ユーザータグスピーカー 1/29

【スピーカー】クリエイティブ 『Creative Pebble V2』 画像など

2019年9月に発売されたクリエイティブのスピーカー「Creative Pebble V2」。低価格のコンパクトなPCスピーカーとして高い人気を得ている「Creative Pebble」を強化した”V2”モデル。 出力がピークで16Wに上がった事と給電用のUSBケーブルにUSB Type-Cを採用している事が主な違いですが、ちょっと見てみます。Creative Pebble V2 - USB-C電源タイプのパワフル サウンド コンパクト スピーカーhttps://jp.creative.com/p/speakers/cre...

【スピーカー】JBL 『306P MkII』 レビューチェック

2018年5月に発売されたJBLスピーカー「306P MkII」。「305P MkII」と共に登場したJBL PROFESSIONALブランドのアクティブモニタースピーカー。”3 Series Mk II”のラインナップでは中間のサイズで305Pより1インチ大きいモデルですが、ちょっとチェックしてみます。306P MkII Products | JBL Professionalhttps://www.jblpro.com/www/products/recording-broadcast/3-series-mkii/306p-mkii...

【スピーカー】JBL 『305P MkII』 レビューチェック

2018年5月に発売されたJBLスピーカー「305P MkII」。「104-Y3」などが出ているJBL PROFESSIONALブランドのアクティブモニタースピーカーで、同時にリリースされた”3 Series Mk II”のラインナップではサイズが一番小さくて下位にあたるモデル。ちょっとチェックしてみます。305P MkII Products | JBL Professionalhttp://www.jblpro.com/www/products/recording-broadcast/3-series-mkii/305p-mkii...

【スピーカー】JBL 『JBL CHARGE4』 レビューチェック

2019年9月に発売されたJBLのスピーカー「JBL CHARGE4」。「JBL CHARGE3」の後継機でシリーズ第4世代となる比較的大型サイズのポータブルBluetoothスピーカー。ほぼ同時期にリリースされた「JBL FLIP5」と共通点が多いモデルですが、ちょっとチェックしてみます。JBL Charge 4 | ポータブルBluetoothスピーカーhttps://jp.jbl.com/JBL+CHARGE+4.html...

JBL、イルミネーションBluetoothスピーカーの第4世代モデル『JBL PULSE4』

海外で見かけたJBLのスピーカー「JBL PULSE4」。「JBL PULSE3」の後継機でありシリーズ第4世代となるイルミネーションLED搭載のポータブルBluetoothスピーカー。先代よりも発光エリアがさらに拡大してスピーカーとは思えないような派手派手しい新型モデルです。JBL Pulse 4 | Portable Bluetooth Speakerhttps://www.jbl.com/bluetooth-speakers/JBL+PULSE+4.html...

【スピーカー】JBL 『JBL FLIP5』 レビューチェック

2019年10月に発売されたJBLのスピーカー「JBL FLIP5」。「JBL FLIP4」の後継機でシリーズ第5世代となるポータブルBluetoothスピーカー。IPX7防水の円筒形デザインはそのままに新設計の楕円ドライバーやインターフェイスの刷新などを特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。JBL Flip 5(フリップ5) : JBL/Bluetoothスピーカー,ワイヤレス,ブルートゥースhttps://jp.jbl.com/JBL+FLIP+5-.html...

【スピーカー】クリエイティブ 『Creative Pebble Plus』 レビューチェック

2019年4月に発売されたクリエイティブのスピーカー「Creative Pebble Plus」。低価格のコンパクトPCスピーカーとして人気を博している「Creative Pebble」にサブウーファを追加した形の2.1chスピーカーシステム。2.1ch構成でもUSB給電の仕様でそこは珍しいと言えるモデルですが、ちょっとチェックしてみます。Creative Pebble Plus - コンパクト2.1chスピーカー - Creative Technologyhttps://jp.creative.com/p/speakers/creative...

【スピーカー】EDIFIER 『ED-R19U2』 レビューチェック

2017年10月に発売されたEDIFIERのスピーカー「ED-R19U2」。「ED-R19U」のリニューアル版となるコンパクトサイズのPC用USBスピーカーで、ケーブル1本で使えるUSB接続とUSB給電+ステレオミニ接続の両方に対応しているという珍しいタイプのモデル。ちょっとチェックしてみます。R19Uシリーズ | スピーカー/Bluetooth スピーカー | 製品案内 | 株式会社プリンストンhttps://www.princeton.co.jp/product/edr19u.html...

【スピーカー】ヤマハ 『YAS-209』 レビューチェック

2019年8月に発売されたヤマハのスピーカー「YAS-209」。「YAS-207」の後継機であり「YAS-109」の上位機でもあるサウンドバー+ワイヤレスサブウーファ構成のフロントサラウンドシステム。先代より音質も機能も強化されていると謳ったモデルですが、ちょっとチェックしてみます。ヤマハ | YAS-209 - サウンドバー - 概要https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/sound_bar/yas-209/...

【スピーカー】クリエイティブ 『Creative MUVO Play』 画像など

2019年6月に発売されたクリエイティブのスピーカー「Creative MUVO Play」。ミニボトル型のハンディサイズにフルレンジマイクロドライバーx2とパッシブバスラジエーターx2を搭載したBluetoothスピーカー。IPX7の防水性能やUSB Type-C採用など見どころは結構多いモデルですが、ちょっと見てみます。Creative MUVO Play - IPX7防水のポータブル Bluetooth 5.0 ワイヤレス スピーカー - Creativehttps://jp.creative.com/p/speakers/c...

EDIFIER、小型でシンプルなブックシェルフ型アクティブスピーカー『R1080BT』

海外で見かけたEDIFIERのスピーカー「R1080BT」。型番的に「R1280DB」の下位モデルとなるブックシェルフ型のアクティブスピーカー。シンプルなデザインの小型サイズでカラーはブラック・ホワイトの2色あり、下位なだけあって価格も控えめな設定になっています。漫步者(中国)-R1080BThttps://www.edifier.com/cn/zh/Speakers/R1080BT...

【スピーカー】JBL 『104-Y3』 レビューチェック

2019年8月に発売されたJBLのスピーカー「104-Y3」。JBL PROFESSIONALブランドの製品となるスタジオモニター/アクティブスピーカー。この価格帯では珍しい同軸構造のスピーカーユニット採用を大きな特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。104-Y3 - ヒビノプロオーディオセールス Div.https://proaudiosales.hibino.co.jp/jblpro/4406.html...

EDIFIER、シリーズ最上位のアクティブスピーカー『S3000Pro』

海外で見かけたEDIFIERのスピーカー「S3000Pro」。「S880DB」「S2000Pro」などが出ているSシリーズの最新モデルであり最上位モデルとなるブックシェルフ型のアクティブスピーカー。最上位なだけあって性能も機能もワンランク上をいく作りになっているようです。Edifier - S3000Pro Wireless Bluetooth Speakershttps://www.edifier.com/us/en/speakers/s3000pro...

【スピーカー】EDIFIER 『S2000Pro』 レビューチェック

海外/国内で発売されているEDIFIERのスピーカー「S2000Pro」。現時点で日本公式サイトに掲載されているラインナップの中では最上位となるブックシェルフ型のアクティブスピーカー。海外では専用のシアタースタンドがオプションで用意されているほど本格的なモデルですが、ちょっとチェックしてみます。S2000Pro ただの音を超えた一歩 - Edifier Japanhttps://www.edifier.com/jp/ja/speakers/s2000pro-bookshelf-speakers-studio-m...

【スピーカー】EDIFIER 『R1280DB』 レビューチェック

海外/国内で発売されているEDIFIERのスピーカー「R1280DB」。「S880DB」「ED-E10BT」などで知られるEDIFIERのアクティブスピーカー。クラシックスタイルのブックシェルフ型で入力端子の多さやBluetooth対応・リモコン付属の多機能さも特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。R1280DB - Edifier Japanhttps://www.edifier.com/jp/ja/speakers/r1280db-bluetooth-bookshelf-speakers-built-in-amplifier-coaxial-o...

【スピーカー】ソニー 『SRS-XB12』 レビューチェック

2019年5月に発売されたソニーのスピーカー「SRS-XB12」。「SRS-XB32」「SRS-XB22」と共に登場したEXTRA BASSシリーズのポータブルBluetoothスピーカーで、「SRS-XB10」の後継機となるミニボトル型のモデル。先代より防水性能が強化されていますが、ちょっとチェックしてみます。SRS-XB12 | アクティブスピーカー/ネックスピーカー | ソニーhttps://www.sony.jp/active-speaker/products/SRS-XB12/...

【スピーカー】ソニー 『SRS-XB22』 レビューチェック

2019年5月に発売されたソニーのスピーカー「SRS-XB22」。「SRS-XB21」の後継機となるEXTRA BASSシリーズのポータブルBluetoothスピーカーで、現ラインナップでは「SRS-XB32」の下位にあたるモデル。こちらも前面グリルの改善など先代から進化が見られますが、ちょっとチェックしてみます。SRS-XB22 | アクティブスピーカー/ネックスピーカー | ソニーhttps://www.sony.jp/active-speaker/products/SRS-XB22/...

【スピーカー】ヤマハ 『YAS-109』 レビューチェック

2019年7月に発売されたヤマハのスピーカー「YAS-109」。「YAS-108」の後継機となるサブウーファ内蔵のオールインワン型サウンドバー。従来の基本性能や技術はそのままにAmazon Alexa対応やネットワーク再生など機能面を強化しているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。ヤマハ | YAS-109 - サウンドバー - 概要https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/sound_bar/yas-109/...

EDIFIER、ハイレゾ認証&aptX HD対応のアクティブスピーカー『S1000MKII』

海外で見かけたEDIFIERのスピーカー「S1000MKII」。「S880DB」などが日本でも発売されているEdifierが最近リリースしたアクティブスピーカー。ウッドパネルを使ったモダンなデザインですがオーディオチップ類は最新のものを使っており、ハイレゾ認証やaptX HD対応も特徴としています。漫步者(中国)-S1000MKIIhttps://www.edifier.com/cn/zh/Speakers/S1000MKII...

1MORE、自身初のポータブルBluetoothスピーカー『S1001BT』

海外で見かけた1MOREのスピーカー「S1001BT」。これまでイヤホンやヘッドホンをいくつも手がけてきた1MOREですが、Bluetoothスピーカーは何気にこれが初。円盤型の筐体に2ウェイ構成のスピーカーユニットを搭載しており、2台接続でのステレオ再生にも対応したモデルです。1MORE 便携蓝牙音箱https://m.1more.com/product/show-781-1.html...