ユーザータグスピーカー 1/32

クリエイティブ 『Creative Pebble V3』 レビューチェック ~USB接続&Bluetooth対応のコンパクトPCスピーカー

2020年8月に発売されたクリエイティブのスピーカー「Creative Pebble V3」。「Creative Pebble」「Creative Pebble V2」に続くシリーズ第3世代となるコンパクトサイズのPCスピーカー。スピーカーが大きくなった事とUSB接続&Bluetooth対応になった事を新たな特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。Creative Pebble V3 - Creative Technology (日本)https://jp.creative.com/p/speakers/creative-pebble-v3...

クリエイティブ 『Creative Pebble V2』 レビューチェック ~USB-C給電になった第2世代のコンパクトPCスピーカー

2019年9月に発売されたクリエイティブのスピーカー「Creative Pebble V2」。「Creative Pebble」の後継機でUSB Type-C給電採用によって最大16Wのハイパワーを実現しているコンパクトサイズのPCスピーカー。既に第3世代モデルの「Creative Pebble V3」が出ている状況ですが、ちょっとチェックしてみます。Creative Pebble V2 - USB-C電源タイプのパワフル サウンド コンパクト スピーカーhttps://jp.creative.com/p/speakers/creati...

MSI、MAGシリーズから登場したDTS Studio Sound対応のゲーミングサウンドバー『MAG XA2821』

海外で見かけたMSIのスピーカー「MAG XA2821」。「Optix MAG274QRF-QD」などのゲーミングモニターやPCパーツで知られるMAGシリーズからゲーミングサウンドバーが登場した模様。DTS Studio Sound・DTS TruSurround・DTS TruVolume対応を特徴としているPC向けのモデルです。MAG XA2821藍芽喇叭https://tw.msi.com/Gaming-Gear/MAG-XA2821...

サンワサプライ 『400-SP091』 レビューチェック ~JBL製と同型のBluetooth&USB接続対応スピーカー

2020年7月に発売されたサンワサプライのスピーカー「400-SP091」。フルレンジ+ツイーターのスピーカー構成になっているコンパクトサイズのアクティブスピーカーで、Bluetooth&USB接続対応も特徴としているモデル。先に言っておくとJBLの「JBL PS3300」と同型のようですが、ちょっとチェックしてみます。Bluetoothスピーカー 400-SP091| 通販ならサンワダイレクトhttps://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/400-SP091...

EDIFIER、本格的なスペックを備えたゲーミングPCスピーカー『HECATE G5000』

海外で発表があったEDIFIERのスピーカー「HECATE G5000」。「HECATE GM5」などゲーム向けのオーディオ製品を展開しているHECATEブランドの新たなゲーミングPCスピーカー。同ブランドの製品はこれまで手が出しやすい割安なものばかりでしたが、これはスペックも価格も本格的なモデルです。EDIFIER/漫步者G5000电脑电竞游戏音箱台式音响家用蓝牙音响低音炮-tmall.com天猫https://detail.tmall.com/item.htm?id=641354030802&skuId=46...

JBL 『JBL XTREME3』 画像など ~さらに進化したシリーズ第3世代の大型Bluetoothスピーカー

2021年4月に発売されるJBLスピーカー「JBL XTREME3」。「JBL XTREME2」の後継機でシリーズ第3世代となる大型サイズのBluetoothスピーカー。従来のサイズそのままにスピーカーキャビネットの容積増加や防塵/防水性能の強化など色々と進化が見られるモデルですが、ちょっと見てみます。JBL Xtreme 3 | 防水ポータブルスピーカーhttps://jp.jbl.com/XTREME-3-.html...

JBL、シリーズ第5世代となる大型サイズのポータブルBluetoothスピーカー『JBL CHARGE5』

海外で見かけたJBLのスピーカー「JBL CHARGE5」。「JBL CHARGE4」の後継機でシリーズ第5世代となる大型サイズのポータブルBluetoothスピーカー。先代と比べてBluetoothのバージョンや防塵/防水性能が向上しており、スピーカーも新しいものを採用しているようです。JBL CHARGE 5 | Portable Waterproof Speaker with Powerbankhttps://uk.jbl.com/bluetooth-speakers/CHARGE5-.html...

ハイセンス 『HS214』 レビューチェック ~独自のサラウンドモードを備えた入門用のサウンドバー

2020年10月に発売されたハイセンスのスピーカー「HS214」。主にテレビのメーカーとして知られるハイセンスがそのオプション的な形で出しているサウンドバー。独自のサラウンドモード搭載を大きな特徴としており、サイズや価格からして入門用と言えるモデルですが、ちょっとチェックしてみます。HS214 | ハイセンスジャパン株式会社https://www.hisense.co.jp/audio/hs214/...

お前らのゲーミングスピーカー見せろよ Part.2(Razer)

ゲーミングスピーカー・・・明確にその位置付けで出された製品は知る限りだと2000年代後半にRazerが出したものが始まりだったと記憶していますが、10年以上の歴史があるのに製品自体の数は意外と少なかったりする。でも2010年代以降に有名どころが手がけたものはどれも健在で、選択肢はそれなりにある状況。今回はそのゲーミングスピーカーを使っているユーザー環境を2回に分けて見てみます。Part.2はRazerの製品です。お前らのゲ...

お前らのゲーミングスピーカー見せろよ Part.1(ロジクールG・クリエイティブ・JBL)

ゲーミングスピーカー・・・明確にその位置付けで出された製品は知る限りだと2000年代後半にRazerが出したものが始まりだったと記憶していますが、10年以上の歴史があるのに製品自体の数は意外と少なかったりする。でも2010年代以降に有名どころが手がけたものはどれも健在で、選択肢はそれなりにある状況。今回はそのゲーミングスピーカーを使っているユーザー環境を2回に分けて見てみます。Part.1はロジクールG・クリエイティブ・...

JBL 『JBL Quantum Duo』 レビューチェック ~RGB LEDを搭載した才色兼備のゲーミングスピーカー

2020年11月に発売されたJBLのスピーカー「JBL Quantum Duo」。ゲーミングオーディオデバイスを展開するQuantumシリーズから登場したゲーミングスピーカー。ゲーム用にチューニングされたサラウンド技術とカスタマイズ可能なライティング機能を特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。JBL Quantum Duo | ゲーミングスピーカーhttps://jp.jbl.com/QUANTUM+DUO-.html...

Anker 『Soundcore 3』 レビューチェック ~正統進化した第3世代モデルのBluetoothスピーカー

2020年12月に発売されたAnkerのスピーカー「Soundcore 3」。割安なBluetoothスピーカーとして人気を博しているSoundcoreシリーズの第3世代モデル。先代よりも出力がパワーアップしてインターフェイスはUSB Type-Cを採用、さらにアプリ対応など色々と進化が見られるものですが、ちょっとチェックしてみます。Anker Soundcore 3 Bluetooth スピーカー | Ankerhttps://www.ankerjapan.com/item/A3117.html...

JBL 『JBL GO3』 レビューチェック ~より洗練された第3世代のポータブル防水Bluetoothスピーカー

2020年11月に発売されたJBLのスピーカー「JBL GO3」。「JBL GO2」の後継機でシリーズ第三世代のポータブルBluetoothスピーカー。ストラップを装備したファブリックボディやIP67の防塵/防水性能などフルモデルチェンジによってより洗練された感がありますが、ちょっとチェックしてみます。JBL GO 3 | ポータブル ウォータープルーフ スピーカーhttps://jp.jbl.com/GO+3-.html...

ロジクール 『Z407』 レビューチェック ~横置きもできる無線リモコン付きの2.1chスピーカーシステム

2020年11月に発売されたロジクールのスピーカー「Z407」。サテライトスピーカー+サブウーファーの2.1chスピーカーシステム。スピーカーの横置き対応やワイヤレスのコントロールポット付属、それにBluetooth/USB接続対応も特徴としている多機能なモデルですが、ちょっとチェックしてみます。Z407 Bluetoothパソコンスピーカー(サブウーファー付き) | ロジクールhttps://www.logicool.co.jp/ja-jp/products/speakers/z407-bluetoo...

JBL 『JBL CLIP4』 画像など ~デザインもスペックも強化されたカラビナ一体型のポータブルBluetoothスピーカー

2021年1月に発売されるJBLのスピーカー「JBL CLIP4」。「JBL CLIP3」の後継機でシリーズ第4世代となるポータブルBluetoothスピーカー。カラビナ一体型のデザインは使いやすい楕円形に刷新され、基本スペックも先代と比べて色々と強化されているモデルですが、ちょっと見てみます。JBL CLIP 4 | 防水ポータブルスピーカーhttps://jp.jbl.com/CLIP+4-.html...

Harman KardonのIPX7防水ポータブルBluetoothスピーカー『Harman Kardon Neo』が5,000円を切る

2019年9月に発売されたHarman Kardonのスピーカー「Harman Kardon Neo」。エレガントなメタリックデザインでIPX7防水を実現しているポータブルBluetoothスピーカー。発売当時の価格は10,000円台でしたが半額以下となる5,000円を切った模様。小型サイズのポータブルモデルは大半がアウトドア向けのデザインになっていますから、それを好まなかった人には安くて良い選択肢となるはず。Harman Kardonなので音も期待できるでしょう。Ha...

JBL 『FLIP ESSENTIAL』 画像など ~FLIP4の廉価版となるポータブルBluetoothスピーカー

2020年11月に発売されたJBLのスピーカー「FLIP ESSENTIAL」。FLIPシリーズ最新版の「JBL FLIP5」ではなく一つ前の「JBL FLIP4」と似た仕様になっているポータブルBluetoothスピーカー。先日からAmazon限定の形で日本での取り扱いがはじまったモデルですが、ちょっと見てみます。JBL Flip Essential | Portable Bluetooth speakerhttps://uk.jbl.com/bluetooth-speakers/FLIP+ESSENTIAL-.html...

JBLのBluetoothスピーカー『FLIP ESSENTIAL』がAmazonブラックフライデーで6,000円を切る

2020年11月に発売されたJBLのスピーカー「FLIP ESSENTIAL」。実質FLIP4になると思われるポータブルBluetoothスピーカー。Amazonブラックフライデーに合わせる形でリリースされたもので、通常価格は9,000円台ですがブラックフライデーのセールで6,000円以下になっている模様。FLIP5のスピーカーがモノラル構造で嫌っている人もいましたし、旧型でもこの価格なら価値ありではないかと。JBL Flip Essential | Portable Bluetooth spea...

JBLのカラビナ付きポータブルBluetoothスピーカー『JBL CLIP3』が3,100円台まで値下がる

2018年6月に発売されたJBLのスピーカー「JBL CLIP3」。円盤型の筐体にカラビナが一体化したIPX7防水のポータブルBluetoothスピーカー。発売当時の価格は5,000円台でしたが後継機となる「JBL CLIP4」の登場が影響してか、これまでの最安となる3,100円台まで値下がっていました。【スピーカー】JBL 『JBL CLIP 3』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-8806.html...

ソニー 『HT-G700』 レビューチェック ~大型TV向けのサウンドバー/ホームシアターシステム

2020年6月に発売されたソニーのスピーカー「HT-G700」。センタースピーカーも搭載したサウンドバーとワイヤレスサブウーファーの3.1ch構成になっているホームシアターシステムで、大型TV向けにサラウンド音場や音声のリスニングを最適化したというモデル。ちょっとチェックしてみます。HT-G700 | サウンドバー/ホームシアターシステム | ソニーhttps://www.sony.jp/home-theater/products/HT-G700/...