1. 『Pulsar Xlite V3』レビューチェック ~3サイズ用意された第3世代のエルゴ系ワイヤレスゲーミングマウス

    『Pulsar Xlite V3』レビューチェック ~3サイズ用意された第3世代のエルゴ系ワイヤレスゲーミングマウス

    2023年12月に発売されたPulsarのマウス「Xlite V3」。シリーズ第3世代となるエルゴノミックデザインのワイヤレスゲーミングマウス。主要パーツはもちろん最新仕様でポーリングレート4000Hz対応(4Kドングル使用)も特徴としているモデル。3サイズ用意されており個人的に後から追加されたLargeが気になったのでちょっとチェックしてみます。【公式サイト】Xlite V3 Gaming Mouse – Pulsar Gaming Gears Japan...

  2. DAREU、他に類を見ないマグネシウム合金ボタン&TFTディスプレイ搭載のワイヤレスゲーミングマウス『A980 Pro』

    DAREU、他に類を見ないマグネシウム合金ボタン&TFTディスプレイ搭載のワイヤレスゲーミングマウス『A980 Pro』

    海外で見かけたDAREUのマウス「A980 Pro」。「A950 Pro Magnesium」の販売で日本でも知られるようになったDAREUの次なるワイヤレスゲーミングマウスは、その名のとおり「A980」の上位版となるモデル。まだ正式に発表されていないものですがメインボタンがマグネシウム合金製で左側面にTFTディスプレイを搭載しているようです。【公式サイト】Dareu - Gaming Gear | Keyboard, Mouse, Headset & Controller...

  3. EDIFIER、日本発売が決まったクリック音の切り替えができる約63gのワイヤレスゲーミングマウス『G3M PRO』

    EDIFIER、日本発売が決まったクリック音の切り替えができる約63gのワイヤレスゲーミングマウス『G3M PRO』

    2024年2月に発売されたEDIFIERのマウス「G3M PRO (ED-G3MPRO)」。「G5000」「GX05」など日本ではオーディオ製品が知られているHECATEブランドのワイヤレスゲーミングマウスで、デュアルメカニカルスイッチ採用によりクリック音の切り替えができるという特徴を備えたモデル。日本正規代理店のプリンストンから発売が決まったようです。【公式サイト】ED-G3MPRO | Edifier | ゲーミング関連 | 製品案内 | 株式会社プリンストン...

  4. Gloriousの珍色で約55gのワイヤレスゲーミングマウス『Model O Pro Wireless』が18,000円→9,000円を切る

    Gloriousの珍色で約55gのワイヤレスゲーミングマウス『Model O Pro Wireless』が18,000円→9,000円を切る

    2023年3月に発売されたGloriousのマウス「Model O Pro Wireless」。海外ではグループバイからスタートしてそのしばらく後に日本でも発売されたワイヤレスゲーミングマウスで、約55gの軽量ソリッドシェルや今でも珍しいモダンなカラーリングを特徴としているモデル。発売当時の価格は18,000円台でしたが半額以下となる9,000円を切って販売するところが出てきました。【関連記事】Glorious、日本発売が決まった珍しいカラーリングの...

  5. 『Razer DeathAdder V3 Pro (Smooth-Touch 8000Hz)』画像など ~表面コーティングが改良された8KHzドングル付きのワイヤレスゲーミングマウス

    『Razer DeathAdder V3 Pro (Smooth-Touch 8000Hz)』画像など ~表面コーティングが改良された8KHzドングル付きのワイヤレスゲーミングマウス

    海外で発売されているRazerのマウス「DeathAdder V3 Pro (Smooth-Touch 8000Hz)」。2022年8月に発売されたワイヤレスゲーミングマウス「DeathAdder V3 Pro」にポーリングレート8000Hz対応のドングルを同梱したバンドル品。単に8KHzドングルを付けたものではなく製品情報で”Smooth-Touch”と称しているとおり表面のコーティングが変わっているようですが、ちょっと見てみます。【公式サイト】Razer DeathAdder V3 Pro - ブラック - S...

  6. Fantechの”最強の卵型”を謳うワイヤレスゲーミングマウス『Aria XD7』が7,000円台に値下がる

    Fantechの”最強の卵型”を謳うワイヤレスゲーミングマウス『Aria XD7』が7,000円台に値下がる

    2023年3月に発売されたFantechのマウス「Aria XD7」。パームカバー交換のギミックも特徴としている卵型のワイヤレスゲーミングマウスで、”現時点で最強の卵型”とグローバルサイトで謳っており評価的にも実際そうだったモデル。発売当時の価格は10,000円台でしたが今年に入ってから徐々に値下がっていたようで現在は7,000円台になっています。【関連記事】Fantech 『Aria XD7』 レビューチェック ~現時点で最強の卵型と謳う約59gの...

  7. REDRAGON、2種のサイドボタン含む計15ボタン搭載のMMOワイヤレスゲーミングマウス『M811 PRO』

    REDRAGON、2種のサイドボタン含む計15ボタン搭載のMMOワイヤレスゲーミングマウス『M811 PRO』

    海外で見かけたREDRAGONのマウス「M811 PRO (AATROX WIRELESS)」。「G49-PRO」など最近のトレンド要素を取り入れたワイヤレスゲーミングマウスを出していたREDRAGONですが、これは10年くらい前の路線を最新スペックで作り上げたようなMMO向けのモデル。2種の構成になっている計10個のサイドボタン(全体は計15ボタン)が特徴的・・・でも重量はクッソ重いです。【公式サイト】Upgrade Your Gaming with Redragon M811 PRO Wireless...

  8. Viper V3 HyperSpeedクローンと言われている中華系のワイヤレスゲーミングマウス『RAWN SA-MH01』

    Viper V3 HyperSpeedクローンと言われている中華系のワイヤレスゲーミングマウス『RAWN SA-MH01』

    海外で見かけたRAWNのマウス「SA-MH01」。最近の中華ワイヤレスゲーミングマウスはかつて低価格の中華メカニカルキーボードが乱発していた時期を彷彿とさせるような盛況を見せていますが、これもその一つで新興メーカーがリリースしていた新製品。本体のサイズや形状はRazerの「Viper V3 HyperSpeed」によく似ていると言われています。【公式サイト】【仁魔官方网站】游戏外设专业品牌...

  9. Razerのワイヤレスゲーミングマウス『DeathAdder V3 Pro』に8KHzドングル付きのバンドル品が登場・・・表面のコーティングが改良されている!?

    Razerのワイヤレスゲーミングマウス『DeathAdder V3 Pro』に8KHzドングル付きのバンドル品が登場・・・表面のコーティングが改良されている!?

    2022年8月に発売されたRazerのワイヤレスゲーミングマウス「DeathAdder V3 Pro」。大型サイズかつ軽量のエルゴノミックデザインが好評の一方で表面のコーティングが良くないという声もあり、後から登場した有線モデルの「DeathAdder V3」はそこが改良されていたのでProモデルに不満を募らせる人も多かった印象。で、8KHzドングルがセットのバンドル品が先日発表されましたが、新しいコーティングに関する記載がありました。【公式...

  10. Pulsar、日本発売が決まった鬼滅の刃コラボのワイヤレスゲーミングマウス『X2V2 / X2V2 Mini (鬼滅の刃)』

    Pulsar、日本発売が決まった鬼滅の刃コラボのワイヤレスゲーミングマウス『X2V2 / X2V2 Mini (鬼滅の刃)』

    2024年1月に発売されたPulsarのマウス「X2V2 / X2V2 Mini (鬼滅の刃)」。ゲーミングマウスやゲーミングマウスパッドは大手に匹敵もしくはそれ以上の製品展開を見せているPulsarですが、今までにコラボ製品も色々と出していてこれは世界的な人気作品となっている鬼滅の刃とコラボしたワイヤレスゲーミングマウス。日本発売が決まったようです。【公式サイト】[鬼滅の刃] 伽門炭治郎 X2V2 Gaming Mouse – Pulsar Gaming Gears Japa...

  11. DELUX、Viper V3 Miniと言われている小型サイズで約52gのワイヤレスゲーミングマウス『M600 Ulitra』

    DELUX、Viper V3 Miniと言われている小型サイズで約52gのワイヤレスゲーミングマウス『M600 Ulitra』

    海外で見かけたDELUXのマウス「M600 Ulitra」。「M800 Ultra」以来となる新型のワイヤレスゲーミングマウスで、スペックが異なる3つのタイプ(無印・Pro・Ultra)の中でこれが最上位となるUltraモデル。相変わらずRazerの製品を意識しているのが明白な外観ですが、これは「Viper V3 HyperSpeed」の小型版にあたるのではないかと言われています。【公式ストア】多彩M600游戏鼠标PAW3395轻量化鼠标无线双模电竞专用4K超长续航-tmall....

  12. incott、ジェネリックNP-01Sと言われている左右非対称デザインで約60gのワイヤレスゲーミングマウス『GHERO』

    incott、ジェネリックNP-01Sと言われている左右非対称デザインで約60gのワイヤレスゲーミングマウス『GHERO』

    海外で見かけたincott(ironcat)のマウス「GHERO」。「HPC01MPRO」以来となる新型のワイヤレスゲーミングマウスは左右非対称のソリッドシェルで重量は約60gのワイヤレスゲーミングマウス。現時点で正式に発表されておらずサンプル品のレポートを見かける状況ですが、VAXEE ZYGEN NP-01Sのジェネリック版みたいなものだと言われています。【公式ストア】首页-因科特incott-淘宝网...

  13. RAPOO、2色のスケルトンシェルを追加してきたワイヤレスゲーミングマウス『VT9PRO (Star Frost/Aurora)』

    RAPOO、2色のスケルトンシェルを追加してきたワイヤレスゲーミングマウス『VT9PRO (Star Frost/Aurora)』

    海外で見かけたRAPOOのマウス「VT9PRO (Star Frost/Aurora)」。日本でも販売するようになったワイヤレスゲーミングマウスを先日記事にしましたが、このシリーズはカラーラインナップを次々に増やしているようで今年に入ってからスケルトンシェルの2色をさらに追加した模様。トップカバーはどちらも同じでボタン類や裏面など他のパーツは色分けした形です。【関連記事】RAPOO、日本でも3,600円で買えるようになったPAW3398採用で約6...

  14. Ninjutso、約39gの超軽量シェルや8KHz対応などを特徴とする第2世代のワイヤレスゲーミングマウス『Sora V2』

    Ninjutso、約39gの超軽量シェルや8KHz対応などを特徴とする第2世代のワイヤレスゲーミングマウス『Sora V2』

    海外で見かけたNinjutsoのマウス「Sora V2」。「Sora」の後継機でシリーズ第2世代モデルとなるワイヤレスゲーミングマウス。重量は先代より更に軽い約39gを謳っており、まだ数少ないワイヤレスでのポーリングレート最大8000Hzも大きな特徴。公式サイトに製品情報はまだ掲載されていませんが、既に実機が出回っている地域があるようです。【公式サイト】From Community, For Community. | Ninjutso...

  15. RAPOO、日本でも3,600円で買えるようになったPAW3398採用で約68gのワイヤレスゲーミングマウス『VT9PRO』

    RAPOO、日本でも3,600円で買えるようになったPAW3398採用で約68gのワイヤレスゲーミングマウス『VT9PRO』

    海外で発売されているRAPOOのマウス「VT9PRO」。昨年夏ごろに出ていた約68gのソリッドシェルでPAW3398センサー採用や4KHz対応(レシーバー別売り)などを特徴とするワイヤレスゲーミングマウス。日本ではかつての正規代理店が製品をまったく取り扱わなくなったので縁のないものと思っていましたが、先日からAmazonで出回りだしたようです。【公式サイト】VT9PRO - 双模轻量化无线电竞游戏鼠标 - 雷柏科技...