ユーザータグワイヤレスマウス 1/25

ロジクールの多機能ワイヤレスゲーミングマウス『G604 LIGHTSPEED』が9,000円を切る

2019年11月に発売されたロジクールのマウス「G604 LIGHTSPEED」。計15個のプログラマブルボタン、高速スクロールホイール、2.4Ghz/Bluetoothのデュアルワイヤレスモード、など多機能になっているワイヤレスゲーミングマウス。発売当時の価格は11,000円台でしたが値下がりとクーポン適用で9,000円を切って販売するところが出てきました。ロジクール 『G604 LIGHTSPEED』 レビュー ~多方面で活用できるワイヤレスゲーミングマウス~...

ROCCAT 『Kain 200 AIMO』 レビューチェック ~トップグレードで一番安いワイヤレスゲーミングマウス

2019年12月に発売されたROCCATのマウス「Kain 200 AIMO」。「Kain 120 AIMO」のワイヤレス版となる独自のクリック構造”Titan Click”採用のワイヤレスゲーミングマウス。今作もカラーによって型番が違っていてホワイトの方はKain 202 AIMOになっていますが、ちょっとチェックしてみます。ROCCAT Kain 200 AIMOhttps://ja.roccat.org/Mice/Kain-200-AIMO...

Acer、どこかで見た事あるPredatorブランドのワイヤレスゲーミングマウス『Predator Cestus 350』

海外で発表があったAcerのマウス「Predator Cestus 350」。ゲーミングPCのアクセサリ的な立ち位置でゲーミングデバイスも地味ながら出ているPredatorブランドのワイヤレスゲーミングマウス。先に言っておくとAJAZZの「i305Pro」と同型でそちらが元ではないかと思われるモデルです。Predator Cestus 350 - Tech Specs | Accessories | Acer United Kingdomhttps://www.acer.com/ac/en/GB/content/predator-model/GP.MCE11.00Q...

XENICS 『TITAN G AIR wireless』 画像など ~トップカバーが交換できる重量74gのワイヤレスゲーミングマウス

海外で発売されているXENICSの「TITAN G AIR wireless」。「TITAN G AIR」のワイヤレスモデルとなる重量74gのワイヤレスゲーミングマウス。有線モデルと同じくノーマル/ハニカムの2種でトップカバーが交換可能&オプションで色違いのトップカバーもあるようですが、ちょっと見てみます。TITAN G AIR wirelesshttp://www.xenics.co.kr/goods/goods_view.php?goodsNo=1000000214...

ロジクール 『PRO Wireless (PIXEL)』 画像など ~一般販売がはじまった限定ピンクのワイヤレスゲーミングマウス

海外で発売されているロジクールのマウス「PRO Wireless (PIXEL)」。「PRO Wireless」の限定モデルとして登場したピンクのワイヤレスゲーミングマウス。初出は専用サイトにて1,000台限定で取り扱っていたものですが、中国では台数制限なしの一般販売がはじまった模様。ちょっと見てみます。Limited Edition Logitech G Products - Gaming Mice, Keyboards, Headsetshttps://www.logitechg.com/en-us/products/limited-editions.htm...

ロジクールのワイヤレスゲーミングマウス『PRO Wireless』の限定カラー”PIXEL”、中国で一般販売される

海外で発売されているロジクールのマウス「PRO Wireless (PIXEL)」。ワイヤレスゲーミングマウスのPRO Wirelessをピンクに仕立て上げたこの限定モデルはチャリティーを目的に北米の専用サイトのみで販売されていたものですが、どうやら中国のオフィシャルストアで一般販売がはじまったようです。【マウス】ロジクール 『PRO Wireless』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-9260.html...

中国ロジクールがワイヤレスゲーミングマウス『PRO Wireless』にグリップテープを付けて販売している

ゲーミングマウスにスポーツ用品のグリップテープを付けるカスタマイズは2019年から見かけるようになり、今やコアなゲーマーの間で滑り止めやコーディネートを目的とした定番の改造方法になっている印象ですが、中国ロジクールのオフィシャルストアがワイヤレスゲーミングマウスの「PRO Wireless」にそのグリップテープを付けて販売しているようです。ゲーミングマウスをグリップテープでコーディネートするのが流行っているhttps:...

IRONCAT、ハニカムデザインで重量:70gのワイヤレスゲーミングマウス『INFINITY ONE PRO』

海外で見かけたIRONCATのマウス「INFINITY ONE PRO」。「INFINITY ONE」のワイヤレス版となるハニカムデザインのワイヤレスゲーミングマウス。現時点で公式サイトやオフィシャルストアに製品情報は公開されていませんが、サンプルと思われる実機が動画で公開されていました。鼠标-深圳市因科特电子信息有限公司http://www.szironcat.com/mouse.html...

IRONCATがハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス『INFINITY ONE』のワイヤレスモデルを出す!?

この記事と同時に取り上げているIRONCATのマウス「INFINITY ONE」はSharkoonの「Light² 200」などと同型でありながら構造や付属品に個性が出ているハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウスですが、どうやらワイヤレスモデルが既に存在している模様。関係者とつながりがあると思われる人が有線モデルと一緒に実機を公開していました。IRONCAT 『INFINITY ONE』 画像など ~カラーで作りが違うハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウスh...

Delux 『M618C』 画像など ~MX Verticalに似た形状のワイヤレスエルゴノミクスマウス

海外で発売されているDeluxのマウス「M618C」。ロジクールの「MX Vertical」を彷彿とさせる形状のワイヤレスエルゴノミクスマウス。見る角度によってはクローンと言えるほど似ていますが、ボタンの配置など結構違っていて価格帯も全然違う廉価なモデル。ちょっと見てみます。M618C_DELUXhttp://www.deluxworld.com/en/product/rgzn/czsb/259.html...

Corsairのワイヤレスゲーミングマウス『DARK CORE RGB PRO SE』の分解・実重量レポート

2020年4月に発売されるCorsairのマウス「DARK CORE RGB PRO SE」。最先端のセンサーとワイヤレス技術を採用し、Qi対応など機能性も豊富なワイヤレスゲーミングマウス。高性能・多機能・高品質を実現するためか重量は相当重くなっていますが、分解と実重量のレポートが投稿されていたので見てみます。Corsair 『DARK CORE RGB PRO SE』 画像など ~高性能・多機能だが140gを超えるワイヤレスゲーミングマウスhttps://watchmono.com/...

Corsair 『DARK CORE RGB PRO SE』 画像など ~高性能・多機能だが140gを超えるワイヤレスゲーミングマウス

海外で発売されているCorsairのマウス「DARK CORE RGB PRO SE」。「DARK CORE RGB SE」の後継機となるワイヤレスゲーミングマウスで、これが初出となるPixart PAW3392センサーやポーリングレート最大2000Hzの実現などを特徴としている高性能・多機能なモデル。ちょっと見てみます。DARK CORE RGB PRO SE ワイヤレスゲーミングマウスhttps://www.corsair.com/p/CH-9315511-AP...

ロジクール、6つもあるワイヤレスマウス『Pebble M350』のデザイナーモデル

2019年6月に発売されたロジクールのマウス「Pebble M350」。シンプルでモダンなデザインかつ静音仕様にもなっているモバイル向けのワイヤレスマウス。中国では”Pebble”の名で先行リリースされていましたが、その中国ではデザイナーが手がけた限定モデルが6つも出ているようです。【マウス】ロジクール 『Pebble M350』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-9866.html...

Delux、MX Verticalクローンのワイヤレスエルゴノミクスマウス『M618C』

海外で見かけたDeluxのマウス「M618C」。「M618X」など個性的なエルゴノミクスマウスをいくつも出していたDeluxが新型モデルをリリースした模様。記事のタイトルどおりロジクールの「MX Vertical」のクローンではないかと思わせる垂直型のエルゴノミックデザインです。M618C_DELUXhttp://www.deluxworld.com/en/product/rgzn/czsb/259.html...

XENICS、重量:93gのEC2チックなワイヤレスゲーミングマウス『TITAN G Wireless』

海外で見かけたXENICSのマウス「TITAN G Wireless」。「TITAN G AIR」「TITAN G AIR Wireless」で注目を集めていたXENICSが同シリーズのハニカムデザインではないワイヤレスゲーミングマウスをリリースした模様。ZOWIE EC2を彷彿とさせるサイズ・形状で重量は93gに抑えているモデルです。XENICS TITAN G Wirelesshttp://www.xenics.co.kr/goods/goods_view.php?goodsNo=1000000159...

ROCCATのワイヤレスゲーミングマウス『Kain 200 AIMO / Kain 202 AIMO』がさらに7,000円を切る

2019年12月に発売されたROCCATのマウス「Kain 200 AIMO / Kain 202 AIMO」。Kainシリーズの最上位となるこのワイヤレスゲーミングマウスは数日前に9,000円を切って急に安くなったなーと思っていたのも束の間、さらなる値下げとポイント付与で実質7,000円を切る価格で販売するところが出てきました。ROCCATのワイヤレスゲーミングマウス『Kain 200 AIMO / Kain 202 AIMO』が9,000円を切るhttps://watchmono.com/blog-entry-10697.ht...

Corsair、ポーリングレート2000Hzを謳うワイヤレスゲーミングマウス『DARK CORE RGB PRO SE』

海外で発表があったCorsairのマウス「DARK CORE RGB PRO SE」。「DARK CORE RGB SE」の後継機もしくは強化版となるであろうワイヤレスゲーミングマウス。センサーはこれが初出となるPixart PAW3392を採用しており、ワイヤレスではおそらく初のポーリングレート最大2000Hzも特徴としています。Gaming Mice | Wireless Gaming Mice | FPS & MMO & MOBA Gaming Mice | CORSAIRhttps://www.corsair.com/ja/ja/c/Cor_Products_Mice...

ROCCATのワイヤレスゲーミングマウス『Kain 200 AIMO / Kain 202 AIMO』が9,000円を切る

2019年12月に発売されたROCCATのマウス「Kain 200 AIMO / Kain 202 AIMO」。「Kain 120 AIMO / Kain 122 AIMO」をそのままワイヤレス化したワイヤレスゲーミングマウスで、カラーによって型番が異なるモデル。発売当時の価格は12,000円前後でしたが早くも9,000円を切って販売するところが出てきました。【マウス】ROCCAT 『Kain 200 AIMO / Kain 202 AIMO』 画像などhttps://watchmono.com/blog-entry-10206.html...

LOFREE、ゴージャスな見た目になったワイヤレスマウス『MAUS』のローズゴールドモデル

海外/国内で発売されているLOFREEのマウス「MAUS」。レトロフューチャーなデザインが目を引いた2.4GHz/Bluetoothワイヤレスマウスにローズゴールドモデルも追加された模様。キーボードの「DOT - 绽放」と同じく口紅をモチーフにしており、その見た目はガラリと変わっています。LOFREE、レトロフューチャーなワイヤレスマウス『MAUS』https://watchmono.com/blog-entry-9195.html...

ロジクールのワイヤレスゲーミングマウス『G604 LIGHTSPEED』の分解レポート

2019年11月に発売されたロジクールのマウス「G604 LIGHTSPEED」。計15個のプログラマブルボタンや高速スクロールホイールを搭載したMMO/MOBA向けの多機能なワイヤレスゲーミングマウス。自分も既にレビューしているものですが、まだ知らなかった内部の詳細が投稿されていたので見てみます。ロジクール 『G604 LIGHTSPEED』 レビュー ~多方面で活用できるワイヤレスゲーミングマウス~https://watchmono.com/blog-entry-10381.html...