ユーザータグ特殊フルサイズ 1/2

ロジクール、新スリムデザインの2.4GHz/Bluetoothワイヤレスキーボード『K580』

海外で見かけたロジクールのキーボード「K580」。特殊フルサイズでスリムデザインのワイヤレスキーボード。「SLIM COMBO MK470」とキーレイアウトは同じですが、通信方式が2.4GHz/Bluetoothの両対応だったりスマートフォンが立てかけられたり仕様は異なるモデルです。Logitech K580 Slim Multi-Device Wireless Keyboard - Bluetooth/Receiverhttps://www.logitech.com/en-hk/product/k580-multi-device-wireless-keyboard...

RK、幅300mmクラスで114キー搭載のBluetoothメカニカルキーボード『RK825』

海外で見かけたRK(Royal Kludge)のキーボード「RK825」。中華系の製品が乱発していた時期に知られる存在となったRKが、新たなBluetoothメカニカルキーボードをイベントに展示していた模様。幅300mmクラスで114キーを搭載しているという超特殊なキーレイアウトです。RK官网-电竞外设机械键盘游戏鼠标-royal kludgehttps://www.rkgaming.com/...

LEOPOLD、”Hana”カラーのメカニカルキーボード『FC980M PD Pink』

海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC980M PD Pink」。去年あたりから98キーのメカニカルキーボードでもカラーバリエーション展開するようになったLEOPOLDの新製品。これはメカニカル界隈で周知となっている”Hana”配色のキーキャップ/フレームを採用したモデルです。LEOPOLD、よりレトロカラーになった98キーのメカニカルキーボード『FC980M PD』http://watchmono.com/blog-entry-8099.html...

ABKO、99キーで間隔なしのメカニカルキーボード『ABKO AR96』

海外で見かけたABKOのキーボード「ABKO AR96」。韓国でPC周辺機器を数多く展開しているメーカーのメカニカルキーボードで、フルサイズに近い99キーを間隔なく配列した特殊なタイプのモデル。価格的にどこかのOEM品ではなくオリジナル品かと思われます。ABKO AR96http://www.abko.co.kr/shop/product_item.php?ItId=2586312228...

Xiaomi、スタンド付きの2.4GHz/Bluetoothキーボード『MIIIW Dual-mode Keyboard』

海外で見かけたXiaomiのキーボード「MIIIW Dual-mode Keyboard (MWBK01)」。「SMARTPAD」などMIIIWというブランドでPC周辺機器の展開も積極的になってきたXiaomiのワイヤレスキーボード。ロジクールの「K780」を彷彿とさせる2.4GHz/Bluetooth両対応や端末用のスタンド機能を特徴としたモデルです。米物蓝牙双模键盘-小米有品https://youpin.mi.com/detail?gid=103354...

LEOPOLD、よりレトロカラーになった98キーのメカニカルキーボード『FC980M PD』

海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC980M PD」。98キーの特殊サイズになっている同社のキーボードは静電容量無接点方式の「FC980C」なら日本でも発売されていますが、海外ではメカニカルの方も出ていたりする。これはその別バリエーションとなる”PD”モデルです。【キーボード】LEOPOLD 『FC980M』 画像などhttp://watchmono.com/blog-entry-6804.html...

【キーボード】RK 『RK929』 画像など

海外で発売されているRK(Royal Kludge)のキーボード「RK929 (RK速写)」。最近ちらほらと見かけるロープロタイプのキースイッチを採用した、96キー/薄型設計のBluetoothメカニカルキーボード。高さが前方17mm~後方22.5mmとなっているので最薄レベルと言えるモデルですが、ちょっと見てみます。RK(royal kludge) | RK机械键盘官网http://rkgaming.com/...

RK、96キー/薄型設計のBluetoothメカニカルキーボード『RK929』

海外で見かけたRK(Royal Kludge)のキーボード「RK929 (RK速写)」。「RK61」など特徴的なメカニカルキーボードをいくつも出している中国メーカーの新型モデル。注目すべき点はkailh KUと思われるキースイッチを採用した事により、全高22.5mmという薄型を実現しているところです。RK(royal kludge) | RK机械键盘官网http://rkgaming.com/...

【キーボード】Cooler Master 『Masterkeys Pro M』 画像など

海外で発売されているCooler Masterのキーボード「Masterkeys Pro M」。今となってはというか以前から珍しいタイプとなる、カーソルキーのエリアをそっくり省いたような特殊サイズのメカニカルキーボード。ラインナップはキーバックライトがホワイト単色とフルカラーの2モデルあり。ちょっと見てみます。Cooler Master: Masterkeys Pro M White LEDshttp://www.coolermaster.com/peripheral/keyboards/masterkeys-pro-m-white/...

【キーボード】ロジクール 『K780』 レビューチェック

2016年7月に発売されたロジクールのキーボード「K780 Multi-Device Bluetooth Keyboard」。2つの通信方式(Bluetooth/Unyfing)に対応したワイヤレスキーボードで、同社の上位クラスではお馴染みとなっているPerfectStrokeキーシステム・Easy-Switchボタンの採用や、横一杯に広がったスマートフォン/タブレット両用スタンドを主な特徴としたモデル。ちょっとチェックしてみます。K780 Wireless Multi-Device Quiet Desktop Keyboar...

AZIO、超薄型のメカニカルキーボード『MK-C』

海外で見かけたAZIOのキーボード「MK-C」。海外では以前から製品をちょくちょく見かける事があるAZIOのメカニカルキーボード。一見パンタグラフ式としか思えないような外観ですが、どうやら今までのものとは違うメカニカルキースイッチを採用してこの超薄型を実現しているようです。Aziocorp.com – AZIO Corp Official Sitehttp://www.aziocorp.com/...

【キーボード】LEOPOLD 『FC980C』 画像など

海外で発売されているLEOPOLDのキーボード「FC980C」。カーソルキーやテンキーのエリアが特殊なレイアウトになっている98キーの静電容量無接点方式キーボード。パッケージにはMade in Japan/Manufactured by Topreと記載されており、東プレが製造を手がけた日本製だったりするモデルですが、ちょっと見てみます。FC980Chttp://www.leopold.co.kr/?doc=cart/item.php&it_id=1479442741...

LEOPOLD、98キー/特殊サイズの静電容量無接点方式キーボード『FC980C』

海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC980C」。98キーの特殊サイズなメカニカルキーボード「FC980M」を9月ごろにリリースしていたLEOPOLDですが、これは同型の静電容量無接点方式モデル。拠点の韓国では出回りはじめたようです。FC980Chttp://www.leopold.co.kr/?doc=cart/item.php&it_id=1479442741...

97キー特殊サイズの中華メカニカルキーボード『TMK610』

海外で見かけたTaiduのキーボード「TMK610」。主にゲーミングデバイスを展開している中国メーカーのゲーミング・メカニカルキーボード。注目すべき点はカーソルキーなどがあるエリアを取っ払ったような97キーの特殊サイズ。現状ではCooler Masterの「Masterkeys Pro M」など2つ3つあるかないかの稀少なタイプです。钛度|人皇sky创业打造顶级电竞装备品牌|钛度科技官方网站http://www.youtaidu.com/...

【キーボード】LEOPOLD 『FC980M』 画像など

海外で発売されているLEOPOLDのメカニカルキーボード「FC980M」。フルサイズより小さくてテンキーレスよりキー数は多い98キーの特殊なメカニカルキーボード。現時点で公式サイトに製品情報は掲載されていませんが、一部の層には既に出回っている模様。ちょっと見てみます。LEOPOLD FC980 Serieshttp://www.leopold.co.kr/?doc=bbs/gnuboard.php&bo_table=notice&page=1&wr_id=295...

LEOPOLD、98キー/特殊サイズのメカニカルキーボード『FC980M』

海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC980M」。テンキーレスなみのサイズながらフルサイズに近い実用性を備えた98キーのメカニカルキーボード。こういうテンキー付きコンパクトと言えるタイプは以前から存在していましたが、カーソルキー有りでも配列が標準的なところは大きなポイントとなりそうです。LEOPOLD FC980 Serieshttp://www.leopold.co.kr/?doc=bbs/gnuboard.php&bo_table=notice&page=1&wr_id=295...

【キーボード】ロジクール 『K780』 画像など

2016年7月に発売されるロジクールのキーボード「K780 Multi-Device Bluetooth Keyboard」。スマートフォンなど端末が立てかけられるクレードルが備わったBluetooth&2.4GHz帯両対応のワイヤレスキーボードで、同シリーズの「K480」に比べると完全にデスクトップ向けの仕様になっているテンキー付きコンパクトモデル。画像は海外向けの英語配列版ですが、ちょっと見てみます。K780 Multi-Device Bluetooth Keyboardhttp://www.logic...

Cooler Master、テンキー付きコンパクトタイプのメカニカルキーボード『Masterkeys Pro M』

海外で見かけたCooler Masterのキーボード「Masterkeys Pro M」。フルサイズの「Masterkeys Pro L」、テンキーレスの「Masterkeys Pro S」を最近リリースしたゲーミング・メカニカルキーボードのシリーズから、今度はテンキー付きコンパクトタイプの”M”モデルが出る模様。ただし新型ではなく内容的に既製品のマイナーチェンジ版と言えるものです。【キーボード】CM Storm 『Quick Fire TK』 画像などhttp://watchmono.com/blog-ent...

懐かしのメカニカルキーボード ~FILCO FKB-107-AI~

2001年9月に発売されたFILCOのキーボード「FKB-107-AI」。キーに間隔がないテンキー付きコンパクトとも言える配列、でも上一列は少し離れた位置に備わっている、今となっては珍しい変形タイプのメカニカルキーボード。15年以上前の製品なので新品はおろか中古品でも滅多に遭遇する事はなさそうですが、何か随分と特徴的というか印象的だったのでちょっと見てみます。ダイヤテック・製品情報 | FKB-107J-AIhttp://www.diatec.co.jp/...

芝生メカニカルキーボードを自作する人もいる(Quick Fire TK)

芝生メカニカルキーボード・・・・製品として出していたのはFILCOのセミオーダーメイド品(MIDORI)だけで、芝生そっくりに加工されたパイルをフレームに貼り付けたその外観はまさに珍品中の珍品。登場時に見た時はこんなもの欲しがる人がいるんかな・・・・?と正直思っていましたが、世界視野で見ると意外に購入報告がちらほらとあり、現在は完売していたりと需要は結構あった模様。そしてもう売っていないなら自分で作ればいい...