ロジクールのゲーミングマウス『MX518 LEGENDARY』の分解画像・実重量

MX518_Demolition_01.jpg


海外で発売されているロジクールのマウス「MX518 LEGENDARY」。
名機と評されながらも時代の流れで一旦は途絶えたMX518系の復刻版となるゲーミングマウス。今のところ中華圏でのみ出回っているようですが、分解や実重量のレポートが早速挙がっていたのでちょっと見てみます。

【マウス】ロジクール 『MX518 LEGENDARY』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-9038.html






MX518_Demolition_02.jpg



MX518_Demolition_03.jpg



MX518_Demolition_04.jpg



MX518_Demolition_05.jpg



MX518_Demolition_06.jpg



MX518_Demolition_07.jpg



MX518_Demolition_08.jpg



MX518_Demolition_09.jpg



MX518_Demolition_10.jpg
(via wstx/weistang)

現時点で製品情報が掲載されているのは中国の公式サイトのみで、そこにはHERO 16Kセンサーや耐久性5000万回のマイクロスイッチの採用を明記している。それらの主要パーツを見てみるとセンサーは確かにHERO、ただしPRO Wirelessで使われていたものとは別物で、この型と刻印はG603/G304で使われいていたもの。マイクロスイッチは耐久性2000万回のオムロン D2FC-F-7N(20M)。つまりどちらも製品情報とは異なるものなので、後から訂正される可能性あり。続いて実重量は約100gという結果、公称が101gだったのでこれはほぼ数字どおり。昨今のゲーミングマウスとしては重い部類に入るかもしれませんが、MX518系は元々これくらいだったので気にする部分でもないでしょう。

今回のレポートを見て残念だったのはトップグレードのはずだった主要パーツが、実はミドルグレードだったという事。センサーはソフトウェア上だと100-16000dpiになっているようなので”HERO 16K”に当てはまるのかもしれない、でもスペックは同じものを搭載しているG603を基準にして見た方がよさそう。まぁ価格設定がミドルレンジ級なのにスペックがフラッグシップ級だなんて、後から冷静に考えるとおかしな話ですよね・・・・。




ロジクール
売り上げランキング: 13



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09