ユーザータグマウス 1/50

Tt eSPORTS、久々の新製品となるエントリークラスのゲーミングマウス『NEROS BLU』

海外で見かけたTt eSPORTSのマウス「NEROS BLU」。かつてはThermaltakeのゲーミングデバイスブランドとして躍動していたTt eSPORTSも最近は消滅するんじゃないかと思うほど動きがありませんでしたが、久々の新製品となるエントリークラスのゲーミングマウスをリリースしたようです。Tt eSPORTS - NEROS BLUhttps://www.ttesports.com/Mice/332/NEROS_BLU/productPage.htm?a=a&g=ftr#.XirRziPgoUF...

Razer 『Razer Basilisk Ultimate』 レビューチェック ~機能性に長けたワイヤレスゲーミングマウス~

2019年12月に発売されたRazerのマウス「Razer Basilisk Ultimate」。モデルチェンジされたBasiliskシリーズ第2世代のワイヤレスゲーミングマウス。「Razer Viper Ultimate」は実用性に特化したと言えるものでしたが、こちらは最上位のスペックに加えて機能性も長けているモデル。ちょっとチェックしてみます。ワイヤレスゲーミングマウス - Razer Basilisk Ultimatehttps://www2.razer.com/jp-jp/gaming-mice/razer-basilisk-ultim...

ASUS 『TUF Gaming M3』 画像など ~初動で3,000円を切るエントリークラスのゲーミングマウス~

2020年1月に発売されたASUSのマウス「TUF Gaming M3」。「TUF Gaming M5」に続いて登場したTUF GAMINGブランドのゲーミングマウス。エルゴノミックデザインのスタンダードなタイプでタフさもウリにしており、初動から3,000円を切っている価格設定も目を引くモデルですが、ちょっと見てみます。TUF Gaming M3 | キーボード/マウス | ASUS 日本https://www.asus.com/jp/Keyboards-Mice/TUF-Gaming-M3/...

XENICS、世界初となるハニカムデザインのワイヤレスゲーミングマウス『TITAN G AIR Wireless』

海外で発表があったXENICSのマウス「TITAN G AIR Wireless」。ハニカムデザイン&重量:約58gの軽量ボディでトップカバーが交換できるという特徴的なゲーミングマウスを出していた韓国メーカーのXENICS。先日行われた主催のイベントでそのワイヤレスモデルを公開していたようです。XENICS、表面が着せ替えできるハニカムデザインの軽量ゲーミングマウス『TITAN G AIR』https://watchmono.com/blog-entry-10558.html...

Sharkoon、トップカバーが交換可能なハニカムデザインの軽量ゲーミングマウス『Light² 200』

海外で見かけたSharkoonのマウス「Light² 200」。PCパーツやPC周辺機器のメーカーとして日本でも知られるSharkoonがハニカムデザインの軽量ゲーミングマウスをリリースする模様。先に言っておくとXENICSの「TITAN G AIR」と同型になるトップカバーが交換可能なモデルです。Sharkoon - Light² 200https://ja.sharkoon.com/product//29013...

Cooler Master 『MM710』 レビューチェック ~割安になったハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス~

2019年12月に発売されたCooler Masterのマウス「MM710」。イベント出展時に大きく注目を集めたハニカムデザインで約53gの軽量ボディを実現しているゲーミングマウス。早くも値下がりがあって海外から取り寄せるより安い価格も魅力となりそうなモデルですが、ちょっとチェックしてみます。Cooler Master: MM710https://apac.coolermaster.com/jp/peripheral/mice/mm710/...

Razer 『Razer DeathAdder V2』 画像など ~正統進化したDeathAdder最新のゲーミングマウス~

2020年1月に発売されるRazerのマウス「Razer DeathAdder V2」。言わずと知れた定番ゲーミングマウスであるDeathAdderシリーズの最新モデル。Focus+センサーや光学スイッチといったトップグレードのパーツを使用し、モデルチェンジによってサイズも重量も最適化された模様。ちょっと見てみます。有線エルゴノミックゲーミングマウス - Razer DeathAdder V2https://www2.razer.com/jp-jp/gaming-mice/razer-deathadder-v2...

Dream Machines、G403クローンの新型ゲーミングマウス『DM4 EVO』

海外で見かけたDream Machinesのマウス「DM4 EVO」。「DM5 Blink」に続く新型のゲーミングマウスで、今作はロジクールの「G403 HERO」をターゲットにしたと思われるクローンモデル。本家に引けを取らぬスペックでパラコードケーブル採用や広範囲に光るRGB LEDも特徴としています。Dream Machines - DM4 EVOhttps://www.dreammachines.pl/en/dm4evo...

AJAZZのハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス『AJ390』が日本でも別名で販売中

海外で発売されているAJAZZのマウス「AJ390」。同型がいくつも存在するのである意味量産型と言えるハニカムデザインの軽量ゲーミングマウス。拠点の中国でもまだリリースされたばかりで購入者をあまり見かけない状況ですが、日本でも別名で販売するところが出てきました。AJAZZ、低価格のハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス『AJ390』https://watchmono.com/blog-entry-10553.html...

Xtrfy 『M4 RGB』 レビューチェック ~カラバリ豊富なハニカムデザインの軽量ゲーミングマウス~

2019年11月に発売されたXtrfyのマウス「M4 RGB」。「M1」など日本でも以前から製品が出回っているXtrfyのハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス。ライバルに引けを取らないスペックを備え、計5色の豊富なカラーバリエーションも特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。m4 - Built On Experience -Xtrfy Japanhttps://www.xtrfy.jp/index.php?m4...

SteelSeries 『Sensei Ten』 レビューチェック ~”旧先生”を最新スペックで復刻させたゲーミングマウス~

2019年11月に発売されたSteelSeriesのマウス「Sensei Ten」。モデルチェンジされた現バージョンではなく一世を風靡した旧バージョンに最新スペックを載せて復刻させたSenseiシリーズのゲーミングマウス。これが初出のTrueMove Proセンサーなども特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。Sensei Ten | SteelSerieshttps://jp.steelseries.com/gaming-mice/sensei-ten...

Razer 『Razer Basilisk V2』 画像など ~Basiliskシリーズ第2世代の有線ゲーミングマウス~

2020年1月に発売されるRazerのマウス「Razer Basilisk V2」。「Razer Basilisk」の後継機であり「Razer Basilisk Ultimate」の有線版となるシリーズ第2世代のゲーミングマウス。Ultimateモデルと基本スペックは同じですが、一部LEDの有無や裏面の作りなど違いはいくつかあり。ちょっと見てみます。有線ゲーミングマウス -Razer Basilisk V2https://www2.razer.com/jp-jp/gaming-mice/razer-basilisk-v2...

Razer 『皮卡丘限定款无线鼠标』 画像など ~ピカチュウの顔が入ったワイヤレスマウス~

海外で発売されているRazerのマウス「皮卡丘限定款无线鼠标」。「皮卡丘限定款鼠标+鼠标垫」「皮卡丘限定款背光键盘」に続いて登場したRazer×Pokémonコラボのワイヤレスマウス。「Razer Atheris」がベースでピカチュウの顔が入った直球的なデザインになっているモデルですが、ちょっと見てみます。Razer雷蛇|宝可梦皮卡丘限定款无线鼠标年货节日可爱女生办公礼品-tmall.com天猫https://detail.tmall.com/item.htm?id=609502856231&...

ROCCAT 『Kain 120 AIMO』 レビューチェック ~新型で新クリック構造のゲーミングマウス~

2019年9月に発売されたROCCATのマウス「Kain 120 AIMO」。新型の形状で独自のクリック構造”Titan Click”を主な特徴としているKainシリーズのゲーミングマウス。この型番はブラックのモデルでホワイトのモデルは少し違う型番(Kain 122 AIMO)だったりしますが、ちょっとチェックしてみます。ROCCAT Kain 120 AIMOhttps://ja.roccat.org/Mice/Kain-120-AIMO...

Razerのゲーミングマウス『Razer DeathAdder V2』の分解・実重量レポート

海外で発売されているRazerのマウス「Razer DeathAdder V2」。定番ゲーミングマウスの一つとして長く支持されているDeathAdderシリーズの最新版となる”V2”モデル。筐体もパーツも全体的に刷新されて軽量化も実現しているものですが、分解と実重量のレポートが早くも投稿されていたので見てみます。Razer、モデルチェンジで軽量化された定番ゲーミングマウス『Razer DeathAdder V2』https://watchmono.com/blog-entry-10561.html...

SteelSeries、新エントリークラスとなる新型のゲーミングマウス『Rival 3』

海外で発表があったSteelSeriesのマウス「Rival 3」。正確に言うと公式のアナウンスはまだされておらず、米国Amazonにてフライングで公開されていたRivalシリーズ新型のゲーミングマウス。米国Amazonでは1/21にリリース予定、価格は29.99ドルとなっているエントリークラスのモデルです。Amazon.com: SteelSeries Rival 3 Gaming Mouse - 8,500 CPI TrueMove Core Optical Sensorhttps://www.amazon.com/dp/B08176SM7C/...

CHERRY、キャタピラー式のホイールを搭載したゲーミングマウス『MC8.1』

海外で見かけたCHERRYのマウス「MC8.1」。キースイッチやキーボードだけでなくマウスも割と多く出しているCHERRYが最近リリースした新型のゲーミングマウス。様々なギミックを備えている中でも2個のローラーでキャタピラー式になっているホイールが目を引くモデルです。CHERRY MC8.1 JM-9800https://www.cherry.cn/view/product_detail/75...

ENDGAME GEAR 『XM1』 レビューチェック ~質実剛健のシンプルな軽量ゲーミングマウス~

2019年11月に発売されたENDGAME GEARのマウス「XM1」。SteelSeriesの開発にも関わったという元プロゲーマーが手がけたゲーミングマウス。肉抜きではない通常ボディで70gの軽量を実現しており、スペックはトップグレードで付加機能はないシンプルなモデルですが、ちょっとチェックしてみます。XM1 | 株式会社アーキサイトhttps://www.archisite.co.jp/products/endgame-gear/xm1/...

i-Rocksがハニカムデザインで重量:39gの小型/軽量ゲーミングマウスを出す

主にキーボードやマウスといったPC周辺機器を手がけている台湾メーカーのi-Rocks。日本でもサンワサプライがここをOEM/ODM元にして製品を出していたり、上海問屋が製品名だけ変えて販売していたりと馴染みのあるメーカーだったりしますが、最近のトレンドになっているハニカムデザインの軽量ゲーミングマウスを出すと告知がありました。irockshttp://www.i-rocks.com/web/index/index.jsp...

GameSir、ハニカムデザインだけど穴は塞いでいる奇妙なゲーミングマウス『GameSir GM400』

海外で見かけたGameSirのマウス「GameSir GM400」。製品自体はワイヤレスのゲーミングメカニカルキーパッドがメインで、そのお供として同梱されているゲーミングマウス。俗に言うハニカムデザインのタイプですが、その穴を塞いでいるという奇妙な構造になっています。GameSir VX2 AimSwitch Gaming Keypad – GameSir Official Storehttps://gamesir.hk/products/gamesir-vx2...