ユーザータグネックバンド型 1/7

realme、低価格でANC搭載&LDAC対応のネックバンド型Bluetoothイヤホン『realme Buds Wireless 2』

海外で発表があったrealmeのイヤホン「realme Buds Wireless 2」。「realme Buds Air Pro」などのオーディオ製品が日本でも発売されているrealmeがシリーズ第2世代となるネックバンド型のBluetoothイヤホンをリリースする模様。低価格でありながらANC機能やLDAC対応などを特徴としているモデルです。真我Buds Wireless 2https://buy.realme.com/cn/goods/387...

HiBy、AK4331/QCC5125採用でLDAC/aptX HD対応のネックバンド型Bluetoothレシーバー『WU1』

海外で見かけたHiByのレシーバー「WU1」。LDAC対応の完全ワイヤレスイヤホン「WH2」を発表するなど新たな進展を見せていたHiByがおそらく自身初となるネックバンド型のBluetoothレシーバーをリリースした模様。AK4331/QCC5125採用でLDAC/aptX HD対応を主な特徴としています。HiBy海贝WU1无线蓝牙颈挂式解码耳放耳机升级线LDAC通话0.78/mmcx-tmall.com天猫https://detail.tmall.com/item.htm?id=646865937764&skuId=4662456436756...

オーディオテクニカ 『ATH-ANC400BT』 レビューチェック ~半額近くになっているANC搭載のネックバンド型Bluetoothイヤホン

2019年11月に発売されたオーディオテクニカのイヤホン「ATH-ANC400BT」。業界最高クラスと謳うアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したネックバンド型のBluetoothイヤホンで、20時間再生のロングバッテリーやaptX HDコーデック対応も特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。ATH-ANC400BT|イヤホン|株式会社オーディオテクニカhttps://www.audio-technica.co.jp/product/ATH-ANC400BT...

SkullcandyのBluetoothイヤホン『JIB+』がAmazonサイバーマンデーで2,000円を切る

2019年6月に発売されたSkullcandyのイヤホン「JIB+」。現ラインナップのエントリークラスとなるネックバンドのBluetoothイヤホン。発売当時から今日まで実売価格は3,000円前後でしたが、Amazonサイバーマンデーにて2,000円を切って販売中。エントリークラスゆえに特筆するような点はないですし割引きも1,000円程度、でも3割引きですから見方によってはお買い得です。JIB+ Black | ワイヤレスイヤホン | Skullcandy公式サイトhttps:...

AKGのネックバンド型NC/Bluetoothイヤホン『N200NC WIRELESS』がAmazonサイバーマンデーで20,000円を切る

2019年11月に発売されたAKGのイヤホン「N200NC WIRELESS」。AKGシグネチャーサウンドとノイズキャンセリング機能を特徴としたネックバンド型のBluetoothイヤホン。実売価格は発売当時から今日まで27,000円台でしたが、Amazonサイバーマンデーにて20,000円を切って販売中。コーデックなど物足りない点があるものの、元値を考えると音自体やNC機能は相応のパフォーマンスが期待できるのではないかと。AKG N200NC Wireless | ワイヤレ...

SHANLING 『MW200』 レビューチェック ~現時点で最高峰のネックバンド型Bluetoothレシーバー

2020年8月に発売されたSHANLINGのレシーバー「MW200」。MMCXコネクタのイヤホンをワイヤレス化できるネックバンド型のBluetoothレシーバーで、AKM AK4377AのDAC搭載やLDAC/aptX HDコーデック対応など現時点では最高峰と言えるスペックを備えたモデル。ちょっとチェックしてみます。SHANLING MW200http://musinltd.com/MW200.html...

FiiO 『LC-BT2』 レビューチェック ~LDAC/aptX HD対応のネックバンド型Bluetoothレシーバー

海外で発売されているFiiOのレシーバー「LC-BT2」。AKM AK4331のDAC搭載やaptX HD/LDACコーデック対応、それに最大24時間再生のロングバッテリーを特徴としているネックバンド型のBluetoothレシーバー。日本ではまだ発売される気配のないものですが、ちょっとチェックしてみます。LCBT2https://www.fiio.com/lcbt2...

JPRiDE 『BTR-1』 レビューチェック ~aptX HD対応&MMCX採用のネックバンド型Bluetoothレシーバー

2020年7月に発売されたJPRiDEのレシーバー「BTR-1」。「Premium 1980 BLUE MOON」など同社の有線イヤホンをワイヤレス化するネックバンド型のBluetoothレシーバーで、aptX HDコーデック対応やMMCXコネクタ採用などを特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。JPRiDE|ハイブランドの音質とクオリティを低価格で。https://www.jp-ride.com/...

HUAWEI、独自のネックバンド型でANC機能を搭載したBluetoothイヤホン『FreeLace Pro』

海外で見かけたHUAWEIのイヤホン「FreeLace Pro」。2019年6月に日本でも発売された「FreeLace」の上位モデルとなるネックバンド型のBluetoothイヤホン。USBコネクタ搭載などの特徴はそのままにデュアルアクティブノイズリダクション(ANC機能)をはじめ上位に相応しいものを備えています。HUAWEI FreeLace Prohttps://consumer.huawei.com/cn/audio/freelace-pro/...

SHANLING 『MW200』 画像など ~DAC搭載&LDAC/aptX HD対応のネックバンド型Bluetoothレシーバー

2020年8月に発売されるSHANLINGのレシーバー「MW200」。「UP4」などBluetoothオーディオ製品も手がけているSHANLINGのネックバンド型Bluetoothレシーバー。MMCXコネクタ採用でAKM AK4377AのDAC搭載やLDAC/aptX HDコーデック対応などを特徴としているモデルですが、ちょっと見てみます。SHANLING MW200http://musinltd.com/MW200.html...

JVCの個性的なNC搭載/ネックバンド型Bluetoothイヤホン『XE-M10BT』が10,000円を切る

2018年2月に発売されたJVCのイヤホン「XE-M10BT」。ノイズキャンセリング機能やK2テクノロジーを搭載したネックバンド型のBluetoothイヤホンで、ヴィンテージ風のデザインも特徴的なモデル。発売当時は30,000円近くもする高額品でしたが、10,000円を切って販売するところが出てきました。【イヤホン】JVC 『XE-M10BT』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-8890.html...

SHANLING、コーデック全対応のネックバンド型Bluetoothレシーバー『MW200』

海外で見かけたSHANLINGのレシーバー「MW200」。「Q1」「UP4」などDAPやBluetoothレシーバーのメーカーとして知られ、「ME500」などイヤホンも出しているSHANLINGがネックバンド型のBluetoothレシーバーをリリースする模様。コーデック全対応を特徴の一つとしています。Shenzhen Shanling Digital Technohttp://en.shanling.com/...

SoundPEATS 『ForcePro』 レビューチェック ~デュアルドライバーになったaptX HD対応のBluetoothイヤホン

2020年4月に発売されたSoundPEATSのイヤホン「ForcePro」。「FORCE HD」のデュアルドライバー版と言えそうなネックバンド型のBluetoothイヤホン。連続再生時間は22時間に下がっていますが、こちらもaptX HDコーデック対応を特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。【公式】SOUNDPEATS Audio サウンドピーツオーディオ機器 | sport-earbudshttps://www.soundpeatsaudio.com/jp/sport-earbuds.html...

Xiaomi、低価格でaptX Adaptive対応のネックバンド型Bluetoothイヤホン『Line Free』

海外で発表があったXiaomiのイヤホン「Line Free」。「Mi Bluetooth Noise Cancelling Neckband Earphones」などネックバンド型のBluetoothイヤホンも数多く手がけているXiaomiが次に出してきたのは199人民元(約3,000円)という低価格でありながらaptX Adaptiveに対応したモデルです。小米蓝牙耳机Line Free立即购买-小米商城https://item.mi.com/product/11949.html...

OPPO、低価格でLDAC対応のネックバンド型Bluetoothイヤホン『Enco M31』

海外で見かけたOPPOのイヤホン「Enco M31」。「Enco W31」と共に発表された新製品でこちらはネックバンド型のBluetoothイヤホン。シンプルかつスリムなデザインで価格は手ごろな設定になっているスタンダードモデルですが、このタイプでは珍しくLDAC対応を特徴としています。OPPO Enco M31https://www.opposhop.cn/products/1307.html...

SoundPEATS 『Engine HD』 レビューチェック ~デュアルドライバー&aptX HD対応のネックバンド型Bluetoothイヤホン

2019年11月に発売されたSoundPEATSのイヤホン「Engine HD」。「FORCE HD」と同じく既製品をアップグレードしたネックバンド型のBluetoothイヤホンで、デュアルダイナミックドライバー&2WAYクロスオーバーネットワークとaptX HDコーデック対応を特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。【公式】SOUNDPEATS Audio サウンドピーツオーディオ機器 | sport-earbudshttps://www.soundpeatsaudio.com/jp/sport-earbuds.html...

SoundPEATS 『FORCE HD』 レビューチェック ~30時間再生&aptX HD対応のネックバンド型Bluetoothイヤホン

2019年11月に発売されたSoundPEATSのイヤホン「FORCE HD」。既製品のアップグレードを頻繁に行っているSoundPEATSですが、これはネックバンド型BluetoothイヤホンのFORCEを刷新したHDモデルで、30時間再生のロングバッテリーやaptX HDコーデック対応などが主な特徴。ちょっとチェックしてみます。【公式】SOUNDPEATS Audio サウンドピーツオーディオ機器 | Force HDhttps://www.soundpeatsaudio.com/jp/neckband-bluetooth-headph...

1MORE、全面的に進化したANC搭載のネックバンド型Bluetoothイヤホン『EHD9001BA』

海外で見かけた1MOREのイヤホン「EHD9001BA」。日本でも2019年に発売された「E1004BA」のアップグレード版となるネックバンド型のBluetoothイヤホン。引き続きアクティブノイズキャンセリング機能とハイブリッドドライバーを特徴としていますが、全面的に進化しているモデルです。Wireless Archives | 1Morehttps://global.1more.com/product-category/earphones/wireless-earphones/...

FiiO 『LC-BT2』 画像など ~最高峰クラスのネックバンド型Bluetoothレシーバー~

海外で発売されているFiiOのレシーバー「LC-BT2」。「BTR5」「UTWS1」など目を引くBluetoothオーディオ製品を立て続けに出しているFiiO、お次はネックバンド型のBluetoothレシーバーをリリース。AKM製のDAC搭載やaptX HD/LDACコーデック対応など最高峰クラスと言えるスペックを備えたモデルですが、ちょっと見てみます。LC-BT2-飞傲官网https://www.fiio.com/lcbt2...

クリエイティブ、2BA+1DDドライバーでaptX HD対応のBluetoothイヤホン『Aurvana Trio Wireless』

海外で見かけたクリエイティブのイヤホン「Aurvana Trio Wireless」。2018年2月に発売された「Aurvana Trio」のワイヤレスモデルとなるネックバンド型のBluetoothイヤホン。2BA+1DDのハイブリッドドライバーを搭載しており、aptX HDコーデック対応やSuper X-Fiテクノロジー採用も特徴としています。jp.creative.com - ヘッドホン / イヤホンhttps://jp.creative.com/p/headphones-headsets?filters=1036...