...

SHANLING 『Q1』 レビューチェック ~レトロデザインで多機能なデジタルオーディオプレイヤー

2020年4月に発売されたSHANLINGのDAP「Q1」。「M0」などで人気を博しているSHANLINGの新たなデジタルオーディオプレイヤーで、丸味を帯びたレトロフューチャーなデザインと比較的小型サイズでありながら高性能・多機能を特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。SHANLING Q1http://musinltd.com/Q1.html...

FiiO 『BTR3K』 レビューチェック ~デュアルDAC&バランス出力対応のBluetoothレシーバー

2020年5月に発売されたFiiOのレシーバー「BTR3K」。「BTR3」の強化版となるBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプで、「BTR5」より下位のミドルレンジクラスでありながら2.5mmバランス出力端子やデュアルDAC搭載などを特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。BTR3K – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/btr3k/...

SHANLING、コーデック全対応のネックバンド型Bluetoothレシーバー『MW200』

海外で見かけたSHANLINGのレシーバー「MW200」。「Q1」「UP4」などDAPやBluetoothレシーバーのメーカーとして知られ、「ME500」などイヤホンも出しているSHANLINGがネックバンド型のBluetoothレシーバーをリリースする模様。コーデック全対応を特徴の一つとしています。Shenzhen Shanling Digital Technohttp://en.shanling.com/...

FiiO、最高峰Bluetoothレシーバーのスカイブルーモデル『BTR5 天空之境』

2020年1月に発売されたFiiOのレシーバー「BTR5」。フラッグシップのBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプで、最高峰の出来だと各所で評されていましたが日本では品薄で入手困難になっている状況。そんな中、拠点の中国では同社で珍しいカラーバリエーションモデルが出るようです。【レシーバー】FiiO 『BTR5』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-10399.html...