1. 『AVIOT TE-Q3』 レビューチェック ~装飾美と機能美を兼ね備えたと謳う小型サイズのANC完全ワイヤレスイヤホン

    『AVIOT TE-Q3』 レビューチェック ~装飾美と機能美を兼ね備えたと謳う小型サイズのANC完全ワイヤレスイヤホン

    2023年9月に発売されたAVIOTのイヤホン「TE-Q3」。「TE-Z1PNK」以来となる新型の完全ワイヤレスイヤホンは業界最小クラスのケースやアクティブノイズキャンセリング搭載を特徴とするモデル。イヤホン自体も小型サイズでカラーも豊富に取り揃えており装飾美と機能美を兼ね備えたと謳っていますが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】TE-Q3 製品情報|AVIOT...

  2. AVIOT 『Openpiece Elite』 レビューチェック ~ハイブリッドドライバーや着脱ブームマイクを特徴とする骨伝導Bluetoothイヤホン

    AVIOT 『Openpiece Elite』 レビューチェック ~ハイブリッドドライバーや着脱ブームマイクを特徴とする骨伝導Bluetoothイヤホン

    2023年3月に発売されたAVIOTのイヤホン「Openpiece Elite (WB-E1 / WB-E1M)」。「Openpiece Playful」に続く骨伝導Bluetoothイヤホンはダイナミック型骨伝導+バランスドアーマチュアのハイブリッドドライバーや着脱式の指向性ECMブームマイクなどを特徴としている上位モデル。ちょっとチェックしてみます。WB-E1M 製品情報|AVIOThttps://aviot.jp/product/wb-e1m/...

  3. AVIOT 『Openpiece Playful WB-P1』 レビューチェック ~独自のモダンフィットデザインを特徴とする骨伝導Bluetoothイヤホン

    AVIOT 『Openpiece Playful WB-P1』 レビューチェック ~独自のモダンフィットデザインを特徴とする骨伝導Bluetoothイヤホン

    2022年12月に発売されたAVIOTのイヤホン「Openpiece Playful WB-P1」。「Openpiece M」「Openpiece S」に続く”Openpiece”の製品は自身初となる骨伝導Bluetoothイヤホン。安定したフィット感を実現するという独自のモダンフィットデザインを主な特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。WB-P1 製品情報|AVIOThttps://aviot.jp/product/wb-p1/...

  4. AVIOT 『TE-Z1PNK』 レビューチェック ~音が好きなら最高になり得るフラッグシップモデルの完全ワイヤレスイヤホン

    AVIOT 『TE-Z1PNK』 レビューチェック ~音が好きなら最高になり得るフラッグシップモデルの完全ワイヤレスイヤホン

    2022年12月に発売されたAVIOTのイヤホン「TE-Z1PNK」。ピエール中野氏の監修でシリーズ展開している”ピアホン”の最新モデルでありフラッグシップモデルとなる完全ワイヤレスイヤホン。コアキシャル2wayドライバーやLDAC対応を主な特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。TE-Z1PNK 製品情報|AVIOThttps://aviot.jp/product/te-z1pnk/...

  5. AVIOT 『TE-J1』 レビューチェック ~音質特化型を謳う1BA+1DDドライバー&LDAC対応のANC完全ワイヤレスイヤホン

    AVIOT 『TE-J1』 レビューチェック ~音質特化型を謳う1BA+1DDドライバー&LDAC対応のANC完全ワイヤレスイヤホン

    2022年11月に発売されたAVIOTのイヤホン「TE-J1」。カスタムIEMに着想を得て音質特化型に仕上げたと謳う完全ワイヤレスイヤホン。新開発のアドバンスド・ハイブリッドドライバーやLDACコーデック対応それにANC搭載を主な特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。TE-J1 製品情報|AVIOThttps://aviot.jp/product/te-j1/...

  6. AVIOT 『Openpiece S (TE-S1)』 レビューチェック ~装着に難あり?オープン型の完全ワイヤレスイヤホン

    AVIOT 『Openpiece S (TE-S1)』 レビューチェック ~装着に難あり?オープン型の完全ワイヤレスイヤホン

    2022年9月に発売されたAVIOTのイヤホン「Openpiece S (TE-S1)」。「Openpiece M (TE-M1)」と共に登場した”ながら聴き”に最適と謳っているオープン型(開放型)の完全ワイヤレスイヤホン。TE-M1は音質重視となっていましたが、こちらは開放感重視になっているモデル。ちょっとチェックしてみます。Openpiece S (TE-S1) 製品情報|AVIOThttps://aviot.jp/product/te-s1/...

  7.  AVIOT 『Openpiece M (TE-M1)』 レビューチェック ~ながら聴きに最適と謳うオープン型の完全ワイヤレスイヤホン

    AVIOT 『Openpiece M (TE-M1)』 レビューチェック ~ながら聴きに最適と謳うオープン型の完全ワイヤレスイヤホン

    2022年9月に発売されたAVIOTのイヤホン「Openpiece M (TE-M1)」。「TE-D01v」などこれまで数多くの完全ワイヤレスイヤホンを手がけてきたAVIOTの製品では初となるオープン型(開放型)のモデル。同シリーズ内でこちらは音質重視のものとなっていますが、ちょっとチェックしてみます。Openpiece M (TE-M1) 製品情報|AVIOThttps://aviot.jp/product/te-m1/...

  8. AVIOT 『TE-D01v』 レビューチェック ~コンパクトなマルチスペックモデルを謳うANC完全ワイヤレスイヤホン

    AVIOT 『TE-D01v』 レビューチェック ~コンパクトなマルチスペックモデルを謳うANC完全ワイヤレスイヤホン

    2022年6月に発売されたAVIOTのイヤホン「TE-D01v」。「TE-D01t」の後継機と言われているハイブリッドANC機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。他にも外音取込モードやマルチポイントそれに専用アプリなど多機能になっていてコンパクトなマルチスペックモデルと自ら謳っているものですが、ちょっとチェックしてみます。TE-D01v 製品情報|AVIOThttps://aviot.jp/product/te-d01v...

  9. AVIOT 『TE-D01t』 レビューチェック ~最大50dBの騒音カットを謳うANC完全ワイヤレスイヤホン

    AVIOT 『TE-D01t』 レビューチェック ~最大50dBの騒音カットを謳うANC完全ワイヤレスイヤホン

    2021年6月に発売されたAVIOTのイヤホン「TE-D01t」。ハイブリッド方式のアクティブノイズキャンセリング機能とパッシブノイズアイソレーション技術によって最大50dBの騒音カットを実現したと謳う完全ワイヤレスイヤホン。他にも最大18時間再生や最新アプリ対応など見どころの多いモデルですが、ちょっとチェックしてみます。TE-D01t x AWESOME CITY CLUB|AVIOThttps://aviot.jp/product/te-d01t...

  10. AVIOT 『TE-D01m』 レビューチェック ~独自の”マイルドANC”を搭載した完全ワイヤレスイヤホン

    AVIOT 『TE-D01m』 レビューチェック ~独自の”マイルドANC”を搭載した完全ワイヤレスイヤホン

    2020年11月に発売されたAVIOTのイヤホン「TE-D01m」。”マイルドANC”と称す独自のアクティブノイズキャンセリング機能とパッシブノイズアイソレーション技術によって⾼精度なノイズキャンセレーション効果を実現したと謳っている完全ワイヤレスイヤホン。ちょっとチェックしてみます。TE-D01m|AVIOThttps://aviot.jp/product/te-d01m...

  11. AVIOT 『TE-BD21j』 レビューチェック ~フルモデルチェンジした2BA+1DDドライバーの完全ワイヤレスイヤホン

    AVIOT 『TE-BD21j』 レビューチェック ~フルモデルチェンジした2BA+1DDドライバーの完全ワイヤレスイヤホン

    2020年12月に発売されたAVIOTのイヤホン「TE-BD21j」。かつてのフラッグシップモデルをフルモデルチェンジした2BA+1DDドライバーの完全ワイヤレスイヤホン。今作も通称”ピアホン”と呼ばれるピエール中野氏とのコラボモデル(TE-BD21j-pnk)が用意されていますが、ちょっとチェックしてみます。TE-BD21j|AVIOThttps://aviot.jp/product/te-bd21j...

  12. AVIOT 『TE-D01gv』 レビューチェック ~日本初となるaptX Adaptive対応の完全ワイヤレスイヤホン

    AVIOT 『TE-D01gv』 レビューチェック ~日本初となるaptX Adaptive対応の完全ワイヤレスイヤホン

    2020年7月に発売されたAVIOTのイヤホン「TE-D01gv」。「TE-D01g」の実質後継機となる完全ワイヤレスイヤホンで、日本で出回っているものではこれが初となるaptX Adaptive対応を主な特徴としているモデル。それでいて10,000円を切る価格も魅力となりそうですが、ちょっとチェックしていみます。TE-D01gv|AVIOThttps://aviot.jp/product/te-d01gv...

  13. AVIOT 『TE-D01d mk2』 レビューチェック ~性能・機能ともアップグレードした完全ワイヤレスイヤホン~

    AVIOT 『TE-D01d mk2』 レビューチェック ~性能・機能ともアップグレードした完全ワイヤレスイヤホン~

    2019年12月に発売されたAVIOTのイヤホン「TE-D01d mk2」。「TE-D01d」の後継機もしくはアップグレード版となる完全ワイヤレスイヤホン。再生時間は向上しておりワイヤレス充電にも対応、さらに外音取り込み機能の搭載など見どころはさらに多くなっていますが、ちょっとチェックしてみます。TE-D01d mk2|AVIOThttps://aviot.jp/product/te-d01d-mk2/...

  14. AVIOTの”キズナアイ”完全ワイヤレスイヤホン『TE-D01d-kzn』が10,000円を切る

    AVIOTの”キズナアイ”完全ワイヤレスイヤホン『TE-D01d-kzn』が10,000円を切る

    2019年4月に発売されたAVIOTのイヤホン「TE-D01d-kzn」。「TE-D01d」をベースにしたバーチャルYouTuber・キズナアイとのコラボモデルとなる完全ワイヤレスイヤホン。発売当時は即完売でプレミアがつくほどでしたが、公式ストアが通常価格より若干安い10,000円を切って販売していました。【イヤホン】AVIOT 『TE-D01d-kzn』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-9622.html...

  15. 【イヤホン】AVIOT 『WE-BD21d』 レビューチェック

    【イヤホン】AVIOT 『WE-BD21d』 レビューチェック

    2019年6月に発売されたAVIOTのイヤホン「WE-BD21d」。このタイプではまだ珍しいバランスドアーマチュアユニットx2基+ダイナミックドライバーx1基を搭載したトリプルドライバー・ハイブリッド構成のBluetoothイヤホンで、aptX HDコーデック対応も大きな特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。WE-BD21d | AVIOThttps://aviot.jp/product/we-bd21d/...