1. 『SENNHEISER AMBEO Soundbar Mini』レビューチェック ~コンパクトサイズの最高峰と言える7.1.4ch対応サウンドバー

    『SENNHEISER AMBEO Soundbar Mini』レビューチェック ~コンパクトサイズの最高峰と言える7.1.4ch対応サウンドバー

    2023年9月に発売されたSENNHEISERのスピーカー「AMBEO Soundbar Mini」。AMBEO Soundbarシリーズでその名のとおり一番小さいコンパクトモデルのサウンドバー。コンパクトサイズのワンボディでありながら7.1.4ch対応だったりDolby Atmos対応だったりとスペック的に同類の中では最高峰となりそうなものですが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】-AMBEO- Soundbar | Mini 日本...

  2. 『Bose Smart Ultra Soundbar』レビューチェック ~聞き取りやすさが最高レベルと評されるAIダイアログモード搭載のサウンドバー

    『Bose Smart Ultra Soundbar』レビューチェック ~聞き取りやすさが最高レベルと評されるAIダイアログモード搭載のサウンドバー

    2023年9月に発売されたBoseのスピーカー「Bose Smart Ultra Soundbar」。「Bose Smart Soundbar 900」の後継機と言われているワンボディのサウンドバー。本体のデザインやスピーカー構成はほとんど変わっていませんが、聞き取りやすいクリアなセリフを実感したと謳うAIダイアログモードを新たな特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】Smart Ultra Soundbar – スマートサウンドバーシステム | ボーズ...

  3. 『ヤマハ SR-X40A』レビューチェック ~イネーブルドスピーカー搭載&Dolby Atmos対応のサウンドバー

    『ヤマハ SR-X40A』レビューチェック ~イネーブルドスピーカー搭載&Dolby Atmos対応のサウンドバー

    2023年11月に発売されたヤマハのスピーカー「SR-X40A」。「SR-B30A」に続くワンボディのサウンドバーで同社の現ラインナップでは一番高額のハイエンドクラスとなるモデル。イネーブルドスピーカー搭載やDolby Atmos対応を主な特徴としており、SR-B30AにはなかったHDMI入力を備えているところもポイントの一つとなりそうですが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】ヤマハ | SR-X40A...

  4. Anker、製品が出回りだしたアウトドア向けのポータブルBluetoothスピーカー『Soundcore Boom 2』

    Anker、製品が出回りだしたアウトドア向けのポータブルBluetoothスピーカー『Soundcore Boom 2』

    海外で発売されているAnkerのスピーカー「Soundcore Boom 2」。「Soundcore Motion 100」に続く新たなBluetoothスピーカーは完全にアウトドア向けのタイプで2021年に発売されたSoundcore Motion Boomの後継機になるであろうモデル。1月のイベントに出展されていたものですが先日に北米で正式な発表があって同時に製品も出回りだしたようです。【公式サイト】Boom 2 Portable Bluetooth Speaker with Powerful Bass | soundcore US...

  5. 『Anker Soundcore Motion X500』レビューチェック ~上位とは色々と異なるスクエア型のポータブルBluetoothスピーカー

    『Anker Soundcore Motion X500』レビューチェック ~上位とは色々と異なるスクエア型のポータブルBluetoothスピーカー

    2023年12月に発売されたAnkerのスピーカー「Soundcore Motion X500」。「Soundcore Motion X600」と同じ系統でこちらが下位モデルとなるポータブルBluetoothスピーカー。ハンドル付きのメタリックデザインは上位と共通ですがこちらはスクエア型といえる形、でも小型というわけではなく高さはむしろ上位よりあってドライバー構成も異なりますが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】Soundcore Motion X500 | Bluetoothスピ...

  6. EDIFIER、これがグローバル版となる大型サイズでレトロデザインのBluetooth/Wi-Fiスピーカー『D32』

    EDIFIER、これがグローバル版となる大型サイズでレトロデザインのBluetooth/Wi-Fiスピーカー『D32』

    海外で見かけたEDIFIERのスピーカー「D32」。同社の製品でレトロデザインのワイヤレススピーカーといえば「MP230(M230)」が日本でも発売されており、その大型サイズ版とも上位モデルとも言える「M330」が中国で出回っていましたが、これは後者のグローバル版となるであろう新製品。グローバルサイトに製品情報が最近公開されました。【公式サイト】Tabletop Wireless Speaker | D32 -【Edifier】...

  7. 『JBL AUTHENTICS 200』レビューチェック ~70年代モチーフのレトロデザインで性能・機能は最新仕様のBluetooth/Wi-Fiスピーカー

    『JBL AUTHENTICS 200』レビューチェック ~70年代モチーフのレトロデザインで性能・機能は最新仕様のBluetooth/Wi-Fiスピーカー

    2023年11月に発売されたJBLのスピーカー「JBL AUTHENTICS 200」。1970年代に人気を博したJBL L100 Centuryをモチーフにしたというレトロデザインで性能・機能は最新仕様と言えるワイヤレススピーカー。日本ではバッテリー内蔵&ハンドル付きの「JBL AUTHENTICS 300」と共に発売されて、こちらは据え置き型の下位モデルとなりますが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】JBL Authentics 200 | オーセンティックデザインのワ...

  8. Xiaomi、360度サウンドやLHDC 5.0対応を特徴とするロングボトルサイズのポータブルBluetoothスピーカー『Xiaomi Bluetooth Speaker』

    Xiaomi、360度サウンドやLHDC 5.0対応を特徴とするロングボトルサイズのポータブルBluetoothスピーカー『Xiaomi Bluetooth Speaker』

    海外で見かけたXiaomiのスピーカー「Xiaomi Bluetooth Speaker」。「Xiaomi Bluetooth Speaker Mini」と共に発表されたポータブルBluetoothスピーカーで、こちらはロングボトル型の通常サイズと言えるモデル。Miniと同じく360度サウンドやIP67防水を特徴としていますが、こちらはさらに上の音質が期待できそうなスペックを備えています。【公式サイト】Xiaomi 蓝牙音箱...

  9. Xiaomi、360度サウンドやIP67防水を特徴とするマグサイズのポータブルBluetoothスピーカー『Xiaomi Bluetooth Speaker Mini』

    Xiaomi、360度サウンドやIP67防水を特徴とするマグサイズのポータブルBluetoothスピーカー『Xiaomi Bluetooth Speaker Mini』

    海外で見かけたXiaomiのスピーカー「Xiaomi Bluetooth Speaker Mini」。同社のポータブルBluetoothスピーカーといえば1年近く前に「Xiaomi Sound Move」が出ていて日本では結局発売されませんでしたが、”Xiaomi Bluetooth Speaker”という直球的なネーミングで2つの新製品をリリースする模様。これはそこそこ小型のマグサイズになっているMiniモデルです。【公式サイト】Xiaomi蓝牙音箱 Mini...

  10. JBL、日本発売が決まったAI Sound Boost搭載を特徴とする第4世代の大型ポータブルBluetoothスピーカー『JBL XTREME 4』

    JBL、日本発売が決まったAI Sound Boost搭載を特徴とする第4世代の大型ポータブルBluetoothスピーカー『JBL XTREME 4』

    2024年3月に発売されるJBLのスピーカー「JBL XTREME 4」。「JBL XTREME 3」の後継機となる大型サイズのポータブルBluetoothスピーカー。先代と比べて本体のデザインは若干変わっており、次世代のアンプ技術と謳うAI Sound Boost搭載を大きな特徴としているモデル。1月のイベントで3シリーズの新製品が発表されていましたが、日本ではこれが最初に発売されるようです。【公式サイト】JBL Xtreme 4 | 防水ポータブルスピーカー...

  11. 『Anker Soundcore Motion 100』レビューチェック ~用途次第ではちょうどいいシリーズ最小のポータブルBluetoothスピーカー

    『Anker Soundcore Motion 100』レビューチェック ~用途次第ではちょうどいいシリーズ最小のポータブルBluetoothスピーカー

    2024年1月に発売されたAnkerのスピーカー「Soundcore Motion 100」。「Soundcore Motion 300」の下位モデルでMotionシリーズの中では一番小さいコンパクトサイズのポータブルBluetoothスピーカー。IPX7防水やLDACコーデック対応それにアプリ対応など小さくても最新仕様と言えるスペックを備えていて魅力的な要素は多いモデルですが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】Soundcore Motion 100 | Bluetoothスピーカーの製品...

  12. EDIFIER、インフィニティミラーデザインを特徴とするデスクトップ向けのサウンドバー『Halo SoundBar』

    EDIFIER、インフィニティミラーデザインを特徴とするデスクトップ向けのサウンドバー『Halo SoundBar』

    海外で見かけたEDIFIERのスピーカー「Halo SoundBar」。日本でも発売された「ED-QR65」は中国だと花再ブランドの「Halo 2.0」という製品名になっていますが、これはそれと同じシリーズとなるであろうデスクトップ向けのサウンドバー。ED-QR65と同じくフロントのライトエフェクトが奥へ奥へと光るインフィニティミラーデザインを特徴としています。【公式サイト】EDIFIER - Halo SoundBar...

  13. 『Anker Soundcore Motion 300』レビューチェック ~イコライザーで音が化けるLDAC対応&IPX7防水のポータブルBluetoothスピーカー

    『Anker Soundcore Motion 300』レビューチェック ~イコライザーで音が化けるLDAC対応&IPX7防水のポータブルBluetoothスピーカー

    2023年11月に発売されたAnkerのスピーカー「Soundcore Motion 300」。「Soundcore Motion X600」「Soundcore Motion X500」と同じくMotionシリーズの最新ラインナップとなるBluetoothスピーカーで、これはアウトドア向けのポータブルタイプでIPX7防水も特徴としているモデル。LDACコーデックとアプリのイコライザーで音も良いようですが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】Soundcore Motion 300 | Bluetoothスピーカーの...

  14. クリエイティブ、性能も機能もサイズもアップした次世代のデスクトップスピーカー『Creative Pebble X』

    クリエイティブ、性能も機能もサイズもアップした次世代のデスクトップスピーカー『Creative Pebble X』

    海外で見かけたクリエイティブのスピーカー「Creative Pebble X」。「Creative Pebble X Plus」共に発表されたPebbleシリーズの次世代となるデスクトップスピーカーで、こちらはサブウーファー無しのスタンダードな2.0chモデル。これまでシリーズ最上位の存在だった「Creative Pebble Pro」と比べて性能も機能もサイズもアップしている内容です。【公式サイト】Creative Pebble X 2.0 USB-C Computer Speakers with Customizable R...

  15. 『Kanto Audio YU2』画像など ~ようやく日本でも発売されたコンパクトサイズの人気デスクトップスピーカー

    『Kanto Audio YU2』画像など ~ようやく日本でも発売されたコンパクトサイズの人気デスクトップスピーカー

    2024年2月に発売されたKanto Audioのスピーカー「YU2」。2010年代に登場して海外では定番機の一つと言ってもいいほど人気を得ていたコンパクトサイズのデスクトップスピーカー。日本で出回る事はないと思っていましたが完実電気が正規代理店になって取り扱うと昨年末に発表があり、そして先日ついに発売された模様。ちょっと見てみます。【公式サイト】YU2 - Kanto Audio | 完実電気株式会社 | KANJITSU DENKI CO.,LTD...