ユーザータグロジクールG 1/11

お前らのゲーミングスピーカー見せろよ Part.1(ロジクールG・クリエイティブ・JBL)

ゲーミングスピーカー・・・明確にその位置付けで出された製品は知る限りだと2000年代後半にRazerが出したものが始まりだったと記憶していますが、10年以上の歴史があるのに製品自体の数は意外と少なかったりする。でも2010年代以降に有名どころが手がけたものはどれも健在で、選択肢はそれなりにある状況。今回はそのゲーミングスピーカーを使っているユーザー環境を2回に分けて見てみます。Part.1はロジクールG・クリエイティブ・...

中国Logitechが人気ゲーミングマウス『G502 HERO』にエヴァ?のボディステッカーを特典で付ける

2018年10月に発売されたロジクールのマウス「G502 HERO」。かつての1番人気で現在も厚い支持を得ているハイパフォーマンスのゲーミングマウス。情報を巡っていると中国のオフィシャルストアでボディ全体を覆うステッカーが特典になっており、そのうちの一つにエヴァ?のデザインがありました。【顺丰包邮正常发货】罗技G502hero主宰者有线游戏鼠标-tmall.com天猫https://detail.tmall.com/item.htm?id=564875333563...

ロジクールの超軽量ワイヤレスゲーミングマウス 『PRO X SUPERLIGHT』の分解レポート

2020年12月に発売されたロジクールのマウス「PRO X SUPERLIGHT」。「PRO Wireless」をさらに軽くした重量63g未満の超軽量ワイヤレスゲーミングマウスで、日本ではホワイトのモデルが今月に発売予定。既にチェックを済ませているものですが分解を実践したレポートが投稿されていたので見てみます。ロジクール 『PRO X SUPERLIGHT』 レビューチェック ~63g未満の超軽量ワイヤレスゲーミングマウスhttps://watchmono.com/e/logicool-...

ロジクール 『PRO X SUPERLIGHT』 レビューチェック ~63g未満の超軽量ワイヤレスゲーミングマウス

2020年12月に発売されたロジクールのマウス「PRO X SUPERLIGHT」。超軽量ワイヤレスゲーミングマウスの第一人者として熱い支持を得ている「PRO Wireless」をさらに軽くしたモデル。本体のサイズや形状をそのままに63g未満の軽量ボディを実現し、スペックも最新のトップグレードを備えているものですが、ちょっとチェックしてみます。ロジクールG Pro X Superlightワイヤレスゲーミングマウスhttps://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/p...

Logitech POWERPLAY用の充電ドックスタンドその2 ~シームレスに着脱できるサードパーティ製

LogitechのPOWERPLAYに対応したワイヤレスゲーミングマウスを充電できるドックスタンドといえば「PowerStander」と称すサードパーティ製のものを以前に取り上げましたが、同じ業者が新タイプを続けてリリースした模様。今作は純正品と同じ型の専用モジュールを取り付ける事により、スタンドとシームレスに着脱できる工夫が取り入れられています。罗技鼠标无线充电底座G903G502G703充电座GPW充电座-淘宝网https://item.taobao.com/i...

ロジクールのワイヤレスゲーミングマウスをQi対応にするモジュール『CYBERCOIN』が12ドルで発売開始

9月上旬に発表があったAngry Miaoの「CYBERCOIN」はPOWERPLAYに対応したロジクールのワイヤレスゲーミングマウスをQi対応にするモジュールですが、あれから進展はあったかな?と公式サイトを覗いてみると既に発売している模様。今のところ公式サイトでのみ取り扱っており、価格は12ドルと思ったほど高くはありませんでした。Angry Miao、ロジクールのワイヤレスゲーミングマウスをQi対応にするモジュール『CYBERCOIN』https://watc...

Logitech、ブルーとライラックが追加されたワイヤレスゲーミングマウス『G304』のCOLOR COLLECTIONモデル

2018年8月に発売されたロジクールのマウス「G304」。エントリークラスらしからぬスペックとエントリークラスらしい低価格で人気を得ているワイヤレスゲーミングマウス。先日に”COLOR COLLECTION”と銘打ったカラーバリエーション展開が発表されましたが、海外ではその新色が既に出回っているようです。【マウス】ロジクール 『G304』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-9010.html...

ロジクールの刷新されているかもしれない人気ゲーミングマウス『G502 HERO (G502RGBhr)』が8,000円を切る

2020年8月に発売されたロジクールのマウス「G502 HERO (G502RGBhr)」。同社のゲーミングマウスで一番の人気シリーズと言えるG502の有線モデルは品番を変えた最新版=G502RGBhrが先月に発売されましたが、発売当時10,800円だった価格が早くも8,000円を切っていました。【マウス】ロジクール 『G502 HERO』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-9212.html...

Angry Miao、ロジクールのワイヤレスゲーミングマウスをQi対応にするモジュール『CYBERCOIN』

海外で見かけたAngry Miaoのアクセサリ「CYBERCOIN」。メカニカルキーボードの「CYBERBOARD」が印象的だったAngry Miaoが「PRO Wireless」などロジクールのワイヤレスゲーミングマウスをQi対応にするモジュールを出す模様。裏面の丸いあの部分に取り付けるコイン型です。CYBERCOIN SHOW – angrymiaohttps://angrymiao.myshopify.com/pages/cybercoin-show...

ハーマンミラー 『エンボディ ゲーミングチェア』 画像など ~ロジクールGとコラボしたゲーミングチェア

2020年7月に発売されたハーマンミラーのチェア「エンボディ ゲーミングチェア」。高級オフィスチェアで知られるハーマンミラーがロジクールGとコラボして世に放ったゲーミングチェア。ロングセラーモデルのエンボディチェアをベースに独自の要素をいくつか取り入れているモデルですが、ちょっと見てみます。エンボディ ゲーミング チェア – Herman Miller X Logicool G – JP - Herman Miller Gaminghttps://jpgaming.hermanmiller....

ロジクール 『G913 TKL』 レビューチェック ~薄型・無線・TKLのゲーミングメカニカルキーボード

2020年6月に発売されたロジクールのキーボード「G913 TKL」。「G913」のテンキーレスモデルとなる薄型キースイッチ採用&ワイヤレス対応(LIGHTSYNC/Bluetooth)のゲーミングメカニカルキーボード。画像は海外向けの英語配列で日本向けは日本語配列になっていますが、ちょっとチェックしてみます。ロジクールG913 TKLテンキーレスLIGHTSPEEDワイヤレスRGBキーボードhttps://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/products/gaming-keyboards...

金属筐体でRGB LEDも搭載したロジクール/POWERPLAY用の充電ドックスタンド『Pitta PowerStander』

ロジクールのPOWERPLAY対応ワイヤレスゲーミングマウスが充電できるドックスタンド『PowerStander』を先日取り上げましたが、別の業者がその強化版と言えるものを取り扱いだした模様。「Pitta PowerStander」という名称で筐体はアルミニウム合金製になっていて下部のラインにRGB LEDを搭載、ドッキング部も改良を重ねて作ったとのことです。罗技G系列充电座【Pitta PowerStander】G502G703heroG903heroGPW-淘宝网https://item.taob...

ロジクールのPOWERPLAY対応ワイヤレスゲーミングマウスが充電できるドックスタンド『PowerStander』

ロジクールのワイヤレスゲーミングマウスに備わっているPOWERPLAYは「POWERPLAY Wireless Charging System」を導入すればマウスを使いながら充電できるという画期的なシステムですが、活用方法がそれしかないので人によっては宝の持ち腐れになっていたりもする。そのシステムを利用して立てかければ充電できるドックスタンドが中国で出回っているようです。罗技鼠标无线充电底座G903G502G703充电座GPW充电座-淘宝网https://item.ta...

ロジクールのワイヤレスゲーミングマウス『G502 LIGHTSPEED』をRazerのドックで充電する

ロジクールのワイヤレスゲーミングマウスといえば現ラインナップのバッテリー内蔵モデルはワイヤレス充電システム・POWERPLAYに対応している。ただしそれを活用するには「POWERPLAY Wireless Charging System」を導入するしか方法がない状況ですが、そのシステムを利用して他社製品のドックで充電できるよう改造している人がいました。【マウス】ロジクール 『G502 LIGHTSPEED』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry...

ロジクールの多機能ワイヤレスゲーミングマウス『G604 LIGHTSPEED』が9,000円を切る

2019年11月に発売されたロジクールのマウス「G604 LIGHTSPEED」。計15個のプログラマブルボタン、高速スクロールホイール、2.4Ghz/Bluetoothのデュアルワイヤレスモード、など多機能になっているワイヤレスゲーミングマウス。発売当時の価格は11,000円台でしたが値下がりとクーポン適用で9,000円を切って販売するところが出てきました。ロジクール 『G604 LIGHTSPEED』 レビュー ~多方面で活用できるワイヤレスゲーミングマウス~...

Logitechが『PRO Wireless (PIXEL)』に合わせたピンクの超大型ゲーミングマウスパッドを出す

「PRO Wireless」といえばトップグレードかつ最軽量クラスのワイヤレスゲーミングマウスとして今でも人気を博しており、海外では限定カラーバリエーションモデルとなる”PIXEL”と”GHOST”が出ていますが、前者の方は中国で一般販売されている状況。そのショッキングなピンクに合わせた超大型ゲーミングマウスパッドが出るようです。ロジクール 『PRO Wireless (PIXEL)』 画像など ~一般販売がはじまった限定ピンクのワイヤレスゲー...

Logitech 『G913 TKL (G915 TKL)』 画像など ~テンキーレスになったワイヤレスの薄型ゲーミングメカニカルキーボード

海外で発売されているLogitechのキーボード「G913 TKL (G915 TKL)」。「G913」のテンキーレスモデルとなるワイヤレスのゲーミングメカニカルキーボードで、フルサイズモデルと同様にGLメカニカルスイッチ採用で薄型デザインを実現しているところが主な特徴。ちょっと見てみます。Logitech G915 TKL Tenkeyless LIGHTSPEED Wireless RGB Keyboardhttps://www.logitechg.com/en-us/products/gaming-keyboards/g915-tkl-wireless.html...

ロジクール 『PRO Wireless (PIXEL)』 画像など ~一般販売がはじまった限定ピンクのワイヤレスゲーミングマウス

海外で発売されているロジクールのマウス「PRO Wireless (PIXEL)」。「PRO Wireless」の限定モデルとして登場したピンクのワイヤレスゲーミングマウス。初出は専用サイトにて1,000台限定で取り扱っていたものですが、中国では台数制限なしの一般販売がはじまった模様。ちょっと見てみます。Limited Edition Logitech G Products - Gaming Mice, Keyboards, Headsetshttps://www.logitechg.com/en-us/products/limited-editions.htm...

ロジクールのワイヤレスゲーミングマウス『PRO Wireless』の限定カラー”PIXEL”、中国で一般販売される

海外で発売されているロジクールのマウス「PRO Wireless (PIXEL)」。ワイヤレスゲーミングマウスのPRO Wirelessをピンクに仕立て上げたこの限定モデルはチャリティーを目的に北米の専用サイトのみで販売されていたものですが、どうやら中国のオフィシャルストアで一般販売がはじまったようです。【マウス】ロジクール 『PRO Wireless』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-9260.html...

ロジクール 『G203 LIGHTSYNC』 画像など ~日本初リリースとなるG102/G203系の最新ゲーミングマウス

2020年5月に発売されるロジクールのマウス「G203 LIGHTSYNC」。エントリークラスの位置付けでありながらゲーミンググレードのセンサーやLIGHTSYNC対応のRGB LEDを搭載したゲーミングマウス。日本ではこれまで未発売だったG102/G203系の最新モデルでもありますが、ちょっと見てみます。ロジクールG203 LIGHTSYNC RGB 6ボタン ゲーミング マウスhttps://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/products/gaming-mice/g203-lightsync-rgb-gaming...