ユーザータグヘッドホンアンプ 1/2

【アンプ】クリエイティブ 『Sound BlasterX G6』 レビューチェック

2018年8月に発売されたクリエイティブのアンプ「Sound BlasterX G6」。「Sound BlasterX G5」の上位モデルという位置付けになっているゲーミングUSBオーディオデバイス(USB DAC/ヘッドホンアンプ)。G5から音質・機能ともに強化されていると謳っていますが、ちょっとチェックしてみます。Sound BlasterX G6 - アンプ - Creative Technology (日本)https://jp.creative.com/p/amplifiers/sound-blasterx-g6...

【アンプ】DENON 『PMA-30』 レビューチェック

2017年9月に発売されたDENONのアンプ「PMA-30」。「PMA-60」の下位モデルでありエントリークラスの位置付けになっているコンパクトHi-Fiプリメインアンプ。こちらはDDFAやAdvanced AL32 Processing Plusなどが非搭載で下位らしい内容になっていますが、ちょっとチェックしてみます。Denon公式 | PMA-30の仕様・特長 | プリメインアンプhttps://www.denon.jp/jp/product/hificomponents/amplifiers/pma30...

【アンプ】DENON 『PMA-60』 レビューチェック

2017年10月に発売されたDENONのアンプ「PMA-60」。DDFAの最新バージョン採用を大きな特徴としているコンパクトHi-Fiプリメインアンプ。旧型(PMA-50)と比べてパフォーマンスの向上と機能のアップデートを謳っているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。Denon公式 | PMA-60の仕様・特長 | USB-DAC搭載プリメインアンプhttps://www.denon.jp/jp/product/hificomponents/amplifiers/pma60...

【アンプ】FX-AUDIO- 『TUBE-01J』 レビューチェック

2016年6月に発売されたFX-AUDIO-のアンプ「TUBE-01J」。高級オーディオライクなサウンドが楽しめると謳っている真空管プリアンプで、回路設計を強化した日本専売品という点も特徴としているモデル。「DAC-X6J」など同ブランドの機器と組み合わせれば更に良いとも言われていますが、ちょっとチェックしてみます。本格的真空管プリアンプ FX-AUDIO- 『TUBE-01J』 | North Flat Japanhttp://nfjapan.com/新製品のご案内/本格的真空管...

【アンプ】FX-AUDIO- 『DAC-X6J』 レビューチェック

2015年5月に発売されたFX-AUDIO-のアンプ「DAC-X6J」。24bit/192kHz(光&同軸接続)のハイレゾ音源に対応したDAC/ヘッドホンアンプで、同ブランドの製品ではフラッグシップ扱いとなっているモデル。価格的にそこまで高いものではなくコストパフォーマンスが期待できそうな一品ですが、ちょっとチェックしてみます。新製品のご案内-『FX-AUDIO- DAC-X6J』 - NorthFlatJapanhttps://blogs.yahoo.co.jp/nfj_2009/35721063.html...

【アンプ】FOSTEX 『HP-A8MK2』 レビューチェック

2016年7月に発売されたFOSTEXのアンプ「HP-A8MK2」。2012年から今日までロングセラーを続けているDAC/ヘッドホンアンプ(HP-A8)のマーク2モデルで、高音質DAC・AK4490採用や11.2MHzまでのDSDオーディオ対応が大きな変更点と謳っているもの。ちょっとチェックしてみます。HP-A8MK2 | FOSTEX(フォステクス)http://www.fostex.jp/products/hp-a8mk2/...

【アンプ】FOSTEX 『HP-A4BL』 レビューチェック

2016年1月に発売されたFOSTEXのアンプ「HP-A4BL」。2013年に登場したHP-A4のリニューアル版となるDAC/ヘッドホンアンプで、XLRバランス出力端子を搭載した事によりヘッドホンのバランス接続が可能になった点が大きな特徴のモデル。他にもいくつか改良点があるようですが、ちょっとチェックしてみます。HP-A4BL | FOSTEX(フォステクス)http://www.fostex.jp/products/hp-a4bl/...

エレコムのハイレゾ対応ポタアン+イヤホン『EHP-CHR192』が4,000円を切る

2016年4月に発売されたエレコムのアンプ+イヤホン「EHP-CHR192」。ハイレゾ対応のAndroid用ポータブルアンプ「EHP-AHR192」と、同じくハイレゾ対応のイヤホン「EHP-CH2000」がセットになったモデル。発売当初の価格は25,000円前後でしたが、直販サイトのアウトレット品が4,000円を切っていました。ハイレゾ DAC for Android(イヤホンつき) - EHP-CHR192GDhttp://www2.elecom.co.jp/products/EHP-CHR192GD.html...

【アンプ】DENON 『DA-300USB』 レビューチェック

2014年2月に発売されたDENONのアンプ「DA-300USB」。DENONが初めて手がけたPCオーディオ向けのUSB DAC/ヘッドホンアンプ。後継機の「DA-310USB」が既に登場しているので型落ちになっているものですが、市場にはまだ残っていて発売当初に比べれば割安な価格で販売されている状況。ちょっとチェックしてみます。DA-300USB │ USB-DAC / ヘッドホンアンプ │ Denonhttp://www.denon.jp/JP/product/HiFiComponents/USBDAConverters/da300...

【アンプ】DENON 『DA-310USB』 レビューチェック

2016年12月に発売されたDENONのアンプ「DA-310USB」。「DA-300USB」の後継機となる据え置き型のUSB DAC/ヘッドホンアンプで、Qualcomm社の新世代デジタルアンプソリューション・DDFAの搭載を大きな特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。DA-310USB | USB-DAC / ヘッドホンアンプ | Denonhttp://www.denon.jp/jp/product/hificomponents/usbdaconverters/da310usb...

【アンプ】クリエイティブ 『Sound BlasterX G5』 レビューチェック

2015年12月に発売されたクリエイティブのアンプ「Sound BlasterX G5」。新設されたゲーミングオーディオブランド”Sound BlasterX”のポータブルゲーミングUSBオーディオと称した製品で、ハイレゾ音源再生&バーチャル7.1サラウンド対応などマルチな使い方ができる性能・機能を備えたモデル。簡潔にチェックしてみます。Sound BlasterX G5 - Sound Blaster - Creative Technology (日本)http://jp.creative.com/p/sound-blaster/soun...

【アンプ】Olasonic 『OLA-BT1』 レビューチェック

2014年5月に発売されたOlasonicのアンプ「OLA-BT1」。Bluetoothレシーバー搭載のヘッドホンアンプ、ヘッドホンアンプ搭載のBluetoothレシーバー、どちらとも言える一品。単体で発売はされておらず、オーディオ雑誌(Olasonic完全読本)の付録として付いているものですが、ちょっとチェックしてみます。Olasonic 完全読本(学研パブリッシング)https://www.facebook.com/Olasonic.kanzendokuhon...

【アンプ】クリエイティブ 『Sound Blaster X7』 レビューチェック

2014年12月に発売されたクリエイティブのアンプ「Sound Blaster X7」。192kHz/24bitのハイレゾ対応を謳うヘッドホンアンプ・USB DAC、さらにパッシブスピーカー用アンプも搭載し、Bluetooth受信機能も備わっているマルチなオーディオアンプ。簡潔にチェックしてみます。Sound Blaster X7 - Sound Blaster - Creative Technology (日本)http://jp.creative.com/p/sound-blaster/sound-blaster-x7...

【アンプ】クリエイティブ 『Sound Blaster E5』 レビューチェック

2014年10月に発売されたクリエイティブのアンプ「Sound Blaster E5」。24bit/192kHzまでのハイレゾ音源に対応したポータブルヘッドホンアンプで、USB DAC機能やBluetoothレシーバー機能なども備わっている多機能なモデル。情報がまだ少ないので簡潔にチェックしてみます。Sound Blaster E5 - Sound Blaster - Creative Technology (日本)http://jp.creative.com/p/sound-blaster/sound-blaster-e5...

ASUSのUSB DAC『Xonar U7』をよりゲーム向けにした迷彩モデル

2013年12月に発売されたASUSのUSB DAC「Xonar U7」。USBオーディオデバイスの類では評価が高いハイレゾ音源(192kHz/24bit)・7.1chサラウンド対応のモデル。海外ではそれをデジタル迷彩柄のデザインに仕上げたゲーマー向けのモデルが出ているようです。【USB DAC】ASUS 『Xonar U7』 レビューチェックhttp://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-4000.html...

【USB DAC】ASUS 『Xonar Essence STU』 レビューチェック

(via facebook)2013年8月に発売されたASUSのUSB DAC「Xonar Essence STU」。SN比120dBの高音質設計、192kHz/24bitまでのハイレゾ音源対応、最大600Ωまでのインピーダンスに対応ゲイン切り替え機能、オペアンプ交換可能、などを特徴としているモデル。簡潔にチェックしてみます。オーディオカード/USB DAC - Xonar Essence STUhttp://www.asus.com/jp/Sound_Cards_and_DigitaltoAnalog_Converters/Xonar_Essence_STU/...

【USB DAC】ASUS 『Xonar U7』 レビューチェック

(via JD.com)2013年12月に発売されたASUSのUSB DAC「Xonar U7」。ヘッドホンアンプ搭載、SN比114dBの高音質設計、192kHz/24bitまでのハイレゾ音源や7.1chサラウンド対応など、ゲームも音楽もこなせそうな性能・機能を備えたUSBオーディオデバイス。簡潔にチェックしてみます。オーディオカード/USB DAC - Xonar U7http://www.asus.com/jp/Sound_Cards_and_DigitaltoAnalog_Converters/Xonar_U7/...

【USBアンプ】ENERMAX 『DreamBass Genie AP001』 画像など

(via coolaler.com)2月に発売されたENERMAXのUSBアンプ(サウンドアダプタ)「DreamBass Genie AP001」。USBバスパワーで駆動する真空管デザインのヘッドフォンアンプ。似たようなデザインの機種は結構前から存在していますが、ちょっと見てみます。リニアヘッドフォンアンプ搭載USB Hi-Fi オーディオ ポータブルデバイス DreamBass Genie AP001http://www.enermaxjapan.com/DreamBass/AP001.html...

【サウンドユニット】クリエイティブ 『Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro』 レビューチェック

(via Pocket-lint)12月に発売されたクリエイティブのUSBサウンドユニット「Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro」。2008年に発売された「Sound Blaster X-Fi Surround 5.1」の後継モデルにあたる機種。外観はほとんど一緒でマイナーチェンジと言ってもいいモデルのようですが、ちょっとチェックしてみます。Creative Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro - THX TruStudio Pro entertainment systemhttp://jp.creative.com/produc...

【アンプ】サイズ 『鎌ベイアンプ 2000』 レビューチェック

(via ASCII.jp)2010年4月に発売されたサイズのデジタルオーディオアンプ「鎌ベイアンプ 2000(SDAR-2000)」「鎌ベイアンプKRO」の後継品で、アナログメーターやUSB端子が搭載していたりと特徴的なアンプ。ちょっとチェックしてみます。株式会社サイズ | 商品詳細 |鎌ベイアンプ 2000http://www.scythe.co.jp/accessories/sda-2000.html...