ユーザータグパームレスト 1/2

ロジクール、MX Keys/CRAFT用のパームレスト『MX Palm Rest』

2019年9月に発売されたロジクールのパームレスト「MX Palm Rest」。ハイエンドクラスのワイヤレスキーボード「MX Keys」のオプションとしてリリースされた薄型でソフトタイプのパームレスト。フラッグシップモデルの「CRAFT」ともサイズ的に互換性がある幅420mmのロングサイズです。ロジクールMXパームレスト - キーボード リストレスト & サポートhttps://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/mx-palm-rest...

SADES、全面イラスト入りのパームレスト『THUNDER』

海外で見かけたSADESのパームレスト「THUNDER」。「METEOR」など最近はアクセサリ的な製品を出しているSADESのキーボード用パームレスト。物自体は至ってスタンダードなスポンジ系のタイプですが、表面全体にイラストが入っているというちょっと風変わりなモデルです。Thunder|SADEShttp://www.sades.gg/keyboardwristrest/Thunder/...

HHKB純正の木製パームレスト(日本未発売)

コンパクトサイズの静電容量無接点方式キーボードで世界的な支持を得ているHappy Hacking Keyboard。近年は海外進出にも力を入れているようで、特にそれが顕著なのはアジア圏。中国ではタオバオ/天猫に直販ショップが設立されており、そこには日本未発売=日本には存在しない純正の木製パームレストがあったりします。【官方正品】HHKB 红木描金手托 60键适配PRO2/BT/Type-S键盘-tmall.com天猫https://detail.tmall.com/item.htm?i...

【パームレスト】FILCO 『漆塗りパームレスト』 画像など

2017年3月に発売されたFILCOのキーボード「漆塗りパームレスト」。FILCOといえばセミオーダーできるキーボード工房で日本の伝統工芸を用いたフレームを選べたりしますが、これはそれらに合わせたデザインの木製パームレスト。ラインナップは摺漆塗り・曙塗り・根来塗りの3種あり。ちょっと見てみます。漆塗りパームレスト|ダイヤテック株式会社http://www.diatec.co.jp/shop/det.php?prod_c=3098...

Cherryの木製パームレスト『JA-0400』

海外で見かけたCherryのパームレスト「JA-0400」。メカニカルキーボードに使われているキースイッチの本家本元であり、ここ最近は自社名義の新たなキーボードもちょくちょくと出しているCherryですが、その自社製品向けのアクサせりとなる木製のパームレストを先日発売したようです。CHERRY樱桃木手托 JA-0400http://www.cherry.cn/index.php?m=Product&a=pro_content&id=57...

Xenics、竹製のキーボード用パームレスト『XPAM』

海外で見かけたXenicsのパームレスト「XPAM」。韓国でPC周辺機器の製品展開やTESORO・AKRACINGなどの製品を取り扱っているXenicsの竹製パームレスト。この類は木製なら日本でもいくつか見かけますが、竹製を製品化したのはおそらくこれが初です。Xenics - XPAM http://www.xenics.co.kr/shop/goods/goods_view.php?goodsno=393&category=009...

MISTEL、ロングサイズのアクリル製パームレスト『MISTEL ACRYLIC WRIST REST』

海外で見かけたMISTELのパームレスト「MISTEL ACRYLIC WRIST REST」。コンパクトタイプをそのまま分けたような左右分離型メカニカルキーボード「BAROCCO」の純正アクセサリとなるアクリル製のパームレスト。ただしキーボードの横幅に合わせたショートサイズではなく、フルサイズで使えそうなロングサイズになっています。Mistel AccEssorieshttp://www.mistelkeyboard.com/accessories...

『ARCHISS Massive Wrist Rest』を買ってみた

2016年9月に発売されたARCHISSのリストレスト「Massive Wrist Rest」。同社が出しているメカニカルキーボードのアクセサリとして登場したソフトタイプのリストレスト(パームレスト)。自分は特殊コンパクトサイズの「ProgresTouch RETRO TINY」を現在使っていますが、その純正品が出たとなると買わないわけにはいかないという事で購入。ついでにざっと触れてみます。Massive Wrist Rest | 株式会社アーキサイトhttp://www.archisi...

ソフト系としては良さそうなエレコムのパームレスト『MOH-FTPBK』

2016年4月に発売されたエレコムのパームレスト「MOH-FTPBK」。医療分野などで使われている国産の超柔軟性素材・エクスジェルを採用したFITTIOシリーズのパームレスト。個人的にパームレストはソフト系よりハード系の方が好みですが、これはソフト系の中で見ればなかなか良さそうな一品です。疲労軽減パームレスト「FITTIO」 - MOH-FTPBKhttp://www2.elecom.co.jp/products/MOH-FTPBK.html...

キーボードではなくパームレストを”痛化”する

痛キーボードといえば凸凹がない比較的安価な製品に版権絵をプリントしたものが一時期流行りましたが、コレクターグッズとしては微妙だったのか今ではすっかり見なくなり、最近はキーボードファンが自作でやっているのをたまに見かける程度。でもその層が使っているのは凸凹したメカニカルor静電容量無接点方式キーボードが大半で全面プリントは向いておらず、キーキャップ1個1個を”痛化”するのが関の山という印象。今後この方面で...

Apple Wireless Keyboardをパームレストとして使う発想

2007年8月に発売されたAppleのキーボード「Apple Wireless Keyboard」。スタイリッシュな薄型アルミフレームの外観は、発売から8年近く経つ今見ても美しい(Apple機器用としては)定番のBluetoothキーボード。これをキーボードとしてではなくパームレストとして使っている人を見かけ、なかなか興味深かったので自分もちょっと試してみました。Apple - Apple Wireless Keyboard - ケーブルフリーでおどろきの薄さ。https://www.appl...

マウスパッド素材で作られたパームレスト『Glorious Gaming Wrist Pad』

海外で見かけたGlorious PC Gaming Raceのパームレスト「Glorious Gaming Wrist Pad」。「Glorious White Extended」など主にゲーミングマウスパッドを展開している海外メーカーのメカニカルキーボード用パームレスト。ちょっとユニークというか目新しいところは、その主力製品を活かす形で素材の大部分はマウスパッドと同じものが使われているようです。Wrist Pads – Glorious PC Gaming Racehttp://www.pcgamingrace.com/collect...

FILCOのウッドパームレスト『FWPR/S』を2年ほど使ってみて・・・・

2013年5月に発売されたFILCOのパームレスト「ウッドパームレストS (FWPR/S)」。家具やスポーツ用具でよく使われている天然木・タモを材質とし、自然塗料・オスモカラーで仕上げた木製パームレスト。自分が使い出してからそろそろ2年経ちますが、いいタイミングなので改めて評価をしてみたいと思います。FILCO 『ウッドパームレストS (FWPR/S)』 レビューhttp://watchmono.com/blog-entry-3068.html...

楕円形状・シリコン製のパームレスト『I-Spire キーボードリストロッカー』

2014年3月ごろに発売されたFellowesのパームレスト「I-Spire キーボードリストロッカー」。シュレッダー・ラミネーターを主軸として日本でも展開しているメーカーですが、ホームオフィス向けのアクセサリも色々出しているようで、その中に特徴的なキーボード用パームレストがありました。ホームオフィス(I-Spireシリーズ)製品:キーボードリストロッカー|フェローズ ジャパンhttp://www.fellowes.co.jp/Products/iSpire_Keyboard_...

スライド式リストレストをキーボード用パームレストとして使う

マウス向けのリストレストは日本でも数多くの種類が販売されており、主流はやわらかいジェルタイプですが、その中には底面にボールを搭載してデスク面で移動できるユニークなスライド式も存在する。それをマウスにではなくキーボードで使っている人がいて、なかなかいいアイデアかもと思ったわけであります。ASCII.jp:自由自在に動くスライド式リストレストが1コインで購入可能http://ascii.jp/elem/000/000/929/929859/...

肘置き台にもなる超大型リストレスト『Minicute AR01』

海外で見かけたMinicuteのリストレスト「Minicute AR01」。クランプ式でデスクに取り付けができ、肘置き台にもなるエルゴノミクスデザインの超大型リストレスト。コンパクトキーボードと小さいマウスパッドの組み合わせなら横幅の範囲内に置けるビッグサイズです。Minicute AR01http://www.minicute.com.cn/product-detail-2140.html...

Ducky Channelの本革パームレスト『Ducky Leather Wrist Pad』

海外で見かけたDucky Channelのパームレスト「Ducky Leather Wrist Pad」。メカニカルキーボードのジャンルで一大メーカーとなっているDucky Channel。キーボード本体だけでなくアクセサリも色々出していますが、これはその一つとなる本革のパームレストです。Ducky Channel→Accessorieshttp://www.duckychannel.com.tw/en/accessories.html...

黒系も選べる木製パームレスト『Royal Glam Hardwood Wrist Rests』

海外で見かけたキーボード用パームレスト「Royal Glam Hardwood Wrist Rests」。日本でもFILCOやセンチュリーが販売している木製のパームレスト。キーボードファンの間でちらほらと見かける事があったものですが、共同購入サイト・Massdropで現在取り扱っている模様(日本購入可)。特筆すべき点はカラーというか木の材質が数種類あるラインナップです。Royal Glam Hardwood Wrist Rests - Massdrophttps://www.massdrop.com/buy/h...

お前等のメカニカルキーボード見せろよ(パームレスト/海外)Part.3

カチカチッとしたキータッチが特徴のメカニカルキーボード。ここ最近はキースイッチがCherry MX製ではなくkailh製を採用しているモデルも数多く登場。また、キーボードのタイプも多種多彩に登場し、キーキャップやパームレストといったアクセサリの種類も結構増えている。今回はパームレストに視点を当てた計71枚をちょっと見てみます(RealforceやHHKB Proといった機種も含みます)。お前等のメカニカルキーボード見せろよ(パー...

デニム生地で作ったパームレストがちょっといい感じ

海外で見かけたキーボード用パームレスト。市販品ではなく自作したもので、表面はデニム生地の作り。布系のパームレストは中身がジェルやポリウレタンなど、日本でも色々なタイプが販売されていますが使っていて気になりだすのは表面の汚れや色あせ。でもデニム生地だとジーンズ同様それがかえっていい感じに見えるのではないかと。お前等のメカニカルキーボード見せろよ(パームレスト/海外)②http://watchmono.com/blog-entry-37...