SIMGOT、スタンダードなBluetoothレシーバー『APT0』

SIMGOT_APT0_01.jpg


海外で見かけたSIMGOTのレシーバー「APT0」。
APT2」に続いて登場したBluetoothレシーバーで、自社のEM/MTシリーズ向けとなる改良2pinコネクタ採用のモデル。ケーブル間にユニットとリモコンが搭載されたスタンダードなタイプです。

SIMGOT | APT0
http://www.simgot.com/products/detail/17.html






SIMGOT_APT0_02.jpg



SIMGOT_APT0_03.jpg



SIMGOT_APT0_04.jpg



SIMGOT_APT0_05.jpg



SIMGOT_APT0_06.jpg
(via zaeke)

通信方式:Bluetooth 4.1、コーデック:aptX/AAC対応、連続再生時間:約9時間、連続待受時間:約14日間、充電時間:約1.5時間、重量:約10g、という仕様。CSR8645のBluetoothチップ採用、EM/MTシリーズ向けの改良2pinコネクタ採用、3ボタンのインラインリモコン/マイク搭載、ケーブルクリック装備、などが特徴。中国での価格は198人民元(約3,200円)。また、製品情報には通常の2pinコネクタやMMCXコネクタのモデルも記載されているので、後から出してくる可能性あり。・・・・このタイプのBluetoothレシーバーは中華系のメーカーも次々に出しており、基本パーツは大体同じものを使っているのでどれも大差ない印象ですが、同社の最近出たイヤホンは特殊なコネクタを導入しているので、それらをBluetooth化させたいなら純正品の一択になりそう。そういえばSIMGOTの製品は日本での展開が止まってしまっているので、国内の店舗ではもう見かけなくなるかもしれませんね。




SIMGOT EN700PRO
posted on 2018.11.01
SIMGOT
売り上げランキング: 6391



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09