- イヤホン -

【イヤホン】1MORE 『E1008』 レビューチェック

1MORE_E1008_01.jpg


2017年2月に発売された1MOREのイヤホン「E1008」。
セラミック振動板ドライバーとダイナミックドライバーを同軸上に配置した同軸デュアルドライバーイヤホン。カナル型ではなくインナーイヤー型でハイレゾ対応という点も特徴のモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

1MORE 1MORE E1008 | 株式会社フリーウェイ
http://free-way.co.jp/products/e1008.php



続きを読む >>

【イヤホン】1MORE 『E1010』 レビューチェック

1MORE_E1010_06.jpg


2017年4月に発売された1MOREのイヤホン「E1010」。
Xiaomiの製品だけでなく自社名義の製品も日本で知られるようになった1MOREのフラッグシップとなるクアッドドライバー・ハイブリッドイヤホンで、そのドライバーはダイナミック型x1基+バランスド・アーマチュアx3基という内容のモデル。ちょっとチェックしてみます。

1MORE Quad Driver In-Ear Headphones E1010 | 株式会社フリーウェイ
http://free-way.co.jp/products/e1010.php



続きを読む >>

SIMGOT、ケーブル着脱式になったハイレゾ対応イヤホン『EN700 PRO』

EN700_PRO_01.jpg


海外で見かけたSIMGOTのイヤホン「EN700 PRO」。
EN700」「EN700 BASS」が日本でも発売されているSIMGOT第三作目のハイレゾ対応イヤホン。スペックの数値を見るにBASSモデルがベースとなっているっぽいですが、これはさらにケーブル着脱式という新たな特徴を備えています。

SIMGOT EN700 PRO
http://www.simgot.com/cn/products/detail/8.html



続きを読む >>

1MORE、NC搭載/Lightning接続のイヤホン『Dual Driver LTNG ANC In-Ear Headphones』

Dual_Driver_LTNG_ANC_In-Ear_Headphones_01.jpg


海外で見かけた1MOREのイヤホン「Dual Driver LTNG ANC In-Ear Headphones」。
Lightning接続になっているiPhone/iPad/iPod向けのイヤホンで、端末から電源を供給するノイズキャンセリング機能搭載を大きな特徴としたモデル。イヤホン自体はその名のとおりデュアルドライバーの仕様です。

1MORE In-Ear and Over-Ear Headphones
http://global.1more.com/index.htm



続きを読む >>

【イヤホン】マクセル 『Graphene MXH-GD200』 レビューチェック

MXH-GD200_01.jpg


2016年8月に発売されたマクセルのイヤホン「Graphene MXH-GD200」。
ダイヤモンドより硬いと謳うグラフェンコートの振動板を採用したダイナミック型イヤホンで、再生周波数帯域の数値(20 - 70,000Hz)が飛び抜けて高い点も特徴としたハイレゾ対応モデル。ちょっとチェックしてみます。

「Graphene」MXH-GD200 - マクセル
http://www.maxell.jp/consumer/headphone/mxh-gd200_gd100/index.html



続きを読む >>

【イヤホン】AKG 『N25』 レビューチェック

AKG_N25_01.jpg


2017年2月に発売されたAKGのイヤホン「N25」。
5.8mm径と9.2mm径のダイナミック型ドライバーをそれぞれ1基搭載した、同社では初となるデュアルダイナミックドライバーイヤホン。ハイレゾ音源に対応している点もウリにしているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

N25 | カナルイヤホン | AKG by HARMAN
http://akg.harman-japan.co.jp/product.php?id=n25



続きを読む >>

エレコムのPDD方式イヤホン『EHP-R/CB1000』が5,000円台まで値下がる

EHP-R_CB1000_09.jpg


2016年11月に発売されたエレコムのイヤホン「EHP-R/CB1000」。
10mm径ダイナミックドライバーとピエゾツイーターを搭載した独自開発PDD方式が大きな特徴のハイレゾ対応イヤホン。発売当初の価格は15,000円台、実売価格は最近まで12,000円台でしたが、大幅に値を下げて5,000円台で販売するところが出てきました。

【イヤホン】エレコム 『EHP-R/CB1000』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-7179.html



続きを読む >>

【イヤホン】パイオニア 『RAYZ Plus』 レビューチェック

RAYZ_Plus_01.jpg


2017年4月に発売されたパイオニアのイヤホン「RAYZ Plus」。
ノイズキャンセリング機能搭載やLightning接続を特徴としたiPhone向けのイヤホンで、ノイズキャンセリング機能の給電は備え付けのバッテリーではなく端末側で行うところも大きなポイントとなりそうなモデル。ちょっとチェックしてみます。

Pioneer Rayz
https://pioneerrayz.com/



続きを読む >>

エレコム、新たな安価のハイレゾ対応イヤホン『EHP-GBG1000M』

EHP-GBG1000M_01.jpg


海外で見かけたエレコムのイヤホン「EHP-GBG1000M」。
迫力の重低音を実現すると謳っているGrand Bassシリーズの新たなハイレゾ対応イヤホン。現時点では日本で発売に関するプレスリリース等は出ておらず、海外の方で先に製品が出回っていました。

有線ヘッドホン・イヤホン - ELECOM | 有線ヘッドホン・イヤホン
http://www2.elecom.co.jp/avd/headphone/index.html



続きを読む >>

Xiaomi、NC搭載/USB Type-C採用のイヤホン『Mi ANC & Type-C in-Ear Earphones』

Mi_ANC_Type-C_in-Ear_Earphones_01.jpg


海外で見かけたXiaomiのイヤホン「Mi ANC & Type-C in-Ear Earphones」。
ポータブルオーディオの部分でも高い評価を得ているXiaomiの新たなイヤホン。接続端子にUSB Type-Cを採用したスマートフォン向けと言えるモデルで、さらにノイズキャンセリング機能を搭載しているのも大きな特徴です。

小米降噪耳机 - 小米商城
http://www.mi.com/earphonetype-c/





続きを読む >>
  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09