【マウス】SteelSeries 『Rival 310 Howl Edition』 画像など

Rival_310_Howl_01.jpg


海外で発売されているSteelSeriesのマウス「Rival 310 Howl Edition」。
Rival 300 CS:GO Hyper Beast Edition」に次ぐCS:GOコラボのゲーミングマウスで、今回はその名のとおり「Rival 310」をベースにしているモデル。デザイン以外は通常版と変わっていないようですが、ちょっと見てみます。

Rival 310 Howl | SteelSeries
https://steelseries.com/gaming-mice/rival-310-howl






Rival_310_Howl_02.jpg



Rival_310_Howl_03.jpg



Rival_310_Howl_04.jpg



Rival_310_Howl_05.jpg



Rival_310_Howl_06.jpg



Rival_310_Howl_07.jpg



Rival_310_Howl_08.jpg



Rival_310_Howl_09.jpg



Rival_310_Howl_10.jpg
(via ptt)

センサー:光学式、解像度:100-12000cpi、トラッキング速度:350ips、最大加速度:50G、ポーリングレート:1000Hz、ボタン数:6、ケーブル長:2m、サイズ:幅70.1x奥行き127.6x高さ41.98mm、重量:88.3g、という仕様。TrueMove3センサー採用、オムロン製マイクロスイッチ採用(D2FC-F-K(50M))、右手用のエルゴノミックデザイン&スプリットトリガーボタン構造、Prism Sync対応のRGB LED搭載、といった特徴は通常版と共通。ホイール・サイドボタン・サイドグリップ・ケーブルなどの作りも同じなので、コラボ要素はトップカバーのデザインのみ。そのデザインはCS:GOにおいて最も悪名高いスキンと自ら紹介しているHowlのイラストがトップカバー全面に描かれており、パームレストのロゴは今までどおりCT。北米での価格は79.99ドル。・・・・前作のHyper Beastは傍から見ればとんでもないデザインだったので、それに比べれば少し落ち着きのあるようにも思えますが、ZOWIEが出している「EC2-B CS:GO」(AA)に比べれば圧倒的に派手。合わせてリリースされたマウスパッドと揃えれば相当インパクトのある見栄えになるでしょうし、コラボはこれくらい思い切ったものを出した方がいいよなぁと改めて思う一品です。




SteelSeries
売り上げランキング:



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09