ユーザータグポータブルヘッドホンアンプ 1/1

FiiO、チップ刷新&aptX HD/LDAC対応になったワイヤレスヘッドホンアンプ『Q5s』

海外で見かけたFiiOのアンプ「Q5s」。日本でも発売されたポータブルヘッドホンアンプ/ワイヤレスヘッドホンアンプのリニューアル版とも強化版とも言えるモデル。DACチップとBluetoothチップが刷新されており、バランス出力端子は2.5mmと4.4mmどちらも搭載しています。【アンプ】FiiO 『Q5』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-8848.html...

【アンプ】FiiO 『Q1 Mark II』 レビューチェック

2018年2月に発売されたFiiOのアンプ「Q1 Mark II」。エントリークラスの位置付けでありながら2.5mm 4極バランス出力端子の搭載やDSD 11.2MHzのネイティブ再生に対応したポータブルヘッドホンアンプ。コンパクトサイズも魅力となりそうなモデルですが、ちょっとチェックしてみます。Q1 Mark II – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/q1-mark2/...

【アンプ】FiiO 『Q5』 レビューチェック

2018年5月に発売されたFiiOのアンプ「Q5」。ハイエンドパーツの採用をはじめバランス駆動やBluetoothレシーバー機能なども特徴としたフラッグシップモデルのポータブルヘッドホンアンプ。バランス出力が異なる2ラインナップで出ていますが、ちょっとチェックしてみます。Q5 – Fiio Japanhttps://www.fiio.jp/products/q5/...

エレコムのiPhone用ポータブルアンプ『LHP-AHR192』が5,000円を切る

2015年12月に発売されたエレコムのアンプ「LHP-AHR192」。当初は子会社のロジテック名義でリリースされたiPhone用と言えるLightning接続のポータブルアンプ。発売当初の価格は14,000円台でしたが、同型のAndroid用モデルに続いてアウトレット扱いのものが5,000円を切っていました。エレコムのハイレゾ対応ポータブルアンプ『EHP-AHR192』が5,000円を切るhttp://watchmono.com/blog-entry-7053.html...

エレコムのハイレゾ対応ポータブルアンプ『EHP-AHR192』が5,000円を切る

2016年4月に発売されたエレコムのアンプ「EHP-AHR192」。AndroidスマートフォンとUSB接続するだけで使う事ができるDAC搭載&ハイレゾ対応のポータブルアンプ。ロジテック名義のiPhone用モデル(LHP-AHR192)も出ていたりしますが、このAndroid用モデルはアウトレット品の形で定価の1/4となる5,000円を切っていました。【アンプ】ロジテック 『LHP-AHR192』 レビューチェックhttp://watchmono.com/blog-entry-6664.html...

【アンプ】ロジテック 『LHP-AHR192』 レビューチェック

2015年12月に発売されたロジテックのアンプ「LHP-AHR192」。ハイレゾ対応のイヤホン・ヘッドホンで評価を上げてきているエレコム、その関連会社のロジテックから登場したLightning接続のポータブルアンプ。iPhone専用と言ってもいいモデルですが、ちょっとチェックしてみます。Lightningオーディオアダプター - LHP-AHR192SVhttp://www2.elecom.co.jp/products/LHP-AHR192SV.html...

ロジテックのLightning接続&ハイレゾ対応ポータブルアンプ『LHP-AHR192』

2015年12月に発売されたロジテックのアンプ「LHP-AHR192」。「EHP-CH2000」などハイレゾ対応のイヤホン・ヘッドホンで人気を確立してきているエレコム。その子会社であるロジテックが同じ路線と言えるポータブルアンプを出していた模様。Lightning接続のiPhone/iPad/iPod専用モデルです。Lightningオーディオアダプター - LHP-AHR192GDhttp://www2.elecom.co.jp/products/LHP-AHR192GD.html...

【アンプ】オーディオテクニカ 『AT-PHA50BT』 レビューチェック

2014年11月に発売されたオーディオテクニカのヘッドホンアンプ「AT-PHA50BT」。aptX/AACコーデック対応のBluetooth受信が可能な、出力50mW×2のポータブルヘッドホンアンプ。プレイヤーとの有線接続はできないので実質Bluetoothレシーバーですが、簡潔にチェックしてみます。AT-PHA50BT | ヘッドホンアンプ | 一般製品 | オーディオテクニカhttp://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=2661...

【アンプ】オヤイデ 『FiiO E6』 レビューチェック

(via MAGIC-BOX)9月にオヤイデから発売されたポータブルヘッドフォンアンプ「FiiO E6」。2009年に発売された「FiiO E5」の後継モデルで、重量わずか16gの小型サイズ。ちょっとチェックしてみます。E6 of Fiiohttp://www.oyaide.com/fiio/Products/E6.html...

【iPhoneアンプ】DTC Japan 『i.fuzen HP-1』 レビューチェック

(via PocketFullOfApps)4月に発売されたDTC JapanのiPhone 4用ケース「i.fuzen HP-1」。バッテリーとヘッドフォンアンプが内蔵された一体型のケース。6月にはホワイトモデルも出ると発表がありましたが、ちょっとチェックしてみます。i.Fuzen HP-1.iPhoneバッテリーカバーなら高音質アンプ搭載のi.Fuzenhttp://www.ifuzen.jp/...

【アンプ】FiiO 『E1』 レビューチェック

(via AV Watch)FiiOのポータブルヘッドホンアンプ「E1」。同社の「E5」・「E3」と見てきましたが、このE1はiPod/iPhoneとDock接続できるタイプ。この機種も低価格で、リモコン操作できる点が便利そうなポタアンですが、ちょっとチェックしてみます。Product Show-FiiO Electronic Technologyhttp://www.fiio.com.cn/en/showproduct.asp?id=316...

【アンプ】FiiO 『E5』 レビューチェック

(via flickr)FiiOのポータブルヘッドホンアンプ「E5」。この前の記事で同社の「E3」をチェックしましたが、これはその上位機種ですね。日本で売り出される前から、輸入で購入してる人も結構いるようで、ネットでも情報やレビューが多め。これも低価格といえるポタアンですが、ちょっとチェックしてみます。Product Show-FiiO Electronic Technologyhttp://www.fiio.com.cn/en/showproduct.asp?id=309...

【アンプ】FiiO 『E3』 レビューチェック

(via Anything But iPod)FiiOのポータブルヘッドホンアンプ「E3」。コンパクトかつシンプルな構造のポタアンのようですが、これが1,000円台という低価格。安いですけど評価は良さそうなので、ちょっとチェックしてみます。Product Show-FiiO Electronic Technologyhttp://www.fiio.com.cn/en/showproduct.asp?id=301...

【アンプ】オーディオテクニカ 『AT-PHA30i』 レビューチェック

(via AV Watch)この前の記事で、オーディオテクニカの「AT-PHA10」をチェックしましたが同じくオーディオテクニカのポータブルヘッドホンアンプ「AT-PHA30i」の方も続けてチェック。「AT-PHA10」は汎用タイプでしたが、こちらはiPod専用のものですね。ちなみにiPhoneは正式対応になっていませんが、レビューを見ると普通に使えるみたいです。株式会社オーディオテクニカ|一般製品|AT-PHA30ihttp://www.audio-technica.co.jp/prod...

【アンプ】オーディオテクニカ 『AT-PHA10』 レビューチェック

(via スパイラル物置)「ポータブルヘッドホンアンプ」というものを見かけて、存在自体をよく知らなかったのでちょっとチェック。オーディオテクニカの「AT-PHA10」。同社のポータブルヘッドホンアンプは他にもありますが、これは汎用タイプのものですね。株式会社オーディオテクニカ|一般製品|AT-PHA10http://www.audio-technica.co.jp/products/dj-plus/at-pha10.html...