キーの配置が自由にできるメカニカルキーパッド『DUMANG DK6』

DUMANG_DK6_01.jpg


海外で見かけたDUMANGのキーパッド「DUMANG DK6」。
2005年に出回っていた「DX1 Input System」を彷彿とさせるキーの配置が自由自在なメカニカルキーパッド。配置の自由度だけでも個性的ですが、キースイッチが着脱式で好きなものに交換できるカスタマイズ性も注目です。

超酷科技-首页
http://www.beyondq.com/






DUMANG_DK6_02.jpg



DUMANG_DK6_03.jpg



DUMANG_DK6_04.jpg



DUMANG_DK6_05.jpg



DUMANG_DK6_06.jpg



DUMANG_DK6_07.jpg



DUMANG_DK6_08.jpg



DUMANG_DK6_09.jpg



DUMANG_DK6_10.jpg
(via zfrontier)

このキーパッドは一式揃ったキット品とパーツ個別で買える単品で販売しており、キット品はキー20個・ボード・ケーブルがセットになっている内容(キースイッチはkalthの黒軸・青軸・ピンク軸で選択可)。キーは前述のとおりキースイッチが着脱式で交換可能、キーバックライトの点灯も対応。ボードへの着脱はマグネット式、引っ付けるだけで認識する仕組み。キー数は最大32個になっており、単品を購入すれば追加が可能。キー入力の割り当ては専用ソフトウェアを使用(マクロ登録はおそらく不可)。サイズは幅206x奥行き147x高さ51mm、重量は765g。中国での価格は899人民元(約14,600円)。・・・・キーもボードも自作品みたいな無骨さ質素さを感じる作りですが、キーの配置はもちろんキースイッチやキーキャップも自由に選べるカスタマイズ性はユニークの一言。もし2台接続ができるのであれば左右分離型キーボードとしても成り立ちそうなので、色々と可能性を感じる一品でもあり。マニアックな層の間でちょっとした話題になって、それに触発された同業者がこれに続くものを作ったりすれば、面白い事になるかもしれません。




Koolertron
売り上げランキング: 42位



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09