ユーザータグ60%レイアウト 1/7

Razer 『Razer Huntsman Mini』 レビューチェック ~60%レイアウトのゲーミングメカニカルキーボード

2020年7月に発売されたRazerのキーボード「Razer Huntsman Mini」。大手と言えるゲーミングデバイスメーカーの製品には今までなかった60%レイアウトのゲーミングメカニカルキーボード。「Razer Huntsman Tournament Edition」などが出ているHuntsmanシリーズのモデルですが、ちょっとチェックしてみます。60% 小型のゲーミングキーボード - Razer Huntsman Minihttps://www2.razer.com/jp-jp/gaming-keyboards-keypads/razer-hunt...

FILCOのニュータイプな60%レイアウトのメカニカルキーボード『Majestouch MINILA-R Convertible』を買ってみた

2020年8月に発売されたFILCOのキーボード「Majestouch MINILA-R Convertible」。「Majestouch MINILA Air」の後継機となる60%レイアウトのメカニカルキーボード。Bluetooth 5.0でのワイヤレス対応や"Patch Keycap"なる新キーキャップ採用、それに複数のキーコード変更可能など独自の進化を遂げていて、これならメインで使えるかもと思い購入。ついでにざっと触れてみます。DIATEC|ダイヤテック株式会社 MINILA-R Convertibleのご...

センチュリーの60%レイアウト/日本語メカニカルキーボード『BLACK QUEEN』が5,000円台まで値下がる

2016年11月に発売されたセンチュリーのキーボード「BLACK QUEEN」。60%レイアウトのコンパクトサイズで”変換/無変換/かな”を省いた日本語配列になっている非常に珍しいメカニカルキーボード。発売当時の価格は12,000円台でしたが最終処分に入っているのか5,000円台で販売しているところがありました。【キーボード】センチュリー 『BLACK QUEEN』 画像などhttps://watchmono.com/blog-entry-7293.html...

IQUNIX、珍しい4カラーで展開する60%レイアウトのメカニカルキーボード『F60 2020 COLORFUL』

海外で見かけたIQUNIXのキーボード「F60 2020 COLORFUL」。「F60S」など以前から様々なタイプのメカニカルキーボードを出しているIQUNIXが今年の春ごろにリリースした60%レイアウトの2020年モデル。その名のとおりカラフルで60%レイアウトではどれも珍しい合計4色のラインナップです。IQUNIX F60机械键盘缤纷cherry樱桃客制化热插拔青轴红轴茶轴游戏-tmall.com天猫https://detail.tmall.com/item.htm?id=616451322598...

FILCO 『Majestouch MINILA-R Convertible』 画像など ~独自の進化を遂げた60%のメカニカルキーボード

2020年8月に発売されるFILCOのキーボード「Majestouch MINILA-R Convertible」。「Majestouch MINILA Air」の後継機となる60%レイアウトのメカニカルキーボードで、従来の特徴を継承しながらもBluetooth 5.1/USB 2.0での有線/無線両対応や新タイプのキーキャップ採用など独自の進化を遂げているモデル。ちょっと見てみます。DIATEC|ダイヤテック株式会社 MINILA-R Convertibleのご紹介https://www.diatec.co.jp/shop/MINILA-R/...

ikbc、2.4GHzワイヤレス対応になった60%レイアウトのメカニカルキーボード『Poker Pro』

海外で発表があったikbcのキーボード「Poker Pro」。「ikbc Poker2」の後継機ともワイヤレス版とも言える60%レイアウトのメカニカルキーボード。同類のワイヤレスモデルは既にいくつも存在しますが、通信方式がBluetoothではなく2.4GHzというのは何気に珍しいかもしれません。ikbc机械键盘侧刻poker pro樱桃轴cherry青轴红轴61键小迷你便携-tmall.com天猫https://detail.tmall.com/item.htm?id=624919139911...

Duckyが自身初となるワイヤレスの60%メカニカルキーボードを出す?

メカニカルキーボードのメーカーとして知られるDuckyは最近SNSで新製品と思われるものをチラ見せばかりしていますが、今回はデザイナーとのコラボモデルであり2020年の干支モデルである”YEAR OF THE RAT EDITION”のメカニカルキーボードを公開。細部を見てみるとUSBレシーバーが収納されているのでワイヤレスの仕様になっている可能性大です。Ducky Official Website | Switch The Worldhttps://www.duckychannel.com.tw/en...

Razerが新製品のサンプルに提供を受けた人のネームを入れるようになった(Razer Huntsman Mini)

先日に発表があって日本でも7月末に発売予定となっているゲーミングメカニカルキーボード「Razer Huntsman Mini」の事を調べていて一つ気になったのは、発表前に提供されていた実機のサンプル。一般的には市販の製品とほぼ同じものが提供されていると思いますが、このサンプルは本体のスペースバーに動画配信者や情報サイトのネームを入れていたようです。Razer、正式発表された60%レイアウトのゲーミングメカニカルキーボード『R...

Razer、正式発表された60%レイアウトのゲーミングメカニカルキーボード『Razer Huntsman Mini』

海外で発表があったRazerのキーボード「Razer Huntsman Mini」。事前にそれっぽい告知があった60%レイアウトのゲーミングメカニカルキーボードが予定どおり発表。「Razer Huntsman Tournament Edition」をそのまま60%レイアウトにしたようなモデルで、ホワイトの” Mercury”も用意されています。60% 小型のゲーミングキーボード - Razer Huntsman Minihttps://www2.razer.com/jp-jp/gaming-keyboards-keypads/razer-huntsman-mini...

Razerが60%レイアウトのゲーミングメカニカルキーボードを出す!?

Razerが”Dominate On a Different Scale”というフレーズを掲げて7/14に何か発表すると告知あり。一緒に公開されていたショートPVには”60% Keyboard”を求めるコメントがぎっしり並べられているので該当する新製品が出るのはほぼ確定的だと思いますが、事前にサンプルの提供を受けた人から情報が流れたのか詳細が少し出ていました。Dominate on a Different Scalehttps://www.razer.com/dominate-on-a-different-scale...

RK、従来より上質になった60%レイアウトのBluetoothメカニカルキーボード『RK61 PRO』

海外で見かけたRKのキーボード「RK61 PRO」。中華メカニカルキーボードが乱発していた時期に割安な60%レイアウトのワイヤレスモデルとして出回っていた「RK61」。これはその上位版となるもので現代に合わせて刷新&キーキャップをはじめコストをかけた作りになっています。RK Keyboard Official Website_Royal kludgehttp://www.rkgaming.com/en-US/...

HyperX 『HyperX Ducky One 2 Mini』 画像など ~HyperX×Duckyコラボの60%メカニカルキーボード

海外で発表があったHyperXのキーボード「HyperX Ducky One 2 Mini」。ゲーミングデバイスで知られるHyperXとメカニカルキーボードで知られるDuckyのコラボモデルとなるメカニカルキーボード。製品名どおり「Ducky One 2 Mini」がベースでいくつかの部分が独自の仕様になっていますが、ちょっと見てみます。The HyperX x Ducky One 2 Miniキーボード |HyperXhttps://www.hyperxgaming.com/jp/keyboards/ducky-one-2-mini-mechanical...

iQunix 『F60S』 画像など ~Macに合う60%レイアウトのBluetoothメカニカルキーボード~

海外で発売されているiQunixのキーボード「F60S」。Apple向けの製品をいくつも手がけているiQunixはメカニカルキーボードも結構前から展開しており、これは60%レイアウトになっているBluetoothモデル。製品情報からしてMacで使う事を想定しているようなものですが、ちょっと見てみます。iQunix Design - F60Shttps://www.iqunix.com/products/45...

Duckyの60%メカニカルキーボード『Mecha Mini / One 2 Mini』の外観比較

海外で発売されているDuckyのキーボード「Mecha Mini」。「One 2 Mini」に続く60%レイアウトのメカニカルキーボードで、4層構造の基板やフルアルミニウム製のフレームなどグレードアップしている部分がいくつかあるモデル。その新旧2つの外観比較が挙がっていたので、ちょっと見てみます。Ducky 『Mecha Mini』 画像など ~完成形を謳う60%レイアウトのメカニカルキーボード~https://watchmono.com/blog-entry-10666.html...

Ducky 『Mecha Mini』 画像など ~完成形を謳う60%レイアウトのメカニカルキーボード~

海外で発売されているDuckyのキーボード「Mecha Mini」。「One 2 Mini」以来の新型となる60%レイアウトのコンパクトなメカニカルキーボード。キースイッチ・キーキャップ・基板・フレームといったパーツすべてにコストをかけていて完成形を謳っているモデルですが、ちょっと見てみます。Ducky Mecha Minihttps://www.duckychannel.com.tw/en/Ducky-Mecha-Mini...

LOFREE、まるでチョコレートみたいなBluetoothメカニカルキーボード『DOT』のバレンタインモデル

海外で見かけたLOFREEのキーボード「DOT (Valentine)」。コンパクトサイズで丸っこいデザインになっているBluetoothメカニカルキーボードのDOTは2016年に登場し、くまモンモデルや口紅モデルなどバリエーション豊かに展開していますが、お次はバレンタインをモチーフにしたモデルです。LOFREE/洛斐 国潮脑洞跨界 巧克力无线蓝牙机械键盘 情人节礼物-tmall.com天猫https://detail.tmall.com/item.htm?id=611702627496&skuId=4474632...

中華メカニカルキーボードのクリスマス限定モデルその2『AJAZZ IK61』

世間はクリスマスシーズンで賑わっていますがメカニカルキーボードの業界も例外ではなく、CHERRYやDuckyなど一部のメーカーは今が商機とばかりクリスマス限定モデルのキーボードやキーキャップを販売していたりする。これまで記事に取り上げた以外の製品もあるんじゃないかと調べたら、中華系の製品で該当するものがいくつかあり。2つ目は手ごろなキーボードやマウスを手がけているAJAZZの「IK61」です。中華メカニカルキーボード...

Duckyの新型60%メカニカルキーボード『Mecha Mini』が正式発表

海外で発表があったDuckyのキーボード「Mecha Mini」。6月のイベントで出展されていた新型となる60%レイアウトのメカニカルキーボード、先日に正式な発表があった模様。「One 2 Mini」とは少し異なるタイプで4層基板の4-layer PCBやフルアルミ製のフレームなどを特徴としています。Ducky Mecha Minihttps://www.duckychannel.com.tw/en/Ducky-Mecha-Mini...

【キーボード】Vortexgear 『Tab60』 画像など

2019年12月に発売されたVortexgearのキーボード「Tab60」。「Tab75」と共にいつの間にかリリースされていたTabシリーズのメカニカルキーボードで、こちらは61キーの60%レイアウトになっているコンパクトモデル。Bluetooth接続などレイアウト以外の部分はシリーズ共通ですが、ちょっと見てみます。Vortexgear|Keyboard|Keycahttp://www.vortexgear.tw/...

AJAZZ、Bluetooth対応&USB Type-C採用の60%メカニカルキーボード『i610T』

海外で見かけたAJAZZのキーボード「i610T」。「AK510」など中華系でも割と個性的なメカニカルキーボードを出し続けているAJAZZですが、お次はかつての乱発期によく見かけた60%レイアウトのコンパクトタイプを今の仕様に刷新したようなワイヤレスモデルです。AJAZZhttp://www.a-jazz.com/...