ユーザータグキーボード 1/50

Razer 『Razer Huntsman Mini』 レビューチェック ~60%レイアウトのゲーミングメカニカルキーボード

2020年7月に発売されたRazerのキーボード「Razer Huntsman Mini」。大手と言えるゲーミングデバイスメーカーの製品には今までなかった60%レイアウトのゲーミングメカニカルキーボード。「Razer Huntsman Tournament Edition」などが出ているHuntsmanシリーズのモデルですが、ちょっとチェックしてみます。60% 小型のゲーミングキーボード - Razer Huntsman Minihttps://www2.razer.com/jp-jp/gaming-keyboards-keypads/razer-hunt...

Razer 『Razer Pro Type』 画像など ~ゲーム向けではなく一般向けのワイヤレスメカニカルキーボード

海外で発売されているRazerのキーボード「Razer Pro Type」。「Razer Pro Click」と共にゲーム向けではなく一般向けとして登場した新シリーズのメカニカルキーボードで、Razerの製品ではおそらくこれが初となるワイヤレスのモデル。キーボード自体は標準的なフルサイズですが、ちょっと見てみます。タイピングに最適な静音メカニカルキーボード - Razer Pro Typehttps://www2.razer.com/jp-jp/productivity/razer-pro-type...

Akko、ハローキティ公式ライセンスのメカニカルキーボード『3108 V2 Hello Kitty』

海外で見かけたAkkoのキーボード「3108 V2 Hello Kitty」。今年の春ごろにサンリオと組んでハローキティの製品を出すと告知していたAkko、ようやく目処が立ったようでこのメカニカルキーボードを最近リリースした模様。キティちゃんらしくピンク×ホワイトのカラーリングになっているフルサイズです。Akko Hello Kitty联名款 – 3108 | Akko艾酷官方网站https://www.akkogear.com/keyboards/7022.html...

Varmilo製の初音ミク公認メカニカルキーボード(豆の素/テンキーレスVer.)が中国で発売

今や世界的な人気キャラクターとなっている初音ミク、メカニカルキーボードのメーカーとして知られるVarmilo、中国でキャラクターグッズを展開しているmoeyu、その3者が正式に組んで初音ミクのメカニカルキーボードを出す模様。そのうちの一つであるこれは公式イラストレーターの豆の素氏が手がけたイラストをモチーフにしているテンキーレスのモデルです。【预定】萌羽阿米洛联名款初音未来周边机械键盘青轴红轴茶轴87键-tmall.co...

Varmilo製の初音ミク公認メカニカルキーボード(KEI/フルサイズVer.)が中国で発売

今や世界的な人気キャラクターとなっている初音ミク、メカニカルキーボードのメーカーとして知られるVarmilo、中国でキャラクターグッズを展開しているmoeyu、その3者が正式に組んで初音ミクのメカニカルキーボードを出す模様。そのうちの一つであるこれはKEI氏が手がけた初代イラストをモチーフにしているフルサイズのモデルです。萌羽阿米洛联名款初音未来周边机械键盘青轴红轴茶轴108键 限量版-tmall.com天猫https://detail.tma...

Logitech、独自のSilentTouchテクノロジーを採用した静音ワイヤレスキーボード&マウス『MK295』

海外で見かけたLogitechのキーボード&マウス「MK295」。同社の製品で静音仕様を謳うキーボードやマウスはこれまでいくつも出ていますが、このワイヤレスコンボはこれが初出となるSilentTouchテクノロジーの採用を特徴としているモデル。北米では30ドルを切るエントリークラスです。Logitech MK295 Silent Wireless Keyboard Mouse Combohttps://www.logitech.com/en-us/products/combos/mk295-keyboard-mouse-combo.920-009782.ht...

LEOPOLD、カラーリングが可愛らしいピンク×ホワイトの90%メカニカルキーボード『FC980M OE 白桃』

海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC980M OE 白桃」。「FC980C」など日本でもかつて製品が出回っていたLEOPOLDはここしばらくカラーバリエーション展開に注力しており、最近リリースされたのがこの”白桃”モデル。やけに可愛らしく見える90%レイアウトのメカニカルキーボードです。LEOPOLDhttps://www.leopold.co.kr/...

ビット・トレード・ワンのパンタグラフ/ゲーミングキーボード『BFKB113PBK』、再生産をクラウドファンディングで募る

2014年10月に発売されたビット・トレード・ワンのキーボード「BFKB113PBK」。発売当時も現在も稀少なタイプであるパンタグラフのスイッチを採用したゲーミングキーボード。新型コロナウイルスの影響もあって市場から姿を消していたようですが、再生産を目指すべくクラウドファンディングで出資を募っていました。穴が開くほど愛されたキーボード「BFKB113PBK」を再生産したい! - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)https://camp-fire....

ikbc 『S200』 画像など ~TTC薄型スイッチを採用したテンキーレスでワイヤレスのメカニカルキーボード

海外で発売されているikbcのキーボード「S200」。これが初出となるTTC製の薄型キースイッチ・・・はっきり言えばCherry MX Low Profileクローンのキースイッチを採用したテンキーレスのメカニカルキーボードで、2.4GHzでのワイヤレス接続対応にもなっているモデル。ちょっと見てみます。ikbc S200http://www.ikbc.com.cn/prod_view.aspx?TypeId=87&Id=270...

ASUS、独自の光学キースイッチ”ROG RX RED”を採用したゲーミングメカニカルキーボード『ROG Strix Scope RX』

海外で発表があったASUSのキーボード「ROG Strix Scope RX」。「ROG Strix Scope」「ROG Strix Scope TKL」などが出ているScopeシリーズの新たなゲーミングメカニカルキーボードで、注目すべきはこれが初出となる独自の光学式キースイッチ”ROG RX RED”を採用しているところです。ROG Strix Scope RX | Keyboards | Gaming Keyboards|ROG - Republic of Gamers|ROG Globalhttps://rog.asus.com/Keyboards/Keyboards/Aura-RGB/ROG-...

ROCCATのエントリークラスなゲーミングメカニカルキーボード『VULCAN 80』が4,000円台まで値下がる

2019年4月に発売されたROCCATのキーボード「VULCAN 80」。”Titan Switch”を採用したVULCANシリーズでエントリークラスとなるゲーミングメカニカルキーボード。発売当時の価格は17,000円台でしたが今まで最安となる4,000円台で販売するところ(ビックカメラ)が出てきました。ROCCAT、独自メカニカルキーボードの下位モデル『VULCAN 80』https://watchmono.com/blog-entry-9563.html...

2020年8月に発売されたマウス・キーボードを見てみる

新型やリニューアル版それにマイナーチェンジも加えると月単位でもそれなりの数が発売されているマウスとキーボード。それらをすべて取り上げるのはちょっと無理ですが、該当する新製品もしくは関連製品をざっとピックアップしてみます。今月は個人的に注目というか既に購入したメカニカルキーボードをはじめ割と多めのラインナップになりました。2020年7月に発売されたマウス・キーボードを見てみるhttps://watchmono.com/e/mouse...

i-Rocksが美少女アクションゲーム・Little Witch Nobetaのキーキャップを出す

マウスやキーボードのメーカーとして知られ、最近はチェアも手がけていたりする台湾のi-Rock。過去にメカニカルキーボードのキーキャップも出していましたが、Steamで展開している美少女アクションゲーム・Little Witch NobetaのPBTキーキャップを先日にリリースした模様。3種の全面プリントされたスペースバーと1キーがセットで販売されています。i-rocks聯名小魔女諾貝塔 PBT熱昇華鍵帽組|PChome商店街:台灣 NO.1 網路開店平台...

FILCOのニュータイプな60%レイアウトのメカニカルキーボード『Majestouch MINILA-R Convertible』を買ってみた

2020年8月に発売されたFILCOのキーボード「Majestouch MINILA-R Convertible」。「Majestouch MINILA Air」の後継機となる60%レイアウトのメカニカルキーボード。Bluetooth 5.0でのワイヤレス対応や"Patch Keycap"なる新キーキャップ採用、それに複数のキーコード変更可能など独自の進化を遂げていて、これならメインで使えるかもと思い購入。ついでにざっと触れてみます。DIATEC|ダイヤテック株式会社 MINILA-R Convertibleのご...

FILCOの黒い漆塗りウッドパームレスト『FWPR/S-SUR』を買ってみた

FILCOのメカニカルキーボード「Majestouch MINILA-R Convertible」を買ったのでそれに合わせるパームレストも新調しようかと思い、真っ先に候補となったのがこの「FWPR/S-SUR」。木製でも摺漆塗りを施した事でいい感じの黒に仕上がっており、キーボードのブラックにもしっくりくる色合い。購入報告がてらにざっと触れてみます。漆塗りパームレスト 摺漆塗りS|ダイヤテック株式会社 オンラインショップhttps://www.diatec.co.jp/s...

ZOMOのONE PIECE/ワンピース公式キーキャップ、さらに4キャラクターが追加される

ONE PIECE/ワンピースの公式ライセンス品としてリリースされているZOMOのキーキャップは、各キャラクターのアイコンをトップに刻んだ金属製のモデルやキャラクター自身or帽子を立体化したモデルなど色々出ていますが、これまで10キャラクターのラインナップだった金属製のモデルに4キャラクターが追加されたようです。【キーキャップ】ZOMO 『ONE PIECE ANIMATION SERIES Mechanical KeyCAP』 画像などhttps://watchmono.com/blog-...

Razer、自身初となるワイヤレスのメカニカルキーボード『Razer Pro Type』

海外で見かけたRazerのキーボード「Razer Pro Type」。「Razer Pro Click」と共に一般向けの製品として発表されたこのキーボードは、Razerで初となるワイヤレスのメカニカルキーボード。「Razer BlackWidow Lite」のホワイトをフルサイズにしてワイヤレスにしたような感じのモデルです。Quiet Mechanical Keyboard for Typing - Razer Pro Typehttps://www.razer.com/gaming-keyboards/razer-pro-type/RZ03-03070200-R3U1...

SteelSeriesのゲーミングメカニカルキーボード『Apex M750 TKL PUBG Edition』が10,000円を切る

2018年11月に発売されたSteelSeriesのキーボード「Apex M750 TKL PUBG Edition」。PUBGとのコラボモデルでキーキャプが独自のデザインになっているテンキーレスのゲーミングメカニカルキーボード。発売当時の価格は16,000円台で値動きは最近までありませんでしたが、10,000円を切って販売するところが急に現れました。【キーボード】SteelSeries 『Apex M750 TKL PUBG Edition』 画像などhttps://watchmono.com/blog-entry-9096.ht...

Angry Miao、LEDディスプレイを搭載したサイバーパンクなメカニカルキーボード『CYBERBOARD』

海外で見かけたAngry Miaoのキーボード「CYBERBOARD」。香港の新興プロジェクトチームがクラウドファンディングサイトのIndiegogoで出資を募っているメカニカルキーボード。独特なフレームの背面にカスタマイズ可能なLEDディスプレイを搭載しているという風変わりな一品です。Angry Miaohttps://www.angrymiao.com/...

ロジクール 『G913 TKL』 レビューチェック ~薄型・無線・TKLのゲーミングメカニカルキーボード

2020年6月に発売されたロジクールのキーボード「G913 TKL」。「G913」のテンキーレスモデルとなる薄型キースイッチ採用&ワイヤレス対応(LIGHTSYNC/Bluetooth)のゲーミングメカニカルキーボード。画像は海外向けの英語配列で日本向けは日本語配列になっていますが、ちょっとチェックしてみます。ロジクールG913 TKLテンキーレスLIGHTSPEEDワイヤレスRGBキーボードhttps://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/products/gaming-keyboards...