ユーザータグヘッドホン 1/21

AKG 『K361-Y3』 レビューチェック ~上位と毛色が違うスタジオモニターヘッドホン~

2019年10月に発売されたAKGのヘッドホン「K361-Y3」。「K371-Y3」の下位モデルとなるスタジオモニターヘッドホン。再生周波数帯域や入力コネクタそれに付属品など上位とは違いがいくつかありますが、楕円形イヤーカップなどの主な特徴は共通のモデル。ちょっとチェックしてみます。K361-Y3 - ヒビノプロオーディオセールス Div.https://proaudiosales.hibino.co.jp/akg/4488.html...

AKG 『K371-Y3』 レビューチェック ~楕円形イヤーカップ採用のスタジオモニターヘッドホン~

2019年10月に発売されたAKGのヘッドホン「K371-Y3」。同社のプロフェッショナル向けでは初の楕円形イヤーカップを採用した密閉型のスタジオモニターヘッドホン。日本では保証期間が長い”-Y3”の付いたモデルが実質正規品となるようですが、ちょっとチェックしてみます。K371-Y3 - ヒビノプロオーディオセールス Div.https://proaudiosales.hibino.co.jp/akg/4487.html...

HIFIMAN 『DEVA』 画像など ~専用Bluetoothレシーバーが付いた平面駆動ヘッドホン~

海外で発売されているHIFIMANのヘッドホン「DEVA」。平面磁界駆動ドライバーを搭載した新型のヘッドホンで、現ラインナップの新たなエントリークラスとなるモデル。外付けの専用Bluetoothレシーバーが付属しているという今どき珍しい特徴も兼ね備えていますが、ちょっと見てみます。HIFIMAN DEVAhttp://www.hifiman.cn/products/detail/278...

SENNHEISER 『PXC 550-II Wireless』 レビューチェック ~ビジネス向けのANC搭載Bluetoothヘッドホン~

2019年11月に発売されたSENNHEISERのヘッドホン「PXC 550-II Wireless」。「PXC 550 WIRELESS」の後継機となるビジネスシーンをターゲットにしたBluetoothヘッドホンで、アクティブノイズキャンセリング機能の搭載や高い通話品質を主な特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。Sennheiser PXC 550-II Wirelesshttps://ja-jp.sennheiser.com/pxc-550-ii...

Bowers & WilkinsのANC搭載Bluetoothヘッドホン『PX7』が50,000円を切る

2019年11月に発売されたBowers & Wilkinsのヘッドホン「PX7」。アダプティブノイズキャンセリング機能やaptX Adaptive対応などを特徴としたハイエンドクラスのBluetoothヘッドホン。発売当時の価格は60,000円前後でしたが、発売から2ヶ月足らずで50,000円を切る値下がりがありました。Bowers & Wilkins 『PX7』 レビューチェック ~ANC搭載/aptX Adaptive対応のBluetoothヘッドホン~https://watchmono.com/blog-entry-10522.html...

ソニー 『WH-H910N』 レビューチェック ~h.ear onシリーズ第3世代のNC/Bluetoothヘッドホン~

2019年11月に発売されたソニーのヘッドホン「WH-H910N」。「WH-H900N」の後継機でありh.ear onシリーズの第三世代機となるBluetoothヘッドホン。先代に引き続きノイズキャンセリング機能の搭載と新たに外音取り込み機能の追加を特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。WH-H910N | ヘッドホン | ソニーhttps://www.sony.jp/headphone/products/WH-H910N/...

ソニー 『WH-XB900N』 レビューチェック ~EXTRA BASSシリーズ最新のNC/Bluetoothヘッドホン~

2019年10月に発売されたソニーのヘッドホン「WH-XB900N」。「MDR-XB950N1」の後継機となるEXTRA BASSシリーズのBluetoothヘッドホン。先代に続いてノイズキャンセリング機能を搭載しており、それに加えて外音取り込み機能の追加も特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。WH-XB900N | ヘッドホン | ソニーhttps://www.sony.jp/headphone/products/WH-XB900N/...

Bowers & Wilkins 『PX7』 レビューチェック ~ANC搭載/aptX Adaptive対応のBluetoothヘッドホン~

2019年11月に発売されたBowers & Wilkinsのヘッドホン「PX7」。「PX」の後継機となるであろうアダプティブノイズキャンセリング機能を搭載したBluetoothヘッドホン。おそらく世界第一号となるaptX Adaptive対応も特徴としており、現ラインナップの上位モデルでもあり。ちょっとチェックしてみます。PX7 Wireless Headphones | Bowers & Wilkinshttps://www.bowerswilkins.com/ja-jp/headphones/px7...

【ヘッドホン】Philips 『Fidelio X2HR』 レビューチェック

海外で発売されているPhilipsのヘッドホン「Fidelio X2HR」。価格の割に完成度の高さが定評を得ているFidelioシリーズのヘッドホンで、フラッグシップの位置付けだった「Fidelio X2」のリニューアル版となるであろうモデル。タイミング次第では安く買えるようですが、ちょっとチェックしてみます。Headphones X2HR/00 | Fideliohttps://www.usa.philips.com/c-p/X2HR_00/fidelio-fidelio-headphones...

【ヘッドホン】SENNHEISER 『HD 599 SE』 レビューチェック

2019年6月に発売されたSENNHEISERのヘッドホン「HD 599 SE」。定評を得ているHD 500シリーズ最上位のヘッドホンを”Special Edition”に仕上げたAmazon限定モデル。といっても通常モデルとの違いはカラーとパッケージくらいのようでタイミング次第では安く買えるものですが、ちょっとチェックしてみます。【ヘッドホン】SENNHEISER 『HD 599』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-7152.html...

アディダス、スポーティーでファッショナブルなBluetoothヘッドホン『RPT-01』

海外で見かけたアディダスのヘッドホン「RPT-01」。「FWD-01」と同じく自身初リリースとなるであろうスポーツ向けのBluetoothヘッドホン。ニット素材のイヤーパッド&ヘッドバンドを採用したスポーティーかつファッショナブルなデザインが目を引くオンイヤー型のモデルです。RPT-01 Wireless Bluetooth Sport Headphones | adidashttps://www.adidasheadphones.com/us/en/RPT-01.html...

FOSTEXの完全ワイヤレスBluetoothレシーバー『TM2』はヘッドホンのワイヤレス化にも使える?

2019年5月に発売されたFOSTEXのイヤホン「TM2」。イヤーフック型の完全ワイヤレスイヤホンであり完全ワイヤレスBluetoothレシーバーとしても使えるモデル。後に追加されたオプションケーブルで対応の幅も広がりましたが、ヘッドホンの完全ワイヤレス化にも使える情報を見かけました。【イヤホン】FOSTEX 『TM2』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-9845.html...

【ヘッドホン】Skullcandy 『Crusher ANC』 レビューチェック

2019年10月に発売されたSkullcandyのヘッドホン「Crusher ANC」。重低音を共に振動も作り出すセンサリーベース機能を特徴としたCrusherシリーズのBluetoothヘッドホン。”ANC”の名のとおりアクティブノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能を搭載しているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。Crusher ANC サブウーファー搭載ノイズキャンセリングヘッドホン - Skullcandy.jphttps://www.skullcandy.jp/shop/headphones/...

【ヘッドホン】ソニー 『MDR-M1ST』 レビューチェック

2019年8月に発売されたソニーのヘッドホン「MDR-M1ST」。ハイレゾの音域を正確に再現したという独自開発のドライバーユニットを採用し、プロユースに耐え得る機能性と耐久性も実現しているというプロフェッショナル仕様のスタジオモニターヘッドホン。ちょっとチェックしてみます。MDR-M1ST | ヘッドホン | ソニーhttps://www.sony.jp/headphone/products/MDR-M1ST/...

HIFIMAN、専用Bluetoothレシーバー付きの新型ヘッドホン『DEVA』

海外で発表があったHIFIMANのヘッドホン「DEVA」。極薄ダイアフラムや3.5mm PROバランス端子の採用を特徴とした新型のヘッドホン。ただそれだけではなく高音質コーデックに対応した外付けの専用Bluetoothレシーバーも付いているという今どき珍しいモデルでもあります。HIFIMAN Homehttp://www.hifiman.jp/...

Bowers & Wilkins、下位でもANC搭載&aptX Adaptive対応のBluetoothヘッドホン『PX5』

海外で見かけたBowers & Wilkinsのヘッドホン「PX5」。「PX7」の下位モデルとなるBluetoothヘッドホンで、こちらはポータブル向けと言えるオンイヤー型モデル。下位でも上位と同じくアダプティブノイズキャンセリング機能やaptX Adaptiveコーデック対応を特徴としています。PX5 Wireless Headphones | Bowers & Wilkinshttps://www.bowerswilkins.com/headphones/px5...

Bowers & Wilkins、ANC搭載&aptX Adaptive対応のBluetoothヘッドホン『PX7』

海外で見かけたBowers & Wilkinsのヘッドホン「PX7」。「PX」などこれまで継続的に製品を出していたBowers & Wilkinsの新たなBluetoothヘッドホン。「PI4」と同じくアダプティブノイズキャンセリング機能やaptX Adaptive対応を特徴としており、新ラインナップでは上位となるモデルです。PX7 Wireless Headphones | Bowers & Wilkinshttps://www.bowerswilkins.com/headphones/px7...

Philips、ANC搭載&ハイレゾ対応のBluetoothヘッドホン『PH805』

海外で見かけたPhilipsのヘッドホン「PH805」。「Fidelio X3」などオーディオ製品にまた注力する動きを見せていたPhilipsですが、Fidelioシリーズではなく8000シリーズの名義で新たなアクティブノイズキャンセリング機能搭載のBluetoothヘッドホンをリリースしていました。Performance Wireless Bluetooth® headphones TAPH805BK/00 | Philipshttps://www.philips.co.uk/c-p/TAPH805BK_00/performance-wireless-bluetooth-headphon...

【ヘッドホン】Bose 『NOISE CANCELLING HEADPHONES 700』 レビューチェック

2019年9月に発売されたBoseのヘッドホン「NOISE CANCELLING HEADPHONES 700」。「QuietComfort 35 II」に次ぐ新たなノイズキャンセリング機能搭載のBluetoothヘッドホンで、最新のテクノロジーを搭載したことによりノイズキャンセリングがさらに進化したと謳っているモデル。ちょっとチェックしてみます。NOISE CANCELLING HEADPHONES 700 | ボーズhttps://www.bose.co.jp/ja_jp/products/headphones/noise_cancelling_headphones/...

【ヘッドホン】SENNHEISER 『MOMENTUM Wireless (2019)』 レビューチェック

2019年9月に発売されたSENNHEISERのヘッドホン「MOMENTUM Wireless (2019)」。「MOMENTUM Wireless」の後継機でシリーズ第三世代となるアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したBluetoothヘッドホン。先代に比べてデザインをはじめあらゆる部分が刷新されているようですが、ちょっとチェックしてみます。ゼンハイザージャパン株式会社 | SENNHEISER 製品 | MOMENTUM Wirelesshttps://www.sennheiser.co.jp/sen.user.Item/id/...