ユーザータグワイヤレストラックボール 1/3

Perixx、2段階で角度調整できるワイヤレストラックボール『PERIMICE-720』

海外で見かけたPerixxのトラックボール「PERIMICE-720」。「PERIMICE-717」が日本でも出回っていたPerixxの新たなワイヤレストラックボールで、デュアルワイヤレスモードやチルトホイールなどを備えたモデル。付属のジョイントパーツで2段階の角度調整ができるのも大きな特徴としています。Perixx PERIMICE-720 Wireless Ergonomic Trackball Mouse with Adjustable Anglehttps://perixx.com/store_jp/perixx-perimice-720-wireles...

Kensington 『Pro Fit Ergo Vertical ワイヤレストラックボール』 レビューチェック ~垂直型/親指操作のトラックボール

2020年3月に発売されたKensingtonのトラックボール「Pro Fit Ergo Vertical ワイヤレストラックボール」。同社の製品で初となる親指操作タイプのワイヤレストラックボールで、まるでエルゴノミクスマウスみたいな垂直型のデザインも大きな特徴のモデル。その垂直型は今までになかったので業界初でもありますが、ちょっとチェックしてみます。Pro Fit Ergo Vertical ワイヤレストラックボール | トラックボール | Kensingtonhttps:/...

Kensingtonのトラックボール『Pro Fit Ergo Vertical Wireless Trackball』の極端な形状をM570比較で見る

海外で発売されているKensingtonのトラックボール「Pro Fit Ergo Vertical Wireless Trackball」。エルゴノミックデザイン/親指操作タイプのワイヤレストラックボールで、まるでエルゴノミクスマウスのような極端な形状が目を引くモデル。どれだけ極端なのかロジクールの「M570」との外観比較があったので、ちょっと見てみます。Kensington、極端な形状のワイヤレストラックボール『Pro Fit Ergo Vertical Wireless Trackball』htt...

Kensington、極端な形状のワイヤレストラックボール『Pro Fit Ergo Vertical Wireless Trackball』

海外で見かけたKensingtonのトラックボール「Pro Fit Ergo Vertical Wireless Trackball」。「Expert Mouse Wireless Trackball」以来の新型となるワイヤレストラックボールで、同社の製品に今までなかったエルゴノミックデザイン/親指操作タイプのモデル。他社の製品と比べてもかなり極端な形状になっているようです。Pro Fit Ergo Vertical Wireless Trackball | Trackballs | Kensingtonhttps://www.kensington.com/p/products/...

Kensingtonがかなりエルゴノミックな親指操作のワイヤレストラックボールを出す!?

Kensingtonのトラックボールといえば大型の筐体に大型のボールを搭載した左右対称のタイプが主流で、小型サイズやモバイル向けのモデルでも左右対称の作りになっていますが、今までとは路線が異なる親指操作のワイヤレストラックボールを出すという情報があり。ボールがほぼ上部の位置にあるデザインはまるでエルゴノミクスマウスのような外観です。トラックボール | Kensingtonhttps://www.kensington.com/ja-jp/c/products/contr...

【トラックボール】エレコム 『bitra (M-MT2DRSBK/M-MT2BRSBK)』 レビューチェック

2019年11月に発売されたエレコムのトラックボール「bitra (M-MT2DRSBK/M-MT2BRSBK)」。モバイルを想定したコンパクトサイズになっているワイヤレストラックボール。このbitraシリーズは人差し指操作タイプと親指操作タイプが出ていてこちらは前者、2.4GHz版とBluetooth版の2ラインナップあり。ちょっとチェックしてみます。ワイヤレスモバイルトラックボール(人差し指操作タイプ) - M-MT2DRSBKhttps://www.elecom.co.jp/products...

【トラックボール】エレコム 『Relacon (M-RT1DRBK/M-RT1BRBK)』 レビューチェック

2019年11月に発売されたエレコムのトラックボール「Relacon (M-RT1DRBK/M-RT1BRBK)」。”ごろ寝マウス”の名で親しまれてきたハンディタイプのワイヤレストラックボールで、大きめのボールやカスタマイズ可能な10ボタン搭載を特徴としているモデル。2.4GHz版とBluetooth版の2ラインナップありますが、ちょっとチェックしてみます。ワイヤレスハンディトラックボール - M-RT1DRBKhttps://www.elecom.co.jp/products/M-RT1DRBK.html...

【トラックボール】Amazonベーシック 『AmazonBasics Wireless Trackball Mouse』 画像など

海外で発売されているAmazonベーシックのトラックボール「AmazonBasics Wireless Trackball Mouse」。「LEXMA M980R」がベースと思われる親指操作タイプで進む/戻るボタンやDPI切替ボタン兼インジケーターを備えたワイヤレストラックボール。手ごろな価格設定も魅力となりそうなモデルですが、ちょっと見てみます。Amazon.com: AmazonBasics Wireless Trackball Mousehttps://www.amazon.com/dp/B07G28NF3L/...

Amazonベーシックのワイヤレストラックボール『AmazonBasics Wireless Trackball Mouse』

海外で見かけたAmazonベーシックのトラックボール「AmazonBasics Wireless Trackball Mouse」。AmazonのプライベートブランドであるAmazonベーシックからワイヤレストラックボールがリリースされていた模様。先に言っておくとLEXMAの「LEXMA M980R」と同型なので、そちらが元となっているであろうモデルです。Amazon.com: AmazonBasics Wireless Trackball Mousehttps://www.amazon.com/dp/B07G28NF3L/...

台湾メーカー産のワイヤレストラックボール『LEXMA M980R』

海外で見かけたLEXMAのトラックボール「LEXMA M980R」。PC周辺機器を数多く手がけていてOEM元にもなっているっぽい台湾メーカーのワイヤレストラックボール。ロジクールの「MX ERGO」ともエレコムの「EX-G PRO」とも本体の形状が異なる親指操作タイプのモデルです。LEXMA M980R 無線軌跡球滑鼠https://www.fortune-creation.com/products/m980r...

エレコムのトラックボール『M-HT1DRBK』の分解レポート

2017年7月に発売されたエレコムのトラックボール「M-HT1DRBK」。大型サイズの筐体に直径52mmの大型ボールを搭載したワイヤレストラックボール。発売から2年近く経っているので情報は出尽くしていると思いますが、今になって分解レポートが投稿されていたのちょっと見てみます。【トラックボール】エレコム 『M-HT1DRBK』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-7846.html...

【トラックボール】エレコム 『EX-G PRO』 レビューチェック

2018年6月に発売されたエレコムのトラックボール「EX-G PRO (M-XPT1MRBK)」。「DEFT PRO」に続いて登場したハイスペック仕様を謳う無線(2.4GHz帯/Bluetooth)/有線両対応のトラックボールで、こちらは「M-XT2DRBK」の上位版とも言える親指操作タイプのモデル。ちょっとチェックしてみます。トラックボール“EX-G PRO”(親指操作タイプ) - M-XPT1MRBKhttp://www2.elecom.co.jp/products/M-XPT1MRBK.html...

【トラックボール】エレコム 『DEFT PRO』 レビューチェック

2018年4月に発売されたエレコムのトラックボール「DEFT PRO (M-DPT1MRBK)」。その名のとおり「DEFT (M-DT1DRBK)」の上位版となる人差し指操作タイプのトラックボールで、各パーツのグレードアップ化や無線/有線両対応などを特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。トラックボール“DEFT PRO”(人差し指操作タイプ) - M-DPT1MRBKhttp://www2.elecom.co.jp/products/M-DPT1MRBK.html...

【トラックボール】ロジクール 『MX ERGO』 レビューチェック

2017年9月に発売されたロジクールのトラックボール「MX ERGO」。トップ&ロングセラー機の「M570」から7年ぶりの新型登場となったUnifying/Bluetooth両対応のワイヤレストラックボールで、ハイエンドクラスのMXシリーズに相応しい性能・機能を備えているモデル。ちょっとチェックしてみます。Logicool MX ERGO Wireless Trackballhttps://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/mx-ergo-wireless-trackball-mouse...

【トラックボール】エレコム 『M-HT1DRBK』 レビューチェック

2017年7月に発売されたエレコムのトラックボール「M-HT1DRBK」。「M-DT1URBK (DEFT)」に続く人差し指操作タイプのトラックボールで、本体もボールも大型サイズになっているワイヤレスモデル。”HUGE”とも名付けられていて有線モデル(M-HT1URBK)もありますが、ちょっとチェックしてみます。ワイヤレストラックボール(人差し指・中指操作タイプ) - M-HT1DRBKhttp://www2.elecom.co.jp/products/M-HT1DRBK.html...

エレコムのトラックボール『M-HT1DRBK』と各機のサイズ比較

2017年7月に発売されたエレコムのトラックボール「M-HT1DRBK」。最近トラックボールを継続的に出しているエレコムが初めて手がけた大型サイズの新型モデル。国内外問わず購入報告をちらほら見かけるようになりましたが、複数の機器とサイズを比較したレポートがあったのでちょっと見てみます。エレコムのトラックボール『M-HT1DRBK』は想像以上の大きさだったhttp://watchmono.com/blog-entry-7703.html...

エレコムのトラックボール『M-HT1DRBK』は想像以上の大きさだった

2017年7月に発売されたエレコムのトラックボール「M-HT1DRBK」。直径52mmの大型ボールや低反発素材のパームレスト採用を特徴とした新型のワイヤレストラックボール。イメージ画像を見ただけではピンときませんでしたが、実機を見比べると想像以上に大きいサイズのようです。ワイヤレストラックボール(人差し指・中指操作タイプ) - M-HT1DRBKhttp://www2.elecom.co.jp/products/M-HT1DRBK.html...

Kensingtonのトラックボール『Expert Mouse Wireless Trackball』が8,000円を切る

2016年2月に発売されたKensingtonのトラックボール「Expert Mouse Wireless Trackball」。大玉のタイプでは世界初となったワイヤレスのトラックボールで、通信方式がBluetoothと2.4GHz帯の両対応になっているところもトラックボールで世界初のモデル。発売当時の価格は13,000円台でしたが現在は8,000円台半ばまで値下がっており、さらにキャンペーン割引の適用で7,700円くらいになっているようです。【トラックボール】Kensington ...

【トラックボール】ナカバヤシ 『Digio2 Q』 レビューチェック

2016年12月に発売されたナカバヤシのトラックボール「Digio2 Q」。34mm径ボール採用のものでは世界最小クラス、さらにクリック音が静かな静音スイッチの採用を特徴としたトラックボール。最初に有線モデル(MUS-TULF133/MUS-TULF139)が登場し、その後にBluetooothモデル(MUS-TBLF134)や2.4GHzワイヤレスモデル(MUS-TRLF132)も出ましたが、ちょっとチェックしてみます。「Digio2 小型無線静音5ボタントラックボール」 | ナカバ...

【トラックボール】Perixx 『PERIMICE-717』 レビューチェック

2016年9月に発売されたPerixxのトラックボール「PERIMICE-717」。比較的割安なPC周辺機器を展開しているPerixxが初めて手がけたトラックボール。この型番はワイヤレスモデルで同型の有線モデル(PERIMICE-517)もありますが、ちょっとチェックしてみます。Perixx Computer GmbH: エルゴノミクス&プロフェッショナルデバイスhttp://perixx.com/JP/products/perixx-pro-10.html...