ユーザータグマウス 1/50

ゲーミングマウス史上最多?HK Gamingの『Mira-S / Mira-M』が合計9色に

2020年6~7月に発売されたHK Gamingのマウス「Mira-S / Mira-M」。”S”と”M”の2サイズでリリースされたハニカムデザインの軽量ゲーミングマウス。リリース当初はブラック・ホワイト・バンブルビー・パンプキンの4色展開でしたが、いつの間にか5色も増えて合計9色のラインナップになっていました。HK Gaming、日本でも発売されたMサイズ版のハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス『Mira-M』https://watchmono.com/e/hk-gaming-mira-...

i-Rocks、見覚えのあるノーマルボディで重量62gの軽量ゲーミングマウス『M40』

海外で発表があったi-Rocksのマウス「M40」。ゲーミングマウスは「M39 PRO」などを出している台湾メーカーのi-Rocksがノーマルボディで重量62gの軽量モデルを公式SNSで発表。ただしDAREUの「A960 STORM」と同型の可能性が高いのでオリジナルではないかもしれません。irockshttp://www.i-rocks.com/web/index/index.jsp?lang=en...

2020年7月に発売されたマウス・キーボードを見てみる

新型やリニューアル版それにマイナーチェンジも加えると月単位でもそれなりの数が発売されているマウスとキーボード。それらをすべて取り上げるのはちょっと無理ですが、該当する新製品もしくは関連製品をざっとピックアップしてみます。今月はRazerが初の60%レイアウトモデルを出すなどキーボードに注目の製品がいくつかありました。2020年6月に発売されたマウス・キーボードを見てみるhttps://watchmono.com/e/mouse-keyboard-r...

Razer 『Razer Mouse Grip Tape (Viper)』 画像など ~ゲーミングマウス用のグリップテープ

海外で発売されているRazerのアクセサリ「Razer Mouse Grip Tape」。ゲーマーの間でトレンドになっていたグリップテープをRazerが自社のゲーミングマウス用に製品化。計10モデル対応で5パッケージのラインナップになっていますが、「Razer Viper」「Razer Viper Ultimate」のものをちょっと見てみます。Razer Mouse Grip Tape | Anti-Slip Mouse Griphttps://www2.razer.com/jp-jp/gaming-accessories/razer-mouse-grip-tape...

ロジクールのPOWERPLAY対応ワイヤレスゲーミングマウスが充電できるドックスタンド『PowerStander』

ロジクールのワイヤレスゲーミングマウスに備わっているPOWERPLAYは「POWERPLAY Wireless Charging System」を導入すればマウスを使いながら充電できるという画期的なシステムですが、活用方法がそれしかないので人によっては宝の持ち腐れになっていたりもする。そのシステムを利用して立てかければ充電できるドックスタンドが中国で出回っているようです。罗技鼠标无线充电底座G903G502G703充电座GPW充电座-淘宝网https://item.ta...

HK Gaming、日本でも発売されたMサイズ版のハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス『Mira-M』

2020年7月に発売されたHK Gamingのマウス「Mira-M」。同社のハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウスといえばMira-Sが6月上旬に発売済みですが、Mサイズ版となるモデルが続いてリリースされた模様。サイズはMira-Sをそのままひと回り大きくした形で、重量は2gだけ増しています。Mira-M Gaming Mouse up to 12,000 cpi – HK Gaminghttps://hk-gaming.com/collections/mice/products/copy-of-mira-m-gaming-mouse-up-to-12-000-cpi...

Logitech、Macに最適化されたハイエンドのBluetoothマウス『MX Master 3 for Mac』

海外で見かけたLogitechのマウス「MX Master 3 for Mac」。MagSpeedスクロールホイールを搭載したワイヤレスマウス「MX Master 3」のMac専用と言えるモデルが海外でリリースされた模様。いくつかの部分が仕様変更されてMacに最適化された反面、Windowsには非対応となっています。Logitech MX Master 3 for Mac - Advanced Wireless Mousehttps://www.logitech.com/en-us/product/mx-master-3-mac-wireless-mouse.910-005693.html...

Rapoo、サムホイールをはじめ風変わりなギミックを備えたゲーミングマウス『V330』

海外で見かけたRapooのマウス「V330」。「VT350Q」以来のリリースとなるRapooの新たなゲーミングマウスで、一般向けの製品ではいくつか見かけるサムホイールの搭載を特徴としているモデル。それ以外にも着脱式のサイドスカートなど風変わりなギミックを備えています。Rapoo - V330http://www.rapoo.cn/product/547...

MSI、スペックは明らかにされていないハニカムデザインのゲーミングマウス『M99』

海外で見かけたMSIのマウス「M99」。「CLUTCH GM11」など注目はあまりされないけれどもゲーミングデバイスを地道に展開しているMSIの新たなゲーミングマウス。香港のオフィシャルストアで既に取り扱っているモデルですが、スペックはなぜか明らかにされていません。MSI M99 Gaming Mouse | MSI HK Authorized Storehttps://www.msihk.store/products/msi-m99-gaming-mouse...

XPG、PBT製/ダブルショット成形のボディを採用したゲーミングマウス『XPG PRIMER』

海外で見かけたXPGのマウス「XPG PRIMER」。PCパーツだけでなくゲーミングデバイスも展開しているXPGの新たなゲーミングマウス。PBT製/ダブルショット成形のボディを主な特徴としているモデルですが、Duckyが2年前に出展していた「Ducky Secret 2」が原型と思われます。XPG PRIMER ゲーミングマウス | XPGhttps://www.xpg.com/jp/feature/664/...

ロジクールのワイヤレスゲーミングマウス『G502 LIGHTSPEED』をRazerのドックで充電する

ロジクールのワイヤレスゲーミングマウスといえば現ラインナップのバッテリー内蔵モデルはワイヤレス充電システム・POWERPLAYに対応している。ただしそれを活用するには「POWERPLAY Wireless Charging System」を導入するしか方法がない状況ですが、そのシステムを利用して他社製品のドックで充電できるよう改造している人がいました。【マウス】ロジクール 『G502 LIGHTSPEED』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry...

HHKB用のWASDキーキャップが付いてくる富士通のワイヤレスマウス『FR100 / FR200』

静電容量無接点方式キーボードのHHKBシリーズを手がけているPFUが富士通の子会社だという事は周知だと思いますが、その富士通が海外で出しているワイヤレスマウス「FR100 / FR200」は”HHKB Edition”と言えるモデルが存在するようで、本体にロゴが入っているだけでなくHHKB用のWASDキーキャップも付いてくるというちょっと変わった製品になっています。HHKB特别版无线办公游戏鼠标加pbt WASD键帽fr100/200特别版 - 京东https://item...

ガンプラと一緒に見る”ikbc×ガンダム”公式コラボのメカニカルキーボード&ゲーミングマウス

メカニカルキーボードのメーカーとして知られるikbcが機動戦士ガンダム公式コラボの製品をリリースしたのが今年5月。メカニカルキーボードの「RX-78-2 VER1.0/1C」やゲーミングマウスの「RX-78-2 VER1.0 Mouse」に加えてキーキャップやマウスパッドもありますが、それらをガンプラと一緒に見ていくという面白い視点のレポートがあったので拝見してみます。ikbc官方网站http://www.ikbc.com.cn/...

ロジクールの多機能ワイヤレスゲーミングマウス『G604 LIGHTSPEED』が9,000円を切る

2019年11月に発売されたロジクールのマウス「G604 LIGHTSPEED」。計15個のプログラマブルボタン、高速スクロールホイール、2.4Ghz/Bluetoothのデュアルワイヤレスモード、など多機能になっているワイヤレスゲーミングマウス。発売当時の価格は11,000円台でしたが値下がりとクーポン適用で9,000円を切って販売するところが出てきました。ロジクール 『G604 LIGHTSPEED』 レビュー ~多方面で活用できるワイヤレスゲーミングマウス~...

ROCCAT 『Kain 200 AIMO』 レビューチェック ~トップグレードで一番安いワイヤレスゲーミングマウス

2019年12月に発売されたROCCATのマウス「Kain 200 AIMO」。「Kain 120 AIMO」のワイヤレス版となる独自のクリック構造”Titan Click”採用のワイヤレスゲーミングマウス。今作もカラーによって型番が違っていてホワイトの方はKain 202 AIMOになっていますが、ちょっとチェックしてみます。ROCCAT Kain 200 AIMOhttps://ja.roccat.org/Mice/Kain-200-AIMO...

2020年6月に発売されたマウス・キーボードを見てみる

新型やリニューアル版それにマイナーチェンジも加えると月単位でもそれなりの数が発売されているマウスとキーボード。それらをすべて取り上げるのはちょっと無理ですが、該当する新製品もしくは関連製品をざっとピックアップしてみます。今月は先月に比べれば数が多くて尚且つゲーミングマウスもゲーミングキーボードも注目のモデルが現れました。2020年5月に発売されたマウス・キーボードを見てみるhttps://watchmono.com/e/mouse...

ASUS、小型ゲーミングマウスのエレクトロパンクモデル『ROG Strix Impact II Electro Punk』

海外で見かけたASUSのマウス「ROG Strix Impact II Electro Punk」。日本で今年2月に発売された小型ゲーミングマウス「ROG Strix Impact II」のカラーバリエーションモデルで、「ROG Strix Scope TKL Electro Punk」などと共に最近リリースされた”Electro Punk”なる限定カラーシリーズの一つです。ROG Strix Impact II Electro Punk | ROG - Republic Of Gamers | ASUS Globalhttps://www.asus.com/ROG-Republic-Of-Gamers/ROG-Str...

Cooler Master 『MM711』 レビューチェック ~RGB LEDが追加されたハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス

2020年5月に発売されたCooler Masterのマウス「MM711」。「MM710」にRGB LEDを追加した形のハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス。重量は追加したパーツの分だけ重くなっていますが、穴だらけの奇抜な外観にRGB LED追加でインパクトがさらに増しているモデル。ちょっとチェックしてみます。Cooler Master: MM711https://apac.coolermaster.com/jp/peripheral/mice/mm711/...

Razerの小型/軽量ゲーミングマウス『Razer DeathAdder V2 Mini / Razer Viper Mini』の外観比較

2020年6月に発売されるRazerのマウス「Razer DeathAdder V2 Mini」。「Razer DeathAdder V2」の小型版となるゲーミングマウスで「Razer Viper Mini」と同じく通常版よりスペックダウンしているけれども価格は抑えられているモデル。その”Mini”の両機を軽く比較したレポートがあったので見てみます。Razer 『Razer DeathAdder V2 Mini』 画像など ~小型化&軽量化された定番シリーズのゲーミングマウスhttps://watchmono.com/e/raz...

Razer 『Razer DeathAdder V2 Mini』 画像など ~小型化&軽量化された定番シリーズのゲーミングマウス

2020年6月に発売されるRazerのマウス「Razer DeathAdder V2 Mini」。「Razer DeathAdder V2」の小型版となるゲーミングマウスで、重量62gの軽量ボディも実現しているモデル。そっくりそのまま小型化したわけではなくセンサーはワンランク下のものが使われていますが、ちょっと見てみます。世界最高のゲーミングマウス(小型モデル登場) - Razer DeathAdder V2 Minihttps://www2.razer.com/jp-jp/gaming-mice/razer-deathadder-v2-...